ワイヤレスイヤホン

ソニー「WF-1000XM4」レビュー|ハイレゾ再生(LDAC再生)できる世界初の完全ワイヤレスイヤホン

2021年8月4日

約2年ぶりリニュアルとなったソニーのフラッグシップ「WF-1000XM4」。

AirPods Proと並び一時代を築いた前作「WF-1000XM3」の後継モデル。完全ワイヤレスイヤホンでは世界初となるLDACコーデック対応を果たし、ワイヤレスながらハイレゾ音源が再生できるように

また、ノイズキャンセリング性能も強化。従来は低音域を中心とした静音化だったが、今作では人の話し声などより高音域ボイスに特化した静音化を実現した。

オーディオとノイズキャンセリングに強いソニーのワイヤレスイヤホンらしさ光る。「イヤホンって音楽を聞くものでしょ?」という人ならまず真っ先に検討すべきワイヤレスイヤホンだろう。

以下実機をレビューしていくので購入を検討している人は参考にしてほしい。

目次

【レビュー対象製品】ソニー「WF-1000XM4」

発売時期2021年6月
市場価格3万円前後

カラーリングはブラックとプラチナシルバーの2色。レビューはブラックで行う。

○ ソニー「WF-1000XM4」の評価ポイント

  • LDAC対応、ワイヤレスながらハイレゾ音源が再生可能
  • 通常オーディオもハイレゾ相当の高音質で再生可能
  • 地味だが堅実な改善ポイント多し(ワイヤレス充電対応、マイク改善など)

× ダメなところ

  • LDACのハイレゾ再生をフルパワーで発揮するには条件あり
  • ノイズキャンセリング利用時の風切り音あり
  • イヤホンサイズが大きめ、長時間の装着だと耳が痛くなる

Amazonで製品をチェック

 

ソニー「WF-1000XM4」レビュー

製品概要

Sony WF1000XM4

Sony WF1000XM4

・ソニー「WF-1000XM4」は、2021年6月より発売開始となったソニーの完全ワイヤレスイヤホン。

・前作「WF-1000XM3」から2年ぶりリニュアル。イヤホンデザインを刷新したほか、ソニー自社開発の「V1」チップを初搭載。高音域を中心としたノイズキャンセリング性能など強化された。

・シリーズの代名詞たるオーディオ性能も強化。完全ワイヤレスイヤホンでは世界初となるLDAC(ハイレゾ再生できるBluetoothオーディオコーデック)に対応。外付けDACなど使わずハイレゾ音源がそのまま再生できる。

Amazonで製品をチェック

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
防水性能IPX4
連続再生時間ケース併用で最大36時間(ノイズキャンセリングONだと同24時間)
充電方法USB Type-C(有線)、ワイヤレス充電(無線)
通話マイク○(ノイズカット機能あり)
ノイズキャンセリング(ANC)

同梱品

Sony WF1000XM4

巷で話題のソニーの紙ケース「オリジナルブレンドマテリアル」

Sony WF1000XM4

製品本体ほか、充電ケーブル、替えのイヤーピースが付属。イヤーピースはS、M、Lの3サイズ(初期装備はMサイズ)。

イヤーピースはWF-1000XM4のためにソニーが開発した新製品。低反発ウレタン(ポリウレタンフォーム)を使うことで遮音性を高めた。単体購入だと1セット1,980円と高価

 

外観・サイズ感

Sony WF1000XM4

縦4cm、横6.5cm

Sony WF1000XM4

厚さ2.5cm

Sony WF1000XM4

Sony WF1000XM4

ケースサイズは縦4cm、横6.5cm、厚さ2.5cm。

前作「WF-1000XM3」は異様にケースサイズが大きかったが、今回は業界一般的なサイズに収まっている。

男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズなので持ち運びも便利。イヤホンを外に持ち出して使うシチュエーションでも邪魔にならなくていい。

イヤホンデザインは前作「WF-1000XM3」から全面刷新。

従来は小型ヘッドセットのような楕円形デザインだったが、今回は完全ワイヤレスイヤホンらしい丸ころデザインに。

見た目の高級感も前作より3割増。通話マイクを兼ねるその特徴的なブロンズの金具部分が、これまた高級オーディオっぽさを演出していてよいアクセントに。

通話マイク

マスク紐への干渉も問題なし

イヤホンのつけ心地は悪くない。というか、かなり良い

ソニーいわくの「耳の凹凸に干渉しにくい形状設計」が功を奏しているのか、イヤホンをヌメリ?と耳の穴の中に押し込める。

イヤホンの揺れもほとんどなく、ジョギング中の利用も余裕。イヤホン装着中のイヤホン落下リスク、紛失リスクも低そうだ。

ただ、あまりにジャストフィットすぎて長時間イヤホンを装着していると耳のひだが痛くなってくる。個人差あるかもしれないが、数時間とイヤホンを装着し続けるシチュエーションだと辛そうだ。

