ドコモの新料金プラン「ahamo」のメリット・デメリットを徹底解説

スポンサーリンク
広告

ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)。昨年12月に発表され、月額2,970円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が使えるお得すぎるプランとして注目かっさらった。

ドコモ初のオンライン専用プランであり、申し込みから解約まですべてネット上で完結する。この点が「amaho」最大の魅力であり、一方では欠点とされる。

ドコモユーザーはもちろん、楽天モバイルや格安SIMあたりから「ahamo」に乗り換えようと考えている人も多いかと思う。当記事では「ahamo」の特徴をメリット、デメリットという形で列挙、どういった人におすすめの料金プランなのか解説していく。

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

ドコモ「ahamo」の概要と料金プラン

サービス概要

ドコモ「ahamo」は、ドコモの新料金プラン。月20GBのデータ通信と1回5分以内の無料通話が月額2,970円で利用できる。

ドコモいわく、「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代」、ようはスマホやデジタルに慣れた若者をターゲットにした料金プランとなる。申し込みから解約まですべてネット上で完結するドコモ初のオンライン専用プランとして提供される。

なお、若者向けとは言いつつも契約は20歳以上が対象だ。20歳未満で使いたい場合は、親権者名義で契約した上で利用者登録する必要がある。

 

料金プラン

基本料金

月額料金(税込) 2,970円
回線ネットワーク ドコモ(4G/5G)
月間データ容量 20GB
データ超過時の制限速度 1Mbps
データ容量追加料金(税込) 1GB=550円で追加可能
無料通話 1回5分以内の国内通話無料
最低利用期間 なし
解約金 なし
MNP転出料 なし
初期手数料 なし
付帯特典 5G利用料金込み、テザリング利用料金込み、海外82カ国でのデータローミング対応

無料通話オプション

  月額料金(税込) 内容
かけ放題オプション 1,100円 国内通話料が完全無料に

そのほかオプション

  内容  
ファミリー割引 既存プランを契約している家族ユーザーが「ahamo」回線を契約している家族に発信した場合のみ通話料が無料に、ahamo回線側から発信した場合は無料対象外
みんなドコモ割 ahamo回線も家族回線としてカウントされるが割引は受けられず
ドコモ光セット割 ahamo回線をドコモ光ペア回線として設定し、対象プランを契約している家族ユーザーに割引を適用できる

ドコモ「ahamo」は、既存プランのドコモユーザーとの間で「家族割」が適用できるが、あくまで回線カウント、名義貸しに過ぎず、ahamoユーザーは割引など一切享受できない

 

ドコモ「ahamo」のメリット

ドコモ「ahamo」のメリットは以下のとおり。

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの安定した通信回線
  2. ドコモ史上最大級のコスパのよさ
  3. 制限時速度でも最大1Mbpsで通信可能
  4. 限定的な「家族割」を適用可能
  5. 契約から解約まですべてネットで完結
 

【メリット1】キャリア・サービス(MNO)ならではの安定した通信回線

ドコモ「ahamo」は格安SIM(MVNO)ではない。あくまでドコモが提供するドコモの料金プランの一つであり、格安SIMとは比べ物にならない高品質回線であることは言うまでもない。

格安SIMだと大手キャリアの回線を部分的に借り上げているだけなので、どうしても昼間や夕方など通信混雑する時間帯には通信速度が遅くなる。これが嫌で格安SIMを敬遠している人も多いかと思う。

対してドコモ「ahamo」ならキャリア・サービスそのままなので昼間や夕方でも安定した速度で通信できる絶対的な強みがある。

 

【メリット2】ドコモ史上最大級のコスパのよさ

とかくドコモ「ahamo」はコスパがよい。

月額2,970円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が無料になる。これに加えて5G通信も使えるし、テザリングもできるし、海外82カ国でのデータローミングにも対応している。

ドコモの同様料金プランだとデータ容量に応じた定額プランの「5Gギガライト」があるが、こちらは月1GBのデータ通信で止めた場合に限り月額3,465円となる。通話料は家族間のみ無料であり、これ以外だと30秒/20円が発生する。ドコモ「ahamo」との差は歴然だ。

ドコモの類似プランとの料金比較

  月額料金(税込) データ容量 無料通話
ドコモ(5Gギガホプレミア) 7,315円 無制限 家族間通話のみ無料
ドコモ(5Gギガライト) 3,465円〜6,765円 1GB〜7GB
※5Gギガホプレミア、5Gギガライトは2021年4月より提供開始の新料金プラン
 
