格安SIM

【レビュー】楽天モバイル「Rakuten WiFi Pocket 2B」は固定回線代わりになる?実際に試してみた

2021年8月18日

楽天モバイルから登場した1円ルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」。

楽天オリジナル製品の一つで端末価格は1円。楽天モバイル契約時に同時購入すれば楽天スーパーポイント5000円分が付与されるので実質0円で購入できる。

楽天モバイルは月額3,278円で月無制限のデータ通信が利用できるSIMサービスを提供。同1円ルーターと組み合わせて使うことで月無制限の、事実上の固定回線代わりの運用も可能となる。

近い料金の類似サービスとしてWIMAXやポケットWiFi、大容量のレンタルSIMサービスなどあるが、これらに比べて楽天モバイルは違約金や最低利用期間が設定されておらず、いつでも解約できるというメリットがある。

そのうえで運用にあたっての検討要素となるのが「楽天回線の通信品質はどうなのか?」というところ。

なんたって楽天回線だ。すでにサービス開始から1年以上が経過しているが、まだまだ通信が不安定な地域もある。

以下ではこうした楽天回線の使い勝手も含めて「Rakuten WiFi Pocket 2B」をレビューしていきたい。楽天モバイルをルーター経由で固定回線代わりに運用しようと考えている人は記事を参考にしてほしい。

Rakuten WiFi Pocket 2Bの製品概要

Rakuten WiFi Pocket 2B の主なスペックは以下のとおり。

端末価格7,980円 1円
端末色ホワイト、ブラック
本体サイズ縦6.4cm、横10.7cm、厚さ1.5cm
本体重量106g
連続待機時間(電源ON時)300時間
連続通信時間10時間
接続可能台数(同時)最大16台
WiFi規格2.4GHzのみ
充電ポートmicroUSB
SIMサイズmicroSIM

公式サイトでRakuten WiFi Pocket 2Bを確認する

本体サイズはほぼスマホと変わらず。厚さ1.5cmとスリムなのでズボンのポケットに入れて持ち運びたい人で余裕。

連続通信時間は10時間、電源ONでの待機時間は300時間と業界一般的。いざとなったらモバイルバッテリーで充電できる。

他方、中華製造のOEM製品ということもあり、いくらか仕様が古め。充電ポートはmicroUSB、SIMサイズはmicroSIM、WiFi 5GHz帯に非対応となる。

特にWiFi 5GHz帯に対応しておらず、2.4GHz帯オンリーでの通信となるため、一軒家で1階から2階に電波を飛ばすようなシチェーションだと電波干渉して辛そうだ。

 

楽天モバイルのサービス概要

楽天モバイルの月額料金・最低利用期間など

※以下すべて税込

初期費用0円
月額料金(契約後3ヶ月間)0円
月額料金(契約後4ヶ月目〜)0円〜3,278円(4段階従量制)
0円:データ通信量が月1GB以内
1,078円:データ通信量が月3GB以内
2,198円:データ通信量が月20GB以内
3,278円:データ通信量が月20GB〜無制限
最低利用期間なし
解約金(違約金)なし

楽天モバイルは月々のデータ通信量に応じた段階定額プランを採用。上限3,278円で月無制限のデータ通信が利用できる。

実際に月に数百GBのデータ通信を使う人もちらほら。楽天モバイルが #今月のデータ利用量 ハッシュタグで紹介している。

最低利用期間なし。いつ解約しても解約金(違約金)は発生せず。MNP転出料も無料だ。

また、楽天モバイルは契約後3ヶ月間は料金プランが無料になるキャンペーンを展開している。同キャンペーン期間中に解約した場合でも違約金など発生しないので文字どおりの「お試し期間」として丁度いい。

 

【注意点】1日10GB以上の通信を行うと翌日まで速度制限される

楽天モバイルは月無制限のデータ通信が利用できると謳うが、1日あたり10GBのデータ通信を使うと翌日0時まで通信制限がかかる。速度制限時は最大1Mbpsでの低速通信となる。

あくまで速度制限であって通信制限ではないので「月無制限」なる物言いも嘘ではないのだが、最大1Mbps止まりだとNetflixなど視聴するのは辛そうだ。

 

