楽天モバイルがモバイルルーター代わり(固定回線代わり)に使えるか試してみた

スポンサーリンク
広告

ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった「楽天モバイル」。

月額2,980円で月無制限のデータ通信が使えることからモバイルルーター代わりに、固定回線代わりに使おうと考えている人も多いかと思う。

それこそ、楽天モバイルが取り扱う0円ルーターを購入すれば、紛うことなき月額2,980円で使えるルーターサービスとなる。WIMAXやポケットWiFiと異なり2年縛りや違約金の設定がないのもポイントだ。

以下では楽天モバイルをルーターで使う際の基本事項、注意点、実測レビューなどひととおりまとめていく。楽天モバイルをルーターで使おうと考えている人は参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

楽天モバイルはモバイルルーター代わりに使える

楽天モバイルはSIMカードサービスとなるため、SIMフリールーターにSIMカードを入れれば、そのままルーター回線として、固定回線として利用できる。

すでに楽天モバイル公式でモバイルルーターとのセット販売も行っており、ポイント還元と合わせた0円ルーターも提供される。

ただ、0円ルーターは楽天モバイルのSIMカード申し込み時のみ適用可能なキャンペーンであり、後から別途購入する場合は1万円ほどかかる。

最初から楽天モバイルをルーター経由で使おうと考えている人であれば、楽天モバイル契約時にルーターを同時購入して0円にしてしまった方がお得だろう。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

 

楽天モバイルをモバイルルーターで使うメリット

月額2,980円で月無制限のデータ通信が使える

楽天モバイルは月額2,980円で月無制限のデータ通信が利用できる。料金帯はWIMAXやポケットWiFiと同じくらいだが、楽天モバイルの場合は月無制限のデータ通信が使えるとありコスパに優れる。

実用性のある通信速度

楽天モバイルは、日にもよるが気持ち20Mbps〜40Mbpsの通信速度で利用できる。十分に実用性のある速度だし、なんならWIMAXやポケットWiFiよりも高速だ。

最低利用期間や違約金なし

楽天モバイルは最低利用期間、違約金、その他諸所費用がかからない。いざ必要なくなれば、あるいは使い物にならなかったら、いつでも無料で解約できる。いまだに2年契約&違約金ガチガチのWIMAXやポケットWiFiに比べて良心的だ。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

 

楽天モバイルをルーターで使うデメリット

1日あたり10GBしか使えない

楽天モバイルは月額2,980円で月無制限のデータ通信が利用できるとの煽りだが、1日あたり10GB以上使うと翌日まで速度制限がかかる

たまの日に自宅でオンラインゲームやNetflixなどデータ通信を垂れ流すと、わりとすぐに10GBなど到達してしまうので、ガチのヘビーユーザーだと辛いかもしれない。

とはいえ、WIMAXやポケットWiFiの3日で10GB制限に比べれば圧倒的にゆるい。

au回線下では月5GBまでしか通信できない

月無制限のデータ通信は楽天回線エリアのみで提供される

現時点において、楽天モバイルはKDDIとの協業サービスとして展開され、地方など楽天回線が使えない地域ではau回線で通信代替される。同au回線は月5GBしか高速通信できず、以降は最大1Mbpsの低速通信になる。

月無制限のデータ通信を使うとなると、あくまで楽天回線が使えることが絶対条件だ。

楽天回線は屋内や地下鉄だと通信品質が落ちがち

楽天モバイルのデメリットとして散々言われるように、楽天回線は屋内や地下鉄だと通信速度が落ちがちだ。あまりに通信品質が悪くて、気付かぬうちにau回線を掴んでいたりすることもある。

 

まとめると「楽天回線が使えて、楽天回線を安定的に受信できる地域に住んでいる人」におすすめ

楽天モバイルの月無制限のデータ通信は楽天回線エリアのみで利用できる。そのため、まず第一に楽天回線が使える地域に住んでいることが絶対条件だ。

そのうえで楽天回線が安定的に受信できる環境かどうか、自宅で(屋内で)楽天回線が安定的に受信できるかどうかを重視すべきだろう。

楽天回線エリアは公式サイトのエリアページで確認できる。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

 

楽天モバイルで使えるモバイルルーターの選び方について

楽天モバイルとして公式に販売しているモバイルルーターは以下3機種のみだ。

  1. Rakuten WiFi Pocket
  2. Aterm MP02LN
  3. Aterm MR05LN RW
 

1. Rakuten WiFi Pocket

基本販売価格 9.980円
実質販売価格 0円
公式サイトを見る

楽天モバイルの0円ルーター。楽天自社製造(OEM製造)のオリジナルルーターとなる。

2020年に発売開始。楽天モバイル契約時に同時購入すればポイント還元含めて実質0円で手に入る。

連続通信時間は10時間、待ち受け300時間。本体重量103gと軽め。SIMサイズは標準SIM、充電端子はmicroUSB、無線LAN規格は2.4GHz帯のみと少し古めの仕様が目立つが、とかく安いのでコスパと実用性重視の人であればこれで十分だろう。

