PC

【PCデスク】電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot」(E7)自宅導入レビュー

【商品提供記事】
当記事はメーカー元より商品提供を受けて作成した無償レビューです。記事の内容は筆者個人の見解が優先されます。

ついに我が家にも電動昇降スタンディングデスクがやってきた。

僕はどちらかと言うとアウドドアなインドア派で、カフェでMacでタタタターンなタイプの人間。これまであんまし(というか全然)デスクツアーみたいな記事も書かず、なんなら外付けディスプレイも持ってないし、観葉植物も置いてない。

とはいえ、コロナで在宅作業も増えているし、そろそろまともなPC環境を揃えてもいいはず。僕もおしゃれガジェットブロガーになれるはず(重要)。

... 等々思っていたところ、電動昇降スタンディングデスク大手の「FlexiSpot」さんからデスク提供のお話を頂き、おしゃれガジェットブロガーとしての第一歩を踏み出した!

そろそろ電動昇降スタンディングありの生活にも馴染んできたので、導入からその使い勝手までひととおり記録として残したい。

【レビュー対象製品】FlexiSpot電動昇降スタンディングデスク(型番E7)

今回レビューするのは型番「E7」。

直販価格は51,700円。カラーリングはホワイトとブラックの2色。

> 公式サイトで確認する

 

FlexiSpot 電動昇降スタンディングデスク(型番E7)レビュー

販売元について

FlexiSpot(フレキシスポット)は、中国のLoctek Ergonomic社が販売する電動昇降スタンディングデスク。

同社は1998年に創業。現在600人以上のエンジニアを抱える大手企業。20年以上にわたり同社の看板商品であるスタンディングデスクなどを開発してきた実績がある。

電動昇降スタンディングデスクに関してもコロナ以前から販売を行ってきた業界のパイオニア的な存在だ。日本国内でも子会社通じて公式販売を行っている。

 

レビューモデル(E7)の製品仕様

今回レビューするのは型番「E7」。

主な仕様は以下のとおり。

  • 脚の高さ(昇降範囲):58cm〜123cm
  • 装着できる天板サイズ:縦58cm〜、横110cm〜190cm(※伸縮可)
  • 耐荷重:125kg
  • 製品保証:5年(天板などは2年)
  • その他:障害物の自動検知ストップ機能あり

脚フレームだけでも購入可能。直販価格で51,700円(税込)。

天板はFlexiSpotが販売するもの、あるいはニトリやIKEAなど他社製品のものでも問題なく使える。

製品保証あり。脚フレームやモーター部分は5年。天板などは2年の製品保証が受けられる。

 

開封&組み立て

こんな感じのが届く。長い方が113cm、短い方が29cm、厚み17cmとデカイ。

重量34kg。非常に重い。

男性であれば持てない重さではないが、明確に「重い」と認識できる重さなので、運ぶときにギックリ腰やらないように注意した方がいい。

パーツは少なく、構造はシンプル。

家具やプラモデル、あるいはザクなど組み立てた経験のある人ならパーツを見ただけでおおよその構造ないし繋がりが理解できると思う。

脚フレーム部分だけならレンチ一本で組み立てられる。引越しの時に解体するのもラクでよさそう。

レンチ1本でここまで完成、あとは天板を打ち込むだけ

 

天板の打ち込みは電動ドライバー必須

天板は直接ネジを打ち込んで脚フレームに固定する。

ネジの打ち込みに相当な力がいるので電動ドライバー必須(※手動ドライバーだと無理)。

 

天板は他社製品を含めて自由に取り付け可能

FlexiSpot製のメープル色

僕は今回、FlexiSpotが販売するデフォルト仕様の「メープル色」を使っているけど、IKEAやニトリなどホームセンターで売ってる他社の天板でも問題なく使える。

脚フレーム型番「E7」は、縦58cm〜、横110cm〜190cmまでの天板に対応できる。

縦は最低58cm。58cmに足りないと脚のフレーム部分がはみ出る。バランスをキープするためにも最長70cmくらいまでに抑えておきたい。

脚フレームの中央部分の長さを調整することで110cm〜190cmまで対応できる

天板は電動ドライバーで直接ネジを打ち込んで固定する。

FlexiSpotが販売している天板であれば、あらかじめ穴があけられているので、これに合わせてネジを打ち込めばそうそう酷いことにはならない。

昇降スイッチ(コントローラー)も任意の場所に直接ネジで打ち込む。

 

完成!

