ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー|2021年準拠の格安ワイヤレスイヤホンの決定版

2021年8月2日

アンダー5000円の格安ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめしたい。「Anker Soundcore Liberty Neo 2」。

直販価格4,990円の格安帯ながらワイヤレス充電(Qi充電)、USB Type-C充電に対応。おまけにバッテリー駆動時間はケース併用40時間と業界屈指のスタミナを実現した。

アンダー5000円のワイヤレスイヤホンだといまだにmicroUSB充電が一般的だったりするし、バッテリー駆動時間もよくて20時間前後のものが多い。

こうした同等価格帯の格安ワイヤレスイヤホンよりもあきらかに一歩二歩先をゆく。もとより格安ワイヤレスイヤホンを探している人なら「これで十分」と言えてしまう文句ないワイヤレスイヤホンだ。

以下実機をレビューしていく。アンダー5000円の格安ワイヤレスイヤホンを探している人は記事を参考にしてほしい。

【レビュー対象製品】Anker Soundcore Liberty Neo 2

発売時期2021年5月
直販価格(税込)4,990円

カラーリングはブラック1色のみ。

○ Anker Soundcore Liberty Neo 2 の評価ポイント

  • 2021年準拠のコスパ特化モデル
  • ワイヤレス充電&USB Type-C充電対応
  • IPX7の防水性能
  • ケース併用で最大40時間の長時間バッテリー搭載
  • 専用アプリ使ったイコライザー調整(音質調整)に対応

× ダメなところ

  • オーディオ(音質)は低音増強しただけの格安仕様
  • ペアリング設定&複数デバイス間のペアリング切り替えが面倒くさい
  • ノイズキャンセリング、外音取り込み機能など使えず
Amazonで製品をチェック

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー

製品概要

Anker Soundcore Liberty Neo 2 は、2021年5月に発売開始となったAnkerの完全ワイヤレスイヤホン。直販価格は4,990円。Ankerの18ヶ月保証(Anker会員は24ヶ月)が付属する。

・Ankerの従来の格安帯モデルだった「【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo」の後継機に該当。価格そのままにワイヤレス充電(Qi充電)とUSB Type-C充電に対応した。

・Ankerの専用アプリ「Soundcore」にも新たに対応。アプリ経由で好みのオーディオ品質に調整できる。

Amazonで製品をチェック

 

同梱品

製品本体ほか、充電ケーブル(USB Type-C to A)、替えのイヤーピース、替えのイヤーウィングが付属。

イヤーピースは「XS、S、M、L、XL」の5サイズを用意。初期の装着はMサイズ。

 

外観・サイズ感

縦3.5cm、横8.5cm

厚さ3cm

ケースサイズは縦3.5cm、横8.5cm、厚さ3cmほど。サイズは従来モデルとほぼ変わらない。

手でらくらく握り込めるし、男性ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならない。

外観素材はごくごく普通のプラスチック。「Soundcore」のロゴマークが無ければそこらの格安ワイヤレスイヤホンと区別がつかないと思う。ここらは価格なりといったところ。

イヤホン本体。カナル型イヤホン(耳栓型イヤホン)とあり小ぶりで愛くるしい。

つけ心地は悪くない。イヤホンサイズは適正範囲でイヤーピースのサイズさえ調整すれば耳の穴の中にきれいに収まる。ホールド感、遮音性もばっちしだ。

 

ペアリングまわりのこと

ペアリング方法

初回のペアリングはケース蓋を開けば可能。

マルチペアリング対応。複数デバイスのペアリング情報が保持できる。最大ペアリング台数は非公表。5台まで繋げることは筆者環境でも確認できた。

2回目(2台目)以降の新規ペアリングモードの起動方法だが、以下の手順で可能。

  1. 左右イヤホンを耳に装着した状態で左右イヤホンのタッチボタンを10秒ほど同時押し
  2. 一度手を離す
  3. 左右どちらかのイヤホンのタッチボタンを3秒ほど長押し

1の手順でイヤホンの電源をオフに、3の手順で新規ペアリングモードで再起動する。

それぞれ切り替わるタイミングで「トットゥトゥぅんトゥん」(?)みたいなサウンドが流れる。あとは初回のペアリングと同じくデバイス側から製品スキャンして繋げば問題ない。

ちなみに、現在ペアリングしているデバイスをすべてBluetoothオフにして、イヤホンがペアリングできない状態にした場合でも新規ペアリングモードに切り替わる。

複数デバイス間のペアリング切り替え方法

マルチポイントは非対応。都度オーディオ再生したいデバイスに手動でペアリングを切り替える必要がある。

ペアリングの切り替え都度、現在ペアリングしているデバイスのBluetoothをオフにしてペアリングを解除する必要がある。そのあと、切り替えたいデバイスのBluetooth設定画面からイヤホン名をタッチすればペアリングが切り替えられる。

昨今だと現在のペアリングを解除せずとも上書きする形でペアリングが切り替えられるワイヤレスイヤホンも多いが、Ankerワイヤレスイヤホンは同仕様には対応せず。

 

オーディオ性能(音質)

オーディオはよくも悪くも安っぽい

オーディオはよくも悪くも格安ワイヤレスイヤホン。

ボーカル3:バックサウンド7。格安ワイヤレスイヤホンでよくある低音強めで少しこもり気味のオーディオ品質だ。

とはいえ、アンダー5000円のワイヤレスイヤホンとして考えれば妥当なクオリティ。実用十分な水準はクリアしてるので動画を見たり、音楽を聞いたり、普段使いするのには困らない。

専用アプリで音質調整できる

Ankerの専用アプリ「Soundcore」を使った音質調整(イコライザー調整)に対応。

低音増強、高音増強、フラット音響など好みのオーディオ特徴に合わせてカスタマイズできる。気持ち高音を引き立てることで音のこもり具合が取れて聞き心地がよくなるのでオススメ。

