ワイヤレスイヤホン

【Tips】ソニー「360 Reality Audio」の使い方と対応楽曲の探し方(WF-1000XM4使用)

2021年8月2日

ソニー「WF-1000XM4」で注目を集める「360 Reality Audio」(サンロクマル・リアリティオーディオ)。

俗に言う立体音響サービス。AppleがAirPodsシリーズ向けに提供している空間オーディオのソニー版サービスだ。

まだまだ対応している楽曲は少ないが、ソニーが直々にサンプル楽曲を用意しているので、WF-1000XM4を購入したらぜひ1度は試したいところ

この記事ではWF-1000XM4で「360 Reality Audio」を使うための手順や対応楽曲の探し方など解説していく。

ソニー「360 Reality Audio」の使い方

用意するもの

  1. iPhoneかAndroidスマホ
  2. WF-1000XM4

WF-1000XM4は「360 Reality Audio」対応機種なのでiPhoneかAndroidスマホとペアリングした状態なら360 Reality Audioが利用できる。

 

360 Reality Audioの設定方法

  1. 専用アプリ「Headphones Connect」をダウンロード
  2. 「Artist Connection」アプリをダウンロード
  3. 耳の形を測定
  4. アプリを最適化→アプリ起動

1. 専用アプリ「Headphones Connect」をダウンロード

WF-1000XM4のカスタマイズアプリこと「Headphones Connect」。

360 Reality Audioも同アプリ上から設定するのでアプリをダウンロード&機器登録して準備しておく。

関連リンク:Headphones Connect(公式サイト&DLリンク)

 

2. 「Artist Connection」アプリをダウンロード

「360 Reality Audio」のサンプル楽曲が視聴できる音楽アプリ。

360 Reality Audioの設定で使うので事前にダウンロードしておく。

 

3. 耳の形を測定

専用アプリ「Headphones Connect」を使って360 Reality Audioの設定を行う。

アプリの「サウンド」タブにある「360 Reality Audio設定」の項目から「耳の形を測定」を選択。スマホのカメラを使って耳の写真を撮影。耳の形を測定する。

ちなみに、撮影時にはイヤホンだけでなくスマホ本体からもアナウンスボイスが流れるので端末側の音量注意。

 

4. アプリを最適化→アプリ起動

「耳の形の測定」作業が終わったら、次に360 Reality Audioを再生するためのアプリの最適化を行う。

「最適化されていないアプリ」一覧から先にダウンロードしておいた「Artist Connection」アプリを選択。

その後、アプリの最適化作業が行われ、作業が完了するとそのままアプリが立ち上がる。これで360 Reality Audioを使うための準備は完了だ。

初回ログインはGoogleアカウントあたりで済ましてしまって問題ない。

360 Reality Audio対応楽曲にはロゴマークあり

360 Reality Audio対応楽曲にはロゴマークが付いているので、この楽曲を選択すると「360 Reality Audio」として音楽再生できる。

 

YOASOBIの「群青」を聞きたい場合の手順

ソニーが用意するサンプル楽曲としてYOASOBIの「群青」あり。

ただ、通常ルートでアプリを起動しても視聴できない謎のプレミア楽曲になっている。

視聴方法だが、以下のソニー公式ページにある「試聴デモ専用アプリArtist Connection※2をダウンロード。」のリンクを踏んでアプリを一度立ち上げる必要がある。

ここをクリック

すでにアプリをダウンロードしている人だとダウンロードリンクをクリックすればそのままYOASOBI楽曲付きの「Artist Connection」のトップページに遷移できる。

 

360 Reality Audio対応楽曲の探し方

先に紹介したのはほぼほぼサンプル楽曲。

現時点で通常サービスとして360 Reality Audio楽曲を提供しているのは以下3つの音楽サービスだけだ。

  1. 360 by deezer
  2. nugs.net(洋楽のみ)
  3. amazon music HD(スマートスピーカー再生のみ)

上記3つのうち、日本向けだと実質的に「1. 360 by deezer」しか選択肢がない。

「2. nugs.net」は洋楽のみ、英語対応のみ、ドル払いのみの海外サービス。

「3. amazon music HD」はスマートスピーカーのみサービス提供であり、WF-1000XM4では再生できない。

出典:deezer

「360 by deezer」はフランスの音楽配信会社であるdeezer(ディーザー)が提供。

deezerは2020年に日本進出。すでにサービスも日本語対応している。月額1,470円だが初月無料なので、とりあえずのお試しに最適だ。

数こそ少ないものの日本のアーティストの360 Reality Audio楽曲も用意している。大滝詠一、森高千里、MILET、私立恵比寿中学、鬼頭明里(鬼滅の刃の禰豆子声優)の曲があった。

日本でも知名度あるフィルハーモニー管弦楽団あたりの楽曲も提供。

とはいえ、対応楽曲のうち9割以上は洋楽。洋楽を全く知らない人がこれに月額1,470円を支払うのは割高だと思う。かくいう筆者もその一人なので無料期間(1ヶ月)終了前に解約してしまいそう...

 

この記事のまとめ

ソニー「WF-1000XM4」で「360 Reality Audio」を使う方法をまとめてきた。

まだまだ対応楽曲は少ないが、いざ使ってみると後頭部からラッパを突き刺されるような新味なオーディオ体験ができて面白い。

ソニーが用意しているサンプル楽曲だけでも勝手はよく理解できるのでWF-1000XM4を購入したらぜひ1度は試してみてほしい。

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,