ワイヤレスイヤホン

AirPods 第3世代(2021)レビュー【前作から何が変わった?】

2021年10月29日

Apple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」もついに第3世代モデルに。

ワイヤレスイヤホンのデファクト・スタンダードモデルとして業界を牽引してきたAirPods。2016年に初代モデルが、2019年に第2世代モデルが登場。

そしてついにAirPodsの第3世代モデルが2021年10月より発売開始。第1世代→第2世代のときよりもメジャーアップデートされ、新味感ある製品に。

第2世代モデルからの主なアップデート点は以下のとおり。

  • イヤホンデザインがリニュアル、”うどん”が短くなった
  • AirPods史上最長となる30時間バッテリー搭載
  • オーディオの低音域を強化
  • 空間オーディオ(Appleの3Dオーディオ)初対応
  • 防水機能に初対応

"うどん"が短く切り取られシャープな印象に。

第3世代モデルにしてAirPodsの代名詞だった”うどん”が切り取られ、見た目シュッとしたコンパクトな印象に。

マイナーアップデート感が強かった第2世代モデルよりも新味感あるビジュアルとなり物欲刺激される人も多そう。

いかんせんAirPodsは見た目変わらず、機能変わらず購入すべきタイミングがわかりにくい。そんな人に第3世代モデルはおすすめ。第3世代モデルは名実ともにメジャーアップデートされたAirPodsなので購入するには良いタイミングだ。

そろそろAirPodsを試してみようかな...?と考えている人は、ぜひ以下のレビューをチェックしてみてほしい。

AirPods 第3世代 製品評価

発売時期2021年10月
直販価格(税込)23,800円

AirPods(第3世代) の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(3.5)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(3.5)
ノイズキャンセリング-
外音取り込み機能-
マイク性能(5)
バッテリー性能(5)

ここがGood!!

AirPodsならではの絶対的な安定感(特にiPhoneユーザー)

ケース併用で最大30時間使えるロングバッテリー

Appleデバイス間ならマルチポイント接続可能、ペアリングの切り替え必要なし

空間オーディオ対応、イヤホンながらホームスピーカーのようなオーディオ再生可能

高性能マイク搭載、口元の音だけ拾ってくれるノイズカット仕様

ここがBad...

価格のわりにノイズキャンセリング(ANC)非対応

イヤーピース搭載せず、イヤホンの抜け落ちリスクは残る

 

製品カラーリングは1色

カラーリングはホワイトのみ。

広告

AirPods 第3世代 の製品特徴

基本的なスペック情報




発売時期2021年10月
直販価格(税込)23,800円
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体6時間
ケース併用で最大30時間
ケース充電方法Lightning(有線)、Qi(無線)、MagSafe(無線)

ケースがMagSafe充電に初対応。iPhone向けのMagSafe充電器を使えばそのままAirPodsも充電できる。

発売時期2021年10月
直販価格(税込)23,800円
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体6時間、ケース併用で最大30時間
充電方法Lightning(有線)、Qi(無線)、MagSafe(無線)
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング(ANC)×
外音取り組み機能×
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可)

 

 

ペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法イヤホンをケースに仕舞った状態でケース背面のボタンを5秒長押し
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可能)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

Appleデバイス間のマルチポイント機能に対応。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchなど同一のApple IDでサインインしているAppleデバイス間であれば、自動でペアリング元が切り替えられる。

逐一ペアリングデバイスを切り替える必要なく、なにかしらオーディオ再生しているデバイスに自動で切り替わる。たとえば、MacでNetflixを視聴中にiPhoneに着信があれば、オーディオ出力元がMacからiPhoneに切り替わり通話対応できる。逆もしかりだ。

普段から複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと地味だが堅実に重宝する機能であること違いない。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。AirPods(第3世代)は、同一のApple IDでサインインしたAppleデバイス間のみでマルチポイント接続できる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。対してAirPods(第3世代)は、現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


 

 

