ソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」の料金プランからメリット・デメリットを読み解く

スポンサーリンク
広告

ドコモの新料金プラン「ahamo」に対抗して発表されたソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」。月額2,980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が行える、「ahamo」そっくりそのままのサービス内容となる。

ソフトバンクの通信サービスとしては「ソフトバンク」「Y!mobile」に続く3つ目のサービスブランドであり、ソフトバンク初のオンライン専用ブランドと打ち出される。契約から解約まで全てネット上で行えるが、一方でソフトバンクショップでの実店舗サポートは受けられない。

この記事では「LINEMO」の特徴をメリット、デメリットという形で列挙するとともに、どういった人におすすめできるのか、乗り換えるべきなのか解説していきたい。

LINEMOを公式サイトで確認する
[LINEMOの公式サイトを開きます]

LINEMOの概要と料金プラン

概要

LINEMOはソフトバンクが手がける格安ブランド。ソフトバンクの通信サービスとしては「ソフトバンク」「Y!mobile」に続く3番目のサービスブランドとなる。

子会社であるLINEの格安SIM「LINEモバイル」をアップグレードする形で提供する。従来LINEモバイルは格安SIM(MVNO)だったが、LINEMOはソフトバンクの通信基地と直で通信する、ソフトバンク回線のキャリア・サービス(MNO)として提供される

サービス開始は2021年3月を予定している。

 

料金プラン

基本プラン

料金プランは以下1つのみの提供。

月額料金(税抜) 2,480円
回線ネットワーク ソフトバンク(4G/5G)
月間データ容量 20GB
データ超過時の速度 1Mbps
データ容量追加料金(税抜) 1GB=500円で追加可能
無料通話 なし(別途オプション)
最低利用期間 なし
解約金 なし
MNP転出料 ?
初期手数料 ?
付帯特典 LINEカウントフリー、5G利用料金込み、テザリング利用料金込み

無料通話オプション

  月額料金(税抜) 内容
無料通話オプション(5分) 500円 1回5分以内の国内通話が完全無料に
無料通話オプション(無制限) 1,500円 国内通話が完全無料に

料金プラン評価

料金プランはさすがにコスパよい。

キャリア・サービス(MNO)として提供される高品質回線を月20GBまで月額2,980円で使えるというだけでお腹いっぱいだが、これに加えて無料通話やLINEカウントフリー、5G利用料金も含まれていて、ソフトバンクの本気っぷりが伺える。

これまでソフトバンクだと定額制プラン「ミニフィットプラン」であれば月額3,980円で利用できたが、それでもデータ容量を月1GBに抑えた場合の料金だった。

また、ソフトバンクのサブブランドであり廉価版ブランドである「Y!mobile」だと、月10GBプランが月額2,980円で提供される。なかなかに善戦しているが、それでも月20GB使えるLINEMOには及ばない。

ソフトバンク、Y!mobileの料金プランとの料金比較

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
ソフトバンク(ミニフィットプラン) 3,980円〜7,480円 1GB〜5GB 家族間通話のみ無料
ソフトバンク(メリハリ無制限) 6,580円 無制限(テザリングは月30GBまで)
 
Y!mobile(シンプルS) 1,980円 3GB なし
Y!mobile(シンプルM) 2,980円 15GB
Y!mobile(シンプルL) 3,780円 25GB
 
LINEMO 2,480円 20GB なし

※すべて割引やキャンペーンなど除外した料金、内容を掲載

LINEMOを公式サイトで確認する
[LINEMOの公式サイトを開きます]

 

LINEMOのメリット

LINEMOのメリットは以下5つ。

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線
  2. 圧倒的を超えた圧巻的コスパ
  3. データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  4. 契約、解約、その他サポートまで全てネットで完結
  5. 次世代SIMカード「eSIM」に対応
 

【メリット1】キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線

LINEMOは格安SIM(MVNO)ではない。ソフトバンクが直々に手がけるキャリア・サービス(MNO)であり、格安SIMと比べものにならない高品質な通信回線が利用できる。

格安SIM(MVNO)だと大手キャリアの通信基地の一部分を借り上げているだけなので、どうしても昼間や夕方などユーザーが大挙する時間帯には通信混雑、通信延滞が起きる。

対してLINEMOは、キャリア・サービス(MNO)であり、「ソフトバンク」「Y!mobile」同様にソフトバンクの通信基地を優先的に利用できる。格安SIMのようなユーザー大挙による通信混雑、通信延滞に遭遇することはない。

 

【メリット2】圧倒的を超えた圧巻的コスパ

LINEMOは、とかくコスパがよい。

月額2,480円で月20GBのデータ通信が使えるのはもちろん、LINEカウントフリー5G利用料金込みテザリング利用料金込みなどなど盛りだくさんだ。

ソフトバンクショップでの実店舗サポートを行わないオンライン専用ブランドとあり、格安SIMのように徹底したコストカットでサービス料金も低廉化した。

 