気持ち1時間〜2時間くらいで作業完了。天板のネジ打ち込みに結構な時間がかかった。

 

実際に使ってみて

スタンディングよし

スタンディングデスク未経験とあって、立ち作業なんて罰ゲームくらいの認識だったのだが、思いのほか快適だ。

目線がまっすぐ前を向けるし、肘をデスクの上に並行する形で乗せられるのでラク。少し眠いときに使うと眠気が飛ばせる。

肩こりや腰まわりの疲れも改善される... はず(※経過待ち)。

 

疲れたらすぐ座れる、昇降はメモリー登録でらくらく

スタンディングデスクはスタンディングデスクでも電動昇降なのがミソ。

立ち作業に疲れたらデスクを低くして座りデスクに変更できる。特段意識が高い人を除けば、気持ち30分〜1時間くらいで脚が疲れてきて座りたくなる

昇降できないスタンディングデスクだと、いざスタンディングに疲れてしまったり、将来的に飽きてしまったら使い物にならないが、FlexiSpotは電動昇降が可能なので問題ない。

※使ってないときはLED消灯します

今回レビューしている型番「E7」は、あらかじめ机の高さを4パターン登録しておける。スイッチひとつで登録した高さに変えられる。

1秒で約4cm移動できる昇降スピード。思っていたよりも高速かつスムーズに動く。

僕はスタンディングデスクを110cm、座りデスクを79cmに設定しているのだが、スイッチを押して気持ち8秒で昇降できる。コーヒー飲んでる間に完了だ。

 

昇降音はわりとあるが、賃貸物件で問題ないレベル

電動昇降スタンディングデスクは昇降音がうるさいみたいな話があったので気にかかっていたのだが、そこまで酷くなかった。

「ウィーーん」という昇降音はあるけど、音のボリュームとしてはせいぜい扇風機「中」くらい。賃貸物件で肩身狭くするほどの音ではない。ロボット掃除機の方がまだうるさい。

 

机のグラつきも問題なし

片脚だいたい10kgくらいあるせいか、非常にしっかりと構えている。

肘かけて力んでも、無理やり揺らそうとしてもグラつかない。地震による机の転倒どころか机の位置がズレることもなさそうなくらいに動かない。

スタンディングデスクおろか下手なデスク、オフィスデスクよりも100倍安定しているのでグラつきや転倒を心配する必要はないと思う。

 

ただただ重い、引っ越しのときとか辛そう

公称25kg(+天板)は伊達じゃない。

この重さのおかげでデスクの絶対的な安定感があるのだが、いざ動かそうとすると重いし、持ち上げるのも大変。引っ越しのときなど辛そうだなと今から覚悟してる。

 

配線はきれいに隠せる

電動昇降のためのモーター配線やら電源コードやらデスクとは思えないほどコードがある。

ただ、今回レビューしている「E7」はケーブルカバーが付属。配線を丸々隠せる。

ごちゃごちゃ部分が隠せる

商品写真を見たときに配線をまとめるのが面倒くさそうだなと思っていたのだが杞憂だった。

ケーブルカバーの中はわりとスペースが空いているので(熱さえクリアできれば)タコ足配線なども余裕で入れられる。

 

この記事のまとめ

僕自身、電動昇降スタンディングデスク初体験だったのだが、なんら心配することなく使えた。組み立ては簡単だし、机も使い勝手も安定してる。

健康意識してスタンディングデスクを導入するにもよし。部屋を整えるため、生活を整えるために導入するにもよい。

それこそ電動昇降スタンディングデスクと外付けディスプレイ、あとは観葉植物さえ用意すれば、今にでも”おしゃれブロガー”になれそうなリッチな雰囲気ないし風格ただよう。

健康なんて建前はさておき、おしゃれ部屋を作るための中核アイテムとしてまず最初に調達しておくとテンション上がってよさそうだ。

 

レビュー対象製品

> 公式サイトで確認する

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-PC