ワイヤレスイヤホン

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」は何が違う?実機で比較する

2021年11月5日

Beats Fit ProBeats Studio Buds。いずれもApple傘下の人気オーディオブランド「Beats by Dr.dre」から展開される完全ワイヤレスイヤホンだ。

Beats Fit Proが2022年1月に発売開始したのに対して、Beats Studio Budsは2021年8月に発売開始。

どちらも現行ラインナップ製品に位置づけられ、なおかつ似たようなスペックとあり、いざどちらを選ぶべきなのか迷っている人も多いかと思う。

そこでこの記事では、Beats Fit Pro、Beats Studio Budsの2機種を比較。性能、機能、使い勝手の違いを通じて、それぞれどういった人におすすめの製品なのか解説していく。

Beatsワイヤレスイヤホンの購入を検討している人、AirPods代わりのAppleワイヤレスイヤホンとしての購入を検討している人など記事を参考にしてほしい。

広告

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」の製品概要

Beats Fit Pro

Beats Fit Proは2022年1月に国内発売を開始。直販価格は24,800円。

AirPodsシリーズ同様にAppleが自社開発しているワイヤレスイヤホン向けチップ(CPU)を搭載。Apple版マルチポイントや空間オーディオなどAirPods同等機能が利用できる

イヤホンデザインが特徴的。イヤホン本体から上側にイヤーウィング(ウィングチップ)が伸び出る。素材はシリコン。耳のひだに引っ掛けて使うことでイヤホンの装着感がずば抜けて安定する。スポーツやジョギング中の利用でも揺れが少なく使いやすい。

カラーリングはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色展開。

Amazonで製品をチェック

Beats Fit Pro レビュー|Apple版マルチポイントに対応した実質的なBeats版AirPods Pro

続きを見る

 

 

Beats Studio Buds

Beats Studio Budsは2021年8月に日本国内で発売開始。直販価格は17,800円。

従来の耳掛け式の完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」からデザイン一新。Beats初の丸ころデザインの完全ワイヤレスイヤホンとして発表された。

Apple自社製チップは搭載しておらず、Apple版マルチポイントにも対応しない

Beats Fit Proが登場した現在では、Apple自社製チップを搭載しない廉価版モデルのような立ち位置だ。

カラーリングはレッド、ホワイト、ブラックの3色展開。

Amazonで製品をチェック

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

 

 

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」、何が違う?

もっぱらの違いは以下6点。

  1. Apple自社製チップの搭載有無(Apple版マルチポイントの対応有無)
  2. 空間オーディオの対応有無
  3. ノイズキャンセリングの強度
  4. バッテリー持ち
  5. イヤホン着脱と連動したオーディオ自動再生/停止機能
  6. イヤホン構造の違い(イヤホンの装着感の違い)

 

1. Apple自社製チップの搭載有無(Apple版マルチポイントの対応有無)

Beats Fit ProBeats Studio Buds
Apple自社製チップの搭載有無×
Apple版マルチポイントの対応有無×

Beats Fit Proは、AirPods Pro、AirPods(第3世代)でも採用されるApple自社製チップ「Apple H1」を搭載。これによりAirPodsシリーズのみで解禁されるApple版マルチポイントが利用できる。

対してBeats Studio Budsは他社製チップ(詳細非公表)を搭載。Apple版マルチポイントはじめとしたAirPods同等機能が利用できないデメリットがある。

Beats Fit ProならApple版マルチポイント対応

Apple版マルチポイントに対応していれば、同一のApple IDでサインインしているiPhone、iPad、Mac、Apple Watch間で同時接続でき、なおかつオーディオ再生しているデバイスに自動で音声出力が切り替えられる

逐一手動でペアリングを切り替える必要がなくなる。普段から複数のAppleデバイス間でイヤホンないしワイヤレスイヤホンを使いまわしている人であれば、まず間違いなく重宝する。

 

 

2. 空間オーディオの対応有無

Beats Fit ProBeats Studio Buds
空間オーディオの対応有無

Appleが提供する3Dオーディオサービス「空間オーディオ」。Beats Fit Proならフル機能が利用できるが、Beats Studio BudsはApple Musicの一部楽曲のみしか空間オーディオ仕様で再生できない。

