モバイルバッテリー

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh レビュー|名刺入れサイズのプチ大容量モバイルバッテリー

2021年8月20日

スマホユーザーに人気の小型モバイルバッテリー。

5000mAhもあればスマホが約1回分はフル充電できるので、毎日モバイルバッテリー使うわけではない、時々使うくらいの人なら5000mAhの小型モバイルバッテリーで十分。

そうした小型モバイルバッテリーの中でひときわ輝く製品がある。

それが今回レビューする「CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh」。

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh

名前のとおり、バッテリー容量は8000mAh。5000mAhではない。

ただ、外観サイズだけ見れば5000mAhのモバイルバッテリーと変わりない大きさ。「奇跡の8000mAh」と言わんばかりのサイズ感だ。

Anker(写真右)の5000mAhモデルとサイズ比較

小型モバイルバッテリーを探している人には、またとない製品だろう。

これまで僕はAnkercheeroの小型モバイルバッテリーを購入してきた。それらと比べて使い勝手はどうなのかも含めて以下レビューしていきたい。

【レビュー対象製品】CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh

発売時期2020年11月
直販価格2,728円(税込)

カラーリングは白と黒の2色展開。

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh の評価ポイント
8000mAhながら5000mAhのモバイルバッテリーと変わらぬ大きさ
小型サイズも充電中の発熱がほとんどない

× ダメなところ
本体重量詐欺(公称130g、実測147g)
モバイルバッテリー本体への給電時間がちと長い(MAX3時間)

Amazonで製品をチェック

【おすすめ3選】iPhoneで使える小型モバイルバッテリーまとめ

 

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh レビュー

製品概要

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh は、オリジナルの充電アクセサリーを手がける株式会社CIOが販売するモバイルバッテリー。

バッテリー容量は8000mAh。スマホを約2回フル充電できる。なお、パッケージには「スマホを約3回充電可能」とあるが、これはiPhone SE(2020)など小型スマホを前提にした回数だ。

・充電ポートは2つ。USB Type-Cポート、USB Type-Aポートを備える。そのほか、給電専用ポートとしてlightningポートあり。

 

製品スペックシート抜粋

バッテリー容量8000mAh
充電ポート数2
充電出力①最大15W(USB Type-Cポート)
②最大12W(USB Type-Aポート)
本体サイズ(実寸)縦9cm、横6.5cm、厚み1.4cm
本体重量147g

Amazonで製品をチェック

 

サイズ・重量感

縦9cm、横6.5cm

厚み1.4cm

名刺入れとサイズ比較

サイズは縦9cm、横6.5cm。厚みは1.4cm。

ほぼほぼ名刺入れと変わらぬサイズ感。胸ポケットにもらくらく入る。

表面素材はラバー。指紋が付きにくい一方、爪を立てると跡が付きそう。

Anker PowerCore III 5000(写真右)とサイズ比較

Anker PowerCore III 5000(写真下)とサイズ比較

他の5000mAhのモバイルバッテリーと比べるとサイズの小ささ光る。

先にレビューした小型モバイルバッテリー「Anker PowerCore III 5000」(5000mAh)よりも小さい。厚みはほぼほぼ変わらず、サイズだけ見ると上位互換と言える。

iPhone 12 miniに被せた状態

iPhone 12 miniに被せた状態

iPhoneの裏に隠れるサイズなので被せて充電するとき、持ち歩くときもらくらく。

本体重量は147g。公称130gとは全く違ってて驚いた。

モバイルバッテリーとして相対的に147gが重いわけではないが、あまり心証はよろしくない。

残量ランプあり(1個25%×4個)

ストラップホールあり

 

同梱品一覧

製品本体ほか、USB Type-C to Aケーブル(40cm)が同梱される。

USB Type-C to Aケーブルは、そのまま充電・給電ケーブルとして利用できる。

なお、USB Type-Cポートを使った最大15W出力の充電を行うためにはケーブル両端がUSB Type-Cのケーブルを別途用意する必要がある

 

