格安SIM

Y!mobile 5Gの通信速度を実測レビュー

2021年3月10日

来る2021年2月18日よりY!mobileでも5G通信が解禁された。

Y!mobileはソフトバンク回線を使ったキャリア・サービスなので、5Gに関してもソフトバンクの5Gインフラをそっくりそのまま利用できる。

筆者が契約しているY!mobile SIMも5Gが解禁されたので、さっそくY!mobile 5Gの超高速通信を試してきた。以下そのレビューをまとめたので、Y!mobileの契約がてら5Gの通信品質など気になっている人は参考にしてほしい。

Y!mobile 5G 実測レビュー

ヨドバシakibaで試してきた

Y!mobileの5Gエリアは、そっくりそのままソフトバンクの5Gエリアとなる。

https://www.ymobile.jp/area/map/?pref=13&service=5g37&use_service=5g37

2021年現在、都内とはいえ5Gの普及具合などたかが知れている。

そうした中で秋葉原のヨドバシakiba周辺は大手3キャリアの5Gインフラが密集している都内でも数少ない5Gの聖地となる。5Gを試すには丁度いい場所なので今回5Gの検証場所として秋葉原を選んだ。

 

ソフトバンク5G(Y!mobile 5G)のアンテナピクトを確認

ヨドバシakibaから気持ち半径500mくらいの範囲内では、ほぼほぼ常時5Gのアンテナピクトが立っていた。

なお、Y!moibleは少し前までアンテナピクトが「Y!mobile」表記だったのだが、いつからか「Softbank」表記に変更となった。

以下すべて「Softbank 5G」とのアンテナピクトだが、いずれもY!mobileのSIMカードを使っており、厳密には「Y!mobile 5G」となる。

以前のY!mobileはアンテナピクトが「Y!mobile」だった。

 

Y!mobileの5G通信を実測レビュー

Ookla「スピードテスト」アプリを利用して速度計測したところ、400Mbpsを超える爆速通信が体験できた。固定回線、光回線のような速さだ。

最高記録は614Mbps。ヨドバシakiba館内で確認した。Ping値も13ミリ秒なのでFPSなどプレイするには理想的だろう。

本日の最高記録614Mbps。ヨドバシAkiba1階のPixelケースコーナーにて。

かれこれ1時間近くヨドバシakiba近辺を徘徊してはスピードテストし続けた。計測データは以下のとおり。

(クリックで拡大)

測定時間ダウンロードアップロードPING
16時30分568Mbps70.8Mbps19
15時50分407Mbps34.6Mbps23
15時43分239Mbps17.4Mbps38
15時37分324Mbps24.0Mbps20
15時36分284Mbps19.3Mbps13
15時36分181Mbps25.3Mbps12
15時35分148Mbps8.86Mbps13
15時34分614Mbps7.53Mbps13
15時29分182Mbps76.0Mbps13
15時06分214Mbps10.0Mbps23
15時00分194Mbps32.9Mbps23
14時59分221Mbps7.44Mbps23

※いずれも平日に計測

平均してダウンロード速度が200Mbps〜400Mbps。さも当たり前のように数百Mbpsで通信できていて感動した。

アップロード速度は幾らか地味。調子のいいときの4G通信とさして変わらない。とはいえ、動画配信者でもない限りはそこまでアップロード速度は関係ないかと思う。

なお、上記データから掲載を省いたが、eLTE(なんちゃって5G)もいくらか見られた。5Gのアンテナピクトなのにダウンロード速度が数十Mbpsのほぼほぼ4G通信の5Gだ。

さすがにヨドバシakiba館内でeLTEに遭遇することはなかったが、UDX方面(秋葉原西側エリア)だとまだまだeLTEが多いよう思える。

 

所感

今回5Gの検証に使ったiPhone 12 miniは、狭い範囲での超高速通信を可能にするミリ波に対応しておらず、広範囲を無難な速度でカバーするSub-6のみ対応している。

そのSub-6でこれだけの速度が出せるのだから圧倒的だ。Y!mobileは4G回線だとお世辞にも爆速とは言えないが、5G時代ならばY!mobileであっても固定回線、光回線のような速度で通信できるのかと期待が持てる数値が見れた。

もちろん将来的に5Gが普及する頃にはもう少し速度が遅くなるだろうが、それでもY!mobileで数百Mbpsで通信できるのならコスパも速度も実用性も文句ないだろう。

Y!mobileを公式サイトでチェック

 

この記事のまとめ

Y!mobileの5Gを実測レビューした。

Y!mobileの5G通信は基本料金だけで利用できる。Y!mobileは最安月額1,980円、家族割引を適用すれば最安月額900円から使える。

まだまだ国内で5Gが普及しているとはいえないが、次2年〜3年の長期契約を想定している人なら潜在的なセールスポイントとしてY!mobile 5Gを意識しておいてもいいかも知れない。

Y!mobileを公式サイトでチェック

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-格安SIM
-,