格安SIM

IIJmioのeSIMプラン(本サービス版)を徹底解説|料金プランからお得な活用方法まで

2021年3月21日

2021年4月1日より提供が開始されたIIJmioのeSIMプラン。

これまでベータ版として提供されたeSIMプランの本サービス版であり、データ通信プランが最安月額440円(税込)で利用できる。eSIMを活用することで通常のSIMカードプランよりも300円ほど安く提供される。

eSIMプランとあり、単体利用よりかは2枚のSIMカードが使えるスマホ(DSDSスマホ)のサブ回線として使うのが本命だろう。以下こうしたeSIMプランの活用方法も含めてひととおり解説していきたい。

eSIM基礎知識

eSIM(イーシム)とは、標準SIM、microSIM、nanoSIMに続く次世代のSIMカード規格。プラスチックのSIMカードを使わず、スマホに直接SIM契約情報をインストールしてSIMサービスが利用できる。

すでにiPhoneやGoogle PixelシリーズがeSIMに対応。日本国内キャリアだと楽天モバイルやY!mobileが通常のSIMカードに加えてeSIMを提供している。格安SIM事業者ではIIJ(IIJmio)が初めてだ。

eSIMは契約後にSIMカードの到着を待つ必要がなく、申し込んで10分もすればeSIMをインストールするためのQRコードが発行される。あとはQRコードをスマホのカメラで読み込んで開通作業を行うだけでSIMサービスが利用できる。

解約するときもSIMカードを返却する必要なく、スマホからeSIM情報を削除するだけなので手間暇かからない。

 

IIJmioのeSIMプランについて

出典:IIJmio

IIJmioを公式サイトでチェック

 

サービス概要

IIJmioは他社に先駆け、かれこれ2019年にeSIMサービスを開始。長らくベータ版として提供していたが、2021年4月1日より本サービスとしての提供が開始された。

IIJmioのeSIMプランは申し込むとQRコードが発行される。QRコードをスマホやタブレットのカメラで読み込めばSIM契約情報をインストールして開通できる。

 

料金プラン

IIJmioのeSIMプランはデータ通信プランのみ提供される。音声通話プランは提供しない。

料金プランは以下のとおり。

月額料金(税込)月間データ容量
eSIM 2ギガプラン440円2GB
eSIM 4ギガプラン660円4GB
eSIM 8ギガプラン1,100円8GB
eSIM 15ギガプラン1,430円15GB
eSIM 20ギガプラン1,650円20GB
(補足)最低利用期間は契約した翌月末まで、違約金の設定なし

eSIMプランはプラスチックのSIMカードを発行する必要がない。そのおかげか通常のSIMカードプランに比べて全プランとも300円ほど割安で提供される。

▼ eSIMプランと通常のSIMカードプランの料金比較

eSIMプランの月額料金(税込)通常のSIMカードプランの月額料金(税込)
月2GBプラン440円748円
月4GBプラン660円968円
月8GBプラン1,100円1408円
月15GBプラン1,430円1,738円
月20GBプラン1,650円1,958円

なお、IIJmioはドコモ回線とau回線が用意されるが、eSIMプランはドコモ回線のみの提供となる。どうしてもau回線で使いたい場合は通常のSIMカードプランを選択する必要がある。

eSIMプランでも割引はそのまま受けられる。「mio割」こと光回線とのセット割を適用することで全プランとも月額660円(税込)が割り引かれる。

 

eSIMの発行手数料について

IIJmioのeSIMをスマホにインストールするためにはQRコードが必要となる。このQRコードを1回発行するのにSIMプロファイル発行手数料として220円(税込)が発生する(※初回発行を除く)。

nanoSIMなど従来のプラスチックのSIMカードであれば、違うスマホにSIMカードを入れ直せばそのまま通信できる。ただ、eSIMは他のスマホにインストールし直すたびに異なるQRコードが必要になるので、入れ替えるたびに手数料が発生する。

nanoSIMの感覚でeSIMを入れ替えていると手数料がかさむので注意が必要だ。

 

