ワイヤレスイヤホン

日本国内で購入できる「Beats」ワイヤレスイヤホン一覧&おすすめモデル紹介

人気オーディオメーカー「Beats by Dr.dre」。

2008年に創業。2014年にAppleが買収し、現在はApple傘下のオーディオブランドとして展開される。

AirPodsシリーズ以外では唯一となるApple自社製チップを搭載。AirPodsシリーズ同等のワイヤレス接続の安定感や使い勝手を備える。

この記事では、ここ数年に登場したApple版「Beats」ワイヤレスイヤホンを一挙ラインナップ。おすすめ機種も紹介していく。

Beats製品の購入を検討している人、AirPodsシリーズ同等の安定感があるワイヤレスイヤホンを探している人は記事を活用してほしい。

「Beats」ワイヤレスイヤホンの基本3つ

Beatsは現在Apple傘下、AirPodsシリーズと同じApple自社製チップ搭載

AirPodsシリーズはワイヤレス接続が安定しているとよく言われるが、それもそのはず。

AirPodsシリーズはAppleが自社開発したワイヤレスイヤホン向けのチップセット(CPU)を搭載しており、従来ゴミ扱いされてきたワイヤレスイヤホン、Bluetoothイヤホン界隈に革命を起こした。

同Apple自社製チップをBeats製品も搭載。AirPodsシリーズ同等のワイヤレス接続の安定感を実現した。

 

Appleデバイス間の自動接続切り替え対応(一部モデル除き)

AirPodsシリーズは同一のApple IDでサインインしたAppleデバイス間であれば、オーディオ再生しているデバイスに自動でペアリングが切り替えられる。

同切り替え機能はBeats製品でも利用可能

iPhone、iPad、MacなどApple製品で手元デバイスを固めている人であれば、オーディオ再生したいデバイスでオーディオ再生を始めれば勝手にペアリング先が切り替わるので”非常に”便利。一度使うと病みつき間違いなしだ。

 

充電ポートはLightningのもの、USB Type-Cのものが混在

ワイヤレスイヤホンだとUSB Type-Cポートの製品が多いが、ヘッドフォンだとLightningポート、あるいはmicroUSBポートだったりする。

2021年なお充電ポートが統一される気配なく、おそらく今後も混在したままになりそうだ。

 

「Beats」ワイヤレスイヤホンの製品ラインナップ

完全ワイヤレスイヤホン(完全ケーブルレスイヤホン)

製品名発売時期直販価格(税込)Amazon直販リンク
Beats Studio Buds2021年8月17,800円Amazon
Powerbeats Pro2019年7月20,670円Amazon 

【注意】Beats Studio BudsのみApple自社製チップを搭載せず。Appleデバイス間の自動接続切り替えにも対応しない。

 

ワイヤレスイヤホン(首かけモデル)

製品名発売時期直販価格(税込)Amazon直販リンク
Beats Flex2020年10月5,940円Amazon
Powerbeats2020年3月14,800円Amazon
Beats X2017年2月14,800円生産終了

 

ワイヤレスヘッドフォン

製品名発売時期直販価格(税込)Amazon直販リンク
Beats Solo Pro Wireless2019年10月32,780円Amazon
Beats Solo3 Wireless2019年8月22,880円Amazon 
Beats Studio3 Wireless2018年10月38,280円Amazon

 

Beatsワイヤレスイヤホン、おすすめモデルはこの3機種

1. Beats Studio Buds

発売時期2021年8月
直販価格17,800円
搭載チップ非公表(Apple自社製チップは搭載せず)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体8時間、ケース併用で最大24時間
充電ポートUSB Type-C
ノイズキャンセリング(ANC)
外音取り込み機能

> Amazon直販で詳しいスペックを確認

Beats最新モデル「Beats Studio Buds」

2021年8月に発売開始した最新モデル「Beats Studio Buds」。

意外にもBeats初となる丸ころデザインの完全ワイヤレスイヤホン。これまで耳かけ式のワイヤレスイヤホンに留まっていた。

中身はほぼほぼAirPods。オーディオのみBeatsらしい低音強めのドンシャリサウンドにカスタムされており、さながらAirPodsのドンシャリ・カスタム版といったところ。

ノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込み機能も搭載。

また、ケース併用24時間のバッテリー、IPX4の防水性能、Appleが提供する「Fast Pair」(ポップアップ画面通じたペアリング接続設定)が使えるなどAirPods準拠の性能・機能を揃えた。

iPhoneであればAirPodsシリーズと同じようにしてペアリング接続可能

ただ、現行のBeats製品では珍しくApple自社製チップを搭載せず

そのせいでAppleデバイス間の自動接続切り替えは使えない。

手元デバイスをApple製品で揃えていて、同切り替え機能を狙ってのBeats製品の購入を検討している人は注意あれ。

Beats Studio Buds のレビュー記事はこちら

 

2. Beats Flex

発売時期2020年10月
直販価格5,940円
搭載チップApple W1
防水性能×
バッテリー駆動時間イヤホン単体12時間
充電ポートUSB Type-C
ノイズキャンセリング(ANC)×
外音取り込み機能×

> Amazon直販で詳しいスペックを確認

Apple自社製チップを搭載したBeatsエントリーモデル「Beats Flex」

2020年10月に登場した首かけイヤホン「Beats Flex」。

直販5,940円で購入できるエントリーモデル。初代AirPods(2016)に搭載されたApple自社製チップ「Apple W1」を搭載することでコストカットしつつAirPods同等の使い勝手を実現した

iPhoneとのペアリング接続は簡素化され、iPhoneとペアリングした場合のワイヤレス接続も安定。Appleデバイス間の自動接続切り替え(ペアリング切り替え)にも対応している。さながら5,940円で購入できるAirPodsと言っても過言ではない。

4色展開

バッテリー駆動時間は12時間(ケース充電できず)。充電ポートはUSB Type-C。

オーディオ性能は価格なり。単なる低音が強めのイヤホンといったところ。Beatsらしいとことんまでに突き抜けたドンシャリを求めてはいけない。

あくまで直販5,400円で購入できるAirPodsとして、Appleデバイス間の接続切り替えの簡素化を目的としたAppleイヤホンとして購入を検討あれ。

 

3. Beats Solo Pro Wireless

発売時期2019年10月
直販価格32,780円
搭載チップApple H1
防水性能×
バッテリー駆動時間イヤホン単体22時間(ノイキャンOFFで最長40時間)
充電ポートLightning
ノイズキャンセリング(ANC)
外音取り込み機能

> Amazon直販で詳しいスペックを確認

AirPods Proと同じApple自社製チップを搭載したノイキャン・ヘッドフォン

Beatsヘッドフォンの中で現行最上位に位置づけられるモデル。AirPods Proと同じ「Apple H1」チップを搭載した。

ノイズキャンセリング(ANC)と外音取り込み機能に対応。特にノイズキャンセリングはAirPods Pro同等クオリティの徹底した静けさ。ノイズキャンセリング狙いで購入しても損はない。

Apple自社製チップを搭載していることもあり、Appleデバイス間の接続切り替えも自動で行える。

AirPods Pro Maxのような収納ケースは付属せず

オーディオは低音強めだが、Beatsらしい荒々しさは消え、よりApple製品らしいクセのない感じに。

実際のところ、ここ数年のBeats製品はAppleに牙を抜かれ、ドンシャリを残しつつも、より万人受けを意識したオーディオ製品に変貌している。

昔のBeatsオーディオを知っている人だと物足りなさを感じそうだが、はじめてのBeats製品として使ってみるには丁度いいのかもしれない。

 

この記事のまとめ

Apple版「Beats」ワイヤレスイヤホンをまとめてきた。

ここ数年のBeats製品はApple自社製チップを搭載することもあり特にiPhoneとの相性は抜群。

BeatsらしいドンシャリとAirPodsらしいワイヤレス接続の安定感を併せ持ったサラブレッドなので、AirPodsのドンシャリ版くらいのノリで購入を検討してもいいかもしれない。

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-