(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


スマホ

IIJmio「eSIMギガプラン」の初期設定手順まとめ(契約・開通・APN設定まで)

2021年4月8日

2021年4月より本サービスとしての提供が開始されたIIJmioのeSIMプラン。

IIJmioのeSIMプランはかれこれ2年近くベータ版として提供されたこともあり、eSIMながら初期設定が非常に簡単。それこそ巷で酷評買ってるau「povo」やソフトバンク「LINEMO」のeSIMよりも100倍簡単に設定できるので感動すら覚える。

筆者もさっそく契約してきたので契約から開通までの一連の手順をまとめていきたい。乗り換えを検討している人は参考にしてほしい。

IIJmio公式サイトで詳しく見る

広告

IIJmio「eSIMギガプラン」について先に確認しておきたい注意点

出典:IIJmio

2021年4月より提供が開始されたIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」。そのeSIM版となる「eSIMギガプラン」だが、契約に際して以下のような注意点がある。

  1. 現時点でデータ通信専用プランのみ提供、音声通話プランの提供なし
  2. 選択できるネットワーク回線はドコモのみ
  3. SIMロックがかかったドコモスマホでは利用不可
  4. SMSは利用不可
  5. 5Gオプションは契約不可(=5G通信不可)

特に注意したいのが「3. SIMロックがかかったドコモスマホでは利用不可」。

IIJmio「eSIMギガプラン」はドコモ回線を使っているが、ドコモスマホで使う場合でもSIMロック解除が必要となる。

2021年4月時点でeSIMに対応しているドコモスマホはiPhoneシリーズくらいなのでそこまで影響ないが、将来的にSIMロックがかかったeSIM対応のドコモスマホが登場した際には注意したい。

最新モデル「iPhone 12」シリーズはすべてeSIM対応

IIJmio公式サイトで詳しく見る

 

 

IIJmio「eSIMギガプラン」の契約・開通手順まとめ

公式サイトから申し込む

まずは公式サイトから申し込み。一般的な格安SIM同様に申し込み情報を入力していくだけ。

おおよそ以下のような申し込み内容になるかと思う。

(画像クリックで拡大)

2021年5月末までに公式サイトから申し込めば初期費用が3,300円から1円に割り引かれる。eSIMプランも割引対象だ。適用されてるか確認あれ。

データ容量は0GBが選択できるが、0GBはベータ版のeSIMプランであり、本サービス版(eSIMギガプラン)とは関係ない。本サービスが開始された現在では、あえて選ぶ理由もない。

「0ギガ eSIM」は選ぶメリットなし

 

 

契約して5分もすれば開通用のQRコードが届く

eSIMプランは契約完了すると開通作業用のQRコードが発行され、メールで送付される。

同QRコードをスマホで読み込むだけで開通作業が完了する。

メールは契約完了から数分で届く。届いたらアクティベーションコードのリンクをクリックしてQRコードを表示させる。

リンクをクリックするとIIJmioの公式サイトが表示されるので「選択してください」から契約したサービスコードを選択。「決定」を押すとQRコードが表示される。

ここで表示されたQRコードをスマホのカメラで読み込んで開通作業を行う。

なお、同QRコードは通常のカメラアプリやQRコードアプリからは読み込めず、スマホ本体の設定画面から立ち上がるカメラを使う必要がある。

また、QRコードを読み取る構図となるため、eSIM設定するスマホとは別のデバイスにQRコードを表示しておく必要がある。

当サイト(当記事)読者だとレアかもしれないが、スマホ1台しか持っておらず、自宅にPCやタブレットも無い人だと通常のSIMカードプランを選んだ方がいいかもしれない。

 

 

iPhoneを使ったeSIM開通手順

iPhone 12 miniを使ってeSIMを開通していく。

設定アプリを開き、「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」を選択。

QRコードを読み込むのためのカメラが立ち上がるので、そのままeSIM開通用のQRコードをスキャンする。

この際、なにかしらの通信回線、WiFi回線に接続していないとSIM契約情報をIIJのサーバーから取得できないので注意。

なお、QRコードを読み取るためには自ずとタブレットやノートPCなど別のデバイスにQRコードを表示しておく必要がある。

スマホしか持っていない場合は「詳細情報を手動で入力」を選択し、QRコード上部に表示されるアクティベーションコードを手入力する。

読み取れたら「モバイル通信プランを追加」を選択。

以上で作業完了。数秒のアクティベーション時間を経て通信できるようになる。あっけないまでに簡単だ。

 

 

テザリングを使うにはもうひと手間あり

iPhoneの場合、APNを手動設定せずにデータ通信が行える。ただ、テザリングを使う場合は手動でAPNを追記する必要がある。

モバイル通信」のページからIIJmioの通信プランを選択。

モバイルデータ通信ネットワーク」を選択。

モバイルデータ通信」「テザリング」項目にAPNを入力する。双方ともに以下の同じ内容を使う。

APNiijmio.jp
ユーザ名mio@iij
パスワードiij

これでテザリングできるようになる。

IIJmio公式サイトで詳しく見る

 

 

この記事のまとめ

IIJmio「eSIMギガプラン」の契約から開通までの手順をまとめてきた。

IIJmioはかれこれ2年近くベータ版のeSIMサービスを提供してきたこともあり、初期設定は非常に簡単。eSIMデビューの人でも迷わず使えると思う。

eSIMギガプランはSIMカードを発行する必要が無い分、通常のSIMカードプランよりも月額300円ほど安く提供される。eSIMに対応したここ数年のiPhoneなど持っている人なら節約のためにeSIM契約するのもよいだろう。ぜひ試してみてほしい。

IIJmio公式サイトで詳しく見る

 

 

関連記事

【2022年】月額500円以下で使える日本国内のeSIMサービスまとめ

続きを見る

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-スマホ
-