【メリット3】データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能

LINEMOは、月20GBのデータ容量を使い切った後の制限時速度でも最大1Mbpsとなる。

1MbpsだとSNSやニュースアプリ程度なら影響ないし、YouTube動画も低画質であれば問題なく視聴できる。また、音楽サブスクを垂れ流すにも十分すぎる速度と言える。

 

【メリット4】契約、解約、その他サポートまで全てネットで完結

LINEMOは、公式サイト、あるいは「LINE」アプリ上から契約が申し込める。契約中のサポートもすべてネットチャットを通じて行う。いざ解約するにしてもネットから解約できる。

同じソフトバンクの通信サービスでも「ソフトバンク」「Y!mobile」は今なお実店舗でしか解約できないので、ここらに苛立ち感じていた人には朗報だし、なにより潔い。

 

【メリット5】次世代SIMカード「eSIM」に対応

まだまだ玄人向けの機能だが「eSIM」(イーシム)の発行にも対応している。

eSIMとはnanoSIMに続く次世代のSIMカード規格でソフトウェアベースのSIMカード(SIMサービス)となる。iPhoneやGoogle Pixelなど一部スマホで利用できる。

なお、従来どおりの「nanoSIM」発行にも対応しているので、eSIMがよく分からないという人でも問題ない。

LINEMOを公式サイトで確認する
 [LINEMOの公式サイトを開きます]

 

LINEMOのデメリット

LINEMOのデメリットは以下4つが挙げられる。

  1. 実店舗サポート一切なし
  2. 「家族割」「光回線割」の提供なし
  3. キャリアメールの提供なし
  4. 短期解約だとブラックリスト入りする可能性あり
 

【デメリット1】実店舗サポート一切なし

LINEMOはオンライン専用ブランドとして提供される。ソフトバンクショップでの実店舗サポートは一切行わないので、分からないことなど自分で調べるか、あるいはネットサポート(公式チャット)を使う必要がある。

これまでソフトバンクはじめとした大手キャリアを契約していて、トラブルごと、よく分からないことはすべてキャリアショップの店員に丸投げしていたような人だと実店舗サポートが受けられないのは結構なデメリットかも知れない。

 

【デメリット2】「家族割」「光回線割」の提供なし

LINEMOはシンプルな料金プランを売りにしていることもあり、「家族割」はじめとした割引の類が一切提供されない。

それこそ、兄弟ブランドのY!mobileは「家族割」を適用することで最安月額900円から使える破格プランに化ける。シングルユーザーまだしも家族ユーザーだと、あえて複数人でLINEMOに乗り換えるメリットが薄いというのが正直なところだ。

▼「家族割」適用時のY!mobileとLINEMOの料金比較

料金プラン 月額料金(税込) データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 900円 3GB なし(別途オプション)
Y!mobile「シンプルM」 1,900円 15GB
Y!mobile「シンプルL」 2,700円 25GB
 
LINEMO 2,480円 20GB なし(別途オプション)

 

【デメリット3】キャリアメールの提供なし

LINEMOはソフトバンクが手がけるキャリア・サービスではあるが、キャリアメール(@softbank.ne.jp)は提供されない。GメールやYahoo!メールなどフリーメールを活用する必要がある。

 

【デメリット4】短期解約するとブラックリスト入りする可能性あり

LINEMOは最低利用期間と解約金が設定されておらず、いつ解約しても費用がかからない。ただ、格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)として提供されるため、短期解約した場合はソフトバンクのブラックリストが適用される可能性がある

ソフトバンク基準だと契約してから180日以内に解約するとブラックリスト入りする。ブラックリスト入りすると格安SIM含めた各種通信サービスが契約しにくくなる。

実際にブラックリスト入りするかは不明だが、いざ乗り換えた場合には、少なからず契約から半年間は解約ないしMNPしない方が安牌だろう。

 

LINEMO、どういう人におすすめか?

従来から格安SIMを使っていた人

LINEMOは実店舗サポートが一切受けられないが、その分、コスパは圧倒的だ。従来から格安SIMを使っていて、実店舗サポートなど必要としない人であれば、重々にそのコスパのよさが享受できる。

また、LINEMOはキャリア・サービス(MNO)として提供されるため、格安SIMのような昼間の時間帯の通信混雑、通信延滞とは無縁だ。この点も格安SIMから乗り換える理由となる。

 

実店舗サポートを必要としないY!mobileユーザー

Y!mobileは実店舗サポートを含めた料金設定とあり、LINEMOよりもコスパは悪い。

人によっては実店舗サポートは不要だが、高品質な格安SIMとしてY!mobileを契約してきた人も多いと思う。こうした人であればLINEMOに乗り換えれば通信品質はキープしつつ、Y!mobile時代よりも金銭的メリットが享受できる。

ちなみに、Y!mobileからLINEMOに乗り換える場合、MNP転出料が免除されるのでコストらしいコストがかからず気軽に乗り換えられる。

 

