auの格安ブランド「povo」を徹底解説|メリット・デメリットを読み解く

スポンサーリンク
広告

ドコモの新料金プラン「ahamo」から始まった格安ブランド競争。先行するドコモ、ソフトバンクのサービスは月額2,980円で月20GBのデータ通信が使える破格コスパとあり、発表を控えるauの動向が注視されていた。

そして、ついに登場したauの格安ブランド「povo」(ポヴォ)。ドコモ、ソフトバンクよりも500円安い月額2,480円のプランとして発表され、後出しジャンケンながらも大いに注目を集めた。

この記事ではau「povo」のプラン内容、サービス内容についてメリット、デメリットという形で特徴を列挙。au「povo」をおすすめできる人、乗り換えるべき人について解説していく。

au「povo」を公式サイトで確認する
[au「povo」の公式サイトを開きます]

au「povo」の概要と料金プラン

概要

au「povo」は、KDDIが手がける新サービスブランド。「au」「UQmobile」に続く3番目のサービスブランドであり、オンライン専用ブランドと銘打たれる。auショップでの実店舗サポートは行わず、契約、解約、アフターサポートまですべてオンライン通じて行う。

基本料金は大手3社の中で最安となる月額2,480円を提示。ドコモ、ソフトバンクだと無料通話分を含めた月額2,980円を提示しているが、au「povo」は無料通話をオプション扱いにすることで基本料金を安く抑えた。

サービス開始は2021年3月を予定している。

 

料金プラン

基本プラン

料金プランは以下1つのみの提供。

月額料金(税抜) 2,480円
回線ネットワーク au(4G/5G)
月間データ容量 20GB
データ超過時の速度 1Mbps
データ容量追加料金(税抜) 1GB=500円で追加可能
無料通話 なし
最低利用期間 ?
解約金 ?
MNP転出料 ?
初期手数料 ?
付帯特典 5G利用料金込み、テザリング利用料金込み

無料通話オプション

  月額料金(税抜) 内容
5分以内かけ放題 500円 1回5分以内の国内通話が完全無料に
通話かけ放題 1,500円 国内通話が完全無料に

そのほかオプション

  料金(税抜) 内容
データ使い放題24時間 1回200円 申し込みから24時間の間、データ使用量がノーカウントに

料金プラン評価

大手3社の中で最安となる月額2,480円を提示。無料通話分が省かれているので、そこまで電話しない、LINE通話で十分という人であれば基本料金を安くできてよい。

仮に無料通話オプションを付けたとしても他社よりも割高になるわけではない。選択肢として無料通話の有り無しが選択できるのは魅力的だろう。

なお、兄貴分ブランドとなる「UQmobile」とは料金プランの内容が似通っている。UQmobileは実店舗サポート費用を含めた料金設定となるので、実店舗サポートが必要な人だと魅力的に映るかもしれない。

au、UQmobileの料金プランとの比較

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
au(ピタットプラン) 2,980円〜5,980円 1GB〜7GB 家族間通話のみ無料
au(使い放題MAX) 6,580円 無制限(テザリングは30GBまで)
 
UQmobile(くりこしプランS) 1,480円 3GB なし
UQmobile(くりこしプランM) 2,480円 15GB
UQmobile(くりこしプランL) 3,480円 25GB
 
au「povo」 2,480円 20GB なし

※すべて割引やキャンペーンなど除外した料金、内容を掲載

au「povo」を公式サイトで確認する
[au「povo」の公式サイトを開きます]

 

au「povo」のメリット

au「povo」のメリットとして以下7つが挙げられる。

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線
  2. 大手3社では最も安い最安2,480円で使える料金プラン
  3. ガチ勢必見「24時間データ使い放題」オプション
  4. データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  5. 契約から解約まで全てネットで完結
  6. 次世代SIMカード「eSIM」に対応
  7. 「au」「UQmobile」からの乗り換え手数料が無料
 

【メリット1】キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線

au「povo」は格安SIM(MVNO)ではなく、KDDI直々に手がける通信サービス(MNO)として展開される。「au」「UQmobile」と同じくauの通信基地を優先的に使えるので、24時間いつ何時でも安定した速度で通信できる。

格安SIM(MVNO)だと大手キャリアの通信基地を部分的に借り上げているだけなので、どうしても昼間や夕方など通信混雑する時間帯には通信速度が遅くなってしまう。こうした格安SIMならではのデメリットが許容できなかった人でもau「povo」なら大丈夫だ。

 

【メリット2】大手3社では最も安い月額2,480円で使える料金プラン

au「povo」は大手3社の中では最も安い月額2,480円から利用できる。無料通話をオプションにすることで他社よりも基本料金が500円安くなった

基本料金には月20GBのデータ通信はもちろん、5G利用料金テザリング利用料金が含まれており、そこまで通話しない人であれば十分すぎる内容となる。

仮に無料通話オプションを追加しても他社同様に月額2,980円で収まり、オプションを追加したからといって割高になるわけではない。あくまで選択肢として無料通話の有り無しが選べるだけなので、通話しない人にとっては基本料金を安くできてありがたい。

