ワイヤレスイヤホン

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

2021年8月16日

ついに日本国内での発売が開始されたBeatsの完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」。

アメリカでは6月に発売が開始されたが、日本では8月になってようやくの発売開始となった。

これまでBeatsの完全ワイヤレスイヤホン(完全ケーブルレスイヤホン)となると耳掛け式の PowerBeats Pro の1機種しか展開されず、いかんせんラインナップが貧弱だった。

Beats唯一の完全ワイヤレスイヤホンだった「PowerBeats Pro

そうした中で登場した Beats Studio Buds は、完全ワイヤレスイヤホンらしさ光る粒状のイヤホンデザイン。ケースから取り出して耳にねじ込むだけで使える王道のワイヤレスイヤホンだ。

これもう、ようやくBeatsを代表するワイヤレスイヤホンが登場したといっても過言ではない。Beatsの普通のワイヤレスイヤホンを探している人であれば無条件にこれ一択。それくらいシンプルで王道のBeatsワイヤレスイヤホンこと「Beats Studio Buds」だ。

そして忘れてはいけないのが、Beatsは現在Apple傘下のブランド。オーディオ部分を除けば中身はAirPodsそのもの。

iPhoneユーザーであればAirPodsと同じく専用ポップアップ画面を通じたワンタッチ接続が可能。ややこしい接続設定など必要ないのでワイヤレスイヤホン初心者でも迷わず使える。

直販17,800円とAirPodsと変わらぬ価格で購入できるので、もとよりAirPodsを狙っている人であれば、AirPodsのBeatsカスタム版として購入を検討してもよさそうだ

筆者も今回、Beatsのブランドカラーであるレッドカラーモデルを購入した。このレッドカラーモデルを使ってレビューしていきたい。

【レビュー対象製品】Beats Studio Buds

発売時期2021年8月
直販価格(税込)17,800円

カラーリングは黒、白、赤(Beatsレッド)の3色。レビューは赤で行う。

Amazonで製品をチェック

 

Beats Studio Buds の製品概要

製品概要

Apple傘下のオーディオブランド「Beats by Dr.dre」から展開される新作ワイヤレスイヤホン

iPhoneならAirPodsと同じ専用ポップアップ画面から初回の接続設定が可能

Androidスマホでも利用可能、Google Fast Pair使った初回の接続設定が可能

音質は強めの低音、シャンシャンした明るい高音を絡ませたドンシャリ・サウンド

ノイズキャンセリング(ANC)対応

高性能マイク搭載、口元の音だけ拾ってくれるノイズカット仕様

留意点ないしデメリット

Apple版マルチポイント、空間オーディオには対応せず

充電ポートはUSB Type-C、ライトニングケーブルで充電できず

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

 

スペックシート




オーディオはBeatsならではのドンシャリ・サウンド
低音ドォンドォン、高音シャンシャン。バックサウンドの爽快感を重視する人ならたまらない。

ノイズキャンセリング(ANC)対応
機能ONで周囲の騒音(主に低周波音)を静音化できる。

AirPodsシリーズ同等のワイヤレス接続の安定感
Bluetooth最新規格「Bluetooth 5.0」対応ほか、Apple製品ならではのワイヤレス接続の安定感を実現。iPhoneだけでなくAndroidスマホでも利用可能。

バッテリー駆動時間は充電ケース併用で最大24時間
AirPodsシリーズ同等のバッテリー水準。イヤホン単体8時間、ケース併用で最大24時間。ノイズキャンセリングONの場合はもう少し短くなる。

ノイズカット付き通話マイク搭載
口元から離れた周囲の音をカットして通話できる。在宅ビデオ通話での生活音シャットアウトにも丁度よい。

生活防水に対応(IPX4)
AirPods Proと同じくIPX4の防水性能。雨、汗程度なら問題なし。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体8時間、ケース併用で最大24時間
(ノイズキャンセリング利用時)非公表
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク○(ノイズカット機能あり)
外音取り込み機能
ノイズキャンセリング(ANC)

Amazonで製品をチェック

 