第2世代モデル(前作)からの改善点&変更点

【まとめ】第2世代モデルと比べて変わったところ

第2世代モデルからイヤホンデザインが全面刷新されたのにくわえ、性能面、機能面では以下のような点がアップグレードされた。

AirPods 第3世代(レビュー品)AirPods 第2世代
バッテリー駆動時間ケース併用で最大30時間ケース併用で最大24時間
防水性能IPX4×
イヤホン操作ボタン感圧ボタンタップボタン
空間オーディオ対応×
直販価格23,800円16,800円(値下げ後)

第1世代→第2世代のアップデートに比べて、ビジュアル、操作性、機能面を含めてメジャーアップデートされた。

実用的な部分で言うと、やはり30時間のロングバッテリー、そしてIPX4の防水性能あたりが評価ポイントだろう。

なお、第3世代モデルと併売する形で第2世代モデルの公式販売が継続している。直販価格は19,580円→16,800円に値下げされた。「ワイヤレスイヤホンなんて音楽が聞ければ十分」くらいの人であればコスパの観点から第2世代の購入を検討してもいいかもしれない。

AirPods 第2世代モデルをAmazonでチェック

 

 

イヤホンデザインは全面刷新、AirPods Pro風のコンパクトデザインに

イヤホン外側

イヤホン内側

初代モデル(2016)から続いていたイヤホンデザインが全面刷新。

AirPodsと言えば”うどん”と形容される伸びた筒が特徴的なビジュアルだったが、第3世代モデルにてバッサリとうどんが切り落とされた。

うどんビジュアルがそこまで好きでなかった人(筆者)からすると、これもう見た目の格好良さは3倍増し。コンパクトでシュッとしたクールな印象で好印象。

マスク紐へも干渉なくてよし

イヤホン重量は片耳4gと名実ともに業界トップの軽さ

イヤーピースを使っていないこともあり、耳穴への締め付けもなく、「何も付けていないよう」と形容するのが相応しい。ビデオ通話などで長時間とイヤホンを付けっぱなしにしたい人なら重宝しそう。

ただ、従来モデル同様にふとしたタイミングにイヤホンが抜け落ちそうなユルさはある

イヤーピースを使わず、あくまで耳穴の入口部分にイヤホンを引っ掛けてるだけなので、寝転んだり、ジャンプしたり、走っているときのイヤホンのユルユルさは異常。

「運動中の利用も問題なし」(by Apple)とのことだが、正直なところ運動中に使うとイヤホンが落下しそうな気がしてる。

 

 

充電ケースもAirPods Proライクなデザインにリニュアル

第1世代、第2世代AirPodsと続いていた縦型デザインのケースを刷新。AirPods Proライクな横型デザインのケースにリニュアルされた。

サイズは縦4.5cm、横5cm、厚さ2cmほど。クレジットカードの半分ほどの大きさだ。

男性あればズボンのポケットにらくらく入るし、もっこりせず邪魔にもならない。特にサイズどうこうを気にする製品ではないだろう。

写真左がAirPods Pro、右がAirPods 第3世代

なお、AirPods Proとは微妙にケースサイズが異なるため、AirPods Proの保護ケースなど使いまわせない

 

 

Lightningケーブル充電、ワイヤレス充電(Qi充電)、MagSafe充電に対応

従来AirPods同様にLightningポート搭載。

今なおUSB Type-Cで充電できないのは残念だが、iPhoneユーザーであればLightningケーブルを使っているであろうからプラマイゼロだろうか。

ワイヤレス充電(Qi充電)ほか、iPhone 12シリーズから登場したMagSafe充電にも初対応。専用のMagSafe充電器を使えば、マグネットでパチッと止めて充電できる。なお、MagSafeであっても充電速度はワイヤレス充電(Qi充電)とさして変わらない。

Amazonで製品をチェック

 

 

