iPhoneで使える小型でミニマルな急速充電器(USB PD充電器)まとめ

スポンサーリンク
広告

最新iPhoneは急速充電こと「USB PD充電」に対応している。

iPhoneシリーズはAndroidスマホよりも充電出力が小さく、充電時間がかかりがちだ。ただ、USB PD充電に対応した急速充電器を使うことでAndroidスマホと変わらぬ最大20Wで充電でき、iPhoneならではの充電時間の遅さも解消される。

この記事では、こうしたiPhoneで使えるUSB PD充電器を紹介していく。iPhoneと一緒に使うと映える小型でミニマルな充電器を抜粋したので、ぜひ参考にしてほしい。

iPhoneで使える小型でミニマルなUSB PD充電器(急速充電器)まとめ

1. Apple 20W USB-C 電源アダプタ

おすすめポイント

Apple純正のUSB PD充電器、価格も異例の相場相当

製品概要

発売時期 2020年10月
直販価格(税込) 2,200円
充電ポート出力 ①20W(USB Type-C)

コメント

Apple純正のUSB PD充電器(※正確には電源アダプタ)。従来18W出力だったが、iPhone 12シリーズ(2020)が最大20W充電に対応したため、同充電器も最大20W出力できるようアップグレードされた。

手に取ってみると非常にコンパクト。電源プラグが折りたためないのが残念だが、Apple製品ならではのミニマル感は節々から感じられる。

価格は直販2,200円(税込)。ほぼ相場価格に収まっているApple製品としては珍しくコスパのよい製品だ。Apple純正品ならではの安心感を重視する人はこれでいい。

 

 

2. Anker PowerPort Atom III Slim

おすすめポイント

ミンティアケースサイズのコンパクト充電器

製品概要

発売時期 2019年6月
直販価格(税込) 2,599円
充電ポート出力 ①30W(USB Type-C)

コメント

人気充電器メーカー「Anker」が発売するUSB PD充電器。同社屈指の薄くて小さい、”ミニマル”という言葉が相応しい充電器。

サイズはミンティアケースそのもの。厚みもミンティアケース2〜3枚分しかない。一見すると充電器とは思えないコンパクトサイズだが、これでも最大30W出力できてしまうので驚きだ。

自宅で使うにしても出先で使うにしても、とかくミニマル気質が刺激される。価格も2,599円と相場に落ち着いていて、コスパの観点からもおすすめできる。

 

 

3. RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC120)

おすすめポイント

1口電源タップサイズながら最大30W出力できるハイパワーモデル

製品概要

発売時期 2019年10月
直販価格(税込) 2,499円
充電ポート出力 ①30W(USB Type-C)

コメント

Ankerと並ぶ人気充電器ブランド「RAVPower」。紹介する「RAVPower USB-C急速充電器」(RP-PC120)は、先のAnker充電器同様に最大30W出力できる高出力のUSB PD充電器だ。

サイズも小さい。1口電源タップサイズなのでコンセントに挿したときも邪魔にならないし、出先ではズボンのポケットに入れてちゃちゃっと持ち運べる。ミニマル好きにはたまらないガジェット超えた”モノ”なので、ぜひ試してみてほしい。

 

 

4. エレコム USB充電器(MPA-ACCP13WF)のほほ〜ん ver.

おすすめポイント

エレコムの2ポート充電器、USB Type-Aポートも使いたい人におすすめ

製品概要

発売時期 2019年12月
市場価格 3,000円前後
充電ポート出力
①30W(USB Type-C)
②12W(USB Type-A)

コメント

エレコムが手がける2ポートUSB PD充電器。最大30W出力できるUSB PDポート(USB Type-Cポート)と最大12W出力できるUSB Type-Aポートを備える。

iPhoneを急速充電するだけならこれまで紹介してきた1ポート充電器で問題ないが、プラスアルファでUSB Type-Aポートを使いたい人であれば、同充電器の方が勝手がいいかもしれない。

 

5. CIO Lilnob 65W

おすすめポイント

3ポート充電器、iPhoneと一緒にMacBookなど充電したい人におすすめ

製品概要

発売時期 2020年6月
直販価格(税込) 5,478円
充電ポート出力
①65W(USB Type-C)
②65W(USB Type-C)
※2ポート同時利用時は45W+18Wに分岐
③18W(USB Type-A)

コメント

USB PD出力できるUSB Type-Cポートを2つ備えた急速充電器。iPhoneはもちろんのこと、1ポート充電時は最大65Wまで出力できるのでMacBook Proなども充電できる。

自宅で使うiPhone充電器を探していて、なおかつ、MacBookシリーズなど充電したい、できるだけ充電環境を統合したい人であれば非常におすすめできる製品だ。USB Type-Aポートもあるのでワイヤレス充電器やスマートウォッチ充電器を挿して使うにも丁度いい。

 

 

この記事のまとめ

ここまでiPhoneで使えるミニマルなUSB PD充電器を紹介してきた。

Appleが直々に純正充電器(Apple 20W USB-C電源アダプタ)を発売していて、なおかつコスパも悪くないので迷ったらこれでいい。ただ、これ以外にも特色ある製品が揃っているので少しばかり冒険してみてもいいかもしれない。

 

この記事で紹介した充電器まとめ

1. Apple 20W USB-C電源アダプタ(直販2,200円)

 

2. Anker PowerPort Atom III Slim(直販2,599円)

 

3. RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC120)(直販2,499円)

 
 

4. エレコム USB充電器 PD30W(MPA-ACCP13WF)(市場価格3,000円前後)

 
 

5. CIO Lilnob 65W(直販5,478円)

 

関連記事

iPhone SE(2020)レビュー|コンパクトサイズに最新機能を盛り込んだベストバイスマホ
ついに発売が開始されたiPhone SE(2020)。 人気スマホ「iPhone SE」の第2世代モデルであり、かれこれ初代発売から4年がかりでの...
iPhone 12 mini、ここがすごい!ここがダメ!【レビュー】
iPhone 12シリーズの一つである「iPhone 12 mini」を購入したのでレビュー。 iPhone 12シリーズは4種類あり、そのうちi...
iPhone 12 mini と iPhone SE(2020)徹底比較|小さいiPhone、買うならどっち?
2020年を代表する小型スマホである「iPhone SE(2020)」「iPhone 12 mini」を比較レビュー。 どちらも似たような小型スマ...
タイトルとURLをコピーしました