【注意点】パートナー回線(au回線)だと月5GBしか使えず

楽天モバイルは自社回線となる楽天回線にくわえて、当面の間のパートナー回線としてau回線が利用できる。もっぱら楽天回線が使えない地域、通信が不安定な地域だとau回線で通信代替される。

ただ、au回線は月5GBしか使えない。月5GB以降は最大1Mbpsに速度制限される。

もとより固定回線代わりに使おうと考えている人だと月5GBだと足りないだろうから、楽天回線が使えることが半ば必須条件となる。

 

【レビュー】実際に使ってみた

SIMカードを入れるだけで通信開始

Rakuten WiFi Pocket 2B はSIMカード通じた通信サービス。

楽天モバイルの開通作業さえ完了させ、ルーターにSIMカードを入れればそのまま通信開始できる。

SIMサイズはmicroUSB。SIMカードアダプタを装着した状態でも問題なく利用できた。

 

接続はQRコードで簡単

スマホやタブレットなどQRコードが読み取れるデバイスであれば、QRコードを読み込むだけで接続できる。

なお、通常どおりSSIDとパスワードを使った接続も可能なので安心あれ。

 

通信速度は悪くない(※楽天回線が問題なく受信できる地域&環境なら)

iPhone 12 mini接続時

MacBook Air接続時

Rakuten WiFi Pocket 2B でiPhone、Macと接続してスピードテスト計測してみたが、いずれも40Mbps台の数値が出た。PING値も30ms前後。ここ最近の楽天モバイルの通信速度と変わりない。

昼12時台に複数回計測した結果が以下のとおり。

ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測40.5Mbps34.1Mbps32
2回目計測42.7Mbps15.4Mbps37
3回目計測41.7Mbps23.6Mbps30

Rakuten WiFi Pocket 2B と接続したMac上で計測した。

昼間ど真ん中であっても通信速度は快適。ネットサーフィンもYouTubeもWordpressでの記事作成も難なくこなせてしまう。

通信速度もちろんPING値も30ms台に収まっている。1桁ms台の光回線とまではいかずも、よくある格安SIMのような100msオーバーのPING値ではないのでパケ詰まりのような延滞が起こらない。非常にレスポンスよく、サクサクとページが読み込めるので快適だ。

 

楽天回線の通信品質=サービス品質の良し悪し

ここまで説明してきたように、Rakuten WiFi Pocket 2B、楽天モバイル、どちらにしろ楽天回線が使えるか否かがサービス品質の良し悪しを決める絶対的な要素となる。

ーーーというのも楽天回線は以下2つの問題を抱えており、これらが乗り切れないとまともに使えない。

  • 楽天回線で通信できないエリアが多い(特に地方)
  • 楽天回線エリアでもなぜか通信速度が出ないエリアがある

2021年現在、もっぱら地方都市を含めた都市部であれば楽天回線がメインとなる通信エリアとなる。ただ、それでも異様に通信速度が遅かったり、電波アンテナが2本になったりすることがある。

そのため、自宅で固定回線代わりに楽天モバイルを使いたい場合、楽天回線エリアに住んでいるかどうかはもちろん、自宅環境で楽天回線が安定的に受信できるかをチェックしたい

 

この記事のまとめ

Rakuten WiFi Pocket 2B が固定回線代わりになるかレビューしてきた。

総評としては以下のとおり。

楽天回線エリアに住んでいて、楽天回線がきちんと受信できる自宅環境にある人ならば、問題なく固定回線として利用できる。

ルーターは悪くないし、楽天モバイルも楽天回線さえ使えれば、すでに実用段階のサービスとしておすすめできる。

楽天モバイルは契約後3ヶ月は料金プランが無料になるキャンペーンを展開中。無料期間中に自宅や職場などの楽天回線の勝手をチェックしておきたい。

楽天回線エリア検索する

 

関連記事

【レビュー】楽天モバイルは固定回線代わりに使える?モバイルルーターで試してみた

続きを見る

【格安SIMの時代は終わり】月額1,000円以下で使える大手キャリアの料金プランを徹底比較

続きを見る

-格安SIM
-