ワイヤレスイヤホン

はじめての1台に最適。JVCケンウッド「JVC HA-A5T」レビュー

2021年10月27日

国産大手オーディオメーカー、JVCケンウッド。ソニーやヤマハと並ぶ老舗中の老舗。確たるオーディオ技術を武器に今日ではワイヤレスイヤホンも展開している。

ーーーそんなJVCケンウッドの最新ワイヤレスイヤホンとなる「JVC HA-A5T」が2021年10月より発売開始となった。

価格4,000円のエントリーモデル。中華イヤホンと区別がつかぬレベルの安さだが、オーディオは明確に高音質。安かろう悪かろうでは終わらない、国産オーディオメーカーならではのこだわりが詰まった意欲作だ。

JVC HA-A5T

ノイズキャンセリングやハイレゾなど最新機能こそ対応していないものの、「ワイヤレスイヤホンなんて音楽が聞ければ十分」「動画が見れれば十分」といった人であれば文句ない。国産メーカーならではの高音質オーディオをコスパよく味わえる。

この記事では「JVC HA-A5T」の使い勝手などレビューしていきたい。

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」製品評価

発売時期2021年10月
市場価格4,000円前後

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(4)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(3.5)
ノイズキャンセリング-
外音取り込み機能-
マイク性能(3)
バッテリー性能(2)

ここがGood!!

価格4,000円で購入できる大手JVCケンウッドのエントリーモデル

力強い低音&クリアな中音〜高音が噛み合う高音質オーディオ

生活防水(IPX4)対応、雨、汗など耐えられる

イヤホンサイズは小ぶり、女性や耳が小さい人でも問題なく装着できる

ここがBad...

バッテリー駆動時間はケース併用15時間と短め(業界相場は同20時間前後)

イヤホンボタンが押しにくい(押し心地が硬い)

 

製品カラーリングは5色

カラーリングはグリーン、ホワイト、ブラック、レッド、ブルーの5色展開。レビューはグリーンで行う。

広告

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」製品概要

3行でわかる!JVCケンウッド「JVC HA-A5T」

  • JVCケンウッドの最新エントリーモデル
  • 価格に似合わぬ高音質オーディオ
  • イヤホンサイズは小ぶりで女性でも難なく装着できる

 

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」は2021年10月に発売開始。

価格4,000円で購入できるJVCケンウッド史上最安級のワイヤレスイヤホン。ただ、安かろう悪かろうで終わらず、音質もしっかり仕上げた。力強い低音とクリアな中音〜高音が噛み合う聴き応えのあるサウンドが楽しめる。

イヤホンサイズは小柄。さながら”たけのこの里”くらいの大きさ。イヤーピースのサイズさえ調整すればどんな耳でも無難に装着できる。

 

 

基本的なスペック情報




発売時期2021年10月
市場価格4,000円前後
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント×
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体5時間
ケース併用で最大15時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)
発売時期2021年10月
市場価格4,000円前後
Bluetoothバージョン5.1
Bluetooth対応コーデックSBCのみ
バッテリー駆動時間
イヤホン単体5時間、ケース併用で最大15時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング(ANC)×
外音取り込み機能×
マルチポイント×

 

 

ペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法既存ペアリングデバイスのBluetoothをオフに → ペアリング再接続できない状態だと新規ペアリングモードに移行
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)

新規ペアリングモードを起動するための操作コマンドは用意されず。

新規ペアリングモードに切り替えたい場合、既存ペアリングデバイスのBluetoothをOFFにして、ペアリング再接続できない状態にする必要がある。ペアリング再接続できない状態で数秒放置すると自動で新規ペアリングモードに切り替わる。

典型的な格安ワイヤレスイヤホンならではの面倒仕様だ...

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。JVC HA-A5Tはマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。一部の製品だと現在のペアリングを解除せずにペアリングが切り替えられるが、JVC HA-A5Tは同仕様に対応せず。


 

 

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」の外観&使用感チェック

イヤホンは軽くて装着しやすい

イヤホンは業界最軽量。片耳3.9gと巷の軽量モデル(5g前後)よりも2割ほど軽い。

いざ耳に装着するとスポンジを突っ込んだかと勘違いするレベルの軽々しさで感動する。ワイヤレスイヤホンならではの”ずっしり”感がない。エントリーモデルで最新機能ないし無駄な機能を付けていないからこそ実現できた軽さだと思う。

イヤホンもらくらく装着できるが、イヤーピースだけ耳穴に突っ込んでイヤホンを支えている状態なので、少しばかりフィット感に不安がある。

もっぱら耳穴の形がいびつな人、イヤホンのフィット感でハズレを引きやすい人だとイヤホンを上手く耳奥まで押し込めず、イヤホンが外に飛び出るような反発を感じるかもしれない。

 

 

イヤホンの防水性能はIPX4、雨や汗に耐える

ワイヤレスイヤホンでは業界一般的なIPX4の防水性能。雨や汗に耐えられる。

プール利用(潜水利用)には耐えられないが、普段の生活の範疇で使う程度なら問題らしい問題はないかと思う。

 

 

充電ケースは小さめ、ハンドクリームケースのよう

イヤホンケースは、縦4.5cm、横5.5cm、厚さ3cmほど。

サイズ的にはクレジットカードの半分ほど。ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならない。

重量に関してもイヤホンとケース合わせても36gしかないので気にするレベルでもない。

 

 

