(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

AirPods・Beats

「AirPods」と「Beats」何が違う?Apple現行ワイヤレスイヤホン4製品を比較する

2021年8月28日

Apple純正ワイヤレスイヤホンと言えば「AirPods」(エアポッズ)が有名だが、これと対をなすもう一つのApple純正ワイヤレスイヤホンが「Beats」(ビーツ)だ。

BeatsことBeats by Dr.dreは、2014年にAppleに買収され、以降はAppleブランド製品として展開される。

それゆえ2024年現在、以下4機種がApple純正ワイヤレスイヤホンのラインナップとなる。

この記事では、同4機種を比較。それぞれ何が違うのか、どういった人が購入すべきなのか解説する。

広告

Apple・Beatsワイヤレスイヤホンの現行ラインナップ一覧

Appleが展開する完全ワイヤレスイヤホンとして以下の4製品が展開される(2024年5月時点)。

 

 

AirPods製品一覧

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)
製品の立ち位置上位版モデル通常版モデル
発売時期2022年9月2021年10月
直販価格39,800円27,800円
Bluetoothバージョン5.3
BluetoothコーデックSBC、AAC
防水性能IPX4
ケースの充電ポートUSB Type-C
ワイヤレス充電対応(Qi、MagSafe)
ノイズキャンセリング対応×
外音取り込み機能対応×
Apple版空間オーディオ対応
Apple版マルチポイント対応
バッテリー駆動時間30時間30時間
(イヤホン単体6時間)(イヤホン単体6時間)
Amazon直販で見るAmazon直販で見る

AirPodsは上位版モデルにAirPods Pro(第2世代)、通常版モデルにAirPods(第3世代)を展開中。

上位版モデルのAirPods Proはノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)機能、外音取り込み機能に対応。いずれも業界トップと名高いAirPods Proを代表する機能であり、セールスポイントだ。

通常版のAirPodsはAirPods Proに比べて基本的なスペックシートこそ変わらない。ただ、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能には対応せず。

 

 

Beats製品一覧

Beats Fit ProBeats Studio Buds+
製品の立ち位置上位版モデル通常版モデル
発売時期2021年10月2023年6月
直販価格27,800円24,800円
Bluetoothバージョン5.05.3
BluetoothコーデックSBC、AAC
防水性能IPX4
ケースの充電ポートUSB Type-C
ワイヤレス充電
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
Apple版空間オーディオ対応
Apple版マルチポイント対応
バッテリー駆動時間30時間30時間
(イヤホン単体6時間)(イヤホン単体6時間)
Amazon直販で見るAmazon直販で見る

Beatsは上位版モデルにBeats Fit Pro、通常版モデルにBeats Studio Buds+(第2世代)を展開中。

上位版モデルのBeats Fit ProはApple自社製チップを搭載。AirPodsシリーズ同様にAppleデバイス間に限ったマルチポイント接続が可能。また、iPhone・iPadと接続した状態ならApple版空間オーディオも使える。

通常版モデルのBeats Studio Buds+はApple自社製チップを搭載せず。Apple版マルチポイント、空間オーディオも使えない。

 

 

 

AirPodsとBeatsの根本的な7つの違い

1. Apple自社製チップの搭載有無(...に伴う対応機能)

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
Apple自社製チップの搭載有無×
Apple版マルチポイント対応×
Apple版空間オーディオ対応×

Beats Studio Buds+のみApple自社製チップを搭載せず。Apple版マルチポイント、Apple版空間オーディオが利用できない

Apple版マルチポイントに対応していれば、同一のApple IDでサインインしたiPhone、iPad、Mac、Apple Watch間でマルチポイント接続が可能。なにかしらオーディオ再生しているデバイスに自動でオーディオ出力先が切り替わる。手元デバイスをApple製品で固めている人だと重宝する。

Apple版空間オーディオは、iPhone・iPadと接続した場合に限り、YouTubeやNetflixなど任意のアプリを空間オーディオ化。ホームスピーカーのような360度から音が鳴るオーディオ再生にカスタムできる。