 

ペアリング接続のこと

ソニー「WF-1000XM4」の主なペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大8台)
初回のペアリングケース蓋を開けば自動でスタート
2回目(2台目)以降のペアリング左右イヤホンを同時に5秒押しで新規ペアリングモードが起動
マルチポイント非対応
複数デバイス間のペアリング切り替え方法切り替えたいデバイスのBluetooth設定画面からイヤホン名を選択

「Google Fast Pair」使ったペアリングに対応

Googleが提供するペアリング簡素化システム「Google Fast Pair」。

Android 6.0以上のAndroidスマホであればペアリング時に専用のポップアップ画面が表示され、そのままペアリング設定が行える。

専用アプリ使ったペアリング切り替え可能

専用アプリ「Headphones Connect」のトップ画面に表示される「接続する」ボタンをタッチすると強制的に当該デバイスにペアリングが切り替えられる。

アプリ経由の切り替えはiOS版アプリ、Android版アプリ、どちらでも機能した。

そのほかペアリングまわりの情報は以下記事より

 

オーディオ性能

オーディオはフラット&クリア

土台の音は中音域〜高音域。ボーカル4:バックサウンド6くらいの比率でミックスされる

ボーカルもちろん細かな楽器の音も聞き取りやすく、ソニーらしいクリアな、解像度高めのオーディオが楽しめる。洋楽/邦楽、アニソンまで聞く曲を選ばずに使いまわせる。

なお、ドライバーサイズは前作「WF-1000XM3」と変わらず6mm。少し小さめだが、不必要に低音増強しておらず、かといって弱々しくない。きちんと底から響いてる低音だ。

ソニー独自技術「DSEE Extreme」でさらに解像度高めのオーディオに

ソニー独自技術「DSEE Extreme」に対応。通常オーディオ楽曲をハイレゾ相当に高音質化(アップスケーリング)して再生できる。

いざ使うと音の解像度が増し、中音域〜高音域のクリアさが増す。特にボーカル音声が聞き取りやすくなる。

機能ONにすると少しばかりバッテリー持ちが悪くなるのだが、よりボーカル重視で音楽を聞きたい人だと重宝しそう。

LDACコーデックを使えばハイレゾ再生可能

LDACはBluetoothコーデックの一つWF-1000XM4 は完全ワイヤレスイヤホンでは世界初となるLDAC対応を果たした。

LDACは最大96kHz/24bitのハイレゾ音源をワイヤレスで転送できる。外部DACなど必要とせず、スマホとWF-1000XM4をペアリングするだけでハイレゾ音源が流せるので驚きだ。

普段からハイレゾ音源を聞いてる人だったり、Amazon Music HDやApple Musicあたりでハイレゾ楽曲をストリーミング再生している人であれば重宝するに違いない。

ただ、Androidスマホとペアリングする場合、AndroidスマホのSRCには引っかかるので、ハイレゾのオーディオ品質は実質的に48kHz/24bitが上限となる

SRCとは、Androidスマホで音楽を再生すると強制的にオーディオ品質が上限48kHz/24bitに変換される仕様のこと。

有線イヤホンを使う場合はSRC回避できる方法がいくらかあるが、ワイヤレスイヤホンだと現状ではXperiaの最新モデルやソニーウォークマンでしかSRC回避できない。

ソニーのウォークマン「NW-ZX507」「NW-A100」シリーズはLDAC接続かつSRC回避できる

48kHz/24bitも定義上ハイレゾであり、「ハイレゾ再生」になんら嘘偽りない。ただ、LDACのスペック上限、言い換えればソニー「WF-1000XM4」のスペック上限である96kHz/24bitのハイレゾ再生できず、宝の持ち腐れ感は否めない。

ここらの事情については以下記事でくわしくまとめたので参考あれ。

 