シングルユーザー(1人で契約して使いたい人)

LINEMOは「家族割」などの提供がないが、その分、シングルユーザーであっても一律で月額2,980円で利用できる。

兄貴分となる「Y!mobile」や「ソフトバンク」は家族割を前提に料金設計されている側面があり、1人で契約すると割高になる。LINEMOであれば1人で契約しても損せず使えるのでシングルユーザーにこそおすすめだ。

LINEMOを公式サイトで確認する
[LINEMOの公式サイトを開きます]

 

LINEMOがおすすめできない人

実店舗サポートが必要な人

LINEMOは実店舗サポートが一切受けられない。これまで事あるごとにキャリアショップに対応を投げてきた人だと、いざというときに面倒かもしれない。

なお、同じソフトバンクの通信サービスでも「Y!mobile」に関しては実店舗サポートを売りとしている。料金はLINEMOよりも少しだけ割高だが、実店舗サポート費用を含めた料金と考えれば妥当な料金設計だ。実店舗サポートが必要な人はY!mobileを検討あれ

 

家族で乗り換えようと考えてる人

LINEMOは「家族割」の提供がないので、家族で乗り換えてもさして金銭的なメリットがない。基本シングルユーザーのための料金プランと言っても過言ではないだろう。

「家族割」前提で乗り換えるなら同じソフトバンクでも「Y!mobile」の方が魅力的だ。Y!mobileの場合、家族2人以上で契約すれば一律で月額1,080円の割引が受けられ、最上位プラン(月20GBプラン)でも月額2,780円とLINEMOよりも安くなる。

▼「家族割」適用時のY!mobileとLINEMOの料金比較

料金プラン 月額料金(税込) データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 900円 3GB なし(別途オプション)
Y!mobile「シンプルM」 1,900円 15GB
Y!mobile「シンプルL」 2,700円 25GB
 
LINEMO 2,480円 20GB なし(別途オプション)

 

この記事のまとめ

LINEMOについてひととおり解説した。まとめると以下のような感じだ。

▼ LINEMOのメリット

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線
  2. 圧倒的を超えた圧巻的コスパ
  3. データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  4. 契約、解約、その他サポートまで全てネットで完結
  5. 次世代SIMカード「eSIM」に対応

▼ LINEMOのデメリット

  1. 実店舗サポート一切なし
  2. 「家族割」「光回線割」の提供なし
  3. キャリアメールの提供なし
  4. 短期解約だとブラックリスト入りする可能性あり

▼ LINEMOをおすすめできる人

  1. 従来から格安SIMを使っていた人
  2. 実店舗サポートを必要としないY!mobileユーザー
  3. シングルユーザー(1人で契約して使いたい人)

▼ LINEMOをおすすめできない人

  1. 実店舗サポートが必要な人
  2. 家族で乗り換えようと考えてる人

同じソフトバンク傘下の兄貴分ブランドとなる「Y!mobile」に比べると幾らか玄人向けだ。もとよりオンライン専用ブランドということもあり、ITリテラシーが高めの人をメインターゲットにしている。

なので、どうしても実店舗サポートが必要なのであればY!mobileを検討すべきだろう。Y!mobileはLINEMOよりも少しだけ割高だが、その分、ソフトバンクショップでの実店舗サポートが受けられる。

LINEMOは実店舗サポートが受けられないが、圧倒的にコスパに優れる。料金を取るか、実店舗サポートを取るか、これがLINEMOを選ぶ際の最重要の検討項目だと言える。

実店舗サポートが必要ならY!mobile、実店舗サポートが不要ならLINEMOを選ぶべし!
LINEMOを公式サイトで確認する
[LINEMOの公式サイトを開きます]

関連記事

【2021年春】ドコモ・au・ソフトバンクのオンライン専用プラン(新料金プラン)を徹底比較
昨年12月に発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)を皮切りに相次ぎ登場した大手キャリアのオンライン専用プラン。 ドコモは月額2,9...
ドコモの新料金プラン「ahamo」のメリット・デメリットを徹底解説
ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)。昨年12月に発表され、月額2,970円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が使えるお得すぎるプ...
auの格安ブランド「povo」を徹底解説|メリット・デメリットを読み解く
ついに登場したauのオンライン専用プラン「povo」(ポヴォ)。 ドコモ、ソフトバンクよりも500円安い月額2,480円のプランとして発表され、後...

Y!mobileの情報はこちらから

Y!mobile(ワイモバイル)レビュー|使ってわかったメリット・デメリット
ソフトバンクのサブブランドことY!mobile(ワイモバイル)。メインブランドである「ソフトバンク」の廉価版サービスであり、最安月額1,980円から利用...
Y!mobileの新料金プランを徹底解説|LINEMO(ラインモ)との比較も
ソフトバンクが手がける通信サービス「Y!mobile」。 「ソフトバンク」に続く2番目のサービスブランド、サブブランドに位置づけられ、格安SIMの...
タイトルとURLをコピーしました