2022年2月現在、すでに空間オーディオは実用段階にあるサービス。YouTubeやNetflixなど動画アプリでも利用でき、イヤホン再生ながらホームシアター用のスピーカーでオーディオ再生したような包み込まれるような音の臨場感が得られる。

動画コンテンツへの没入感が通常のオーディオ再生よりも明確かつ劇的に進化していて、1度使うと通常のオーディオ再生がつまらなく感じてしまいそう。

なお、空間オーディオをフル機能で使う場合は、iPhone 7以降のiPhone、あるいは一部iPadと接続して使う必要がある

Androidスマホと接続した場合はApple Musicの一部楽曲のみしか空間オーディオ仕様で再生できないので注意。PCやMac環境だと空間オーディオは利用できない。

参考【Tips】Beats Fit Pro で空間オーディオ(Apple版3Dオーディオ)を使う方法

続きを見る

 

 

3. ノイズキャンセリング(ANC)の強度

Beats Fit ProBeats Studio Buds
ノイズキャンセリングの強度比較的強い普通

Beats Fit Pro、Beats Studio Budsともにノイズキャンセリング(ANC)に対応。機能ONにすると周囲の騒音が低減できる。

そのうえでノイズキャンセリングの強度はBeats Fit Proの方が上だ。

Beats Fit ProはAirPods Proと同じ「Apple H1」チップを搭載しているからか、低周波音(濁音ノイズ)を中心にきちんと騒音が低減される。プラスアルファでイヤーピースを大きめのものに変更すれば、機能ON/OFFで明確に音がシャットアウトされる感覚が味わえる。

Beats Studio Budsも実用水準の性能は保持している。オーディオ再生している状態であれば、ほぼほぼ周囲の音が聞こえない静寂空間が作れる。Beats Fit Proと比べて極端なまでに性能差があるわけではない。

 

 

4. バッテリー持ち

Beats Fit ProBeats Studio Buds
通常利用時のバッテリー時間イヤホン単体7時間、ケース併用で最大30時間イヤホン単体6時間、ケース併用で最大24時間
(ノイズキャンセリング常時ONの場合)イヤホン単体6時間、ケース併用で最大24時間イヤホン単体5時間、ケース併用で最大20時間

Beats Fit Proの方が全体的にバッテリー持ちがよい。ノイズキャンセリング常時ONでもケース併用で最大24時間使いまわせる。

Beats Studio Budsも業界平均のバッテリー水準はクリアしている。それこそAirPodsシリーズもケース併用で24時間前後のバッテリー持ち。Beats Fit Proと比較こそすると差が出るが、一般的なワイヤレスイヤホンと比較すれば十分に優秀だ。

 

 

5. イヤホン着脱と連動したオーディオ自動再生/停止機能

Beats Fit ProBeats Studio Buds
イヤホン着脱と連動したオーディオの自動再生/停止機能対応×

AirPodsシリーズだと標準提供される同機能。

イヤホンを外すとオーディオ再生が一時停止、イヤホンを再び装着すればオーディオ再生が自動で開始される。動画視聴中などに地味に便利な機能だったりする。

Beats製品だとBeats Fit Proのみ機能に対応している。

 

 

6. イヤホン構造の違い

Beats Fit Pro

Beats Studio Buds

Beats Studio Budsがごく一般的な丸ころワイヤレスイヤホンなのに対して、Beats Fit Proは上に伸びるイヤーウィング(ウィングチップ)を搭載している。

Beats Fit Proはイヤーウィングにより極めて安定した装着感を実現。イヤーピースを耳穴とフィットさせ、イヤーウィングを耳のひだとフィットさせる2重構造により、イヤホンの揺れをほぼゼロにできる。ジョギングやスポーツ中に使いたい人でも丁度いい。

Beats Fit Proの装着イメージ

他方、人によってはイヤーウィングが邪魔くさい、鬱陶しいと感じる人もいるかもしれない。

それこそBeats Fit Proのイヤーウィングは本体一体型で交換できないのでサイズが合わない人、耳の形との相性が悪い人だと致命傷になる。

普段からイヤホンのフィット感で悩みがちで、イヤーウィングとの相性が悪そうな人であれば、イヤーウィングなしのシンプルなイヤホンデザインとなるBeats Studio Budsを選んだ方がよさそうだ。

Beats Studio Budsの装着イメージ

 

 

まとめると...

