スマホ

Rakuten HandとRakuten Miniを徹底比較|楽天モバイルのオリジナルスマホ、何が違う?

2021年3月7日

楽天モバイルの0円スマホとして注目を集める「Rakuten Hand」と「Rakuten Mini」。

この記事ではRakuten HandとRakuten Miniを比較。いざ何が違うのか、どちらを購入すべきなのか比較・検討していく。

いずれも楽天モバイル契約時に同時購入すれば実質0円が適用され、無料で頂戴できる。ただ、わりとスペックだったり、その製品コンセプトは異なっていて、購入前にきちんと違いを確認しておきたいところ。

楽天モバイル契約にあたり、いずれかの機種を購入しようと考えている人は参考にしてほしい。

Rakuten HandとRakuten Miniの製品概要

Rakuten Hand




発売時期2020年12月
端末価格2万円(実質0円)
画面サイズ5.1インチ
本体重量129g
おサイフケータイ対応
テザリング対応(最大10台)
初期OSAndroid 10
画面サイズ5.1インチ(1520×720)
本体重量129g
メモリ4GB
本体容量64GB
microSD×
CPUSnapdragon 720G
カメラ外側①4800万画素(標準)、外側②深度測位
内側①1600万画素
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電×
指紋認証◯(ディスプレイ内)
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほかeSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応

Rakuten Handは、2020年12月に発売開始となった楽天オリジナルスマホ。

人気沸騰から生産が追いつかず一時販売休止になった、今まさに売れに売れまくってる大ヒットモデルだ。

0円スマホながらミドルレンジ相当のスペックを誇り、一見すると0円スマホとは思えぬ安定感がある。「Rakuten Mini」の弱点だったバッテリー持ちも改善されていて、メインスマホとして1日使い回せるのも評価高い。

Rakuten Handを公式サイトでチェック

Rakuten Handの詳細レビュー記事を見る

 

Rakuten Mini




発売時期2020年1月
端末価格18.700円(実質0円)
画面サイズ3.6インチ
本体重量79g
おサイフケータイ対応
テザリング対応(最大8台)
初期OSAndroid 9
画面サイズ3.6インチ(1280×720)
本体重量79g
メモリ3GB
本体容量32GB
microSD×
CPUSnapdragon 429
カメラ外側①1600万画素(標準)
内側①500万画素
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電×
指紋認証×
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほかeSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応

2020年1月発売。画面3.6インチ、本体重量79gの”超”小型スマホ。

Android OSを搭載したスマホとしては世界最小・最軽量を謳う。

おサイフケータイやテザリングが利用できるので、さながらおサイフケータイ対応のモバイルルーターといったところ。

あくまで土台はAndroid OSとあり、アプリひとつで多様なカスタマイズが可能。ガジェットとしてのいじりがいがある。

Rakuten Miniを公式サイトでチェック

Rakuten Miniの詳細レビュー記事を見る

 

Rakuten HandとRakuten Mini、根本的に違う5つのこと

Rakuten HandとRakuten Mini、根本的に違うのは以下5つ。

  1. 製品コンセプト
  2. サイズ感
  3. 基本性能
  4. カメラ
  5. バッテリー性能

 

1. 製品コンセプト

製品コンセプト
Rakuten Hand1台で使いまわせるメインスマホ
Rakuten Mini2台持ち前提のサブスマホ

Rakuten Hand

Rakuten Handは、まさしくメインスマホとして作られたスタンダードなスマートフォン

ミドルレンジ相当の基本性能に加え、1日使いまわせるバッテリーを搭載。おサイフケータイや防水防塵もクリアしてるので日常使いに最適だ。

もとよりスマホの2台持ちなんていう面倒なことはしたくない人なら黙ってRakuten Handを選ぶべきだろう。

Rakuten Mini

Rakuten Miniは徹底して小ささにこだわった、どちらかと言えばマニア向けスマホ。

サイズの小ささは愛くるしいが、その分、バッテリー持ちが悪い。(使い方にもよるが)1台持ちだと1日バッテリーが持つか多分に不安がある。

とはいえ中身がAndroid OSとあり、テザリング、おサイフケータイ、音楽サブスクなど諸々利用できる。サブポジションで運用するには丁度いい。

 

