日本国内で使えるeSIMサービスまとめ

スポンサーリンク
広告

標準SIM、microSIM、nanoSIMに続く次世代のSIMカード規格「eSIM」(イーシム)。iPhone、Google Pixelなどで相次ぎ採用され、徐々にだが日本国内でも存在感を示しつつある。

この記事では日本国内で利用できるeSIMサービスを一覧にしてまとめている。いち早くeSIMを使ってみたいと考えている人は記事を参考あれ。

eSIM(イーシム)概要

eSIMとは、標準SIM、microSIM、nanoSIMに続く次世代のSIMカード規格のこと。

これまで電話番号などのSIM契約情報を読み込むには物理的なSIMカードをスマホに挿し込む必要があった。対してeSIMは物理的なSIMカードを使わず、スマホに直接SIM契約情報をインストールしてSIMサービスが利用できる

物理的なSIMカードを使わないのでSIM契約後にSIMカードの到着を待ったり、SIMカードを都度入れ直したりする必要がない。通信事業者からeSIMを発行して、そのままスマホ内部にSIM契約情報をインストールして即日開通できる。

 

日本国内で使えるeSIMサービスまとめ

※情報は2021年1月時点

ドコモ回線を使ったeSIMサービス一覧

IIJmio eSIMデータプランゼロ

月額料金(税抜) 150円
音声通話 ×
データ容量 0GB
制限時速度 200kbps
データ容量追加(税抜) 1GB=300円〜450円

※毎月1回目のデータ容量追加は300円、2回目以降は450円に

格安SIM大手「IIJ」が手がけるeSIMサービス。データ通信専用SIMとして提供される。定期的に初期費用0円キャンペーンを展開しているので、とりあえずのお試しに最適。

 

BIC SIM「いいSIM」

月額料金(税抜) 150円
音声通話 ×
データ容量 0GB
制限時速度 200kbps
データ容量追加(税抜) 1GB=300円〜450円

※毎月1回目のデータ容量追加は300円、2回目以降は450円に

「IIJmio eSIMデータプランゼロ」のビックカメラ版。料金、サービス内容は変わらず。ビックカメラ店頭でも購入可能。

 

au回線を使ったeSIMサービス一覧

au「povo」※予定

月額料金(税抜) 2,480円
音声通話
データ容量 20GB
制限時速度 1Mbps
データ容量追加(税抜) 1GB=500円
auの新ブランド「povo」(ポヴォ)。通常のSIMカードに加えてeSIMにも対応予定。サービス開始は2021年3月より。

 

ソフトバンク回線を使ったeSIMサービス一覧

ソフトバンク「LINEMO」※予定

月額料金(税抜) 2,480円
音声通話
データ容量 20GB
制限時速度 1Mbps
データ容量追加(税抜) 1GB=500円
ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」。au「povo」同様にeSIM発行も予定している。サービス開始は2021年3月より。

 

楽天回線を使ったeSIMサービス一覧

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」

月額料金(税抜) 0円〜2,980円
音声通話
データ容量 1GB〜無制限
制限時速度 1Mbps
データ容量追加(税抜) 提供なし

※楽天回線エリアのみ無制限、au回線下では月5GBまで

用意するSIMカードの一種類としてeSIMあり。eSIMの発行&再発行手数料は無料。料金プランの詳しい内容については別記事参照。

 

ローミング系

GigSky eSIM

月額料金(税抜) 1,200円〜
音声通話 ×
データ容量 800MB〜
制限時速度 ?
データ容量追加(税抜) なし
米大手ローミング業者。日本含めた各国で利用可能。日本国内で使えば日本国内キャリアにローミング接続できる。初期設定などすべてアプリで行う(iOSAndroid)。

 

AppleSIM

Apple独自仕様のeSIMサービス。AppleSIMに対応したiPadシリーズのみで利用可能。

サービス名(事業者) 料金(税抜) ネットワーク回線
LTEデータプリペイド(KDDI) 1GBあたり1,500円 au
4Gデータプリペイド(ソフトバンク) 1GBあたり1,500円 ソフトバンク
GigSky(GigSky) 1GBあたり1,319円 自動

 

ワンナンバー系eSIM

ドコモやauなど大手キャリアが提供するApple Watch向けのeSIMサービス。単独契約できず、主回線契約のオプション扱いで追加できる。

サービス名(事業者) 月額料金(税抜) ネットワーク回線
ワンナンバーサービス(NTTドコモ) 500円 ドコモ
ナンバーシェア(KDDI) 350円 au
AppleWatchモバイル通信サービス(ソフトバンク) 350円 ソフトバンク

 

この記事のまとめ

日本国内で使えるeSIMサービスをひととおりまとめた。

eSIMはまだまだ日本国内だとレアな存在だが、いずれは現行nanoSIMに取って代わると見られるSIMカード規格だ。スマホだけでなくスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどIOTデバイスでの採用も期待される。この記事でも定期的に情報をアップデートしていきたいと思う。

関連記事

【月額150円】IIJmioのeSIMサービス「eSIMデータプランゼロ」実測レビュー
現行nanoSIMカードに続く次世代のSIMカード規格「eSIM」。iPhoneやGoogle Pixelで相次ぎ採用されたほか、楽天モバイルがeSIM...
iPhoneでeSIMを設定する方法
最新iPhoneは次世代SIMカード「eSIM」に対応します。以下iPhoneを使ったeSIMの設定方法を解説します。 【前提知識】iPhoneのeSIM事情...
タイトルとURLをコピーしました