ワイヤレスイヤホン

Beats Fit Pro レビュー|Apple版マルチポイントに対応した実質的なBeats版AirPods Pro

2022年2月2日

Apple傘下の人気オーディオブランド「Beats」から発売開始となった新作モデル「Beats Fit Pro」をレビュー。

Beatsは昨年夏に「Beats Studio Buds」を発売。従来の耳掛け式イヤホンとは異なる、耳栓ライクなミニマルイヤホンとして注目を集めた。

ただ、Beats Studio BudsはApple自社製チップを搭載しない廉価版モデルの位置づけであり、Appleデバイス間のマルチポイント機能にも対応せず。これがネックで購入をスルーしたAppleユーザーも多いかと思う。

昨年夏に登場したBeats Studio Buds

対してBeats Fit ProはAirPods Proにも搭載されるApple自社製チップ「Apple H1」を搭載。Appleデバイス間のマルチポイント機能への対応を果たした。

同マルチポイント機能を活用することで、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch間で同時接続&オーディオ出力の自動切り替えが行える。Beats Studio Budsの購入を見送ったAppleユーザーからすれば、非常に魅力的なセールスポイントと言えるだろう。

Beats Fit ProはAppleデバイス間のマルチポイント機能に対応

基本的な機能、性能はAirPods Proに準拠。ノイズキャンセリング(ANC)、外音取り込み、防水、ノイズカット通話マイクなど、さながらBeats版AirPods Proといった製品に仕上がった。

Appleデバイス間のマルチポイント機能が活用できるAppleユーザーはもちろん、AirPods Proのような安定した使い勝手のワイヤレスイヤホン製品を探している人にもおすすめできる。

この記事では「Beats Fit Pro」をレビューしていきたい。

Beats Fit Pro 製品評価

発売時期2022年1月
直販価格(税込)24,800円

Beats Fit Pro の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(3.5)
高音(4)
イヤホンの装着感(4)
ノイズキャンセリング(4)
外音取り込み機能(3)
マイク性能(5)
バッテリー性能(5)

ここがGood!!

Appleデバイス間で同時接続&オーディオ出力元の自動切り替え可能

空間オーディオ対応、イヤホン再生ながら立体的な音楽再生に

ノイズキャンセリング(ANC)対応、”明確”に騒音が低減

イヤホンのフィット感は安定、ランニング中でも揺れない

最大30時間使えるロングバッテリー搭載

ここがBad...

充電ポートはUSB Type-C、ライトニングケーブルで充電できない(※iPhoneユーザー向けのBad)

ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず

ウィングチップは交換できず

 

製品カラーリングは4色

カラーリングはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色展開。レビューはブラックで行う。

広告

「Beats Fit Pro」の製品概要

3行でわかる!Beast Fit Pro

  • Beatsワイヤレスイヤホンの上位版モデル
  • AirPodsと同じ「Apple H1」搭載、Appleデバイス間でマルチポイント接続可能
  • 音質はBeatsらしいドンシャリ

 

Beats Fit Pro は2022年1月に発売開始したBeatsワイヤレスイヤホンの最新モデル。

AirPodsシリーズで採用される「Apple H1」チップを搭載。これに伴いAppleデバイス間のマルチポイント機能に対応を果たした。同一のApple IDでサインインしたAppleデバイス間ならペアリング切り替えせず、オーディオ再生しているデバイスに自動で音声出力が切り替えられる。

音質はドンシャリ。低音と高音が際立つメリハリサウンド。AirPodsシリーズに比べて音の強弱がはっきりしているので、キレよく迫力あるバックサウンドを楽しみたい人であればオーディオ相性はばっちしだ。

 

 

基本的なスペック情報




発売時期2022年1月
直販価格(税込)24,800円
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体7時間
ケース併用で最大30時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)
発売時期2022年1月
直販価格(税込)24,800円
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体7時間、ケース併用で最大30時間
(ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体6時間、ケース併用で最大24時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング対応
外音取り組み機能対応
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ)

 

 