ドコモ(ahamo) 2,970円 20GB 1回5分以内の国内通話無料

※すべて割引やキャンペーンなど除外した料金、内容を掲載

 

【メリット3】制限時速度でも最大1Mbpsで通信可能

ドコモ「ahamo」は月20GBのデータ容量を使い切った後でも最大1Mbpsで通信できる。

制限時速度とは言うものの、1MbpsだとSNSやニュースアプリ程度なら問題なく、なんならYouTube動画も見れてしまう。また、音楽サブスクなど垂れ流すにも十分すぎる速度だ。

なお、データ容量は「1GB=550円」で追加できる。ドコモの従来プランだと「1GB=1100円」でのデータ追加だが、ドコモ「ahamo」に限り550円で提供する。

 

【メリット4】限定的な「家族割」を適用可能

ドコモ「ahamo」ユーザーは、家族割(みんなドコモ割)を適用することができる。

あくまで家族回線としてカウントされるだけで割引は受けられないが、家族回線の数が減らずに済むので既存のドコモプランを契約している家族ユーザーの割引額をキープできるメリットがある。

なお、家族間の無料通話に関しても、家族ユーザーが「ahamo」ユーザーに発信した場合のみ通話料が無料になる。逆に「ahamo」ユーザーから家族ユーザーに発信した場合、無料通話としてカウントされないので注意が必要だ。

 

【メリット5】契約から解約まですべてネットで完結

ドコモ「ahamo」は専用アプリを使って契約できる。契約後のサポートもすべて専用アプリのチャットなど使って行える。

ドコモショップでの実店舗サポートは行わないが、その分、実店舗サポート費用をカットした安価な料金でサービスが享受できるので文句なしだ。

 

ドコモ「ahamo」のデメリット

ドコモ「ahamo」のデメリットは以下のような感じだ。

  1. 実店舗サポートが一切受けられない
  2. ドコモユーザーはドコモ契約年数がリセットされる → (改定)契約年数は引き継ぎ
  3. キャリア決済が利用できず
  4. キャリアメールの提供なし
  5. 短期解約だとブラックリスト入りする恐れ
 

【デメリット1】実店舗サポートが一切受けられない

ドコモ「ahamo」はオンライン専用プランの位置付けであり、ドコモショップでの実店舗サポートは一切受けられない

実店舗サポートの代わりに専用アプリ使ったサポートが受けられるが、こういったネットサービスが苦手な人だと、いざトラブルが起きたときに苦労するかもしれない。

 

【デメリット2】ドコモユーザーはドコモ契約年数がリセットされる

→ サービス内容改定に伴い、契約年数がそのまま引き継がれるように

ドコモ「ahamo」はドコモの料金プランの一つだが、ドコモユーザーがプラン変更した場合、それまでのドコモ契約年数がリセットされる。ドコモの長期割引を適用している人は要注意だ。

 

【デメリット3】キャリア決済が利用できず

ドコモ「ahamo」はキャリア決済に非対応。ドコモユーザーにおなじみ「spモード コンテンツ決済サービス」が利用できない

既存ドコモユーザーがahamoに乗り換えた場合、キャリア決済で継続支払いしているコンテンツはすべて解約となる。ファンクラブ加入など何かしらキャリア決済を活用している人は「ahamo」乗り換え前に支払い方法を他の手段に変更しておく必要がある。

 

【デメリット4】キャリアメールの提供なし

ドコモ「ahamo」はキャリアメール(@docomo.ne.jp)が利用できない。従来ドコモユーザーであってもプラン変更するとメールアドレスが削除される。

今やGメールはじめフリーメール大勢だが、それでもどうしてもキャリアメールを使いたい、使わざるを得ない人だと考えものだ。

 

【デメリット5】短期解約だとブラックリスト入りする恐れ

ドコモ「ahamo」は最低利用期間や解約金が設定されておらず、いつでも解約できる。

ただ、格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)として提供されるため、短期解約するとブラックリスト(契約注意者リスト)入りする恐れがある。ブラックリスト入りすると他の通信サービスが契約しにくくなるので厄介だ。

既存ドコモプラン基準だともっぱら契約90日以内の解約でブラックリスト入りすると見られる。ahamoであっても契約したら最低3ヶ月、4ヶ月くらいは使った方がよさそうだ。

 

ドコモ「ahamo」、どういう人におすすめか?

