Rakuten HandとRakuten Miniを徹底比較|楽天モバイルのオリジナルスマホ、どっちを買うべき?

スポンサーリンク
広告

楽天モバイルの0円スマホとして注目を集める「Rakuten Hand」と「Rakuten Mini」。いずれも楽天モバイル契約時に購入すれば実質0円が適用され、無料で頂戴できる。

この記事ではRakuten HandとRakuten Miniを比較。いざ何が違うのか、どちらを購入すべきなのか比較・検討していく。楽天モバイル契約と同時に機種を購入しようと考えている人は参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

Rakuten HandとRakuten Miniの製品概要

Rakuten Hand

発売時期 2020年12月
端末価格 2万円(実質0円)
画面サイズ 5.1インチ
本体重量 129g
おサイフケータイ 対応
テザリング 対応(最大10台)
スペックシート詳細
初期OS Android 10
画面サイズ 5.1インチ(1520×720)
本体重量 129g
 
メモリ 4GB
本体容量 64GB
microSD ×
CPU Snapdragon 720G
 
カメラ 外側①4800万画素(標準)、外側②深度測位
内側①1600万画素
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 ×
指紋認証 ◯(ディスプレイ内)
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほか eSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応

Rakuten Handは、2020年12月に発売開始となった楽天オリジナルスマホ。人気沸騰から生産が追いつかず一時販売休止になった、今まさに売れに売れまくってる大ヒットモデルだ。販売再開は2021年3月中旬を予定している。

0円スマホながらミドルレンジ相当のスペックを誇り、一見すると0円スマホとは思えぬ安定感がある。前作Rakuten Miniの弱点だったバッテリー持ちも改善されていて、メインスマホとして1日使い回せるのも評価高い。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

Rakuten Mini

発売時期 2020年1月
端末価格 18.700円(実質0円)
画面サイズ 3.6インチ
本体重量 79g
おサイフケータイ 対応
テザリング 対応(最大8台)
スペックシート詳細
初期OS Android 9
画面サイズ 3.6インチ(1280×720)
本体重量 79g
 
メモリ 3GB
本体容量 32GB
microSD ×
CPU Snapdragon 429
 
カメラ 外側①1600万画素(標準)
内側①500万画素
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 ×
指紋認証 ×
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほか eSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応

2020年1月発売。画面3.6インチ、本体重量79gの”超”小型スマホ。Android OSを搭載したスマホとしては世界最小・最軽量を謳う。

おサイフケータイやテザリングが利用できるので、さながらおサイフケータイ対応のモバイルルーターといったところ。あくまでベースはAndroidスマホとあり、カスタマイズできる幅が広いのでいじりがいがある。

Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

Rakuten HandとRakuten Mini、そもそも何が違うのか

Rakuten Hand → メインスマホとして使える普通のスマホ
Rakuten Mini → サブスマホ前提の”超”小型スマホ

Rakuten Handはまさしくメインスマホとして作られたスタンダードなスマートフォンだ。

Rakuten Miniの弱点とされたバッテリー持ちを改善し、1日使い回せるスタミナを得た。基礎性能もミドルレンジ相当で日常使いには最適だ。

対してRakuten Miniは徹底して小ささにこだわったマニア向けスマホ。

その小ささゆえにバッテリー持ちが悪く、どちらかと言うとサブスマホとして使うべき製品だ。1台持ちでヘビーユースするには向かないし、仮に1台持ちする場合はモバイルバッテリーなど用意した方がいい。

どちらもベースはAndroidスマホとあり、おサイフケータイやテザリングが利用できる。これによりRakuten Handはメインスマホとしての王道感を、Rakuten Miniはサブスマホとしての利便性が加味されている。

そのため、メインスマホとして1台で使いまわしたいのであればRakuten Handを、サブスマホとして2台持ち運用する人ならRakuten Miniがおすすめできる。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]
Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

Rakuten HandとRakuten Miniの違いを比較する

基本性能(スペック)の違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
画面サイズ 5.1インチ 3.6インチ
メモリ 4GB 3GB
本体容量 64GB 32GB
microSDカード ×
CPU Snapdragon 720G(ミドルレンジ) Snapdragon 439(ローエンド)

Rakuten HandはミドルレンジCPU「Snapdragon720G」を、Rakuten Miniはエントリー向けCPU「Snapdragon429」を搭載している。

Rakuten Handは特に不便なく操作できる。タッチ操作のもっさり感もなく、「荒野行動」も難なくプレイできるクオリティだ。

他方、Rakuten Miniは多少なりにもっさり感がある。バックヤードで同期作業が行われていたりすると、アプリの起動が遅くなったり、タッチ反応がワンテンポ遅かったりする。

土台のスペックが違うこともあり、基本性能だけで見れば間違いなくRakuten Handの方が上だと断言できる。

基本性能は「Rakuten Hand」の方が優秀

 