付属品

充電ケーブル(USB Type-C to C)、イヤーピース(S、M、L)が付属。初期のイヤーピース装着はMサイズ。

Apple Musicの無料クーポン(4ヶ月分)も付属する。Apple Musicは通常だと月額980円かかるので4ヶ月分で実質3,920円相当のクーポンだ。

 

イヤホンサイズは小さめ、耳が小さい人でも難なく装着可能

イヤホンサイズはAirPodsシリーズおろか、他社製品よりも小さめ。装着すると耳の穴の中にきれいに収まる。

イヤーピースのサイズさえ調整すれば、イヤホンの装着感、ホールド感は安定する。

AirPodsシリーズのように耳の外に飛び出すイヤホンデザインではないので、イヤホンがマスクの紐に引っかかることもない。おかげでイヤホンの抜け落ちリスク、紛失リスクも低減できててストレスない。

 

ケースはUSB Type-Cケーブルで充電可能、ワイヤレス充電には非対応

AirPodsシリーズだとlightningケーブルを使って充電するが、Beats Studio Buds はUSB Type-Cケーブルで充電できる。

AndroidスマホユーザーであればAndroid向けのUSB Type-Cケーブルがそのまま使える。iPhoneユーザーだと別途ケーブルを用意する必要がある(付属品にUSB Type-Cケーブルあり)。

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応しないのが残念なところ

 

ペアリング接続のこと

Beats Studio Budsの主なペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法ケースにイヤホンを仕舞った状態にして、ケース内部中央にあるボタンを7秒?長押し
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報を記録しておける。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。Beats Studio Budsはマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。対してBeats Studio Budsは、現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


iPhoneならAirPodsと同じ専用ポップアップ画面からペアリング可能

iPhoneでペアリングする場合はAirPodsでおなじみの専用ポップアップ画面からペアリング接続できる。

一度ペアリングすれば、次回以降はケース蓋を開くだけで自動で「再接続」される。

Androidスマホなら「Google Fast Pair」によるペアリング接続可能

Apple傘下ながらGoogleが提供するペアリング簡素化システム「Google Fast Pair」に対応。

Android 6.0以上のAndroidスマホであれば、専用のポップアップが表示され、そのままペアリング接続できる。2回目以降もケース蓋を開くたびに自動で再接続される。

そのほかペアリングまわりのあれこれは以下記事を参考に

【Tips】Beats Studio Budsの新規ペアリング方法&ペアリング切り替え方法まとめ

続きを見る

Amazonで製品をチェック

 

Beats Studio Buds を実際に使ってみた感想とレビュー

オーディオはドンシャリ、バックサウンドをメインに楽しめる

オーディオはドンシャリ系。低音ドンドン、高音シャンシャン聞こえる。

Beatsはもともと重低音メインで鳴らすオーディオブランドなのでドンシャリ傾向がわりと強い。Beats Studio Buds もその路線を堅実に引き継いでる。

低音はきちんと響いてる低音だ。EDMサウンドなど聞くと空気が震えるようにして低音が鳴り響くのでテンション上がる。少しばかり音がこもり気味だが、安物の中華イヤホンでありがちな音が潰れた感じではないので、まだ許容できる範疇だ。

他方、高音が刺さるようなシャリシャリ音なので、人によっては「これが若さか...」と言わんばかりのキーキー音に感じるかもしれない。イコライザー調整(音質調整)には対応していないので、こればかりはどうにもならない。

Amazonで製品をチェック

 

ノイズキャンセリングは普通の出来、AirPods Proよりも静音効果は弱め

ノイズキャンセリング(ANC)は、ごくごく一般的なクオリティ。

低周波音(濁音ノイズ)を中心に除去。人の話し声などは残っている。ノイズキャンセリングといえば、とにもかくにもAirPods Proの静音効果の高さが評判高いが、Beats Studio Buds のノイズキャンセリングはそこまで静音効果は強くない。AirPods Proよりも実力は明確に下だ

とはいえ、オーディオ再生している状態であれば、ほぼオーディオだけに集中できる状態が作れるので十分に実用範疇のクオリティは維持してる。

イヤーピースをLサイズに交換すると物理的に周囲の音を遮断しやすくなる。ノイズキャンセリングによる静音効果も高まるので、イヤーピースによる耳への圧迫感、閉塞感が問題ない人であれば、イヤーピースをLサイズにして使った方がいいかもしれない。