シングルユーザー(1人で契約して使う予定の人)

ドコモ「ahamo」は、とかくシングルユーザーに特化した料金プランだ。「家族割」はじめとした割引の類が適用されないのでシングルユーザーであってもファミリー世帯であっても変わらず月額2,970円が利用できる。

従来ドコモプランは「家族割」を前提に料金設計されており、1人で契約すると割高になる側面があった。ドコモ「ahamo」なら1人で契約しても損せず使えるので、これまで「家族割」などの恩恵に預かれなかったシングルユーザーにこそおすすめできる。

 

ファミリー世帯から部分的に乗り換えたい人

ドコモ「ahamo」は、家族割の割引が適用できないだけで家族回線としてはカウントされるカラクリがある。

たとえば3人で契約しているファミリー世帯であれば、1人、2人が「ahamo」に乗り換えても3人分の家族回線としてカウントされる。既存ドコモプランを契約している家族ユーザーであれば家族割をフル活用できるままなので損することはない。

 

従来から格安SIMを使っていた人

ドコモ「ahamo」はオンライン専用プランとあり、ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない。これが人によってはデメリットとなるが、従来から格安SIMを使ってきたような人だと実店舗サポートなどあってもなくても問題ないだろう。

ahamoは格安SIM(MVNO)ではなくドコモ直々に手がけるキャリアサービス(MNO)として提供されるので通信品質は格安SIM(MVNO)よりも高品質だ。昼間の時間帯も問題ない。この点も従来からの格安SIMユーザーこそ理解できる評価ポイントだ。

 

ドコモ「ahamo」がおすすめできない人

ドコモショップでの実店舗サポートが必要な人

ドコモ「ahamo」契約者はドコモショップで実店舗サポートが受けられない

普段からスマホや契約プランについてキャリアショップの店員に丸投げの人だと、いざというときに実店舗サポートが受けられず四苦八苦しそうだ。

 

ドコモのキャリア決済をヘビーユースしている人

ドコモ「ahamo」はドコモのキャリア決済が利用できない。歌手やアーティストのファンクラブ会費をキャリア決済で支払っている人などドコモ「ahamo」に乗り換えると決済できないどころか解約扱いになるので注意すべきだ。

 

この記事のまとめ

ドコモ「ahamo」についてひととおり解説した。まとめると以下のような感じだ。

▼ ドコモ「ahamo」のメリット

  1. キャリア・サービス(MNO)ならではの安定した通信回線
  2. ドコモ史上最大級のコスパのよさ
  3. 制限時速度でも最大1Mbpsで通信可能
  4. 限定的な「家族割」を適用可能
  5. 契約から解約まですべてネットで完結

▼ ドコモ「ahamo」のデメリット

  1. 実店舗サポートが一切受けられない
  2. ドコモユーザーはドコモ契約年数がリセットされる → (改定)契約年数は引き継ぎ
  3. キャリア決済が利用できない
  4. キャリアメールの提供なし
  5. 短期解約だとブラックリスト入りする恐れ

▼ ドコモ「ahamo」をおすすめできる人

  1. シングルユーザー(1人で契約して使う予定の人)
  2. ファミリー世帯から部分的に乗り換えたい人
  3. 従来から格安SIMを使っていた人

▼ ドコモ「ahamo」をおすすめできない人

  1. ドコモショップでの実店舗サポートが必要な人
  2. ドコモのキャリア決済をヘビーユースしている人

ドコモ「ahamo」はオンライン専用プランとあり、ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない。この点が問題ないかを重々に検討すべきだ。

コスパや通信品質は文句なく、なによりドコモ直々にサービス提供している信用担保がある。下手な格安SIMに乗り換えるくらいならahamoに乗り換えた方が安心して使える。携帯料金を節約したい人はぜひ試してみてほしい。

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

 

関連記事

現役ドコモユーザーは「ahamo」に乗り換えるべき?先に確認しておきたい注意点・デメリットまとめ
ドコモのオンライン専用プランとして発表された「ahamo」(アハモ)。 月額2,970円(税込)で月20GBのデータ通信と1回5分以内の無料通話が...
【2021年春】ドコモ・au・ソフトバンクのオンライン専用プラン(新料金プラン)を徹底比較
昨年12月に発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)を皮切りに相次ぎ登場した大手キャリアのオンライン専用プラン。 ドコモは月額2,9...
auの格安ブランド「povo」を徹底解説|メリット・デメリットを読み解く
ついに登場したauのオンライン専用プラン「povo」(ポヴォ)。 ドコモ、ソフトバンクよりも500円安い月額2,480円のプランとして発表され、後...
ソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」の料金プランからメリット・デメリットを読み解く
ドコモの新料金プラン「ahamo」に対抗して発表されたソフトバンクの格安ブランド「LINEMO」。月額2,980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内...
タイトルとURLをコピーしました