スマホ

iPhone SE(2020)の液晶保護フィルム「ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ」レビュー

2020年6月19日

iPhone SE(2020)の購入に伴い、液晶保護フィルム「ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ」も購入したのでレビュー。

ミヤビックスは京都に拠点を置くスマホ周辺機器メーカー。高品質かつ豊富な種類の液晶保護フィルムを取り扱っているので愛用している人も多いことだろう。かくいう筆者もよく使っているメーカーで、iPhone SE(2020)でもミヤビックス製の保護フィルムを選んだ。さっそく貼り付けてみたのでレビューしたい。

▼ ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ

製品レビュー

今回購入したのは「ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ」。Amazonで998円だった。

iPhone SE(2020)に貼り付け。

アンチグレアフィルムではなく、あくまで低反射フィルムのため、極度な彩度の押さえ込みはない。ディスプレイ画質もほぼそのままで、なおかつ、ディスプレイへの写り込みは防げている。

ホームボタンまわり。ホームボタン下が切り抜かれていることもあり、ホームボタンへの干渉はない。

指紋防止効果も高め。そこまでベッタリと指紋が付くことなく、いざ指紋が付いても拭けば簡単に落ちる。

 

サイズは少し小さめ

ディスプレイの端から端まで覆うフィルムではないため、ディスプレイ端が気持ち0.5mmくらい露出している。少し小さいかなと思うが、おかげでiPhone SE(2020)で報告が相次いでいるディスプレイ端のフィルム浮きは起こっておらず、きちんと貼り付いている。この点は評価したい。

 

1箇所だけエアー抜けず

貼り付けは簡単だったが、1箇所だけエアが残った。

上部レシーバーの上らへん

ご存知の通り(?)筆者は保護フィルム貼り付けマスターでして、これまであらゆる保護フィルムを貼り付けてきた自負があるが、それでもエアーが抜けなかった。

ゴミが付いているわけではなく、いかにエアーを横に流してもエアー溜まりができてしまうので、お手上げでした。個体差か構造上の問題かはわかりませんが、購入を検討されてる方は気をつけて。

 

この記事のまとめ

iPhone SE(2020)の液晶保護フィルム「ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ」をレビューした。

ディスプレイの反射や写り込みを防ぎつつ、指紋も防げる。なおかつ、iPhone SE(2020)で報告相次ぐディスプレイ端のフィルム浮きも発生しない。1箇所だけエアーが残ったのは残念だが、総じて満足しているので良しとしたい。

▼ ミヤビックス OverLay Plus 低反射タイプ

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-スマホ
-