ワイヤレスイヤホン

【Tips】Beats Fit Pro で空間オーディオ(Apple版3Dオーディオ)を使う方法

2022年2月2日

Appleが提供する3Dオーディオサービス「空間オーディオ」。

Beats Fit Proは空間オーディオに対応しており、iPhone、iPadと接続して使えばYouTubeやNetflixといった動画サービスも含めて立体仕様、ホームシアター仕様でオーディオ再生できる。

なお、Androidスマホと接続して使った場合はApple Musicの一部楽曲のみ空間オーディオ仕様にカスタムされる。

この記事では、Beats Fit Proで空間オーディオを使う方法についてまとめている。iPhone、iPadユーザーであれば数タッチで空間オーディオが開始できるので、ぜひ試してみてほしい。

広告

空間オーディオを使う方法(iPhone・iPadユーザー向け)

Androidスマホユーザーはこちらから(※タッチで画面スクロールします)

以下のiPhone・iPadであれば空間オーディオが使える

空間オーディオ対応のiPhone一覧

  • iPhone 7以降の機種すべて

OSはiOS 15以上にアップデートする必要あり(iPhone 7以降はすべてiOS 15へのアップデートできる)

空間オーディオ対応のiPad一覧

  • iPad Pro 12.9(第3世代〜)
  • iPad Pro 11(第1世代〜)
  • iPad Air(第3世代〜)
  • iPad(第6世代〜)
  • iPad mini(第5世代〜)

OSはiPad OS 15以上にアップデートする必要あり(上記モデルはiPad OS 15にアップデートできる)

 

空間オーディオを機能ONにする方法

空間オーディオはアプリごとに機能ONにする必要あり。初期状態では全アプリとも機能OFFになっている。

機能ONにする設定はそこまで手間暇かからない。慣れてしまえば数秒で設定できる。

手順としては以下のとおりだ。

  1. コントロールセンターを開く
  2. 音量バーを長押し
  3. 「ステレオを空間化」をONに

1. コントロールセンターを開く

コントロールセンター画面

コントロールセンターは画面右上から引き出せる。

空間オーディオはアプリごとの設定になるため、先にアプリを起動しておき、アプリの上から被せる形でコントロールセンターを開く。

2. 音量バーを長押し

音量バーの空白部分を長押しすると詳細ページに入れる。

3. 「ステレオ空間化」をONに

ステレオを空間化」の項目があるので1回タッチ。

オフを「固定」、あるいは「ヘッドトラッキング中」に変更すると空間オーディオに切り替わる。

「ヘッドトラッキング中」に設定すると頭の向きに合わせて音が鳴る向きも変化する。よりホームシアターに近い使い勝手なのでYouTubeあたりで全方位ASMRを楽しみたい人だとこっちがおすすめ。

「固定」に設定するとヘッドトラッキングがOFFになり、音が鳴る位置が左右で固定される。

これで空間オーディオを使う準備は完了だ。あとはオーディオ再生してみるとよい。

 

空間オーディオに対応しているアプリは?

2022年2月現在、もっぱら以下の主要アプリなら空間オーディオが利用できる(筆者が確認した限り)。

  • Apple Music(ミュージックアプリ)
  • Apple TV
  • YouTube
  • YouTube Music
  • Netflix
  • Amazonビデオ
  • Amazon Music HD
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • U-NEXT
  • ABEMA
  • Google Podcast

Apple Music(ミュージックアプリ)はサブスク楽曲だけでなく、自分で購入した楽曲、ローカルに保存してある楽曲も含めて空間オーディオ仕様で再生できる。

なお、日本を代表する動画アプリである「DMM動画プレーヤー」だが、残念ながら空間オーディオには対応していない(2022年2月現在)。

 

Androidスマホでの空間オーディオ事情

AndroidスマホだとApple Musicの一部の楽曲のみ空間オーディオ仕様で再生できる

AndroidスマホとBeats Fit Proをペアリングした場合、Apple Musicで配信される「Dolby Atmos」楽曲のみ空間オーディオ仕様で再生できる

ただ、空間オーディオとはいえ実質的に「Dolby Atmos」(3Dオーディオ・フォーマット)を活用しているだけなので、「Dolby Atmos」そのものに対応していないAndroidスマホだと空間オーディオ仕様で再生できない。

「Dolby Atmos」が使えるAndroidスマホはXperia、AQUOS、Galaxyなどが該当する。

 

YouTubeやNetflixなど動画コンテンツの空間オーディオには非対応

2022年2月現在、Androidスマホで解禁される空間オーディオは先に紹介したApple Musicの一部楽曲のみ。

YouTubeやNetflixといったサードパーティの動画アプリには対応せず。将来的に解禁されるかは未知数すぎてなんとも言えない。

 

Apple Musicの一部楽曲を空間オーディオで再生する方法

「Dolby Atmos」に対応しているAndroidスマホであれば、Apple Musicアプリから以下の設定を行えば部分的だが空間オーディオが利用できるようになる。

  1. 「Apple Music」アプリ起動
  2. 「設定」画面を開く
  3. 「ドルビーアトモス」をONに

なお、Apple Musicを契約していることが前提条件となる。未契約者だとそもそもApple Musicの楽曲自体が再生できない。

1. 「Apple Music」アプリ起動

アプリストアでAndroid版の「Apple Music」アプリがダウンロードできる。

2. 「設定」画面を開く

トップページの画面右上のボタンをタッチ。「設定」を選択する。

3. 「ドルビーアトモス」をONに

オーディオ項目にある「ドルビーアトモス」をONに。これで準備完了。

 

「Dolby Atmos」対応楽曲について

検索画面で「Dolby Atomos」(あるいは”空間オーディオ")と入力すれば対応楽曲が探せる。

AppleによるDolby Atomos楽曲(空間オーディオ楽曲)の特集ページはこちら

対応楽曲の9割方が洋楽。テイラー・スウィフトやビリー・アイリッシュらの曲がある。

Jpop(日本語曲)は少ない。Ado「踊」、髭男「アポトーシス」、Alexandros「閃光」あたりがめぼしいところ。

空間オーディオ対応の日本語曲は少ない

 

この記事のまとめ

Beats Fit Pro で空間オーディオを使う方法をまとめてきた。

空間オーディオでオーディオ再生すると、ホームシアター用のスピーカーでオーディオ再生しているような音の増幅が起きる。なおかつ、音が多方面に散らばり、空間を作るようにして耳元に戻ってくる。まんまホームシアターだ。

もっぱらiPhone、iPadユーザー向けのサービスとなるが、Beats Fit Proはせっかくの空間オーディオ対応だし、機能OFFのまま放置するのはもったいない。ぜひ記事を参考に空間オーディオを試してみてほしい。

 

関連記事

【Tips】Beats Fit Pro のペアリングまわりの設定方法まとめ

続きを見る

【Tips】Beats Fit ProのAndroidスマホ向けアプリに接続できないときの対応策まとめ

続きを見る

Beats Fit Pro レビュー|Apple版マルチポイントに対応した実質的なBeats版AirPods Pro

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-