(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ソニー(SONY)

ソニーで買うべきワイヤレスイヤホン3選&最新のおすすめ製品まとめ(2024年版)

2023年4月17日

国産大手オーディオメーカー「ソニー」。

Appleと並ぶ完全ワイヤレスイヤホン業界の老舗。音質と機能性に強みを持つ、AppleのAirPodsとタイマン張れるワイヤレスイヤホンを展開する。

昨今ではマルチポイント対応を半ば標準機能化するなどペアリング勝手の面でも優れる。

この記事ではソニーのワイヤレスイヤホンの中からおすすめの3製品を紹介する。"ソニー"ブランドのワイヤレスイヤホンを探している人など記事を参考にしてほしい。

広告

ソニーで買うべきワイヤレスイヤホン3選

製品名をタップすると該当項目までスクロールします

概略

1. LinkBuds S(価格2万円)
迷ったらこれ。ソニー・ワイヤレスイヤホンの入門機的ハイエンドモデル(Amazonで見る
2. WF-1000XM5(価格3.7万円)
ソニーの現行フラッグシップモデル。高性能ノイズキャンセリング、およびDSEE Extremeによる高音質オーディオに強み(Amazonで見る
3. WF-C700N(価格1.4万円)
ソニーの中堅モデル。ノイズキャンセリング&マルチポイントに対応した。もともとの価格は1.8万円だったが、昨今だと1.4万円前後で買える(Amazonで見る

 

 

1. LinkBuds S(価格2万円)

Amazonで最新の価格をチェック




 機能の対応有無
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間
イヤホン単体9時間
ケース併用で最大30時間
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体9時間
ケース併用で最大30時間
充電方法USB Type-C(有線)のみ
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
マルチポイント○(最大2台)

カラーリングは4色展開。

レビュー記事を見る

ソニー「LinkBuds S」レビュー|軽量コンパクトなノイズキャンセリングイヤホン。”ながら聴き”はオマケ

続きを見る


▶ ソニーの王道機能をすべて詰め込んだ入門機的ハイエンドモデル

ソニー別枠ブランド「LinkBuds」を冠した「LinkBuds S」。

ソニー・ワイヤレスイヤホンの王道機能を価格2万円ですべて詰め込んだ見本市モデルといったところ。ノイズキャンセリング、マルチポイント、LDAC、DSEE Extremeなどの機能を搭載する。

DSEE Extremeは、オーディオをハイレゾ相当に高音質補正して再生できるソニー独自機能。いざ機能ONにするとハイレゾを思わす音の粒の細かさあり。音の解像度が体感的に向上する。

中音域〜高音域を重視したソニー・サウンドも健在。ボーカルや楽器の音が聞き取りやすい。低音がほしい場合はイコライザー調整でカスタムしたい。イコライザー調整はiOS・Android向けの専用アプリから可能だ。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

2. WF-1000XM5(価格3.7万円)

Amazonで最新の価格をチェック




 機能の対応有無
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間
イヤホン単体12時間
ケース併用で最大36時間
Bluetoothバージョン5.3
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
バッテリー駆動時間イヤホン単体12時間
ケース併用で最大36時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
マルチポイント◯(最大2台)

カラーリングは2色展開。


▶ 現行フラッグシップモデル、前作よりも軽量コンパクト化

2023年9月に発売開始となったソニーの現行フラッグシップ「WF-1000XM5」。

ノイズキャンセリング、外音取り込み機能、マルチポイント、LDAC、ケースのワイヤレス充電(Qi)など昨今のトレンド機能をもろもろ搭載。

通常オーディオを高音質補正して再生できる「DSEE Extreme」機能にも対応した

前作モデル「WF-1000XM4」に比べてイヤホン形状を小型化&軽量化。前作モデルはサイズが大きすぎて長時間のイヤホン装着で耳が痛くなるデメリットあったが、これをピンポイントで改善した。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

3. WF-C700N(価格1.4万円)

Amazonで最新の価格をチェック




 機能の対応有無
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間
イヤホン単体10時間
ケース併用で最大20時間
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間 
イヤホン単体10時間
ケース併用で最大20時間
充電方法USB Type-C(有線)のみ
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
マルチポイント◯(最大2台)

カラーリングは4色展開。

レビュー記事を見る

ソニー「WF-C700N」レビュー|価格的にも機能的にもブランド的にも丁度いい中堅モデル

続きを見る


▶ ノイズキャンセリング&マルチポイントに対応した中堅モデル

2023年4月に発売開始した中堅モデル「WF-C700N」。

従来エントリーモデル「WF-C500」の事実上のアップデートモデル。ノイズキャンセリングとマルチポイントに追加対応した。

一方で価格は1.8万円前後に値上げ。従来モデルは1万円前後だった。ただ、2023年9月時点で1.4万円前後で購入できる。

軽量コンパクトを売りにしたイヤホン・デザインは「WF-C500」と変わらず。イヤホン重量も片側4.6gと業界屈指の軽量仕様に。

ソニーの音質補正機能「DSEE」も使える。とりあえずの安くて勝手いい1台を探している人におすすめ。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