ノイズキャンセリング性能

低周波音を中心に静音化

Sony WF1000XM4

ノイズキャンセリング性能は安定。

低周波音を中心にシャットアウトするのは従来と変わらず。風の音、虫の音、街中の喧騒のような音はほぼほぼ消える。

ノイズキャンセリングの試金石となる電車のガタゴト音は完全に消せていないが、それでも気持ち70%くらいは静音化している。オーディオ再生している状態であれば、ほぼほぼ周囲の音は気にならないので電車通勤の人だと重宝しそう

ノイズキャンセリング利用時のホワイトノイズ(サーッと言った音)も発生しておらず、オーディオ止めての耳栓利用も問題ない。勉強や読書のときの集中グッズとして使うにも最適だろう。

人の話し声など高周波音は静音化、無音化ではない

新開発のウレタン・イヤーピースも静音化に一役買う

WF-1000XM4は人の話し声など高周波音をより静音化している

あくまで静音化であり無音化ではない。言うならばJKのキャピキャピ声を阿部寛ボイスに変換してるイメージ。

人の話し声は聞こえるが、それでも耳に刺さるような甲高い高音は減ったように感じる。オーディオ再生していれば、ほぼほぼ気にならないレベルに落ち着いていて、前作「WF-1000XM3」よりも堅実に進歩したよう思える。

風切り音は残ってる

前作「WF-1000XM3」同様にノイズキャンセリング利用時の風切り音が発生している。イヤホン露出部にあたった風の音が”ヴァー、ヴォー”とイヤホン内部に聞こえてくる感じだ。

今作では「自動風ノイズ低減」機能あり。専用アプリから機能ONにすれば風切り音を検知すると自動でノイズキャンセリングを弱めて風切り音を低減できる。

ただ、いざ機能ONにしても風切り音は残っている。これで明確に風切り音が改善できているとは到底思えない。お守り程度に考えておいた方がいいと思う。

 

外音取り込み機能(アテンションモード)

前作「WF-1000XM3」同様に外音取り込み機能を搭載。イヤホン操作で機能ON/OFFできる。

周囲の音の取り込み具合は前作「WF-1000XM3」と同等くらい。ホワイトノイズ(サーっと言った音)が発生しているが、きちんと周囲の音は聞き取れてる。

なお、風が強いと風の音が多分に入り込むのも前作と変わらず。自転車ユーザーなど風切りながら常時ONにしておくとうるさそう。

 

ワイヤレス接続の安定感

ワイヤレス接続は前作よりも強化

ワイヤレス接続の安定感は前作「WF-1000XM3」よりも強化された印象を受けた。

周囲の電波マンの干渉具合にもよるが、屋外や人混みの中で使っても音飛び、ぶつ鳴り、接続切れなど起こる気配がない。

前作「WF-1000XM3」はわりと出先だと接続が不安定だった。筆者もアプリ経由で音質を落として使っていたが、「WF-1000XM4」だと通常の音質のままで使えている。

動画視聴時の音ズレ(遅延)もほとんど視認できず

LDAC接続時もそこまで酷い音飛びはない

LDAC接続時もそこまで酷い音飛びや接続切れは見られなかった。ごくまれに「ブチン」みたいな音が鳴ることはあるが、それでも思っていたよりも接続が安定していた。実用性は十分だ。

 

充電まわりのこと

ようやくのワイヤレス充電(Qi充電)対応

Sony WF1000XM4

ワイヤレス充電(Qi充電)対応

Sony WF1000XM4

充電ポートはUSB Type-C

WF-1000XM4 は、ついにワイヤレス充電(Qi充電)に対応。ワイヤレス充電器に乗せて充電できる。地味だが堅実な改善ポイント。

有線充電もUSB Type-Cケーブルで行えるので汎用性は高い。出先でモバイルバッテリーなどで充電するときにスマホの充電ケーブルが使えるので荷物が減らせる。

バッテリー駆動時間は前作同等、LDCA接続時は短め

バッテリー駆動時間は通常接続時(AACコーデック接続)はケース併用で最大36時間まで引き伸ばせる。ノイズキャンセリングONでも同24時間ほど。

他方、LADCコーデックで接続したときはケース併用18時間前後、ノイズキャンセリングONだと同12時間〜15時間までバッテリー駆動時間が落ちる(参考:公式ヘルプガイド)。

そこまでハイレゾ再生する機会がない人であれば通常接続(AACコーデック接続)にしておいた方がバッテリーの節約になる。

Amazonで製品をチェック

 