カメラ性能の違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
メインカメラ
外側①4800万画素(標準) 外側①1600万画素
外側②深度測位
インカメラ 内側①1600万画素 内側①500万画素
AI調整機能 ×
ポートレート撮影 ×

Rakuten Hand、Rakuten Miniともにレンズ1枚構成。

Rakuten Handは2枚構成だが、うち1枚はポートレート撮影を補助する深度測位レンズなので、実際に撮影で使えるのはレンズ1枚だ。

実際に撮影してみるとRakuten Handの方が実物に近い色味。「AI調整機能」こと撮影シチュエーションに応じたISOなどの自動調整機能を搭載していることもあり、なかなかに優秀だ。

対してRakuten Miniは少しばかり色素が抜けたような感じになる。

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

ラーメンもRakuten Handで撮影した方が美味そうに見える。

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

Rakuten HandはAI調整機能のおかげで夜間撮影も難なくこなせる。Rakuten Miniは暗めだ。

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

ポートレート撮影はRakuten Handのみ対応。深度測位レンズを使ったボケ写真が撮影できる。思いのほかしっかりと撮影対象物を捉えており、ボケ具合の調整も効いている。

背景ボケ最小

背景ボケ最大

総じてRakuten Handのカメラは0円スマホのわりによくできていた。Rakuten Miniは価格なりだ。

カメラ性能は「Rakuten Hand」に多分に優秀

 

サイズ・重量感の違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
画面サイズ 5.1インチ(1520×720) 3.6インチ(1280×720)
本体サイズ 縦13.8cm、横6.3cm、厚さ1.0cm 縦10.6cm、横5.3cm、厚さ0.9cm
本体重量 129g 79g

どちらも昨今のスマホとしては小さい部類に入るが、特にRakuten Miniに関しては名前のとおりの小ささだ。男性ズボンの小ポケットにも入ってしまうサイズなので、そのミニマル感はたまらない。

Rakuten Miniの小ささに比べると影を潜めてしまうRakuten Handだが、こちらも一般サイズのスマホとしては非常にコンパクトだ。

画面5.1インチの小型サイズに加え、ベゼル部分が丸みを帯びていることもあり、手で握り込むようにして使える。片手持ち操作のときの安定感は言わずと知れる。

どちらもコンパクトだが、「Rakuten Mini」は規格外クラスの小ささ

 

バッテリーまわりの違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
バッテリー容量 2750mAh 1250mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 ×

Rakuten HandとRakuten Miniの絶対的な違いとなるのがバッテリー容量だ。

Rakuten Miniは1250mAhしかバッテリーを積んでおらず、バッテリー持ちが圧倒的に弱点だ。待ち受け待機でも1日で40%くらいのバッテリーが減るので、1台持ちでヘビーユースするとさすがに不安がある。

対してRakuten HandはiPhone 12相当の2750mAhバッテリーを搭載。十分に1日使い回せるバッテリー容量だ。

あくまで1台持ちしたい、メインスマホとして使いたいという人であれば、間違いなくRakuten Handを選ぶべきだろう。

バッテリー持ちは「Rakuten Hand」が圧倒的に優位

 

生体認証の違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
指紋認証 ×
顔認証

指紋認証はRakuten Handのみ対応。ディスプレイ内指紋認証を搭載しており、画面にタッチして押し込むだけで指紋認証できる。認証精度は高く、認証速度も高速なので一見すると0円スマホとは思えぬ完成度だ。

双方ともに顔認証に対応しているが、Rakuten Miniの顔認証は少しばかり認証速度が遅め。画面点灯から認証まで気持ち2秒くらい時間がかかる。Rakuten Handに比べると幾らか使い勝手で劣るだろう。

生体認証は「Rakuten Hand」の方が安定した使い勝手

 

そのほか主な使い勝手の違い

  Rakuten Hand Rakuten Mini
おサイフケータイ
防水/防塵
テザリング
テザリング最大台数 10台 8台
VoLTE通信 ◯(楽天回線のみ)
対応SIMカード規格 eSIMのみ

細かな使い勝手は双方ともに変わらず。テザリング接続できる最大上限台数が異なるが、10台と8台なので、そこまで気にする点でもないだろう。

なお、双方ともに対応しているSIMカード規格は「eSIM」のみ。eSIMとはソフトウェアベースのSIMカードで、スマホ上に直接SIM契約情報をインストールして使う。nanoSIMなど通常のプラスチックのSIMカードは利用できない(SIMスロットも非搭載)。

双方ともに細かな機能はさして変わらず

 

Rakuten Handのメリットとデメリット

Rakuten Handのメリット

メインスマホとして性能十分

Rakuten Handは0円スマホとは思えぬ安定感がある。バッテリー持ちもよく、1日使い回せるスタミナモデルなのでメインスマホとして使うのに丁度いい。

実用的コンパクトサイズ

Rakuten Handは、Rakuten Miniまでとはいかずも相当に小さいスマホだ。片手操作も楽々できるし、本体重量も129gしかないので腱鞘炎の心配もない。そのうえでバッテリー持ちもよいので言うことなしだ。

