【USB PD充電器】Apple 20W USB-C電源アダプタ(リニュアル版)レビュー

スポンサーリンク
広告

2020年10月より発売開始となったApple純正充電器「Apple 20W USB-C電源アダプタ」をレビュー。

同製品は以前レビューした Apple 18W USB-C電源アダプタ のリニュアル版となる。iPhoneはこれまで最大18WでUSB PD充電できたが、iPhone 12シリーズは同20Wにアップグレードされており、これに伴い18W充電器が20W充電器としてリニュアルされた。

巷では30Wや60WのUSB PD充電器が増えており、あえて最大20WのUSB PD充電器を選ぶ理由も薄くなっている。ただ、やはりそこはApple純正品であり、Apple純正品こその購入を考えている人も多いかと思う。そうした方に向けて以下レビューしていく。

レビュー対象製品

Apple 20W USB-C電源アダプタ レビュー

Apple 20W USB-C電源アダプタ は、2020年10月より発売開始になったApple純正充電器。直販価格は2,200円(税込)。従来のApple 18W USB-C電源アダプタは直販3,180円(税込)だったので1,000円近く値下げされた。

インターフェースはUSB Type-C

物自体はUSB PD充電器であり、USB PD規格で最大20W出力できる。iPhone 12シリーズはもちろんUSB PD充電に対応しているAndroidスマホやノートPCも問題なく充電できる。

なお、iPhoneシリーズはライトニング端子を使った特殊なUSB PD充電となるため、USB PD充電を行うためにはApple純正ケーブルかMFi認証ケーブルを用意する必要がある。iPhone 12シリーズに同梱されるApple純正ケーブルは、まさしく同USB PD充電のためにケーブルとなる。

iPhone 12シリーズに同梱されるApple純正ケーブル。ライトニング端子とUSB Type-C端子が繋がっている。

充電器の正確な出力値は以下のとおり。18W充電器だと9V出力が9V/2Aで設計されているが、20W充電器だと9V/2.22Aとなる。

(写真クリックで拡大)

 

そもそも従来のApple 18W USB-C電源アダプタと何が違うの?

写真左が従来版(18W)、写真右がリニュアル版(20W)

写真左が従来版(18W)、写真右がリニュアル版(20W)

写真左が従来版(18W)、写真右がリニュアル版(20W)

Apple 20W USB-C電源アダプタ は、従来の18W充電器のリニュアル版であり、見た目やサイズも変わりない。おそらく筐体はそのまま同じものを使っているのだろう。電源プラグが折りたためないのも変わっていなかった(折りたためたら良かった…)。

では何が変わったのかと言うと、おおよそ以下3点が挙げられる。

  • 最大出力が18W→20Wに
  • 本体重量が60g→58gに
  • 直販価格が3,180円→2,200円に

2W増え、2g減り、980円安くなった。スペックだけを見るとリニュアル版を名乗るほどでもないが、価格が圧倒的に安くなっているので、あえて18W版を購入する理由もなくなったと思う。

20W充電器で2,200円(税込)というと業界全体で見てもコスパ十分だ。サードパーティの20W充電器だとAnkerが1,780円(税込)、AUKEYは2,000円(税込)で販売している。Apple 20W充電器の2,200円はAppleブランド税を加味した上での妥当な金額と言えるだろう。

Apple 20W USB-C電源アダプタをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

充電してみる

iPhone充電

20W充電器で充電(写真クリックで拡大)

18W充電器で充電(写真クリックで拡大)

Apple 20W USB-C電源アダプタ でiPhone SE(2020)を充電したところ、約12.9Wで充電できた。18W充電器で充電しても13.2Wとほぼ同出力だった。

願わくばiPhone 12シリーズで充電したいのだが、筆者の手元にはまだ1台もないので検証できない(iPhone 12 miniを購入予定)。

 

iPad Pro充電

20W充電器で充電(写真クリックで拡大)

18W充電器で充電(写真クリックで拡大)

iPad Pro 10.5を充電したところ、約17.7Wでの充電となった。18W充電器だと17.6Wとほぼ誤差の範囲内だった。

iPad Proシリーズは最大30Wを上限にUSB PD充電できる。そのため、20W充電器、18W充電器ともに出力ギリギリの充電となるはずだが、どちらも似たような出力値だったのは意外だった。とはいえ、本来なら30W出力できるUSB PD充電器を使うべきだろうが。

Apple 20W USB-C電源アダプタをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

この記事のまとめ

Apple 20W USB-C電源アダプタ をレビューした。スペック、価格ともに従来の18W充電器の上位互換であり、元より18W充電器の購入を考えていた人であれば購入して損はない。

最大20WのUSB PD充電器なのでタブレットやノートPCの充電に使うには出力不足だが、もっぱらスマホ充電器として考えれば丁度よいスペックだ。それこそiPhone 12とセットで使うのは王道かつ妥当な使い方と言えるだろう。

レビュー対象製品

 

関連記事

iPhoneで使える小型でミニマルなUSB PD充電器(急速充電器)まとめ
最新iPhoneは急速充電こと「USB PD充電」に対応している。USB PD充電というとUSB Type-C端子を使った充電のイメージが強く、ライトニ...
タイトルとURLをコピーしました