【祝】USB Type-Cケーブルで充電可能

JVCケンウッドのエントリーモデルでは初となるUSB Type-Cポート採用。Androidスマホを持っている人などUSB Type-Cケーブルがそのまま使える。

JVCケンウッドのエントリーモデルは2021年モデルであってもmicroUSBを搭載する体たらくだったので、これもう本当にUSB Type-C採用は歴史的快挙。今後の製品もUSB Type-Cで統一してほしいところ。

Amazonで製品をチェック

 

 

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」の音質&機能チェック

音質は低音が気持ち強め

音質はさすがのJVCケンウッド。低音〜高音までしっかり出てて豊かな音調

低音が少し強めだが、中華イヤホンのように低音だけ増強しているわけではない。中音域〜高音域の明瞭な部分を残したうえでの低音強めだ。音のこもりが強くて聞き心地が悪いみたいなことはない。

音の広がりもあるし、音量を上げずとも響く音の力強さもある。これで価格4,000円ならば言うことないし、格安ワイヤレスイヤホンであっても音質にこだわりたい人にも十分におすすめできる完成度だ。

 

 

屋外/屋内ともにワイヤレス接続は問題なし、音飛びもない

電車の中、人混みの中でも問題なく使えてる。

土台「Bluetooth 5.1」のワイヤレスイヤホン、Bluetoothイヤホンなので、Bluetooth 5.0〜に対応しているiPhoneやAndroidスマホとペアリングして使えば極めて強固なワイヤレス接続が期待できる。

なお、iPhoneに関してはiPhone 7/7 plus以前だとBluetooth 5.0非対応なので注意。Bluetooth 4.xにダウングレードした接続となるのでワイヤレス接続が不安定になりがちだ。

 

 

動画視聴による音ズレ(遅延)はほぼないが、音ゲーは辛そう

YouTubeやNetflixなど動画を見る程度であれば音ズレらしい音ズレなし。違和感もストレスも感じないレベルで使いまわせる。

ただ、音ゲーやFPSだと遅延が影響しそう。あくまでワイヤレスでデータ転送しているので完璧に遅延ゼロというわけではない。ゲームモード(低遅延モード)も搭載しておらず、そもそも4000円程度の格安ワイヤレスイヤホンなのでコンマ数秒の遅延を100%回避できるわけはない。

ポチポチゲーまだしも、音ゲーやFPSをガチプレイする人であればタイミング調整など必要かと思う。あるいは最初から有線イヤホンを使った方がいいだろう。

Amazonで製品をチェック

 

 

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」の気になったところ(あるいはデメリット)

ボタンが押しにくい

物理ボタン搭載

イヤホンに物理ボタンを搭載。

タッチセンサーよりも押し間違いが少なく、ふとしたタイミングで手が触れてしまい誤反応することない。

ただ、その一方でボタンが少しばかり硬め。ボタンを押すために力を入れると、そのままイヤホンが耳奥に”グイッ”と動いてしまうので妙な使いづらさある。この点は注意あれ。

【補足】ボタン操作コマンドは以下のとおり(割り当て変更不可)

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し再生/停止
2回押し音量を1下げる次の曲へ進む
3回押し音量を1上げる前の曲へ戻す
1秒長押し音声アシスタント起動--

通話対応&通話終了は左右どちらかを1回押し。着信拒否は1秒長押し。

なお、ボタン操作コマンドの割り当て変更には対応せず。

 

 

通話マイクはノイズカットなし、騒音のある場所だと使いづらい

ビデオ通話やハンズフリー通話で使える通話マイクを搭載。イヤホン&マイクとして利用できる。

集音性能は問題なし。きちんと声を拾ってる。

ただ、ノイズカット機能は搭載していないので周囲の音も含めて集音している。騒音のある場所だと声だけでなく騒音も通話転送してしまうので勝手が悪い。基本的には静かな場所で使った方がいいだろう。

 

 

バッテリー駆動時間は業界相場よりも短め

バッテリー駆動時間はイヤホン単体5時間、ケース併用で最大15時間ほど。

昨今だとエントリーモデルでもケース併用で20時間前後の製品が多い。あえて欲を出す部分ではないが、ここらはやはりアンダー5000円モデル、格安ワイヤレスイヤホンならではの格安仕様と感じる。

Amazonで製品をチェック

 

 

この記事のまとめ

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」をレビューしてきた。

中華イヤホンともわからぬ格安モデルだが、オーディオ・スペックはJVCケンウッドそのもの。中華イヤホンとは明確に別次元の高音質サウンドが楽しめる。

バッテリー駆動時間のみ格安ワイヤレスイヤホンらしいショボさあるが、そのほか特に文句らしい文句なし。音楽や動画を楽しむためのワイヤレスイヤホンとして丁度いい。

あまりに完成されたオーディオ製品なので、いざ使うと手放せなくなりそう。はじめてのワイヤレスイヤホンを探している人などぜひ試してみてほしい。

 

 

レビュー対象製品

 

 

似た価格のワイヤレスイヤホンまとめ

ヤマハ「TW-E3B」
YAMAHAブランドに嘘偽りなし。ヤマハのワイヤレスイヤホン「TW-E3B」レビュー

続きを見る

Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー|2021年準拠の格安ワイヤレスイヤホンの決定版

続きを見る

JBL Wave100 TWS レビュー|奇抜さ一転、実用性ある「フタなしワイヤレスイヤホン」

続きを見る

 

 

関連記事

【5000円から買える】コスパ最強な完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介

続きを見る

【日本製】国産オーディオメーカーが手がける完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-