(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


Beatsのレビュー・口コミ・評価など

Beats Studio Buds レビュー【Beats版AirPods】

2021年8月16日

Beats初の丸ころ完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」。

Beatsは現在Apple傘下のオーディオブランド。Beats Studio Buds もまたAppleが開発。iPhoneユーザーであればAirPodsのような簡易ペアリング接続だったり、iPhone通じたソフトウェア・アップデートが受けられる。

音質はBeatsらしいドンシャリ・サウンドにチューニング。さながらBeats版AirPodsといった製品に。

価格も1.7万円ほどなので、もとよりAirPodsの購入を検討している人であれば価格的に検討余地あり。AirPodsプラスアルファで音質がほしい人におすすめ。

広告

Beast Studio Buds 製品概要

基本情報・スペックシート

基本情報

発売時期2021年8月
市場価格1.7万円
販売元メーカーApple(米国)

スペックシート

ノイズキャンセリング対応
外音取り込み(ながら聞き機能)対応
マルチポイント
ペアリング接続先の上書き切り替え対応
防水対応(IPX4)
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間イヤホン単体6時間
ケース併用で最大24時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

 

 

外観デザイン

イヤホンサイズは小さめ。装着すると耳の穴の中にきれいに収まる。

イヤーピースのサイズさえ調整すれば、イヤホンの装着感、ホールド感は安定する。

AirPodsシリーズのように耳の外に飛び出すイヤホンデザインではないので、ふとしたタイミングでイヤホンが耳から抜け落ちることもない。

ケースはたまご型デザイン。サイズで言うと縦5cm、横7cm、厚み2.5cmほど。丸みを帯びているので実際に手で持つともっと小さく感じる。

ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならない。男性で普段からズボンのポケットにワイヤレスイヤホンを入れてる人でも問題ない。

 

 

Beats Studio Buds レビュー

音質はドンシャリ

音質はドンシャリ系。低音ドンドン、高音シャンシャン聞こえる。

Beatsはもともと重低音メインで鳴らすオーディオブランドなのでドンシャリ傾向がわりと強い。Beats Studio Buds もその路線を堅実に引き継いだ。

低音はきちんと響いてる低音。EDMサウンドなど聞くと空気が震えるようにして低音が鳴り響くのでテンション上がる。ただ、少しばかり音こもり気味なのでボーカル重視で音楽を聞きたい人だとオーディオ相性が悪いかもしれない。

 

 

ノイズキャンセリング性能はごくごく普通、AirPods Proよりも静音効果は弱め

Beats Studio Buds はノイズキャンセリング(ANC)に対応。機能ONにすれば周囲の騒音を低減できる。

低周波音(濁音ノイズ)を中心に除去。人の話し声などは残っている。

実用水準の性能ではあるものの、業界トップのノイズキャンセリング性能と名高いAirPods Proに比べると雲泥の差。ノイズキャンセリングでとことんまでに静けさを得たい人なら最初からAirPods Proを選ぶべきだ。

ホワイトノイズあり
ノイズキャンセリング利用時に”サーッ”といった機械音(通称ホワイトノイズ)が発生している。オーディオ再生している状態なら気にならないが、オーディオを止めると聞こえる。ノイズキャンセリングを耳栓として活用したい人だと注意。

 

 

外音取り込み機能はイマイチ

イヤホンを装着した状態で周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」に対応。

性能は微妙。取り込みは機能しているが、取り込み音にこもりあり。自然な感じの取り込み音ではない。

また、機能ONままだと自分の声が鼻声ボイスのように聞こえるのでイヤホンを付けたまま会話するときなど違和感ある。駅のアナウンスを聞き取る程度に使うのが限度だろう。常時機能ONで骨伝導イヤホンのように使いたい人には合わない。

 

 

ワイヤレス充電(Qi)には対応せず

ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。USB Type-Cケーブルを使った有線充電のみ対応している。

充電都度ケーブルを抜き差しする必要あり、勝手知れてる人ほど面倒くさく感じそう。

 

 

通話マイクは高性能

通話マイクは高性能。ノイズカット機能も搭載しているのでビデオ通話で使いたい人でも問題ない。

口元の音、周囲の音を聞き分け、通話先には口元の音を極力ピックアップして転送してくれる。

いざ使うと口元の音の検出精度は高い。ほぼAirPodsシリーズと変わらぬ精度なので屋外でのハンズフリー通話から屋内でのビデオ通話まで活用できる機会は多そうだ。

 