 

【メリット3】ガチ勢必見「24時間データ使い放題」オプション

大手3社の中では唯一となる「データ使い放題」オプションを提供。1回200円(税抜)で24時間の間、データ使用量がノーカウントになる。

仮にオプションを10日間使っても2,000円、20日間使っても4,000円なので、基本料金と足しても月額4,480円〜6,480円で収まってしまう。auの使い放題プラン(使い放題MAX)が月額6,580円、テザリングは月30GBまでの制約があるので、意外とau「povo」でオプションを追加して使い回した方がお得かつ実用的かもしれない。

 

【メリット4】データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能

au「povo」は、UQmobileと同じく月20GBのデータ容量を使い切った後でも最大1Mbpsで通信できる。

1MbpsだとSNSやニュースアプリ程度なら影響ないし、音楽サブスクを垂れ流すにも丁度いい。また、YouTube動画も意外と視聴できるので制限時速度とは言いつつも実用性が担保された現実的な速度だったりする。

 

【メリット5】契約から解約まで全てネットで完結

au「povo」は契約、解約、アフターサポートまで全てオンライン上で行える。auショップでの実店舗サポートは受けられないが、その分、安さが享受できるサービス内容となる。

 

【メリット6】次世代SIMカード「eSIM」に対応

現行nanoSIMに続く次世代SIMカード「eSIM」(イーシム)の発行にも対応している。

eSIMはソフトウェアベースのSIMカード(SIMサービス)で、すでにiPhoneやGoogle Pixelなど一部スマホで利用できる。物理的なSIMカードを用意せず、ネットからSIMカード情報をスマホにインストールするだけで使えるので非常に楽だ。

なお、従来どおりの「nanoSIM」発行にも対応しているので、eSIMがよく分からないという人でも心配する必要はない。

 

【メリット7】「au」「UQmobile」からの乗り換え手数料が無料

KDDIのサービスブランド間でMNPする場合、MNP転出料が無料になる。au、UQmobileユーザーであればノーコストでau「povo」に乗り換えられる。

なお、将来的にはサービスブランド間のMNPは料金プランの変更のような扱いになり、MNPすら必要なくなる模様。

au「povo」を公式サイトで確認する
[au「povo」の公式サイトを開きます]

 

au「povo」のデメリット

au「povo」のデメリットは以下4つが挙げられる。

  1. 実店舗サポート一切なし
  2. 「家族割」ほか割引の提供なし
  3. キャリアメールの提供なし
  4. 短期解約だとブラックリスト入りする可能性あり
 

【デメリット1】実店舗サポート一切なし

au「povo」はauショップでの実店舗サポートが受けられない。あくまでオンライン専用ブランドとして提供されるため、契約、解約はもちろん、契約中のトラブルなどすべてオンラインを通じて対処する必要がある。

これまでauなど大手キャリアを契約していて、事あるごとにキャリアショップの店員に頼りっきりだった人だと、いざトラブルが起きたときに苦労するかもしれない。

 

【デメリット2】「家族割」ほか割引の提供なし

au「povo」は家族割はじめとした割引の類が一切提供されない。あくまで割引なしのシンプルな料金プランを謳っている。

割引の中でも「家族割」が提供されないので、あえて家族でau「povo」に乗り換えるのは得策とは言えない。また、auとは別ブランドサービスとなるため、既存auユーザーとの間で家族割を組むこともできない点も注意が必要だ。

 

【デメリット3】キャリアメールの提供なし

au「povo」はauのキャリアメールこと@au.comメールが利用できない。

有料オプションとしても提供されず、GメールやYahoo!メールなどフリーメールアドレスを使う必要がある。

 

【デメリット4】短期解約するとブラックリスト入りする可能性あり

au「povo」は、格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)として提供されるため、短期解約した場合はauのブラックリストが適用される可能性がある

auは契約してから180日以内に解約するとブラックリスト入りする。ブラックリスト入りすると格安SIM含めた各種通信サービスが契約しにくくなる。

実際にブラックリスト入りするかは不明だが、いざ解約なりMNPなりする場合は、契約から半年くらいは待った方がいいかもしれない。

 

au「povo」、どういう人におすすめか?