AirPods 第3世代 の音質チェック

音質は従来と似たフラットな感じだが、プラスアルファで低音が強め

AirPodsは音の強弱が少ないフラットなオーディオ。AirPods 第3世代 もこれを踏襲している。

プラスアルファで低音に関しては従来モデルよりも厚みが増した。Appleいわくの新設計のダイナミックドライバーとカスタムアンプを搭載しており、重低音とは言わずも、これまでのAirPods比で1割増くらいの芯のある低音が味わえる。

ただ、低音のこもりは改善されず。低音の先っちょ部分のゴニョゴニョっとした鼻声ボイスらしさは残る。

オーディオにこだわりたい人だとまだまだ両手を上げて称賛するレベルにはないだろうが、従来のAirPodsよりも改善されてる点は多い。日常使いのイヤホンとしては大方文句ない。

 

 

空間オーディオの実力は?

「空間オーディオ」は実用段階に、イヤホン再生ながらホームシアター再生に

Appleが提供する3Dオーディオサービス「空間オーディオ」。

AirPods 第3世代 は空間オーディオに対応。iPhone 7以降のiPhoneと接続した状態であれば、空間オーディオ仕様でオーディオ再生できる。

通常のオーディオ再生がイヤホン再生そのものだとして、空間オーディオ再生はホームシアター再生。動画など視聴してると四方八方から音が飛んでくる。

実際には音の強弱で音の距離感を演出しているだけなのだが、それでもイヤホン再生なんだけどiPhoneのスピーカーから音漏れしている不安に駆られる。イヤホンから音が鳴ってるように感じられず、いい意味で音が鳴る位置の距離感がバグってる。

空間オーディオはYouTubeやNetflixでも利用できるので、普段からイヤホンを付けて動画を視聴している人であれば、ぜひ試してみてほしい。従来のイヤホン再生とは全く別次元すぎてハマること違いない。

 

 

空間オーディオに対応している主なアプリ

空間オーディオはアプリごとに機能ONにする必要がある。

これまで空間オーディオ対応サービスはApple MusicとApple TVだけだったが、iOS 15へのアップデートに伴い、ほぼすべてのアプリで空間オーディオが使えるように。YouTube、Netflix、Amazonビデオなど主要アプリでも問題なく空間オーディオ仕様で再生できる(2021年10月時点)。

空間オーディオ対応の主要アプリ

  • Apple Music(購入した楽曲含む)
  • Amazon Music
  • Spotify
  • YouTube
  • Netflix
  • Amazonビデオ
  • U-NEXT
  • ABEMA

そのほか対応アプリだったり細かな設定方法は以下記事でまとめている。

【Tips】AirPodsシリーズで空間オーディオを使う方法(iPhone・Android)

続きを見る

Amazonで製品をチェック

 

 

AirPods 第3世代 の機能面チェック

遅延(音ズレ)ほぼなし、動画視聴など問題なくこなせる

AirPodsシリーズは比較的遅延(音ズレ)の少ないワイヤレスイヤホンとして知られるが、これは AirPods 第3世代 も同様。YouTubeやNetflixなど動画を見る程度であれば遅延らしい遅延は確認できず。むしろ遅延を認知する方が難しいと思う。

スマホゲーム、もっぱら音ゲーだとタイミング調整が必要になるかもしれないが、こうした一部のガチな使い方をする人を除けば遅延は心配する項目ではない。

 

 

ノイズカット通話マイクは優秀、屋外利用時の風切り音もカット

筒の先端に通話マイクあり

イヤホン本体に通話マイクを搭載。ビデオ通話やハンズフリー通話の際のイヤホン&マイクとして活用できる。

口元の音と周囲の音を分けて検出してくれるので、通話先には口元の音だけが(極力)転送される。また、風切り音をカットするためのマイクカバー(メッシュカバー)を搭載しているので、屋外で使うときに風が”シュバババ”と入り込むこともない。

非常に高精度、高性能な通話マイクであり、AirPods 第3世代 のセールスポイントと言ってしまって問題ない。ビデオ通話あたりで使えるイヤホン&マイクを探している人であれば1台あれば憂いなし。

 

 