なお、Beats Studio Buds+も「空間オーディオ対応」と宣伝されるものの、AppleがiPhone・iPad向けに提供している空間オーディオとは異なる。あくまでApple MusicやAmazon Musicで提供される空間オーディオ楽曲(ドルビーアトモス楽曲)を再生することによる擬似的な空間オーディオであり、YouTubeやNetflixといったアプリだと空間オーディオにならないので注意。

 

 

2. ワイヤレス充電機能の搭載有無

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
ケースの充電ポートUSB Type-C
Qi充電対応×
MagSafe充電対応×

AirPodsとBeatsで全く正反対なのが充電仕様。

AirPodsシリーズは有線充電ほかワイヤレス充電にもフル対応。Qi充電、MagSafe充電ともに使える。

対してBeatsシリーズはワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず。普段からワイヤレス充電を活用している人だと勝手の悪さを感じそう。

 

 

3. 音質(音の方向性)

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
音質音の強弱が少ないフラットな音ドンシャリ寄りの音(低音強め、高音明るい)

AirPodsとBeatsでほぼ正反対の音質を志向。よくも悪くも差別化されてる

AirPodsシリーズは音の強弱が少ないフラットなオーディオ。聞く曲を選ばず、それこそ動画を見たり、ゲームをするにしても無難に楽しめる音。AirPodsシリーズはイヤホンよりかはイヤホン形状のスマートデバイスに近い製品であり、音質それ自体はそこまで重視してない。

BeatsシリーズはBeatsならではの低音サウンド。EDMなどクラブ・サウンドの音が映える。

音こもった感じこそあるものの、AirPodsシリーズでは味わえない音の強弱あり、リズムよくノリノリになりたい人だとBeatsとの相性よし。

なお、Beats Studio Buds+だと音場の広さが加味されており、低音イヤホンではあるが、そこまで音こもった感じがない。ボーカルも含めてトータルでオーディオを楽しみたい人だとBeatsの中でもBeats Studio Buds+を選びたい。

 

 

4. ノイズキャンセリング性能(静けさ)

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
ノイズキャンセリング対応×対応
性能評価 +-

ノイズキャンセリング性能はAirPods Proが圧倒的に強い

機能ONにすると明確に周囲の音をシャットアウト。電車のガタゴト音や自動車の走行音すらかき消す、危険すら感じるレベルの静けさ。ノイズキャンセリング狙いの人なら黙ってAirPods Proを選びたい。

Beatsシリーズもノイズキャンセリングこそ対応するものの、AirPods Proには敵わない。周囲の音を濁して中和する程度。AirPods Proのような徹底した遮音とはいかない。

 

 

5. 外音取り込み機能(ながら聴き機能)の性能

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
外音取り込み機能対応×対応
性能評価 +-

ノイズキャンセリングと並んでAirPods Proの強みとなる外音取り込み機能

イヤホンを装着したままスピーカー通じて周囲の音が聞き取れる。

AirPods Proは業界トップの外音取り込み性能あり。周囲の音の9割方が聞き取れる。ノイズや音の反響もなく、一見するとイヤホンを装着していないよう錯覚する。常時機能ONにしておけば骨伝導イヤホンのような使い方も現実的だ。

Beats製品も外音取り込みに対応するものの完成度は低め。音の取り込みによるノイズや反響が大きく、常時機能ONで使うには気持ち悪さあり。おまけ機能として捉えておきたい。

 

 

6. イヤホン着脱時のオーディオの自動再生/停止機能

AirPods Pro(第2世代)AirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
イヤホン着脱時のオーディオの自動再生/停止機能対応×

Beats Studio Budsのみ機能非対応。

他の3機種であれば、イヤホンを耳に装着すればオーディオ再生開始。イヤホンを耳から外せばオーディオ再生が自動で停止する。動画視聴時など地味に重宝する機能だ。

 

 

7. Androidスマホとの相性

AirPods ProAirPods(第3世代)Beats Fit ProBeats Studio Buds+
Android向け専用アプリ×あり
専用アプリ使ったペアリング×対応
専用アプリ使ったカスタマイズ×対応

AirPods、BeatsともにiPhoneユーザーであれば「設定」アプリ内から所々カスタマイズ可能。

Androidスマホで使う場合、専用アプリ「Beats」に対応するBeatsシリーズの方が勝手よし。Androidスマホで使う場合でもアプリ通じてiPhoneユーザー同等のカスタマイズ、また、ソフトウェア・アップデートが受けられる。

AirPodsシリーズだとAndroidスマホ経由でソフトウェア・アップデートする手段がない。しょっちゅうアップデートが降りてくるわけではないが、AndroidスマホでAirPodsを使う場合の注意点として理解しておきたい。

 

 

【まとめ】「AirPods」と「Beats」、どんな人におすすめ?