イヤーピースのサイズを大きくすれば遮音性も高まる

ホワイトノイズあり
ノイズキャンセリング利用時に”サーッ”といった機械音(通称ホワイトノイズ)が発生している。オーディオ再生している状態なら気にならないが、オーディオを止めると聞こえる。ノイズキャンセリングを耳栓として活用したい人だとマイナスポイントだろう。

 

通話マイクは優秀、テレワーク用のイヤホン&マイクとしても問題なし

通話マイク搭載

通話マイク&通話時のノイズカット機能あり。

口元から離れた場所にある音を極力除去(トーンダウン)して音声伝送してくれる。

いざ試してみると周囲の音を取り込みつつも、その中から口元の音を極力ピックアップして拾ってくれる。十分に実用レベルにある通話マイクだと思う。

屋外でハンズフリー通話したい人はもちろん、自宅ビデオ通話の際の生活音のシャットアウトにも活用できそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

Beats Studio Buds の気になったところ(あるいはデメリット)

外音取り込み機能はイマイチ

外音取り込み機能は微妙な完成度。

取り込み自体は機能しているが、幕がかかったような、鼻声スモーキーな音に近い。あまり自然な感じの取り込みではない。

また、同時に自分の声が鼻声ボイスのように聞こえるのでイヤホンを付けたまま会話するときなど違和感ある。駅のアナウンスを聞く程度の使い方ならまだしも、会話したり、安全面を考慮して常時ONで使うのには合わなそう。

 

タッチ操作コマンドはほぼカスタマイズできず

タッチボタン搭載

イヤホンのタッチボタンを使った操作コマンドは以下のとおり。

(左右イヤホン共通)
1回押し再生/停止、着信対応/終了
2回押し次の曲へ進む
3回押し前の曲へ戻る
長押し再生コントロール(ノイズキャンセリング→外音取り込み→オフ)、着信拒否

長押しコマンドのみ「再生コントロール」を「音声アシスタント起動」に割り当て変更できる。そのほか、操作コマンドのカスタマイズ不可

AirPodsシリーズも操作コマンドのカスタマイズが全く行えないが、ここらはBeats Studio Budsも同じ。

 

イヤホン着脱によるオーディオの自動停止/再生機能なし

AirPodsシリーズだと当たり前に使える機能だが、なぜだか省いてしまったよう。

イヤホンを外したときはオーディオが止まらずに流れ続け、イヤホンを装着したときは手動で再生ボタンを押さないと再生が始まらない。

AirPodsシリーズから乗り換える人だと勝手の違いに慣れが必要かもしれない。

 

Appleデバイス間の自動切り替え(Apple版マルチポイント)には対応せず

Beats Studio Buds は、Appleが開発こそしているもののApple自社製チップを搭載せず。

それゆえ、AirPodsシリーズのようなAppleデバイス間の自動ペアリング切り替えには対応しておらず、都度オーディオ再生したいデバイスに手動でペアリングを切り替える必要がある。

手元デバイスをApple製品で固めている人だと勝手の悪さがマイナス点として響きそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】ほぼAirPodsのBeatsカスタム版、ドンシャリ好きなiPhoneユーザーにおすすめ

Beats Studio Buds をレビューしてきた。

AirPodsの購入を検討している人だと悩ましい「AirPodsのBeatsライクなカスタム版」といったところ。

AirPodsが音の強弱が少ないフラットサウンドなのに対して Beats Studio Buds は音の強弱が激しいドンシャリなので丁度よく差別化できてる。

Appleデバイス間のマルチポイント機能が使えないという欠点を踏まえたうえで、AirPodsのドンシャリ版として採用したい人であれば丁度いい製品かと思う。

価格も17,800円とAirPodsと変わらない。AirPods(ないしAppleイヤホン)だと音の強弱がなくてつまらない... と考えている人ならば Beats Studio Buds を選んだ方がオーディオの新味あって良さそうだ。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

iPhoneでBeats Studio Budsを使う方法(ペアリングからカスタマイズまで)

続きを見る

【何が違う?】Apple「AirPods」シリーズの種類の違い&選び方を徹底解説

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,