 

物理ボタン搭載

物理ボタン搭載

タッチセンサーボタンのように見えるが、実は物理ボタン。”カチカチ”っと押して操作できる。

タッチセンサーのようにふとしたタイミングでの誤タッチ、誤反応がないので使いやすい。

音楽操作コマンド(割り当て変更不可)

(イヤホン左右共通)
1回押しオーディオ再生/停止
2回押し曲の先送り
3回押し曲の前戻し
長押し再生コントロール(ノイズキャンセリング←→外音取り込み)

通話対応コマンド(割り当て変更不可)

(イヤホン左右共通)
1回押し着信対応、着信終了
長押し着信拒否

 

 

Appleデバイス間の自動切り替え(Apple版マルチポイント)には対応せず

Beats Studio Buds は、Appleが開発こそしているもののApple自社製チップを搭載せず。

AirPods向けに提供されるApple版マルチポイント(Appleデバイス間の自動切り替え)にも対応せず。都度オーディオ再生したいデバイスに手動でペアリング接続先を切り替える必要がある。

追記)

上位版モデルの Beats Fit Pro であればApple版マルチポイントに対応している。どうしても同マルチポイント機能が使いたい人ならこちらを検討あれ。

関連記事「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」は何が違う?実機で比較する

続きを見る

 

 

イヤホン着脱によるオーディオの自動停止/再生機能なし

AirPodsシリーズだと当たり前に使える機能だが、なぜだか省いてしまったよう。

イヤホンを外したときはオーディオが止まらずに流れ続け、イヤホンを装着したときは手動で再生ボタンを押さないと再生が始まらない。

 

 

【まとめ】どういう人におすすめ?

評価ポイント

  • 機能性は(ほぼ)AirPods、音質はBeatsの最強サラブレッド
  • AirPods相当の防水&バッテリー持ち
  • 軽量コンパクトなイヤホンデザイン
  • 高性能マイク搭載、口元の音だけ拾ってくれるノイズカット仕様

微妙だったところ

  • Appleデバイス間のマルチポイント機能には対応せず
  • ノイズキャンセリング性能は普通
  • ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

製品をおすすめできる人

  • Beatsサウンド狙いの人
  • AirPods同等の使い勝手を重視する人
  • コンパクトなイヤホンを探している人

Beats Studio Buds は、AirPodsの購入を検討している人だと悩ましい「AirPodsのBeatsライクなカスタム版」といったところ。

AirPodsが音の強弱が少ないフラットサウンドなのに対して、 Beats Studio Budsは音の強弱が激しいドンシャリサウンド。音質は丁度よく差別化されてる。

ただ、Appleデバイス間のマルチポイント機能に対応せず。iPhone単体で使うならまだしもMacやiPadも使っている人だと考えどころ。

どうしてもAppleデバイス間のマルチポイント機能が使いたい人だとAirPodsを選んだ方がいいかもしれない。

Beats Studio Buds はiPhoneを単体で使っている人、あるいはAndroidスマホなど使っている人にこそおすすめ。

 

関連するAppleワイヤレスイヤホン

Beats Fit Pro

▼ Beats上位版モデル。Appleデバイス間のマルチポイント機能、空間オーディオ再生などAirPods同等機能を完備。

Beats Fit Pro レビュー【Apple版マルチポイントが使える実質的なBeats版AirPods Pro】

続きを見る

関連記事:Beatsワイヤレスイヤホン何が違う?

Beats Studio Buds+

▼ 2023年に登場したBeats Studio Budsの後継機。マイナーアップデート。

Beats Studio Buds +(第2世代)レビュー【2年ぶりリニュアルされた通常版モデル】

続きを見る

AirPods(第3世代)

▼ AirPods通常版モデル。Appleデバイス間のマルチポイント機能、空間オーディオ再生など使いたい人向け。

AirPods(第3世代)レビュー【前作モデルからメジャーアップデート】

続きを見る

関連記事:AirPodsシリーズ何が違う?

 

関連記事

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-Beatsのレビュー・口コミ・評価など
-, ,