ペアリング仕様




Google Fast Pair×
マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法イヤホンをケースに仕舞った状態にして、ケース内部のボタンを3秒長押し
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

Beats Fit ProはAirPodsシリーズのペアリングシステムを踏襲。iPhone・iPadであれば専用のポップアップ画面から初回の接続設定が行える。

Androidスマホで接続する場合でも専用アプリ「Beats」を使えば初回のペアリングが簡素化される(通常のBluetooth設定画面からの設定も可能)。イヤホンのバッテリー残量もアプリから可能だ。

ペアリングまわりの情報は以下記事も参考にしてほしい。

参考【Tips】Beats Fit Pro のペアリングまわりの設定方法まとめ

続きを見る

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、新規ペアリングモードの起動と同時に専用のポップアップ画面が表示され、画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

Beats Fit Proはケース内にあるボタンを3秒長押しで新規ペアリングモードが起動できる。

ケース内部にボタンあり

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。Beats Fit Proは同一のApple IDでサインインしているAppleデバイス間に限って同時接続できる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。対してBeats Fit Proなら現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


 

 

前作モデル「Beats Studio Buds」との違い

Beats Studio Buds

2021年8月に日本国内で発売開始された前作モデル「Beats Studio Buds」。

Beats Fit Pro はBeats Studio Budsの事実上の上位互換モデルと言ってしまって問題ない。主たる違いは以下のとおり。

Beats Fit ProBeats Studio Buds
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
防水性能IPX4
通話マイク通話時ノイズカットあり
搭載CPUApple H1非公開(他社製)
Appleデバイス間のマルチポイント機能対応×
空間オーディオ対応△(Apple Musicの一部楽曲のみ)
直販価格(税込)24,800円17,800円

基本的な機能・性能だけ見れば見たり寄ったりだが、Beats Fit Pro はApple自社製チップ「Apple H1」を搭載しており、よりApple製品らしい、AirPodsに近い使い勝手を得た。

それこそAirPodsシリーズで提供されるAppleデバイス間のマルチポイント機能にも対応。iPhone、iPad、Mac、Apple Watch間であれば同時接続して、都度オーディオ再生しているデバイスに自動で音声出力が切り替えられる。Appleユーザーであれば、これがなによりの魅力となる。

Appleデバイス間ならペアリング切り替えの必要なし

また、Appleが提供する3Dオーディオサービス「空間オーディオ」もBeats Fit Proならフルスペック仕様で使える。

空間オーディオはYouTubeやNetflixなど動画アプリにも対応。iPhone 7以降のiPhone、あるいは一部iPadと合わせて使えば、ホームシアター用のスピーカーで音を増幅、拡散させたような臨場感あるオーディオ再生が可能になる。

Beats Studio BudsもApple Musicの一部楽曲のみ空間オーディオ仕様で再生できるが、YouTubeやNetflixでの空間オーディオには対応せず。この点も明確にBeats Fit Proが上手だ。

Beats Fit Proなら空間オーディオに全面対応

Beats FIt ProはApple自社製チップ「Apple H1」を搭載していることもあり、トータル評価ではBeats Studio Budsの事実上の上位互換モデルと言える。予算の都合さえつくのであれば Beats Fit Pro の方がおすすめ。

Amazonで製品をチェック

Beats Studio Buds を詳しくみてみる。

レビューBeats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

参考記事「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」は何が違う?実機で比較する

続きを見る

 

 

「Beats Fit Pro」の外観&使用感チェック

イヤホンの装着感は安定、ウィングチップがしっかりと引っかかる

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン本体にはシリコン素材のウィングチップを搭載。イヤーピースで耳穴とフィットさせ、なおかつウィングチップを耳のひだに引っ掛けてイヤホンの飛び出しを抑えることで非常に安定した装着感を実現している。

もとよりスポーツ用途での利用を想定して設計したイヤホンとあり、イヤホン装着時の揺れも極めて少ない。ランニング中や運動中に使いたい人でも文句なし。

イヤホンサイズは小柄。イヤホンを装着すると耳穴できれいに収まる。耳穴から飛び出てるイヤホン面積も少なく、マスク着脱時にマスク紐が引っかかることもない。ビジュアル的にも”シュッ”と収まってて好印象。

