ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー|2021年準拠の格安ワイヤレスイヤホンの決定版

2021年8月2日

コスパに定評のあるAnkerワイヤレスイヤホンから2021年準拠の格安ワイヤレスイヤホンというべきモデルが登場した。それが今回レビューする「Anker Soundcore Liberty Neo 2」。

直販価格は4,990円。紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだが、スペックシートを見ると1万円前後のワイヤレスイヤホンかと勘違いする内容が揃う。主に以下のような点だ。

  • USB Type-Cポート搭載
  • ワイヤレス充電(Qi充電)対応
  • ケース併用で最大40時間使えるロングバッテリー
  • IPX7の防水性能
  • Ankerの専用アプリ対応(イコライザー調整可能)

アンダー5000円モデルながらイコライザー調整(音質調整)も可能

これで4,990円なのだから驚き。

アンダー5000円のワイヤレスイヤホンなんていまだにmicroUSB充電が一般的。バッテリー駆動時間もよくて15時間前後。イコライザー調整なんて対応すらしてない。そのくせオーディオはこもってる。

ここらの格安ワイヤレスイヤホンに対するネガティブな要素を取り払ったどころか、一歩二歩三歩くらい先をゆく、まさしく2021年準拠の格安ワイヤレスイヤホンだ。

2,000円〜3,000円くらいのよくわからないノンブランドの中華イヤホンを購入するくらいであれば、「Anker Soundcore Liberty Neo 2」の方が間違いなくおすすめできる。以下レビューしていくので格安ワイヤレスイヤホンとしての購入を検討している人などチェックしてみてほしい。

【レビュー対象製品】Anker Soundcore Liberty Neo 2

発売時期2021年5月
直販価格(税込)4,990円

カラーリングはブラック、ホワイト、ネイビーの3色。レビューはブラックで行う。

Amazonで製品をチェック

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2 の製品概要

製品概要

2021年仕様のスペック詰め込んだ格安ワイヤレスイヤホン

専用アプリからイコライザー調整(音質調整)可能、好きな音にカスタムできる

ケース併用で40時間使える長時間バッテリー搭載

スポーツ防水(IPX7)対応、雨、汗、イヤホンの水洗い、潜水利用などもろもろ可能

まさかのワイヤレス充電(Qi充電)対応

留意点ないしデメリット

ノイズキャンセリング(ANC)非対応

ケース、イヤホンともに安っぽさはある(典型的なプラスチック素材)

 

スペックシート




Bluetooth最新規格「Bluetooth 5.2」対応
iPhone、Androidスマホ、どちらで使う場合でもワイヤレス接続が安定。

音質はドンシャリ(イコライザー調整可能)
低音こもり気味の典型的な格安ワイヤレスイヤホン・サウンド。ただ、専用アプリを使ったイコライザー調整(音質調整)に対応しており、好みの音質、許容範囲の音質にカスタムできる。

最大40時間使えるロングバッテリー搭載
イヤホン単体10時間、ケース併用で最大40時間使える”超”ロングバッテリーモデル。

通話マイク搭載(ノイズカットなし)
テレワークなどのイヤホン&マイクとして活用できる。ノイズカット機能はないので騒音のある場所だと使いにくい。

スポーツ防水対応(IPX7)
雨、汗、潜水、水濡れ、イヤホンの水洗いなど問題なし。
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間イヤホン単体10時間、ケース併用で最大40時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能○(IPX7)
通話マイク
外音取り込み機能×
ノイズキャンセリング(ANC)×

 

付属品

充電ケーブル(USB Type-C to A)、替えのイヤーピース、替えのイヤーウィングが付属。

イヤーピースは「XS、S、M、L、XL」の5サイズを用意。初期の装着はMサイズ。

 

充電ケースはただただ黒い、よくある格安ワイヤレスイヤホン仕様

縦3.5cm、横8.5cm

厚さ3cm

ケースサイズは縦3.5cm、横8.5cm、厚さ3cmほど。サイズは従来モデルとほぼ変わらない。

手でらくらく握り込めるし、男性ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならない。

外観素材はごくごく普通のプラスチック。「Soundcore」のロゴマークが無ければそこらの格安ワイヤレスイヤホンと区別がつかないと思う。ここらは価格なり。

 

USB Type-Cケーブルで充電可能、アンダー5000円では珍しくワイヤレス充電にも対応

充電ポートはUSB Type-C

ワイヤレス充電(Qi充電)対応

USB Type-Cケーブルを使った有線充電、およびワイヤレス充電(Qi充電)に対応している。

アンダー5,000円のワイヤレスイヤホンながらワイヤレス充電に対応する数少ない(というか初めて?)製品だ。この点、地味だか堅実な評価ポイントとして加点要素になる人も多いかと思う。

 

イヤホン本体もごく普通の黒いイヤホン

イヤホン本体。ケースと同じく格安ワイヤレスイヤホンでよくある黒色ボディ。

サイズは小ぶり。耳が小さい人でも難なく装着できる。

つけ心地は悪くない。イヤーピースのサイズさえ調整すればホールド感、遮音性もばっちしだ。

 