0円スマホとは思えぬカメラ性能

Rakuten Handは、初搭載となるAI調整こと撮影シチュエーションに応じた撮影補助機能と相まって簡単にきれいな写真が撮影できる。ポートレート撮影もしっかりとボケていて一見すると0円スマホとは思えない完成度だ。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

Rakuten Handのデメリット

eSIM専用スマホなので初見だと分かりづらい

Rakuten Handは、次世代のSIMカード規格「eSIM」のみ対応。現行nanoSIMカードは使えず、QRコード経由でネット上(クラウド上)からSIM契約情報をスマホにインストールする必要がある。慣れてしまえば簡単だが、初見だと少しばかり頭を使う必要がある。

液晶保護フィルム選びが面倒くさい

Rakuten Handはディスプレイ内指紋認証との兼ね合いから液晶保護フィルムが面倒くさい。下手な格安フィルムだと指紋認証できなくなることもあるので、多少なりに金を出してでも「指紋認証対応」を謳う液晶保護フィルムを購入した方がいい。

 

Rakuten Miniのメリットとデメリット

Rakuten Miniのメリット

とかく小さい

Rakuten Miniは、とかく小さい。男性ズボンの小ポケットに入ってしまうミニマルデバイスなので非常に愛おしい。

おサイフケータイ&テザリング対応

Rakuten MiniはベースはAndroidスマホとあり、おサイフケータイとテザリングが利用できる。サイズ感と相まって、さながらおサイフケータイ対応のモバイルルーターのようだ。

Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

Rakuten Miniのデメリット

バッテリー持ちが悪い

Rakuten Miniはサイズと引き換えにバッテリーも小さい。待ち受け放置でも1日で40%くらいのバッテリーが減っているので、メインスマホとして1日がっつり使うのはあまり現実的ではない。

eSIM専用の玄人仕様

Rakuten Hand同様にeSIM専用スマホとなる。QRコード経由でスマホ内部に直接SIM契約情報をインストールして使う。SIMカードスロットは搭載されず、通常のSIMカードは利用できない。

 

Rakuten HandとRakuten Mini、どっちを選ぶべき?

Rakuten Handをおすすめできる人

  • メインスマホとして使いたい
  • バッテリー持ちを踏まえたコンパクトスマホが欲しい

Rakuten Handはメインスマホとして使うのに最適なスマホだ。

0円スマホながらパフォーマンスは安定していて、操作のもっさり感もない。なんなら「荒野行動」などの重めのゲームも処理できてしまう。Rakuten Miniに比べてバッテリー持ちもよく、1日使い回すのも十分に可能だ。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

Rakuten Miniをおすすめできる人

  • とかく小さなスマホが欲しい人
  • おサイフケータイ専用デバイスとして使いたい人
  • モバイルルーター代わりに使いたい人

Rakuten Miniは、言うならおサイフケータイ対応のモバイルルーターだ。

もとよりバッテリー持ちが悪いのでメインスマホとして1台持ちで運用するのは現実的ではない。なにかしらメインスマホがあって、それを補佐するポジションで使うのが妥当な使い方だ。仮に1台持ちで運用する場合はモバイルバッテリーなどを用意した方がいい。

Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

この記事のまとめ

Rakuten HandとRakuten Miniを比較レビューした。

メインスマホとして使うことを考えているのならRakuten Hand、サブポジションでモバイルルーター代わりに、おサイフケータイ代わりに使うことを考えているならRakuten Miniがおすすめできる。

どちらも0円スマホなので楽天モバイル契約時に購入すればポイント還元と合わせた実質0円が適用される。楽天モバイル契約時には、ぜひ試してみてほしい。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]
Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

関連記事

おすすめはどれ?楽天モバイルの0円端末(0円スマホ)を徹底比較
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった「楽天モバイル」。月額0円から使える料金プランで業界を賑わせている注目株だ。 月額...
楽天モバイル版「Galaxy S10」レビュー|5万円で買える最強フラッグシップ
楽天モバイルで販売される「Galaxy S10」をレビュー。 Galaxy S10は2019年度のGalaxyスマホのフラッグシップモデル。発売当...
楽天モバイルで購入すべきおすすめスマホ端末はこの3機種!(2021年)
ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリアとして本サービスが開始された「楽天モバイル」。 自社回線に特化した自社スマホ、キャリアスマホも...
【2021年4月リニュアル】楽天モバイルの新料金プランを徹底解説|大手キャリア3社との比較も
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとしてサービス開始された「楽天モバイル」。 2021年4月より新料金プラン「Rakuten...
タイトルとURLをコピーしました