 

 

イヤホン本体の防水性能はIPX4、雨や汗に耐える

AirPods Pro同等のIPX4の防水性能あり。雨や汗に耐えられる。プール水泳中には利用できない。また、イヤホンの水洗いも止めておいた方がいい(軽く水拭きする程度なら問題ない)。

運動中やランニング中に使う程度であれば故障を恐れる必要もない。

 

 

物理ボタンで操作可能、押し間違いや誤タッチない

物理ボタン搭載

イヤホン外側に物理ボタンを搭載。タッチセンサーではないので、ふとしたタイミングに指が触れてしまい反応しない。この点、非常にストレスフリー。

ボタンの硬さは柔らかいけど適度に硬い。数字で言えば、柔らかいが「1」、硬いが「10」だとして、気持ち「4.5」くらい。ボタンを押すと"カチカチっ"と滑らかだけど、しっかりと押した感触が残るので使いやすい。

ボタン操作コマンドは以下のとおり。

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し再生/停止
2回押し次の曲へ
3回押し前の曲へ
長押し(選択)ノイズコントロール、Siri起動、音量操作

着信時に1回押しで着信対応。長押しで着信拒否。着信終了は1回押し。

長押しコマンドを除き、コマンドの割り当て変更できず。

 

 

充電ケースは少しだけ大きめだが、ズボンのポケットには問題なく入る

縦横の直径6cmほど

厚みは3cmほど

充電ケースは直径6cm、厚み3cmほど。ケースが縦開きとあり、さながらカスタネットのよう。

ケース内部がかなり余裕をもたせた作りとあり、AirPodsシリーズに比べるとケースサイズは大きめ。

写真左がBeats Fit Pro、写真右がAirPods(第3世代)

ただ、バカでかいというわけではなく、男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズはキープしている。指差して大きさを指摘するほどのサイズではないと思っている。

男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズ感

 

 

ケース充電はUSB Type-Cケーブルで、ワイヤレス充電(Qi充電)には非対応

ケース充電はUSB Type-Cケーブルで行う。ライトニングケーブルでは充電できない。

ワイヤレス充電(Qi)には非対応。普段からワイヤレス充電を活用している人だと残念であると同時に充電の面倒くささを感じそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

 

Apple版マルチポイントの使い勝手について

Apple版マルチポイントの概要

Beats Fit Pro はApple版マルチポイントに対応。同一のApple IDでサインインしているiPhone、iPad、Mac、Apple Watch間であればマルチポイント接続できる。

都度オーディオ再生しているデバイスに自動で音声出力が切り替わる。たとえば、MacでNetflixを視聴中にiPhoneに着信があれば、そのままiPhone側に音声出力が切り替わり通話対応できる。その後、MacでのNetflix視聴を再開すれば音声出力もMacに戻ってくる。

ワイヤレスイヤホンならではのペアリング切り替えの面倒くささが無くなるので、普段からiPhone、Mac間などで同一のワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと重宝すること違いない。というか重宝する。

 

 

音声出力の切り替えはほぼ瞬時

音声出力の切り替えは瞬時。ほんの一瞬で切り替わる。

他社メーカーが手がけるワイヤレスイヤホンのマルチポイント機能だと数秒もたつくこともあるが、Beats Fit Pro だとAppleデバイス間に限定したマルチポイント機能とあり、ストレスない使い勝手だ。

手元デバイスをApple製品で固めている人であれば、同マルチポイント機能は間違いなしのセールスポイントとなる。

Amazonで製品をチェック

 

 

「Beats Fit Pro」の音質チェック

音質は適度なドンシャリ、メリハリある音がよきアクセントに

Beats製品といえば荒々しいドンシャリ・サウンド(低音が強く、高音が甲高い)をイメージする人が多いかと思うが、Beats Fit Pro はそこまで尖ったドンシャリではない。

