格安SIM

【7月から0円廃止】楽天モバイルの代わりとなりうる格安SIMサービスまとめ

2022年6月7日

2022年7月1日より楽天モバイルの0円プランが廃止される。

これまで楽天モバイルはデータ通信量を月1GB以内に収めれば月額0円で利用できた。ただ、7月1日よりプラン改定され、最低料金が0円から月額1,078円に実質値上げ。もっぱら楽天モバイルを通話回線として0円運用してきた人だと地味な出費として響きそうだ。

この記事では楽天モバイルの0円プラン廃止に伴う乗り換え先候補を比較・検討していきたい。

広告

楽天モバイルの0円プラン廃止、そもそも何が問題?

月額0円で通話回線が維持できなくなる

旧プラン

新プラン(7月1日〜)

楽天モバイルは、データ通信量が月1GB以内であれば月額0円で利用できたが、2022年7月1日より開始される新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」にて0円を廃止。最安で月額1,078円からのプランにリニュアルされる。

もっぱら影響を受けるのが楽天モバイルを月額0円で通話回線として運用してきた人だろう。

楽天モバイルを通話回線として、IIJmioあたりのデータSIMをサブ回線としてDSDV運用し、月額500円前後で使いまわす節約ハックが使えなくなる。

かくいう筆者がそうなのだが、楽天モバイルとIIJmioのeSIMプランをDSDV運用することで月額440円で維持してきた。通話アプリ「Rakuten Link」を使うことで通話料も無料にしてきた。

ーーーこれが楽天モバイルの0円廃止に伴い、月額1,518円まで跳ね上がる。こうなってしまうと、もはや楽天モバイルである必要がないのが正直なところ。

 

 

0円ないし格安で運用できる通話回線がほしい

以上から楽天モバイルユーザーからすれば0円、あるいは月数百円で使える通話回線が必要となる。

この条件に合致する乗り換え先候補として以下2つが挙げられる。

  1. au「povo」(月額0円)
  2. 日本通信「合理的シンプル290プラン」(月額290円)

サブ回線(データ回線)も含めて乗り換えを検討している人だと以下2つも検討したい。

  1. ソフトバンク「LINEMO」(実質6ヶ月無料)
  2. au「UQmobile」(実質8ヶ月無料)

ソフトバンク、auともに楽天モバイルの0円プラン廃止に伴う「楽天モバイル足抜けキャンペーン」(意訳)を開始している。キャンペーン適用がてらサブ回線も含めて乗り換えたい人だと検討余地ある。

 

 

【月額0円】楽天モバイルの0円運用に最も近いのはau「povo」

au「povo」であれば音声通話を含めて月額0円で運用できる。

別途の通話料(30秒/21円)こそ発生するも通話回線の維持コストとしては楽天モバイルと変わらない。

データ通信も可能だが、通信速度が最大128kbpsに制限されるので常用は現実的ではない。あくまでも通話回線としての運用が基本。すでにサブ回線を持っているであろう楽天モバイルからの乗り換えユーザーだと丁度いいだろう。

povoのセールスポイント

  • 月額0円で通話回線を維持可能

povoのデメリット

  • 通話料として30秒/21円発生
  • 無料通話オプションは月額550円〜提供
  • 180日に1度はオプション追加する必要あり

povoは180日に1度は有料オプションを追加しないと回線が自動解約される(事前通知あり)。2022年6月時点で最も安いオプションが配信サービス「.smash」の24時間使い放題クーポン(1回220円)。年2回の購入で440円、月換算で実質37円のコストだ。

povo公式サイト

 

 

【月額290円】次点に日本通信「合理的シンプル290プラン」

格安SIM(MVNO)の老舗、日本通信が手がける最安の音声通話プラン「合理的シンプル290プラン」。月額290円で通話回線が維持できる。

ネットワーク回線にはドコモ回線を使用。通話料は30秒/11円で提供される。また、月1GBの高速データ容量も付属する。

povoだと通話料が30秒/21円かかるので月7〜8分の通話で290円を超えてしまう。通話料を払って通話する可能性のある人なら日本通信の方がトータルコストで安上がりかもしれない。

