充電器

Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー レビュー|USB PD含めた複数ポート充電器の大本命

2020年9月13日

今回レビューする「Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー」。

USB PDポート2つを含めた4ポート充電器。USB PDポートは60Wと18Wで分岐出力できるので、60Wの方でノートPCを、18Wの方でiPhoneやスマホをと使い分けられる。

4ポートのうち2つはUSB Type-Aポート。スマートウォッチやワイヤレス充電器などUSB Type-Aの充電環境もカバーできる。

今まさにUSB PD、USB Type-Cを活用した急速充電への転換期とあってか、USB Type-CとUSB Type-Aケーブルが多分に混在するカオスな時期にある。そうした時代に同充電器はまさしく救世主的な存在と言っても過言ではない。

USB Type-CだけでなくUSB Type-Aポートも使える複数ポート充電器を探している人は、ぜひレビューを参考にしてほしい。

【レビュー対象製品】Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー

発売時期2019年4月
直販価格7,499円(税込)

Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー レビュー

製品概要

Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー は、米ガジェット周辺機器メーカーのSatechi(サテチ)が手がけるUSB PD充電器。2019年4月に発売された。4つある充電ポートの内2つはUSB PDポートでそれぞれ60Wと18Wで出力できる。残り2つはスタンダードなUSB Type-Aポート(2ポート合計最大12W)となる。

電源プラグが充電器本体に付いておらず、電源ケーブルをかませて使う。複数ポート充電器だとよくある仕様だが、電源ケーブルが硬くて結構かさばるので、出先で使うと邪魔かもしれない。

※電源ケーブルは取り外し可能

価格はAmazon直販で7,499円。最大60W出力できるUSB PDポート含めた4ポート充電器として考えれば相場一般的な価格だ。Amazon直販品なら18ヶ月の製品保証も付属しているので、総合的に見れば妥当、順当な価格に落ち着いていると思う。

 

外観・サイズ感

Satechiと言えば一昔前(2000年代)からある米ガジェット周辺機器メーカーで、MacBookシリーズと並べると映えるアルミボディ(風)デザインで知られる。”(風)”と書いたように素材はアルミではなく、ただの樹脂成形品なので雑に扱うと剥げるので注意。

サイズは長い方が10cm、短い方が7cm、厚さが2.5cmほど。重さは225g。流行りの窒化ガリウム(Gan)素材は使っておらず、至って普通のサイズ、重量となる。

4ポート充電器としてはコンパクトな部類なので、外出用途の充電器としても問題ないサイズだが、先述とおり電源プラグ(電源ケーブル)が別付けなので、荷物が多くなる。見た目ミニマルさにも欠けるので、基本的には自宅用の充電器として考えるべきだろう。

 

充電レビュー

USB PDポート①(最大60W)レビュー

(写真クリックで拡大)

まずは最大60W出力できる一番上のUSB PDポート。MacBook Pro 13(2016)を充電したところ、約54Wで充電できた。MacBook Pro 13(2016)は最大60W前後での充電となるため、Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー とは相性が良い。

なお、USB PDポートの基本出力値は以下のとおりだ。

(写真クリックで拡大)

 

USB PDポート②(最大18W)レビュー

(写真クリックで拡大)

最大18W出力できる上から2段目のUSB PDポート。iPad Pro 10.5を充電したところ、約15Wと悪くない数値が出た。なお、iPad Proは最大30Wで充電できるが、最大18W出力のポートとあり、15Wに留まっている。

USB PDポートの基本出力値は以下のとおり。

(写真クリックで拡大)

 

USB PDポート①②の同時充電

(写真クリックで拡大)

USB PDポート2つで同時に充電してみたが、特に干渉することもなく、先のレビューどおりの出力で充電できた。MacBook Pro 13(2016)が約50W、iPad Pro 10.5が約15Wだった。

Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー は、4ポート合計で最大75Wまで同時出力できるので、USB PDポートを2つ使うくらいではまだ余裕だ。ポートごとの最大出力はあくまで理論値であり、理論値MAXまで出力されることは滅多にないので大方事足りるだろう。

 

4ポート同時充電

USB Type-Aポートも含めて4ポート充電を試してみたが、こちらも問題なく充電できた。先述とおり、4ポート合計で最大75W以内に収まっていればきちんと充電できる。USB Type-Aポートは2ポート合わせて最大12Wしか出力できないので、上2つのUSB PD充電に干渉するほどの高出力にはならなかった。

 

発熱具合について

Amazonレビューを見ると、充電器の発熱具合について、「発熱が酷い」「熱くてヤケドする」などと酷評されていたが、筆者が使った限りでは発熱はそこまで酷くなかった。気持ちMacBook Pro 13向けのApple 61W充電器と変わらない発熱具合だ。充電中にあえて手を触れ、充電器を握ったりしない限り問題ないレベルだと思う。

もとより4ポート充電器であり、なおかつ、窒化ガリウム(GaN)充電器ではないので昨今の充電器に比べると発熱が悪目立ちしてしまう部分はあると思う。ただ、あげつらう程の発熱ではないので安心してほしい。

 

この記事のまとめ

Satechi 75W デュアルトラベルチャージャー をレビューしてきた。

USB PDポートを2つ備えた4ポート充電器とあり、手元の充電環境をUSB PDで固めつつある人には丁度よいスペックだ。

一方ではUSB Type-Aポートも2つ搭載しているので、まだまだUSB Type-Aケーブルも手放せないという人にもおすすめだ。USB PD含めた複数ポート充電器を探している人にはスペック、勝手ともにドンピシャりと言える1品なので、ぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

-充電器
-