低音の強さ、高音の甲高さこそ残っているが、よくも悪くも節度を保った水準に抑えられてる。低音と高音に重きを置いたメリハリある音が楽しめるので、さながらAirPods Proのドンシャリ・カスタムモデルぐらいのポジションで使いまわせる。

ボーカルよりかはバックサウンド重視で、音場の広さ(音の広がり)がある音質を好む人であればオーディオ相性は良いと思う。

ちなみに、ノイズキャンセリングONにすると多少なりに音がスモーキーになることもあり、「はて、Beatsとは?」と言わんばかりの落ち着いた音質になる。もっぱら高音が甲高くて聞き辛い... という人であればノイズキャンセリングONでオーディオ再生すると丁度いいかもしれない。

 

 

空間オーディオはホームシアターのよう、YouTubeやNetflixでも利用可能

Beats Fit Pro は、Appleの3Dオーディオサービスこと「空間オーディオ」に対応している。iPhone 7以降のiPhone、一部iPadと接続させれば空間オーディオ仕様でオーディオ再生できる。

空間オーディオはYouTubeやNetflixなど動画アプリでも利用可能。機能ONにするとホームシアター用のスピーカーみたいに音が増幅しつつ、音が多方面に分散しつつ、すべての音が耳に戻ってくる。

動画コンテンツへの没入感が明確かつ劇的に向上してて、1度使うと通常のオーディオ再生では満足できなくなる。普段からイヤホン付けてYouTubeやNetflixを視聴している人であれば、ぜひ試してみてほしい。

空間オーディオの設定は数タッチで可能。以下の記事で手順や対応アプリなどまとめている。

【Tips】Beats Fit Pro で空間オーディオ(Apple版3Dオーディオ)を使う方法

続きを見る

 

 

「Beats Fit Pro」の機能面チェック

ノイズキャンセリング性能は合格ラインだが、ホワイトノイズ(機械音)が少しあり

AirPods Proと同じApple H1チップを搭載していることもあり、ノイズキャンセリング(ANC)性能も安定している。

低周波音(濁音ノイズ)を中心に低減。人の話し声など高周波音は残り気味だが、それでも甲高い部分が削られたマイルドな音になる。

オーディオ再生している状態であれば、ほぼほぼ周囲の音が気にならないレベルに持っていけるので、出先で音楽を聞いたり、Netflixを視聴している人なら存分にノイズキャンセリングの静寂が味わえると思う。

イヤーピースを大きめのものに変更すれば物理的な遮音性が高まり、ノイズキャンセリングの静寂も強化される。イヤーピースによる耳穴への締めつけ感、窮屈感が嫌いな人でなければイヤーピースのサイズ変更をおすすめしたい。

イヤーピースをワンサイズ大きくすれば遮音性も高まる

なお、ごくごくわずかだが、ノイズキャンセリングに伴うホワイトノイズ("ジーっ"といった機械音)が発生している

ホワイトノイズはオーディオ再生している状態なら聞こえないが、オーディオ再生を止めた状態だと認知できる。オーディオ再生を止めて耳栓代わりに使おうと考えている人だと鬱陶しさ感じるかもしれない。この点、注意されたい。

 

 

外音取り込み機能は微妙な完成度

Beats Fit Pro は外音取り込み機能に対応。イヤホンのボタン操作で機能ON/OFFできる。

機能ONにするとイヤホンを付けたまま周囲の音が取り込める。ただ、取り込み音がこもりがち。機能ONのまま会話すると自分の声もスモーキーになってしまい、妙な使いづらさ、気持ち悪さある。

実用性の観点から言えば”ギリ”合格ラインかもしれないが、会話するときに使うよりかは、電車のアナウンスを聞き取るために一時的に使う程度に留めるべきだろう。常に機能ONで骨伝導イヤホンのようにして運用したい人には合わない。

 

 