Rakuten WiFi Pocket を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

2. Aterm MP02LN

基本販売価格 13,800円
実質販売価格 8,800円
公式サイトを見る

NECが手がけるベーシックルーター。2019年に発売開始。

モバイルルーター史上最軽量を謳う71gの軽量ボディが魅力。連続通信時間は10時間と一般的だが、待ち受け時間は900時間とハイスタミナ仕様なので放置プレイも問題ない。

また、5GHz帯の無線LANとしても利用できるので、自宅で固定回線代わりに使うときなど安定した品質で通信できる。

Aterm MP02LN を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

3. Aterm MR05LN RW

基本販売価格 23,800円
実質販売価格 18,800円
公式サイトを見る

NECが手がける往年の人気モバイルルーター最新モデル(2019年モデル)。楽天モバイル回線に特化した「RW」型番で展開される。

連続通信時間は14時間、待ち受け500時間。Bluetoothテザリングにも対応しており、こちらは約30時間の通信が可能。5GHz帯ほか専用クレードルも用意されるので、自宅で固定回線代わりに使うには最適だ。

Aterm MR05LN RW を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

他のSIMフリールーターでも問題なし

楽天モバイルはバンド3を使った通信サービスとなるため、バンド3に対応したSIMフリールーターであれば理論上は通信できるはずだ。

ただ、楽天モバイルとして正常動作を確認しているルーターは数機種しかない。確実性を重視するのであれば楽天モバイルが公式に販売している3機種から選んだ方がいいだろう。

公式動作が確認された端末は以下ページで確認できる。

 

おすすめは「1. Rakuten WiFi Pocket」

2020年12月に登場した楽天モバイルの0円ルーター「Rakuten WiFi Pocket」。

10時間使えるバッテリー、ルーター初心者でも簡単に使えるQRコード接続設定など0円ルーターとは思えぬ安定感がある。もとより楽天モバイルをルーター経由で使おうと考えている人であれば購入してしまって損はないと思う。

Rakuten WiFi Pocket を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

楽天モバイルをルーターで使った実測レビュー

楽天モバイルのオリジナルルーター「Rakuten WiFi Pocket」を使って実測レビュー。

楽天回線下、およびau回線(パートナー回線)下でそれぞれ試した。いずれもルーター経由でWiFi接続したiPhone 12 miniで速度計測している。

 

楽天回線で計測

楽天モバイルの自社回線である楽天回線下で計測。結果は以下のとおり。

4回ほど計測したが、いずれもダウンロード速度が10Mbps〜20Mbps、アップロード速度が30Mbps台だった。

日にもよるが、楽天モバイルの楽天回線は、調子良いときでダウンロード速度が50Mbps〜70Mbps、妥当に20Mbps〜30Mbps、調子悪いときは10Mbps前後といったところだ。

感覚で言えば、ほぼほぼWIMAXと同じくらい。固定回線(光回線)よりも遅いが、格安SIM(MVNO)よりかは速くて安定した速度が出るので、ネトゲガチ勢でもない限りは実用十分な速度だと思う。

 

au回線(パートナー回線)で計測

パートナー回線となるau回線下で計測。先と同じくルーター経由でWiFi接続したiPhone 12 miniで速度計測した。結果は以下のとおりだ。

au回線はあくまでローミング接続とあり、ダウンロード速度、アップロード速度ともに気持ち20Mbps〜30Mbpsあたりが上限となる。

とはいえ、楽天回線の弱点である屋内利用であっても普通に使えるので、楽天モバイルの品質担保となっている側面がある。

ただ、繰り返すようにau回線だと月5GBまでしか通信できない。もとより月無制限のデータ通信狙いで楽天モバイルを使うのであれば、楽天回線が使えるのが理想だろう。

 

この記事のまとめ

楽天モバイルをルーターで使う際の基本事項、注意点、実測レビューなどひととおりまとめた。

すでに楽天モバイルとして0円ルーターを提供するなどしており、楽天回線が使える地域に住んでいる人であれば実用性は十分にある。WIMAXやポケットWiFiの代わりとして使い回すのに丁度いいだろう。

また、楽天モバイルは最低利用期間や違約金の設定がないので、いざ使い物にならなかったら即日で解約できる。とりあえず感覚で試せるのはWIMAXやポケットWiFiには無い圧倒的な強みだ。

2021年現在、WIMAXやポケットWiFiを検討している人は、まず先に楽天モバイルを試してみてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

 

関連記事

楽天モバイル純正ルーター「Rakuten WiFi Pocket」レビュー
楽天モバイル純正ルーター「Rakuten WiFi Pocket」をレビュー。 Rakuten WiFi Pocketは2020年12月に発売開始...
【2021年4月リニュアル】楽天モバイルの新料金プランを徹底解説|大手キャリア3社との比較も
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとしてサービス開始された「楽天モバイル」。 2021年4月より新料金プラン「Rakuten...
「楽天モバイル」実際どう?使ってわかったメリット・デメリット
2020年4月より本サービスを開始した「楽天モバイル」。ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリア、業界14年ぶりとなる新規参入キャリアとして...
タイトルとURLをコピーしました