 

ノイズキャンセリングは非対応

ノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)は非対応。

 

外音取り込み機能は非対応

外音取り込み機能は非対応。人と会話するとき、周囲の音が聞きたいときは素直にイヤホンを外す必要あり。

 

ワイヤレス接続の安定感

ワイヤレス接続は意外にも安定してる

Bluetoothバージョンは最新5.2。BluetoothコーデックはSBCとAACのみ。流行りのapt-Xには対応しておらず、大方AAC接続がデフォになる。

とはいえ、ワイヤレス接続の安定感は悪くない。屋外や電車の中で使った場合でも音飛び、ブツ鳴り、接続切れなど遭遇しない。思っていたよりもワイヤレス接続の安定感がしっかりしていて好印象

動画視聴時の音ズレ(遅延)に関してもほとんど確認できない。apt-Xに対応しない格安ワイヤレスイヤホンと考えると非常に優秀な出来だと思う。

 

充電まわりのこと

アンダー5000円モデルでは史上初?のワイヤレス充電対応

充電ポートはUSB Type-C

ワイヤレス充電(Qi充電)対応

USB Type-Cケーブルを使った有線充電、およびワイヤレス充電(Qi充電)に対応している。

とにもかくにもアンダー5,000円のワイヤレスイヤホンながらワイヤレス充電に対応する数少ない(というか初めて?)の製品だ

ワイヤレス充電器に放置しておくだけで充電できるので、逐一ケーブルを抜き差しして充電するよりも圧倒的にラク。特に充電ズボラの人だと重宝しそう。

バッテリー駆動時間は業界トップクラスの40時間

バッテリー駆動時間はケース併用40時間と超絶スタミナ仕様。

AirPodsシリーズでも24時間前後のバッテリー。昨今の長時間モデルでも30時間前後なので40時間は2021年現在のバッテリー水準としては業界トップクラス

1日3時間使っても13日は充電せずに済む。格安ワイヤレスイヤホンならではのバッテリー持ちの悪さを改善したどころか業界屈指のスタミナモデルへと変貌を遂げたので、もはや文句なし。

Amazonで製品をチェック

 

そのほかチェックしておきたい細かなところ

通話マイクは普通、ノイズカットなし

通話マイク搭載

イヤホン本体に通話マイクを内蔵。テレワーク通話だったり、音声アシスタントの操作で利用できる。

声は聞き取れているが、通話時の雑音カット機能は搭載せず。騒音のある場所で使うと周囲の音もそのまま集音されてしまう。

そのため、屋内テレワークでの生活音シャットアウトは難しそう。また、工事現場近くを歩きながらの通話マイク利用も辛いと思う。

基本的には静かな場所で使うことを推奨

 

タッチボタン搭載、操作感は悪くない

タッチボタン搭載

ワイヤレスイヤホンでは珍しいタッチボタンを搭載。タッチセンサーと違って複数回タッチもきちんと複数回で認識されるので勝手がよい。

ボタンの押し心地は固くもなく柔らかすぎず。押し間違いもほとんどない。

タッチ操作コマンドは割り当て変更可能

タッチ操作コマンドは専用アプリから割り当て変更可能。1回タップ、2回タップ、1秒長押しの3つの操作コマンドに機能を割り当てられる。

オーディオ操作コマンドはひととおり揃う。再生/停止、次へ、前へ、音量UP、音量DOWN、音声アシスタントの起動から任意のコマンドを割り当てて設定できる。

着信操作コマンドは変更できず。着信対応/着信終了は左右どちらかのタッチボタンを1回タップ。着信拒否は同1秒長押し。

 

防水性能はIPX7と優秀

防水性能はIPX7。プールや海で潜水しながら使っても問題ない。

もっと普通の使い方、風呂場で動画を見るときに使ったり、雨降る日の屋外利用程度であれば問題すら感じない。

 

専用アプリを使ったオーディオ・カスタマイズ可能

アンダー5000円の格安モデルながらAnkerの専用アプリ「Soundcore」に対応。アプリはiOSAndroid双方に配信中。

アプリは使わなくても問題ないが、イコライザー調整(音質調整)はじめとしたカスタマイズが可能なので活用するに越したことはない。

格安ワイヤレスイヤホンならではのオーディオのこもりもイコライザーでなんとかなる。アプリ対応は下手なノンブランドの格安ワイヤレスイヤホンに比べて間違いなくアドバンテージだ。

 

この記事のまとめ

Anker Soundcore Liberty Neo 2 をレビューしてきた。

○ Anker Soundcore Liberty Neo 2 の評価ポイント

  • 2021年準拠のコスパ特化モデル
  • ワイヤレス充電&USB Type-C充電対応
  • IPX7の防水性能
  • ケース併用で最大40時間の長時間バッテリー搭載
  • 専用アプリ使ったイコライザー調整(音質調整)に対応

× ダメなところ

  • オーディオ(音質)は低音増強しただけの格安仕様
  • ペアリング設定&複数デバイス間のペアリング切り替えが面倒くさい
  • ノイズキャンセリング、外音取り込み機能など使えず

2021年現在の格安ワイヤレスイヤホンの【決定版】とも言える全部入りモデル。

ワイヤレス充電に対応しているほか、40時間のバッテリー駆動、オーディオも専用アプリからイコライザー調整できる。

似た価格帯の格安ワイヤレスイヤホンを選ぶくらいであれば、Anker Soundcore Liberty Neo 2 を選んだ方が間違いなく満足度は高い。

ワイヤレスイヤホンなんて音楽が聞ければ十分、とりあえず安いやつで試してみたい・・・といった人におすすめ。ぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

 

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,