そのほかチェックしておきたい細かいところ

マイク性能はよい、ノイズカット初搭載

マイク

マイク性能は向上。前作「WF-1000XM3」からの改善ポイントの1つ。

通話時のノイズカット機能を新たに搭載したので、屋外や騒音のある場所でも使いやすい。

ノイズカットの精度は非常に高い。口元から遠い音だけをきれいに除去(ボリュームダウン)している。

出先で歩きながらの通話もちろん、屋内テレワークでの生活音シャットアウトにも活用できそう。

 

イヤホンのタッチ操作は快適

タッチセンサーエリア

これも前作「WF-1000XM3」からの改善ポイント。

タッチセンサー式だが、タッチの認識精度は悪くない。1回タッチが1回タッチに、2回タッチが2回タッチにきちんと認識される。

タッチ操作コマンドは割り当て変更可能

タッチ操作コマンドは初期の状態だと右イヤホンに「再生コントロール」、左イヤホンに「外音コントロール」が設定される。

専用アプリを使えば右イヤホン、左イヤホンに割り当てる「コントロール」の内容を変更できる。

ただ、コントロールごとの個別の操作コマンド(1回タップ操作、2回タップ操作など)は変更できない。

▼ 操作コマンド(初期割り当て)

右イヤホン左イヤホン
1回タップオーディオ再生/停止ノイズキャンセリング←→外音取り込み機能の切り替え
2回タップオーディオ先送りなし
3回タップオーディオ前戻し
長押し音声アシスタント起動クイックアテンション

クイックアテンションは長押ししてる間だけ外音取り込み機能がONになる。

着信対応は左右どちらかを2回タップで可能。電話終了も2回タップ。着信拒否のコマンドは用意されず。

 

防水(防滴)はIPX4仕様とまずまず

今作にてようやく防水(防滴)対応。前作「WF-1000XM3」は防水非対応だった。

AirPods Proと同じくIPX4の防水性能。雨天時の屋外イヤホン利用やジムやジョギングなど水っ気(汗っ気)のある場所で使っても問題ない。

 

専用アプリの利用頻度は高いのでダウンロード必須

iOS、Android向けに配信している専用アプリ「Headphones Connect」が利用できる。

もっぱら以下のようなイヤホンのカスタマイズはすべてアプリ通じて行う。

  • オーディオ調整
  • ノイズキャンセリング設定
  • タッチ操作コマンドの割り当て変更
  • 音声アシスタント設定
  • そのほか新機能のON/OFF設定

空間オーディオのソニー版サービス「360 Reality Audio」の設定もアプリから可能。

また、初回のペアリング接続設定だったり、ペアリング再接続のための起動スイッチとしてもアプリが利用できる。

他社のワイヤレスイヤホンアプリだと、せいぜいオーディオ調整くらいしか使わないが、WF-1000XM4 だと非常に使う機会が多い。ダウンロードは半ば必須だろう。

 

この記事のまとめ

ソニー「WF-1000XM4」をレビューしてきた。

○ ソニー「WF-1000XM4」の評価ポイント

  • LDAC対応、ワイヤレスながらハイレゾ音源が再生可能
  • 通常オーディオもハイレゾ相当の高音質で再生可能
  • 地味だが堅実な改善ポイント多し(ワイヤレス充電対応、マイク改善など)

× ダメなところ

  • LDACのハイレゾ再生をフルパワーで発揮するには条件あり
  • ノイズキャンセリング利用時の風切り音あり
  • イヤホンサイズが大きめ、長時間の装着だと耳が痛くなる

従来モデルだとノイズキャンセリング&オーディオくらいしか褒める箇所がなかったのだが、今作は地味だが堅実な改善ポイントが多く、総合得点で91点くらいの非常に優秀な製品に

ケチをつけるのならば、やはりLDACによるハイレゾ再生の中途半端感だろうか。

ハイレゾ再生はハイレゾ再生なのだが、AndroidスマホのSRCに引っかかる。ただ単にペアリングして使う場合には最大「48kHz/24bit」止まりのハイレゾ再生となるので、LDAC狙いで購入を検討している人だと肩透かし感ある

LDACの件に目をつむれば特に文句らしい文句はない。

ソニーのワイヤレスイヤホンとして、安定したパフォーマンスのワイヤレスイヤホンとして、(とりあえずの)ハイレゾ再生できるワイヤレスイヤホンとして選んでしまって損はない。

いかんせんワイヤレスイヤホンというとAirPodsばかり注目されるが、ソニー「WF-1000XM4」はそうしたAirPods1強体制を打ち破れる国産ワイヤレスイヤホンの星として人気を集めること違いない。

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,