感圧ボタンの使い勝手は神

感圧ボタン搭載

AirPods Proで採用された感圧ボタンだが、ついにAirPodsに移植。

感圧ボタンを押すとイヤホンが微振動してボタン操作コマンドが起動する。仕組みとしてはかつてのiPhoneのホームボタン(Touch ID)と同じ。

ボタンを押すのに力を入れる必要なく、かといってふとしたタイミングで指が触れてしまい誤反応することもない。使いたいときだけ使えるワイヤレスイヤホンの最適解と言えるボタンだと思う。

【補足】ボタン操作コマンドは以下のとおり(割り当て変更不可)

ボタン操作コマンド(左右共通)
1回押しオーディオ再生/停止
2回押し曲の先送り
3回押し曲の前戻し
長押しSiri起動

着信対応/着信終了は1回押し、着信拒否は2回押し。

Amazonで製品をチェック

 

 

AirPods 第3世代 の気になったところ(あるいはデメリット)

イヤホンの抜け落ちリスクは完全に払拭できてない

AirPods 第3世代 で賛否分かれそうなのが、やはりイヤホンの抜け落ちリスク

イヤホンデザインこそ刷新されたものの従来のAirPodsと同じくイヤーピースを搭載せず。イヤホンを耳穴の入口に引っ掛けてるだけなので、ふとしたタイミングでイヤホンが抜け落ちそうなユルさが残ってる。

自宅利用まだしも屋外で使いたい人だと従来のAirPods同様にイヤホンの抜け落ちリスクを意識せざるを得ないのが正直なところ。

AirPods Proならイヤーピースあり

上位版モデルのAirPods Proであればイヤーピースを搭載。イヤーピースが耳穴全体に広がるようにしてフィットするのでイヤホンの抜け落ちリスクは極めて低い。

ズボラ気質な人、よく失くしものをする人だと素直にイヤーピース搭載のAirPods Proを選んだ方がいいかもしれない。

【AirPods Pro レビュー】耳栓代わりになる高性能ノイズキャンセリングを備えた上位版AirPods

続きを見る

 

 

(価格のわりに)ノイズキャンセリング非対応

AirPods 第3世代 は直販価格で23,800円。

これもう業界相場と比べればノイズキャンセリング対応のハイエンドモデルの価格帯だが、AirPodsはノイズキャンセリング非対応。また、外音取り込み機能にも対応していない。はっきり言って割高だ。

3万円出せばノイズキャンセリング含めた全部込みのAirPods Proが購入できてしまうので、あえて23,800円という価格で通常版AirPodsを購入すべきか迷うところ。

AirPods Proは3万円前後だが、Amazonセール期だと2.3万円くらいで買えてしまう...

現在もAirPods 第2世代が16,800円で公式購入できるので、「ワイヤレスイヤホンとして使えれば十分」「音楽が再生できれば十分」という人であればコスパの観点からAirPods 第2世代を選んでもいいかもしれない。

 

 

この記事のまとめ

ここまで AirPods 第3世代 をレビューしてきた。

前作モデルと比べてビジュアル、操作性、機能面を含めてメジャーアップデートされたこともあり、【新製品】という意味では非常に物欲が刺激される仕上がり。

それこそケース併用30時間使えるロングバッテリーは実用面での強みだし、空間オーディオは機能面での新味体験になる。イヤホンデザインも”シュッ”とコンパクトなデザインに刷新され、ただただ格好いい。

AirPodsはどのモデルも似たような感じの製品だったりして、いまいち購入すべきタイミングがよくわからなかったりするが、そうした人には第3世代の今作こそ購入すべきだと言いたい。トータルで新味感あるAirPodsとして満足できること違いない。

 

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

第2世代モデルはこちら

AirPods Proはこちら

 

 

関連記事

【何が違う?】Apple「AirPods」シリーズの種類の違い&選び方を徹底解説

続きを見る

【AirPods Pro レビュー】耳栓代わりになる高性能ノイズキャンセリングを備えた上位版AirPods

続きを見る

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-,