通話マイクは優秀、騒音のある場所でも使いやすい

イヤホン片側3つのマイク搭載

イヤホン片側3つのマイクを使ったノイズカット機能(ビームフォーミング)を搭載。マイクそれぞれで口元の音、周囲の音を聞き分け、通話先には口元の音だけ極力転送してくれる。

いざ使うと口元の音の検出精度が極めて高い。

実験がてら騒音のある場所で(録音しながら)通話してみたが、口元の音8:周囲の音2くらいの比率で音が収録されていた。騒音のある場所でもこの比率なので、もとより静かな場所であれば問題らしい問題を感じないだろう。

また、在宅ビデオ通話のときに使えば、隣人宅の生活音だったり、同居してる家族の声だったりも除去できる。口元から離れた場所にある音を除去してくれるので活用できるシチュエーションは多い。

 

 

ワイヤレス接続の安定感はピカイチ、遅延(音ズレ)もほぼなし

Beats Fit Pro は、もとよりAirPods Pro同等性能(Apple H1チップ性能)ということもあり、特にiPhoneで使う場合はワイヤレス接続が堅牢。支障をきたすレベルの音切れ、接続切れなど見られない。屋外や人混みの中でも問題なく使えてる。

遅延(音ズレ)に関しても動画を見たり、ポチポチゲーする程度であれば不満ない使い勝手だ。

言ったところでワイヤレスイヤホンなので音ゲーなどプレイする人だとタイミング調整する必要があるかと思うが、それは他のワイヤレスイヤホンでも変わらない。今日のワイヤレスイヤホンだと「aptX LL」対応の製品なら遅延を最低0.04秒(40ms)まで減らせるが、言い換えればそれが今日のワイヤレスイヤホンの低遅延性能の限界だ。

Amazonで製品をチェック

 

 

「Beats Fit Pro」の気になったところ(あるいはデメリット)

ウィングチップが交換できず、将来的な汚れやダメージの蓄積が気になる

ウィングチップは取り外せず

イヤホン本体から伸び出たウィングチップだが、本体一体型のため、取り外しての交換には対応せず。

シリコン素材なので欠けたり、折れたりすることはなさそうだが、イヤホンを装着するたびに耳のひだに引っ掛けて使うパーツとあり、使うにつれて汚れや痛みが蓄積しそうな気がしてる。

 

 

ケースがワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

Appleユーザーであればワイヤレス充電(Qi充電)を日常的に使っている人も多いかと思う。ただ、Beats Fit Proはワイヤレス充電に対応しておらず、Appleユーザーならではの充電リソースを活用できない。

USB Type-Cケーブルで充電できるのでMacBookあたりの充電ケーブルを使えばなんとかカバーできるが、充電都度、有線ケーブルを挿して充電するのに妙な手間暇を感じそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

 

この記事のまとめ

ここまで「Beats Fit Pro」をレビューしてきた。

性能、機能、使い勝手ともにほぼほぼAirPods Pro。そのうえで音質はBeatsライクなドンシャリ・サウンドにカスタムされる。名実ともにAirPods ProのBeatsカスタム版と言ってしまって問題ない。

AirPodsシリーズ以外では数少ないAppleデバイス間のマルチポイント機能が使える完全ワイヤレスイヤホンとあり、手元デバイスをApple製品で固めている人ほど魅力的に映る製品だと思う。

他方、ワイヤレス充電(Qi充電)に対応しておらず、慣れた人ほど充電の面倒くささを感じそうなのは否定できない。

ワイヤレス充電の件を除けば、目立ったマイナス点は見当たらない。音の強弱が少ないAirPods Proに対して、音の強弱ある Beats Fit Pro は丁度よく差別化されてる。AirPods Proの購入を検討している人であれば、Beats Fit Pro も検討候補に入れてみてはどうだろうか。

 

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

 

関連記事

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」は何が違う?実機で比較する

続きを見る

「AirPods Pro」と「Beats Fit Pro」を比較|性能・機能・使い勝手の違いを徹底解説

続きを見る

「AirPods」と「Beats」何が違う?Apple現行ワイヤレスイヤホン4製品を比較する

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-,