格安SIM

日本国内で使えるeSIMサービスまとめ

2019年7月21日

標準SIM、microSIM、nanoSIMに続く次世代のSIMカード規格「eSIM」(イーシム)。iPhoneやGoogle Pixelで相次ぎ採用され、徐々にだが日本国内でも存在感を示しつつある。

この記事では日本国内で利用できるeSIMサービスを一覧にしてまとめている。いち早くeSIMを使ってみたいと考えている人は記事を参考あれ。

eSIM(イーシム)概要

eSIMとは、標準SIM、microSIM、nanoSIMに続く次世代のSIMカード規格のこと。

スマホ内部に組み込まれたSIMカード相当機能にSIM契約情報を書き込んで利用できる。eSIMを契約するとQRコードが発行されるので、これをスマホのカメラで読み込むことでSIM契約情報がインストールできる。

契約変更時はインストールしたSIM契約情報を削除したり、QRコードを再発行して書き直せる。従来のようにプラスチックのSIMカードを都度入れ直す必要はない。

 

日本国内で使えるeSIMサービスまとめ

情報は2021年8月時点

ドコモ回線を使ったeSIMサービス一覧

IIJmio eSIMデータプランゼロ(ベータ版)

月額料金(税込)165円
音声通話×
データ容量0GB
制限時速度--

※データ容量を追加していない状態だと一切の通信できず。制限通信(低速通信)は非対応。データ容量は1GBあたり330円〜495円で追加できる。

格安SIM大手「IIJ」が手がけるeSIMサービス。データ通信専用SIMとして提供される。定期的に初期費用1円キャンペーンを展開しているので、とりあえずのお試しに最適。

 

BIC SIM「いいSIM」(ベータ版)

月額料金(税込)165円
音声通話×
データ容量0GB
制限時速度--

※※データ容量を追加していない状態だと一切の通信できず。制限通信(低速通信)は非対応。データ容量は1GBあたり330円〜495円で追加できる。

「IIJmio eSIMデータプランゼロ」のビックカメラ版。料金、サービス内容は変わらず。ビックカメラ店頭でも購入可能。

 

IIJmio「eSIMギガプラン」(本サービス版)

月額料金(税込)440円〜1,650円
音声通話×
データ容量2GB〜20GB
制限時速度300kbps

IIJmioのeSIMプランの本サービス版。eSIMを使ったデータ通信プランとして提供される。通常のデータ通信プランよりも300円ほど安い。

 

ドコモ「ahamo」(アハモ)

月額料金(税込)2,728円
音声通話
データ容量20GB
制限時速度1Mbps
2021年9月8日よりeSIMの提供開始。ahamoは1回5分以内の国内通話が無料。

 

au回線を使ったeSIMサービス一覧

au「povo」(ポヴォ)

月額料金(税込)2,728円
音声通話
データ容量20GB
制限時速度1Mbps
auの新プラン「povo」。通常のSIMカードに加えてeSIMを選択可能。音声通話にも対応しており、無料通話オプション(月額550円)に加入すれば1回5分以内の国内通話が無料になる。

 

au(メインブランド)

月額料金(税込)
音声通話
データ容量
制限時速度
2021年8月26日よりeSIMの提供開始。au Online Shopからの申し込みでもeSIM選択可能。

 

ソフトバンク回線を使ったeSIMサービス一覧

Y!mobile

月額料金(税込)2,178円〜4,158円
音声通話
データ容量3GB〜25GB
制限時速度300kbps(上位プランは1Mbps)
新料金プラン「シンプルプラン」でeSIMを選択できる。データ容量は月3GB、月15GB、月25GBの3つが用意される。

 

ソフトバンク「LINEMO」(ラインモ)

月額料金(税込)2,728円
音声通話
データ容量20GB
制限時速度1Mbps
ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」。通常のSIMカードに加えてeSIMも選択できる。1回5分以内の無料通話が適用される通話オプションあり(月額550円)。

 

ソフトバンク(メインブランド)

月額料金(税込)
音声通話
データ容量
制限時速度
2021年7月より「ソフトバンク」としてeSIMの提供開始。全プランともeSIMが選択できる。既存ユーザーがeSIMに変更する場合、一度店頭で手続きする必要あり。

 

楽天回線を使ったeSIMサービス一覧

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」

月額料金(税込)0円〜3,278円
音声通話
データ容量1GB〜無制限
制限時速度1Mbps

※楽天回線エリアのみ無制限。au回線下では月5GBまでで以降は最大1Mbpsの制限通信に。

SIMカードの種類としてeSIMを選択可能。2021年4月よりデータ利用量が月1GB未満の場合は月額0円で利用できる。料金プランの詳しい内容については別記事参照。

 

ローミング系

GigSky eSIM

月額料金(税抜)1,200円〜
音声通話×
データ容量800MB〜
制限時速度?
米大手ローミング業者。日本含めた各国で利用可能。日本国内で使えば日本国内キャリアにランダムでローミング接続できる。初期設定などすべてアプリから行う(iOSAndroid)。

 

AppleSIM

Apple独自仕様のeSIMサービス。AppleSIMに対応したiPadシリーズのみで利用可能。

サービス名(事業者)料金(税込)ネットワーク回線
LTEデータプリペイド(KDDI)1GBあたり1,650円au
4Gデータプリペイド(ソフトバンク)1GBあたり1,650円ソフトバンク
GigSky(GigSky)1GBあたり1,319円自動

 

Apple Watch向けeSIM

ドコモやauなど大手キャリアが提供するセルラー版Apple Watch向けのeSIMサービス。いずれも単独契約できず、iPhone契約のオプション扱いで加入できる。

サービス名(事業者)月額料金(税込)ネットワーク回線
ワンナンバーサービス(NTTドコモ)550円ドコモ
ナンバーシェア(KDDI)385円au
AppleWatchモバイル通信サービス(ソフトバンク)385円ソフトバンク

 

この記事のまとめ

日本国内で使えるeSIMサービスをひととおりまとめた。

eSIMはまだまだ日本国内だとレアな存在だが、いずれは現行nanoSIMに取って代わると見られる次世代のSIMカード規格だ。スマホだけでなくスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどIOTデバイスでの採用も期待される。この記事でも定期的に情報をアップデートしていきたいと思う。

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-格安SIM
-