Beats Fit ProBeats Studio Buds
Apple自社製チップの搭載有無×
Apple版マルチポイントの対応有無×
空間オーディオの対応有無
ノイズキャンセリングの強度比較的強い普通
通常利用時のバッテリー時間イヤホン単体7時間、ケース併用で最大30時間イヤホン単体6時間、ケース併用で最大24時間
(ノイズキャンセリング常時ONの場合)イヤホン単体6時間、ケース併用で最大24時間イヤホン単体5時間、ケース併用で最大20時間
イヤホン着脱と連動したオーディオ自動再生/停止機能対応×
イヤホン構造の違いウィングチップありごく普通の丸ころデザイン
直販価格24,800円17,800円

特に考慮すべきがApple自社製チップの搭載有無

Beats Fit ProはApple自社製チップを搭載しているため、よりAirPodsシリーズに近い使い勝手。Apple版マルチポイントが使えるのは、やはりBeats Studio Budsには無い絶対的なメリットだ。

対してBeats Studio BudsはApple自社製チップを搭載せず、Apple版マルチポイントも利用できない。どちらかと言うとコスパを強みとする製品だ。

もとよりiPhone単体、スマホ単体で使おうと考えている人であれば、Beats Studio Budsの方がコスパも含めて丁度いいかもしれない。Beats Fit Proは、複数のAppleデバイスを使いまわしている人が選ぶべきだろう。

「Beats Fit Pro」をAmazonでチェック

「Beats Studio Buds」をAmazonでチェック

 

 

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」の特に変わらない部分

基本性能・機能はまんま同じ

Beats Fit ProBeats Studio Buds
外音取り込み機能対応
ケース充電端子USB Type-C
防水性能IPX4(雨、汗など問題なし)
マイク性能高精度ノイズカット仕様(イヤホン片側3つのマイク搭載)
Android版アプリへの対応有無対応

 

 

外音取り込み機能はどちらも似た性能

イヤホンを付けたまま周囲の音が聞き取れる外音取り込み機能。Beats Fit Pro、Beats Studio Budsともに対応している。

双方ともに取り込み音がこもりがちだが、駅のホームアナウンスを聞き取るために一時的に使ったり、コンビニレジで会話するときに使う程度であれば問題なくこなせる。

そこまで明確なスペック差は見られず、購入是非を決めるほどの決め手にはならない。

 

 

Android版アプリ「Beats」対応

BeatsがAndroidスマホ向けに提供している専用アプリ「Beats」を利用可能。

初回のペアリング接続が簡素化されるほか、アプリ通じたソフトウェア・アップデートにも対応。ソフトウェア・アップデート通じた細かなバグの修正などiPhoneで使う場合と同等のサポートが受けられる。

また、イヤホンのバッテリー残量の確認、イヤホンのボタン操作コマンドの割り当て変更なども可能だ。

 

 

どちらもイヤホンの物理ボタンで操作可能、割り当ては同じ

Beats Fit Proのボタン

Beats Studio Budsのボタン

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し再生/停止
2回押し次の曲へ
3回押し前の曲へ
長押しノイズコントロール、Siri起動を左右それぞれ割り当て可能
(Beats Fit Proのみ音量操作を割り当て可能)

どちらもイヤホン本体に物理ボタンを搭載。適度な硬さと柔らかさを併せ持ち、”カチカチ”っとスムーズに操作できる。

長押しコマンドのみ割り当て変更が可能。ノイズキャンセリングと外音取り込み機能を切り替える「ノイズコントロール」、あるいは「Siri起動」を左右それぞれに割り当てられる。