格安SIMユーザー

au「povo」は料金の安さ一転、実店舗サポートが受けられないデメリットがあるが、従来から格安SIMを使っていたようなITリテラシーが高めの人であればデメリットでもなんでもない。

格安SIM級のコスパのよさに加えて、メインブランドのauと同じくMNO(キャリアサービス)として提供される通信サービスなので、格安SIM(MVNO)よりも通信品質は高品質だ。この点も従来からの格安SIMユーザーにこそ理解できる評価ポイントだ。

 

実店舗サポートを必要としないUQmobileユーザー

au「povo」とUQmobileは料金設定が似通っているが、UQmobileはあくまで実店舗サポート費用を含めた料金設定となる

実店舗サポートが必要ないのであれば、あえてUQmobileを契約し続ける必要はない。au「povo」の方が費用対効果に優れるので、そのまま乗り換えてしまっても問題ないだろう。

▼au「povo」とUQmobileの料金比較

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
UQmobile(くりこしプランS) 1,480円 3GB なし
UQmobile(くりこしプランM) 2,480円 15GB
UQmobile(くりこしプランL) 3,480円 25GB
 
au「povo」 2,480円 20GB なし

 

月20GBプラスアルファのデータ通信を安く使いたい人

au「povo」は大手3社の中では唯一となる「データ使い放題」オプションを提供している。

月20GBでは足りなさそうだが、「au」はじめとした大手キャリアの月30GB〜プランを契約するのは料金的に億劫という人であれば、au「povo」と同オプションの活用をおすすめする。

仮にオプションを10日間使っても2,000円、20日間使っても4,000円なので、基本料金と足しても月額4,480円〜6,480円で済む。auの使い放題プラン(使い放題MAX)が月額6,580円、テザリングは月30GBまでの制約があるので、十分に代替余地ありだ。

 

au「povo」がおすすめできない人

実店舗サポートがどうしても必要な人

au「povo」は一切の実店舗サポートが受けられない。これまで事あるごとにキャリアショップに対応を投げてきた人だとトラブル発生時に苦労する可能性が極めて高い。

同じauの通信サービスでも「UQmobile」は実店舗サポートを含めた手頃な料金設定となっている。どうしても実店舗サポートが譲れない人であれば、UQmobileを選ぶべきだろう。

▼au「povo」とUQmobileの料金比較

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
UQmobile(くりこしプランS) 1,480円 3GB なし
UQmobile(くりこしプランM) 2,480円 15GB
UQmobile(くりこしプランL) 3,480円 25GB
 
au「povo」 2,480円 20GB なし

 

家族で乗り換えようと考えてる人

au「povo」は基本的にはシングルユーザーのための料金プランだ。「家族割」はじめとした割引を提供していないので、1人で契約しようと複数人で契約しようと一律で月額2,480円になる。

ーーーとなると、あえて家族で乗り換える意味がない。素直に大手キャリアの家族割を適用した方がお得だったりする。ファミリー世帯でauを契約している人などトータルコストで損しないか事前に要検討すべきだろう。

 

この記事のまとめ

au「povo」についてひととおり解説した。まとめると以下のような感じだ。

▼ au「povo」のメリット

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線
  2. 大手3社では最も安い最安2,480円で使える料金プラン
  3. ガチ勢必見「24時間データ使い放題」オプション
  4. データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  5. 契約から解約まで全てネットで完結
  6. 次世代SIMカード「eSIM」に対応
  7. 「au」「UQmobile」からの乗り換え手数料が無料

▼ au「povo」のデメリット

  1. 実店舗サポート一切なし
  2. 「家族割」ほか割引の提供なし
  3. キャリアメールの提供なし
  4. 短期解約だとブラックリスト入りする可能性あり

▼ au「povo」をおすすめできる人

  1. 格安SIMユーザー
  2. 実店舗サポートを必要としないUQmobileユーザー
  3. 月20GBプラスアルファのデータ通信を安く使いたい人

▼ au「povo」をおすすめできない人

  1. 実店舗サポートがどうしても必要な人
  2. 家族で乗り換えようと考えてる人

au「povo」は同じau傘下のUQmobileと双極をなす料金プランだと言える。

UQmobileは実店舗サポート費用を含めた料金設定となるため、au「povo」よりも少しだけ割高だ。これは、そっくりそのまま実店舗サポートが必要ならUQmobile、不要ならau「povo」を選ぶべき根拠となる。

また、au「povo」個別の強みとして「データ使い放題」オプションがある。1回200円と意外と実用性のある料金設定なので月20GBプラスアルファのヘビーユースを想定している人にもau「povo」がおすすめできる。

実店舗サポートが必要ならUQmobile、不要ならau「povo」がおすすめ!
au「povo」を公式サイトで確認する
[au「povo」の公式サイトを開きます]

関連記事

UQmobileについてくわしく

auのサブブランド「UQmobile」レビュー|メリット・デメリットを徹底解説
auのサブブランドことUQmobile。au(KDDI)直々に手がける通信サービスの一つであり、廉価版auのようなポジションにある。 そんなUQm...

他社の格安ブランドについてくわしく

【月額2,980円】ドコモ・au・ソフトバンクの新料金プラン(格安ブランド)を徹底比較
携帯電話業界に2,980円の波が訪れている。 昨年12月に発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)を皮切りに、au、ソフトバンクが相...
ドコモの新料金プラン「ahamo」のメリット・デメリットを徹底解説
ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)。昨年12月に発表され、月額2,980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が行えるお得すぎるプ...
ソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」の料金プランからメリット・デメリットを読み解く
ドコモの新料金プラン「ahamo」に対抗して発表されたソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」。月額2,980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内...
タイトルとURLをコピーしました