格安SIM(MVNO)だと昼間の時間帯のデータ通信速度が遅くなりがちだが、音声通話回線に関しては別枠なので関係なし。24時間ドコモの安定した通話回線が利用できる。もとより通話回線としての運用を考えている人なら丁度いい。

日本通信のセールスポイント

  • 月額290円で通話回線を維持可能
  • 通話料は30秒/11円に割引
  • データ容量あり(月1GB)
  • ドコモ回線

日本通信のデメリット

  • 無料通話オプションは月額770円〜提供

日本通信公式サイト

 

 

大手キャリア傘下が提供する「楽天モバイル足抜けキャンペーン」も検討余地あり

ソフトバンク「LINEMO」なら6ヶ月無料(PayPay還元)

楽天モバイルの0円プラン廃止に伴い各社が相次ぎキャンペーンを打ち出している。その中でいち早くキャンペーンを開始したのがLINEMOだ。

LINEMOにMNP契約すれば、6ヶ月間、毎月990円分のPayPayポイントが還元される。月額990円(税込)で提供している月3GBプランこと「ミニプラン」契約者であれば6ヶ月間、実質無料になる。

これに加えて無料通話オプションの1年無料も適用される。1回5分以内の国内通話であれば通話料がかからない(5分以上の通話だと30秒/21円が発生)。

無料通話オプションも1年無料で利用できる

LINEMOは最低利用期間や違約金の設定なし。6ヶ月後の解約であればブラックリスト入りのおそれもない。とりあえずで乗り換えてみるには丁度いい案件だ。

LINEMOのセールスポイント

「ミニプラン」(月額990円)を契約したと仮定

  • 月額料金が実質無料(6ヶ月)
  • 1回5分以内の国内通話が無料(1年)
  • LINE MUSICが無料(6ヶ月)

LINEMOのデメリット

  • 1回5分以上の通話だと通話料として30秒/21円発生

LINEMO公式サイト

 

 

au「UQmobile」なら8ヶ月無料(au Pay還元)

楽天モバイル足抜けキャンペーンとして地味に見逃せないのがUQmobile。

2022年6月1日より、MNP契約で1万円還元、eSIM契約の場合は3,000円が上乗せされ、合計で13,000円が還元される。すべてau Pay残高への還元だ。

最安プランである「くりこしプランS +5G」(月額1,628円)を契約すれば、実質8ヶ月分が無料になる太っ腹すぎる内容。また、「増量オプションⅡ」も13ヶ月間、無料で利用でき、月間データ容量が3GBから5GBに増量される。

UQmobileのセールスポイント

「くりこしプランS +5G」(月額1,628円)を契約したと仮定

  • 月額料金が実質無料(8ヶ月)
  • データ容量が3GB→5GBに増量(実質13ヶ月)
  • 余ったデータ容量の繰り越し可能

UQmobileのデメリット

  • 通話料として30秒/21円発生
  • 無料通話オプションは月額550円〜提供

UQmobileは最低利用期間や違約金の設定なし。6ヶ月後の解約であればブラックリスト入りのおそれもない。

番号移行扱いでpovoに無料で乗り換えることもできるので、半年くらい使ってそのままpovoの0円に乗り換えてしまうのもいいかもしれない。

UQmobile公式サイト

 

 

この記事のまとめ

楽天モバイルの0円プラン廃止に伴う乗り換え先をまとめてきた。

通話回線だけ乗り換えたい人なら...

キャンペーンを適用してサブ回線も含めて乗り換えようと考えている人だと...

以上が妥当な選択肢になるだろう。

楽天モバイルも月額1,078円で月3GBのデータ通信と無料通話が利用できるので悪くはない。ただ、従来のように月額1,000円以下で運用したい人だと乗り換えを本格検討した方がよさそうだ。

 

 

関連記事

関連記事【2022年】月額500円以下で使える日本国内のeSIMサービスまとめ

続きを見る

この記事をシェアする

-格安SIM