充電スペック

写真左からUSB Type-C、USB Type-A、lightningポートが並ぶ。

USB Type-Cポートで最大15W、USB Type-Aポートで最大12W出力できる。

2ポート同時充電時は2ポート合計15W出力に抑えられる(※実測推定、公式記載なし)。

なお、lightningポートも搭載しているが、あくまでモバイルバッテリー本体への給電専用ポート。外部デバイスへの充電ポートとしては使えない。

Amazonで製品をチェック

 

充電レビュー

スマホは問題なく充電可能

iPhone 12 miniを充電したところ、USB Type-Cポートで約11W、USB Type-Aポートが約7Wで充電できた。

USB Type-CポートはUSB PD非対応なのでiPhoneシリーズを充電しても急速充電にはならない。最大12W止まりとなる。

 

タブレットも問題なく充電できる

iPad Pro 10.5を充電したところ、USB Type-Cポートで約12W、USB Type-Aポートで約11Wで充電できた。

iPad ProシリーズもUSB PD対応モバイルバッテリーを使えば急速充電できるが、CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh はUSB PD非対応。最大12W止まりとなる。

 

ノートPCも充電できるけど実用性はない

MacBook Airを充電したところ、USB Type-Cポートで約13Wで充電できた。USB Type-Aポートでは充電できず。

MacBook Airはじめとした昨今のノートPCは急速充電規格「USB PD」に対応。USB PD準拠のモバイルバッテリーを使えば充電できる。

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh はUSB PD非対応だが、充電状態になった。少し放置したらバッテリー残量も増えていたので充電できるのは確認できた。

とはいえ、スリープ状態5分で1%充電できるかどうかの充電速度。実用性は感じられなかった。

 

ワイヤレスイヤホンは問題なく充電できる

ワイヤレスイヤホンを充電したところ、USB Type-Cポート、USB Type-Aポートともに約1Wで充電できた。

ワイヤレスイヤホンはもとより1W台の低出力充電となるため、USB Type-Cポート、USB Type-Aポート、どちらで充電しても出力は変わらない。

 

モバイルバッテリー本体への給電はMAX3時間ほど

モバイルバッテリー本体への給電はUSB Type-Cポート、あるいはlightningポートから行う。USB Type-Aポートは給電非対応。

USB Type-Cポートを使えば最大15Wで給電できる。バッテリー残量0%から100%になるまでおおよそ3時間ほど。

先にレビューした小型モバイルバッテリー「Anker PowerCore III 5000」(5000mAh)だとMAX12W給電でおおよそ3時間かかったので、これに比べれば給電スピードは激早だ。

なお、パススルー対応しているのでモバイルバッテリー本体に給電しながら、同時にもう片方のポートを使って外部デバイスに充電できる。

 

充電中の発熱はほとんどない

小型モバイルバッテリーの宿命とも言える発熱だが、CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh は問題ない。

充電して30分くらい経ってもほんのりと感じる程度の熱しかない。むしろ充電したスマホの方が熱いくらい。

小型モバイルバッテリーでここまで発熱を抑えられるのは非常に優秀。同モバイルバッテリーの最大のセールスポイントと言っても過言ではない。

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

ここまで CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh をレビューしてきた。

CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh の評価ポイント
8000mAhながら5000mAhのモバイルバッテリーと変わらぬ大きさ
小型サイズも充電中の発熱がほとんどない

× ダメなところ
本体重量詐欺(公称130g、実測147g)
モバイルバッテリー本体への給電時間がちと長い(MAX3時間)

サイズ感やバッテリー容量は言うことなし。

それ以上にこれだけの小型モバイルバッテリーながら発熱がほぼほぼないのが好印象。

下手なノンブランドの小型モバイルバッテリーだと熱々すぎて精神衛生上の不安を覚える製品も多い。そうした製品に手を出すくらいなら CIO SMARTCOBY Lite 8000mAh の方が断然におすすめできるし安心できる。

小型モバイルバッテリーを探している人は、ぜひチェックしてみてほしい。

 

レビュー対象製品

関連記事

競合モバイルバッテリー

 

iPhoneユーザーにおすすめ

【おすすめ3選】iPhoneで使える小型モバイルバッテリーまとめ

 

スマホ向けの大容量モバイルバッテリーはこちらがおすすめ

 

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-モバイルバッテリー