(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


ソニー(SONY)ワイヤレスイヤホンのレビュー・口コミ・評価など

【Tips】ソニー「360 Reality Audio」の使い方と対応楽曲の探し方(WF-1000XM4使用)

2021年8月2日

ソニーの立体音響サービスとして展開される「360 Reality Audio」(サンロクマル・リアリティオーディオ)。

WF-1000XM4WF-C500など昨今のソニー・ワイヤレスイヤホンが相次ぎサービス対応。

まだまだ対応楽曲は少ないが、ソニーがいくらかサンプル楽曲を用意しているので、ソニーのワイヤレスイヤホンを購入したらぜひ1度は試したいところ

この記事ではWF-1000XM4を使って「360 Reality Audio」を使うための設定手順を解説していく。

広告

360 Reality Audio の使い方

用意するもの

  1. iPhoneかAndroidスマホ
  2. 「360 Reality Audio」に対応したワイヤレスイヤホン

この記事ではWF-1000XM4を使って解説していく。

 

 

初期設定方法

  1. 専用アプリ「Headphones Connect」をダウンロード
  2. 耳の形を測定
  3. アプリを最適化→アプリ起動

 

1. 専用アプリ「Headphones Connect」をダウンロード

ソニー・ワイヤレスイヤホンのカスタマイズアプリこと「Headphones Connect」。

360 Reality Audioは同アプリ上で設定を行う。先にアプリをダウンロード&機器登録して準備しておく。

関連リンク:Headphones Connect(公式サイト&DLリンク)

 

2. 耳の形を測定

専用アプリ「Headphones Connect」の「サウンド」タブにある「360 Reality Audio設定」の項目から「耳の形を測定」を選択。

スマホのカメラを使って耳の写真を撮影。耳の形を測定する。

 

 

3. アプリを最適化→アプリ起動

「耳の形の測定」作業が終わったら、次に360 Reality Audioを再生するためのアプリの最適化を行う。

スマホにダウンロードしてある「360 Reality Audio」対応アプリの名前が「最適化されていないアプリ」一覧に表示される。ここから最適化したいアプリをタッチすると最適化作業が開始される。

これで初期設定は完了だ。

なお、最適化するためには先に対応アプリをダウンロードしておく必要あり。対応アプリについては次項で説明する。

 

 

360 Reality Audioに対応しているアプリ(&対応楽曲)

360 Reality Audioの対応アプリだが、2022年1月時点で以下5つのサービスのみ。

360 Reality Audioに対応しているアプリ(2022年1月時点)

  1. 360 by Deezer
  2. Airtist Connection
  3. nugs.net
  4. WOWOW Lab
  5. Amazon Music

先に書いておくと、いずれのサービスも360 Reality Audio対応楽曲はわずか。日本語コンテンツはほぼ皆無。

現時点で実用性を見いだすのは難しく、お試し程度に使うのが限度かと思う。

以上を踏まえたうえで360 Reality Audioの対応アプリ&対応楽曲を解説していく。

 

 

1. 360 by Deezer(月額1,470円)

360 by Deezer

360 by Deezer

無料posted withアプリーチ

「360 by deezer」はフランスの音楽配信会社であるdeezer(ディーザー)が提供。

2020年に日本進出。すでにサービスも日本語対応している。月額1,470円の有料サービスとなる(初月無料)。

ごくごくわずかにだが、日本のアーティストの360 Reality Audio楽曲を用意。大滝詠一、森高千里、MILET、私立恵比寿中学、鬼頭明里の曲があった。

とはいえ、対応楽曲のうち9割以上は洋楽。洋楽を全く聞かない人だと実用性は低い。

 

 

2. Artist Connection(月額無料)

Artist Connection

Artist Connection

無料posted withアプリーチ

Artist Connectionは、米Streamsoft社が提供する音楽アプリ。

360 Reality Audioの事実上の宣伝用アプリとしてソニー公式サイトでも紹介される。

"事実上の宣伝アプリ”というように、360 Reality Audioのサンプル曲?しか配信されず、通常の音楽アプリとは勝手が異なる。配信曲も20曲ほどしかない。

とりあえず無料で360 Reality Audioを試してみたい人ならこれで十分だ。

 

 

3. nugs.net(月額12.99ドル)

nugs.net

nugs.net

無料posted withアプリーチ

nugs.netは、米nugs.net社が手がけるストリーミングサービス。

月額12.99ドルから提供する有料配信サービス。日本語対応なし。楽曲も洋楽のみ。日本人ユーザーからするとあえて使う理由はない。

 

 

4. WOWOW Lab(月額無料)

WOWOW Lab

WOWOW Lab

無料posted withアプリーチ

ご存知WOWOWが手がける動画アプリ。WOWOWの実験的アプリで「360 Reality Audio」コンテンツを無料で視聴できる。

特に会員登録も必要ないのでお試しで使うのに最適。

熱海花火大会の映像や平井堅の歌唱ムービーがあるので、360 Reality Audioがどういった勝手なのか知るには丁度いいかと思う。

 

 

5. Amazon Music(プライム会員向け)

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

無料posted withアプリーチ

Amazon Musicは一部楽曲が360 Reality Audioに対応。Amazon Music Unlimited会員に限らず、プライム会員でも一部曲が聴取できる。

参考リンク:Best of 360 Reality Audio|Amazon Music(360 Reality Audio対応楽曲のみまとめたプレイリストのURL)

ただ、Amazon Musicアプリそのものは360 Reality Audioで最適化できず

あくまでも360 Realiy Audioっぽい、立体音響っぽい音楽再生にとどまる。肩透かし感は否めない。

 

 

この記事のまとめ

ここまで「360 Reality Audio」の使い方と対応アプリをまとめてきた。

正直なところ、まだまだオマケ感が強いサービスだ。正式にサービスインしたのが2021年3月ということもあり、実用性どうこうを見いだすのは難しい。

将来的にどれだけメジャーなサービスになるのか未知数だが、現時点では「Artist Connection」か「WOWOW Lab」をお試し程度に使うのが限度かと思う。

ソニーのワイヤレスイヤホンをより深く使いこなしたいと考えている人であれば試してみてほしい。

 

 

関連記事

【Tips】ソニー「WF-1000XM4」でLDACオーディオ(ハイレゾ)を使う方法

続きを見る

【Tips】ソニー「WF-1000XM4」のペアリング方法&複数デバイス間のペアリング切り替え方法を解説

続きを見る

【Tips】ソニー「WF-1000XM4」に隠されたマニアックな機能5選

続きを見る

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ソニー(SONY)ワイヤレスイヤホンのレビュー・口コミ・評価など
-,