【レビュー】楽天モバイルがiPadで使えるか試してみた

スポンサーリンク
広告

国内第4キャリアとしてサービス開始された「楽天モバイル」。料金の魅力さ一方、まだまだ使い勝手で詰めの甘い部分があり、特にiPhone、iPadとの相性が不安定という点がデメリットとして挙げられる。

そこで当記事では楽天モバイルがiPadで使えるか否かを実機で検証レビューしていく。楽天モバイルをiPadで使おうと考えている人は参考にしてほしい。

なお、先にiPhoneでも試してみたので、楽天モバイルをiPhoneで使おうと考えている人はこちらも参考あれ。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

iPadで楽天モバイルは使える?

【答え】楽天モバイルでも使える

筆者所有のiPad Pro 10.5(2017)で試してみたが、問題なく動作した

楽天モバイル公式の動作説明だと最新機種しか対応していないような書きぶりだ。ただ、日本国内で販売されるiPadはほぼほぼ国内すべての4Gバンドに対応しているので、SIMロック解除さえすれば楽天モバイルの4Gバンドでも問題なく使えると思われる。

楽天モバイルとして公式に動作確認しているiPadは以下のとおり。

▼ 楽天モバイルが公式に動作確認しているiPad機種一覧(SIMフリー機種)

iPad Proシリーズ
iPad Pro 12.9(第3世代) iPad Pro 11(第2世代)
iPad Airシリーズ
iPad Air(第4世代)  
iPadシリーズ
iPad(第8世代) iPad(第7世代)
iPad miniシリーズ
iPad mini(第5世代)  

▼ 楽天モバイルが公式に動作確認しているiPad機種一覧(ドコモ機種)

iPad Proシリーズ
iPad Pro 12.9(第4世代) iPad Pro 11(第2世代、初代)
iPad Airシリーズ
iPad Air(第3世代)  
iPadシリーズ
iPad(第7世代)  
iPad miniシリーズ
iPad mini(第5世代)  

※キャリア版iPadはSIMロック解除が必要

 

iPhone同様に「楽天回線←→au回線」の自動切り替えには対応しない模様

楽天モバイルは楽天回線とau回線のダブルキャリア・サービスとして展開される。楽天回線が繋がらない地域ではau回線で通信代替される。

楽天回線とau回線の切り替えは自動で行われるが、iPhone、iPadなどiOSデバイスだと自動で切り替えられない。特に楽天回線からau回線に切り替わらないと通信圏外になりがちなので地味に困るシチュエーションがある。

ーーーとはいえ、iPadの場合はiPhoneよりも常時データ接続させておく理由もメリットもない。仮に圏外になってしまった場合でも、機内モードをON/OFFして手動で楽天回線からau回線に切り替えれば十分だと思われる。

 

iPadで楽天モバイルを使ってみた(レビュー)

データ通信は問題なし

データ通信は問題なく可能。今回試したiPad Pro 10.5はじめ、iPadシリーズは国内ほぼすべての4Gバンドに対応しているので、楽天回線のバンド3、au回線(パートナー回線)のバンド18,26の双方ともに問題ない。

通信速度も通常どおり出ており、楽天モバイルのau回線で速度テストを行ったところ、安定して30Mbps前後のダウンロード速度で通信できた。

iPad&楽天モバイル(au回線)で通信速度計測

 

Rakuten Linkを使った通話も可能

通話料が無料になる楽天モバイルの専用通話アプリ「Rakuten Link」。iPadでも楽天モバイルのSIMカードを挿れた状態であれば通常どおり発着信できた

Rakuten Linkアプリは仕組みとしてはSMSと同じなので、特段iPad本体に通話機能がなくても発着信できる。かなりマニアックな使い方ではあるが、iPadで通話したい人でも問題なくやっていけるので安心してほしい。

iPadは本体上部にマイク(マイク穴)あり

 

テザリングするにはAPNを手動入力する必要あり

iPadシリーズはAPN自動設定が機能しないとの公式説明だったが、筆者所有のiPad Pro 10.5で試したところ、APNを手動入力せずとも通信ができた。

ただ、テザリングに関しては別途APNを手動入力しないと利用できなかった

APN設定だが、あっけに取られるほど簡単だ。APN項目に「rakuten.jp」と入力するだけなので格安SIMなど使っている人なら苦労にも感じないと思う。

APN設定手順

「設定」アプリ
 ↓
「モバイルデータ通信」
 ↓
「APN設定」

(写真クリックで拡大)

モバイルデータ通信とインターネット共有のAPN項目に「rakuten.jp」と入力する。ユーザ名やパスワードは入力しなくていい。

(写真クリックで拡大)

これでテザリングも可能になる。

 

この記事のまとめ

iPadで楽天モバイルが使えるか試してみた。

結果として問題なく使えたほか、専用通話アプリ「Rakuten Link」も使えたので意外だった。楽天モバイルはなかなかメイン回線として使うには不安定な部分があるので、iPadなどサブデバイスのサブ回線として使うのに丁度いいだろう。

300万回線限定の1年無料キャンペーンもすでに200万回線を突破したとのことなので、キャンペーン狙いで楽天モバイルを調達したい方はお早めに。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます]  

 

関連記事

「楽天モバイル」実際どう?使ってわかったメリット・デメリット
2020年4月より本サービスを開始した「楽天モバイル」。ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリア、業界14年ぶりとなる新規参入キャリアとして...
楽天モバイルでセット購入できるおすすめスマホ端末はこれ!厳選5機種をピックアップ
ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリア(MNO)として本サービスが開始された「楽天モバイル」。大手キャリア3社と比べても遜色ない自社スマホ...
楽天モバイルでiPhoneは使える?使えない?実機で解説
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった楽天モバイル。まだまだ発展途上の部分が多く、SIMフリースマホだと一部機能が使えなかった...
【大手キャリア乗り換えガイド】スマホ料金が安くなる格安プラン・格安ブランドを徹底比較
月額1万円前後とすっかり高止まりした大手キャリアのスマホ料金。一方、巷ではドコモ「ahamo」の月額2,980円プランだったり、au傘下「UQmobil...
タイトルとURLをコピーしました