ペアリングまわりのこと

Anker Soundcore Liberty Neo 2 の主なペアリング接続仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法装着した左右イヤホンのタッチパッドを同時に3秒押し
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。Anker Soundcore Liberty Neo 2はマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。現在のペアリングを解除せずに切り替えられる製品もあるが、Anker Soundcore Liberty Neo 2は同仕様には対応せず。


複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え不可

スマホやPC間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要あり。

昨今だと現在のペアリングを解除せずとも上書きする形でペアリングが切り替えられるワイヤレスイヤホンも多いが、Ankerワイヤレスイヤホンは同仕様には対応していない。

そのほかペアリングまわりの情報は以下記事を参考に

【Tips】Anker「Soundcore」完全ワイヤレスイヤホンの新規ペアリングモードの起動方法まとめ

続きを見る

Amazonで製品をチェック

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2 を実際に使ってみた感想とレビュー

音質はよくも悪くも安っぽいが、専用アプリでイコライザー調整できるのでプラマイゼロ

音質は典型的な格安仕様。

ボーカル3:バックサウンド7。低音強めで少しこもり気味のオーディオ品質。そこらにある中華ワイヤレスイヤホンと変わらぬレベル。アンダー5000円のワイヤレスイヤホンとして考えれば順当妥当なクオリティだが、デフォルト状態だとあまり使おうとは思わない。

専用アプリはiOS、Android双方に配信中

ただ、Anker Soundcore Liberty Neo 2はAnkerの専用アプリ「Soundcore」を使ったイコライザー調整(音質調整)に対応している。

アプリはiPhone、Android、双方に配信中。イコライザー調整すれば、まだ許容範囲のオーディオ、自分好みのオーディオに調整できるので、デフォルトの音質に不満ある人ならカスタムしてしまえばいい。

イコライザーは音質シチュエーションに合わせたテンプレを用意。低音強め、ボーカル重視などイコライザーのテンプレ設定が選べる。なお、目盛り設定による完全にオリジナルのカスタムも可能だ。

アンダー5000円の格安ワイヤレスイヤホンでイコライザー調整できるのは大手Ankerならでは。格安ワイヤレスイヤホンならではの音のこもりなど気にしてる人でも安心してほしい。

 

ワイヤレス接続は意外にも安定してる

アンダー5000円のワイヤレスイヤホンだとワイヤレス接続の安定感に不安を持つ人もいるかもしれない。

ただ、Anker Soundcore Liberty Neo 2 は思いのほかしっかりしてる。Bluetooth最新規格である「Bluetooth 5.2」(実質的にBluetooth 5.0)に対応しているので屋外や電車の中で使った場合でも音飛び、ブツ鳴り、接続切れなど遭遇するのはまれ。というかほとんどない。

 

バッテリーが減らない(業界トップクラスの40時間)

バッテリー駆動時間はケース併用40時間(イヤホン単体10時間、ケース予備30時間)と超絶スタミナ仕様。

AirPodsシリーズでも24時間前後のバッテリー。昨今の長時間モデルでも30時間前後なので40時間は2021年現在のバッテリー水準としては業界トップクラス

1日3時間使っても13日は充電せずに済む。1日5時間使っても1週間は充電する必要ない。これもう本当にバッテリーが減らなくて逆に怖い。

皮肉ではあるが、長時間バッテリーゆえに、どのタイミングで充電しとくべきか迷う。とはいえ、ワイヤレス充電に対応しているので充電器だけでも放置しておけば勝手に充電される。もう本当に文句ない...

Amazonで製品をチェック

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2 の気になったところ(あるいはデメリット)

通話マイクはごくごく普通のでき(ノイズカットなし)

通話マイクあり

イヤホン本体に通話マイクを内蔵。テレワーク通話だったり、音声アシスタントの操作で利用できる。

声は聞き取れているが、通話時の雑音カット機能は搭載せず。騒音のある場所で使うと周囲の音もそのまま集音されてしまう。

静かな場所で使う分には問題ないが、屋外でのハンズフリー通話だったり、騒音のある場所だと使いづらそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】コスパ重視の人にとっての最適解と言える格安ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Neo 2 をレビューしてきた。

2021年現在の格安ワイヤレスイヤホンの【決定版】とも言える全部入りモデル。

機能面が盛りだくさんなのはもちろん、専用アプリを使えばイコライザー調整(音質調整)できるので格安ワイヤレスイヤホンらしいオーディオのショボさもどうにかなる。この点、地味だか重要な評価ポイントだ。

もとより格安ワイヤレスイヤホンの購入を検討している人であれば、よくわからないノンブランドの格安品よりも Anker Soundcore Liberty Neo 2 を選んだ方が間違いなく満足度は高い。ぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

 

似た価格のワイヤレスイヤホンだとここらがおすすめ

JBL Wave100 TWS レビュー|奇抜さ一転、実用性ある「フタなしワイヤレスイヤホン」

続きを見る

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」レビュー|安くて高音質なワイヤレスイヤホン。はじめての1台に最適

続きを見る

ヤマハ「TW-E3B」
ヤマハ「TW-E3B」レビュー|高音質オーディオがなにより魅力の最強エントリーモデル

続きを見る

 

関連記事

【コスパよし】5000円で買える大手メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめはこれだ!

続きを見る

Ankerの完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore」を種類別に整理する|おすすめモデルも紹介(2022年)

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,