そのほか最新のおすすめソニー・ワイヤレスイヤホン

LinkBuds(価格2万円)

Amazonで最新の価格をチェック




 機能の対応有無
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント対応(最大2台)
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間
イヤホン単体5.5時間
ケース併用で最大17.5時間
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間 
イヤホン単体5.5時間
ケース併用で最大17.5時間
充電方法USB Type-C(有線)のみ
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント○(最大2台)

カラーリングは2色展開。

レビュー記事を見る

ソニー「LinkBuds」(WF-L900)レビュー|骨伝導イヤホン代わりに使える”ながら聞き”ワイヤレスイヤホン

続きを見る


▶ "ながら聞き”用途に特化したトリッキーモデル

2022年に登場した"LinkBuds"初代モデル。

イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる"ながら聞きイヤホン”として打ち出し。瞬く間にヒット商品の仲間入りを果たした。

物理的に耳穴をふさいでおらず、骨伝導イヤホンを思わす耳周りの開放感あり。屋外で安全考慮しながら音楽を聞きたい人だと丁度いい。

一方で遮音性が低めなので使う場所やタイミングは限られそう。また、低音域も抜けがち。ここらは製品の性質として先に理解しておきたい。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

WF-1000XM4(価格2.4万円)

Amazonで最新の価格をチェック




 機能の対応有無
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間
イヤホン単体8時間
ケース併用で最大36時間

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体8時間
ケース併用で最大36時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水IPX4
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
マルチポイント◯(最大2台)

カラーリングは2色展開。

レビュー記事を見る

ソニー「WF-1000XM4」レビュー|高音質オーディオ&ノイズキャンセリングに強みを持つ王道フラッグシップ

続きを見る


▶ 旧フラッグシップモデル、現在も値下げして販売中

2021年6月発売開始した一世代前のフラッグシップモデル「WF-1000XM4」。

ノイズキャンセリング機能に特化。ソフトウェア処理によるノイズカット精度の高さはもちろん、イヤホン構造による物理的な遮音性も強化した。

ただ、相応にイヤホンサイズが大きめ。イヤホン装着で耳穴が押し広げられ、耳が痛くなりがち。耳が小さい人(女性など)だと辛いかもしれない。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

WF-C500(価格9,000円)

Amazonで最新の価格をチェック




機能の対応有無
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント×
防水対応(IPX4)
バッテリー駆動時間イヤホン単体10時間
ケース併用で最大20時間
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体10時間
ケース併用で最大20時間
充電方法USB Type-C(有線)のみ
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント×

カラーリングは4色展開。

レビュー記事を見る

ソニー「WF-C500」レビュー|1万円で買えるソニー入門モデル

続きを見る


音楽を聞くための王道スタンダードモデル「WF-C500

9,000円で買えるソニーの現行スタンダードモデル。ノイズキャンセリングやマルチポイントなど最新機能には対応していないが、その分コスパで攻めた。

ソニー独自のオーディオ補正機能「DSEE」に対応。圧縮されたデジタル音源をCD相当に高音質補正して再生できる。通常のオーディオ再生よりも音の輪郭がわかる芯のあるオーディオ再生になる。

そこまで多機能を求めておらず、音楽を聞くための”ソニー”ブランドのワイヤレスイヤホンを探している人であれば「WF-C500」で十分。

Amazonで探す

楽天市場で探す

レビュー記事を見る

 

 

この記事のまとめ

ここまでソニーのおすすめワイヤレスイヤホンをまとめてきた。

オールマイティーなハイエンドモデルを探している人なら「LinkBuds S」、ノイズキャンセリング特化で使いたいなら「WF-1000XM5」がおすすめ。

コスパ重視の人だと「WF-C700N」も検討余地あり。1.4万円で購入できる。

いずれの製品もiOS・Android向けの専用アプリからイコライザー調整が可能。自分好みの音質にカスタムできる。オーディオにこだわりたい人だと外せない評価ポイントだ。

 

関連記事

国産ワイヤレスイヤホンを探す

【日本製】国産オーディオメーカーが手がける完全ワイヤレスイヤホンまとめ。おすすめ製品を一挙紹介(2024年)

続きを見る

【おすすめ抜粋】Victorで買うべきワイヤレスイヤホン7選(2024年)

続きを見る

【おすすめ抜粋】オーディオテクニカで買うべきワイヤレスイヤホン7選(2024年版)

続きを見る

 

スマホごとに相性のいいワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

Androidスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

 

新製品ワイヤレスイヤホンを探す

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ソニー(SONY)
-,