eSIMプランの対応端末について

eSIMプランなので当然ながらeSIMに対応したスマホ、タブレットが必要だ。2021年3月時点においては以下のスマホ、タブレットがeSIMに対応している。

【iPhone】
iPhone 12シリーズ(2020)iPhone SE 第2世代(2020)iPhone 11シリーズ(2019)
iPhone XS/XS Max(2018)iPhone XR(2018)
【Androidスマホ】
Google Pixel 5(2020)Google Pixel 4aシリーズ(2020)Google Pixel 4シリーズ(2019)
OPPO A73(2020)P40 Pro(2020)
【タブレット/PC】
iPad Pro 12.9(第4世代、第3世代)iPad Pro 11(第2世代、第1世代)iPad Air(第4世代、第3世代)
iPad(第8世代、第7世代)iPad mini 5Surface Pro X
Surface Pro LTE Advanced
 

IIJmioを公式サイトでチェック

 

IIJmioのeSIMプランの活用方法

IIJmioのeSIMプランの活用方法だが、主に以下2つのケースが挙げられる。

  1. タブレット用のデータ通信専用SIMとして安く使う
  2. DSDSスマホで楽天モバイルと組み合わせる

1. タブレット用のデータ通信専用SIMとして安く使う

タブレットの中でもiPadやSurfaceシリーズに限ればeSIMが利用できる。

IIJmioのeSIMプランはプラスチックのSIMカードを廃することで通常のSIMカードプランよりも月額300円ほど割安な料金設定を実現している。

もとよりeSIMが使えるタブレットでデータ通信専用SIMを使うのであれば、eSIMの方が安く使える。手間暇も含めて、あえて通常のSIMカードプランを契約するメリットはない。

 

2. DSDSスマホで楽天モバイルと組み合わせる

IIJmioのeSIMプランの本命とも言える使い方がDSDSスマホでの活用だ。楽天モバイルと組み合わせることで音声通話付きで最安月額440円(税込)で運用できる最強プランに化ける。

DSDSスマホとは、1台で2枚のSIMカードが利用できるスマホのこと。iPhoneやGoogle PixelシリーズはすでにDSDSに対応している。

DSDSスマホで音声通話回線として楽天モバイルを使い、データ通信回線としてIIJmioのeSIMプランを使うことで、国内通話料が無料ながら最安月額440円で運用できる。徹底してコスパ重視の人であれば最高の組み合わせだ。

料金プラン(1)楽天モバイル

月額料金(税込)データ容量無料通話
楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅵ」
(従量制プラン)
0円1GB国内通話が完全無料
(解説)楽天モバイルはデータ通信量が月1GB未満の場合は月額0円で利用できる。音声通話は専用通話アプリ「Rakuten Link」を使うことで完全無料に。

料金プラン(2)IIJmio eSIMプラン

月額料金(税込)データ容量無料通話
eSIM 2ギガプラン440円2GB通話サービスの提供なし
(解説)IIJmio eSIMプランの最安プラン。DSDSスマホではデータ通信用のSIMカードを選択できるので、IIJmioのeSIMプランでデータ通信させれば楽天モバイルをデータ通信量0GBまま音声通話だけ利用できる。

音声通話回線は楽天モバイル以外でも問題ない。ただ、現状で最も安い音声通話回線プランは楽天モバイル(月1GB未満)の月額0円プランとなるので、楽天モバイルを選ぶのが第一候補だ。

楽天モバイルを公式サイトでチェック

IIJmioを公式サイトでチェック

 

この記事のまとめ

IIJmioのeSIMプランについてひととおり解説してきた。

昨今では楽天モバイルやY!mobileもeSIM提供を開始しているが、格安SIMサービスとして、データ通信専用SIMとして提供されるeSIMはIIJmioのeSIMプランが唯一となる。

単体利用で通常のSIMカードプランよりも安く使ったり、DSDSスマホのデータ通信専用SIMとして使ったり、活用できるシチュエーションは多い。従来から格安SIMを使ってきた人なら試してみる価値ありだ。

IIJmioを公式サイトでチェック

 

関連記事

-格安SIM
-