AirPods Pro(第2世代)がおすすめな人

  • ノイズキャンセリングを主に使いたい人
  • 骨伝導イヤホン代わりに使いたい人
  • イヤーピースありのAirPodsを使いたい人

AirPods Pro(第2世代)はノイズキャンセリング、および外音取り込み機能狙いで購入すべき製品

ノイズキャンセリング性能、外音取り込み機能ともに業界トップクラスの実力あり。外音取り込み機能は周囲の音の9割方が聞き取れる。もはや骨伝導イヤホンそのものだ。

ノイズキャンセリング効果を高めるためか、通常版AirPodsとは異なりイヤーピースを搭載している。結果としてイヤホンの抜け落ちリスクも軽減。通常版AirPodsよりも紛失リスクも低め。これも地味だが堅実なセールスポイントとなりそう。

あわせて読みたいAirPods Pro(第2世代)レビュー【ノイズキャンセリングが使いたい人向け】

続きを見る

 

 

AirPods(第3世代)がおすすめな人

  • スタンダードモデルで十分な人(ノイズキャンセリングが必要ない人)
  • イヤーピースなしの軽い装着感のイヤホンを探している人

ノイズキャンセリングが必要ない人ならAirPods(第3世代)で十分

ノイズキャンセリングや外音取り込み機能こそ使えないが、基本的な機能・性能はAirPods Proと変わらず。Apple版マルチポイント、空間オーディオも問題なく利用できる。

イヤーピースを使わないイヤホンとあり、長時間のイヤホン装着でも耳が疲れにくい。長時間と付けっぱなしにできるワイヤレスイヤホンを探している人にもおすすめ。

あわせて読みたいAirPods(第3世代)レビュー【前作モデルからメジャーアップデート】

続きを見る

 

 

Beats Fit Proがおすすめな人

  • 音の強弱がほしい人
  • AirPodsシリーズ同等機能(Apple版マルチポイント、空間オーディオ)を使いたい人
  • Androidスマホユーザー

Beats Fit ProはBeats製品の皮を被った実質的なAirPods Pro

AirPodsシリーズと同じくApple自社製チップを搭載。Apple版マルチポイントや空間オーディオなどAirPods同等機能がそのまま利用できる。

一方ではBeatsらしいドンシャリ・サウンドを搭載。低音と高音が強調される。AirPodsシリーズよりも強弱あるメリハリある音なので気に入る人もいそうだ。

AirPodsの使い勝手、Beatsの音質を求める人にBeats Fit Proはおすすめ。

あわせて読みたいBeats Fit Pro レビュー【Apple版マルチポイントが使える実質的なBeats版AirPods Pro】

続きを見る

 

 

Beats Studio Buds+がおすすめな人

  • 音の強弱がほしい人
  • ボーカルも楽しみたい人
  • Androidスマホユーザー

Beats Studio Buds+はApple自社製チップを搭載せず。純然たるBeats製品

Apple版マルチポイントや空間オーディオ再生が使えないが、もとよりここらの機能が必要ない人なら問題ない。

Beatsらしい低音イヤホンだが、Beats Fit Proに比べて音場が広く、そこまで低音こもった感じがない。ボーカルも楽しみたい人、YouTuberの喋り動画などよく視聴する人だとBeats Fit ProよりもBeats Studio Buds+の方がオーディオ相性がよさげ。

Beats Studio Buds +(第2世代)レビュー【2年ぶりリニュアルされた通常版モデル】

続きを見る

 

 

関連記事

【どっちがおすすめ?】AirPods Pro・AirPods(第3世代)を比較レビュー

続きを見る

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds+」は何が違う?実機で比較する

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品&人気製品まとめ(発売予定含む)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-AirPods・Beats
-,