なおかつ、Beats Fit Proに限れば、長押しコマンドに音量操作(音量アップ、音量ダウン)を割り当てることも可能。Beats Studio Budsだとボタン操作での音量操作には対応せず。都度スマホ側から調整する必要がある(あるいはSiri操作)。

 

 

イヤホンの音質も似たような感じ

どちらもドンシャリ傾向。くっきりとした低音、明るい高音が目立つ。バックサウンドなどノリよく楽しみたい人ならオーディオ相性は丁度いいかと思う。

気持ちBeats Studio Budsの方がドンシャリ傾向が強いかな...?と思うところはあるが、よほど耳がいい人を除けば誤差の範疇。音質だけで言えば、どちらも似たような感じだ。

 

 

「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」に共通するデメリット

ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず

これが地味だが一番のデメリットだろう。

Beats Fit Pro、Beats Studio Buds、ともにケースがワイヤレス充電に対応しておらず、逐一USB Type-Cケーブルを挿して充電する必要がある。

特にApple製品ユーザーだとワイヤレス充電を日常的に使っているかもしれないが、そうしたApple製品ユーザーならではの充電リソースが活かせないのは痛いところ。

 

 

ノイズキャンセリング(ANC)にホワイトノイズあり

Beats Fit Pro、Beats Studio Buds、どちらともノイズキャンセリング利用に伴うホワイトノイズ("ジー”、”ザー"といった機械音)が発生している。

ホワイトノイズは微弱でオーディオ再生している状態なら聞こえない。ただ、オーディオ再生を止めた状態だと認知できてしまうので鬱陶しさを感じるかもしれない。特にノイズキャンセリングを耳栓代わりにして使いたい人だと注意した方がいい。

 

 

【まとめ】「Beats Fit Pro」と「Beats Studio Buds」、どっちを選ぶべき?

Beats Fit Proをおすすめできる人

  • 複数のAppleデバイスを使っている人(Apple版マルチポイントが活用できる人)
  • YouTubeやNetflixなど動画アプリで「空間オーディオ」が使いたい人
  • スポーツやジョギング用途にも耐えうる揺れの少ないイヤホンを探している人

Beats Fit Proは、Apple自社製チップを搭載した紛うことなきApple製品。Apple版マルチポイントや空間オーディオもそのまま利用できる。

特にApple版マルチポイント対応が見逃せないセールスポイント。複数のAppleデバイスを使っている人であれば、ペアリング切り替えのストレスがほぼゼロになる。日常的に使いまわすイヤホンないしワイヤレスイヤホンとしてはまたとない強み。

イヤホン本体にイヤーウィングを搭載していることもあり、イヤホンの装着感も安定。イヤホンの揺れも少ないのでジムで運動中に使いたい人、ジョギング中に使いたい人にもおすすめ。

Amazonで製品をチェック

Beats Fit Pro レビュー|Apple版マルチポイントに対応した実質的なBeats版AirPods Pro

続きを見る

 

 

Beats Studio Budsをおすすめできる人

  • コスパのよさを重視する人
  • Beats Fit Proのイヤホン本体に付いてるイヤーウィングが邪魔だと感じる人
  • もとよりApple製品とは関係ないスマホやPCで使おうと考えている人

Beats Fit Proの発売が開始された2022年2月時点において、Beats Studio BudsはApple自社製チップを搭載しない廉価版のような立ち位置。

Apple版マルチポイントが利用できず、空間オーディオも部分対応に留まるが、もとよりこれらの機能を使う予定のない人ならコスパよく調達できてよい。

ノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込み機能にも対応しているので、ワイヤレスイヤホンの括りでみれば上物と言ってしまって問題ない製品だ。

また、Beats Fit Proはイヤホン本体にイヤーウィングが付いている。人によってはこれが邪魔くさいと感じる人もいるかもしれない。そうした人ならイヤーウィングなし、まん丸デザインのBeats Studio Budsはストレスなく使えてよさそうだ。

Amazonで製品をチェック

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

 

 

関連記事

「AirPods」と「Beats」何が違う?Apple現行ワイヤレスイヤホン4製品を比較する

続きを見る

【何が違う?】Apple「AirPods」シリーズの種類の違い&選び方を徹底解説

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-