2. サイズ感

Rakuten HandRakuten Mini
画面サイズ5.1インチ(1520×720)3.6インチ(1280×720)
本体サイズ縦13.8cm、横6.3cm、厚さ1.0cm縦10.6cm、横5.3cm、厚さ0.9cm
本体重量129g79g

どちらも昨今のスマホとしては小さい部類に入るが、特にRakuten Miniに関しては名前のとおりの小ささ。

一昔前のiPodのようなサイズ感とあり、手で持ったときのジャストフィット感は言うまでもない。

男性ズボンの小ポケットにも入る

Rakuten Miniの小ささに比べると影を潜めてしまうRakuten Handだが、こちらも一般サイズのスマホとしては非常にコンパクト。

画面5.1インチのコンパクトサイズに加え、ベゼル部分が丸みを帯びていることもあり、手で握り込むようにして使える。片手持ち、片手操作もらくらくだ。

Rakuten Hand、男性であれば片手操作もらくらく

 

3. 基本性能

Rakuten HandRakuten Mini
画面サイズ5.1インチ3.6インチ
メモリ4GB3GB
本体容量64GB32GB
microSDカード×
CPUSnapdragon 720G(ミドルレンジ)Snapdragon 439(ローエンド)

Rakuten Hand

Rakuten Handは典型的なミドルレンジスペック。

正味3万円台の性能ながら0円スマホとして販売している太っ腹仕様。

荒野行動など重めのスマホゲームも難なくこなせる。普段使いでストレスを感じることは少ない。

Rakuten Mini

Rakuten Miniはほぼエントリーモデル。

わりと動作はもっさりしていて、荒野行動など重めのスマホゲームは処理し辛い。

もとより画面サイズが小さいのでできることは限られているが、iPhoneのようなストレスフリーな使い勝手を求める人には合わないだろう。

 

4. カメラ性能

Rakuten HandRakuten Mini
メインカメラ
外側①4800万画素(標準)外側①1600万画素
外側②深度測位
インカメラ内側①1600万画素内側①500万画素
AI調整機能×
ポートレート撮影×

Rakuten Hand、Rakuten Miniともにレンズ1枚構成。

Rakuten Handは2枚構成だが、うち1枚はポートレート撮影を補助する深度測位レンズなので、実際に撮影で使えるのはレンズ1枚だけ。

実際に撮影してみるとRakuten Handの方が実物に近い色味。「AI調整機能」こと撮影シチュエーションに応じたISOなどの自動調整機能を搭載していることもあり、カメラ素人でもらくらく洒落た写真が撮影できる。

対してRakuten Miniは少しばかり色素が抜けたような感じになる。

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

Rakuten Handで撮影

Rakuten Miniで撮影

Rakuten Handのみポートレート撮影に対応。深度測位レンズを使ったボケ写真が撮影できる。思いのほかしっかりと撮影対象物を捉えており、ボケ具合の調整も効いている。

背景ボケ最小

背景ボケ最大

 

5. バッテリー

Rakuten HandRakuten Mini
バッテリー容量2750mAh1250mAh
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電×

Rakuten HandとRakuten Miniの絶対的な違いとなるのがバッテリー容量

Rakuten Miniは1250mAhしかバッテリーを積んでおらず、バッテリー持ちが圧倒的に弱点だ。待ち受け待機でも1日で40%くらいのバッテリーが減るので、1台持ちでヘビーユースするとさすがに不安がある。

対してRakuten HandはiPhone 12相当の2750mAhバッテリーを搭載。十分に1日使い回せる。

メインスマホとしてのスマホ購入を検討している人であれば、間違いなくRakuten Handを選ぶべきだ。

 

【補足】そのほか細かい違い

Rakuten HandRakuten Mini
おサイフケータイ
防水/防塵
テザリング
テザリング最大台数10台8台
指紋認証対応(ディスプレイ)×
顔認証対応
VoLTE通信◯(楽天回線のみ)
対応SIMカード規格eSIMのみ

指紋認証はRakuten Handのみ対応。最新のディスプレイ指紋認証を搭載しており、ディスプレイに指を乗せるだけでロック解除できる。認証精度は思いのほかしっかりとしており、日常使いでストレスない。

そのほか注意点として、双方ともに対応しているSIMカード規格は「eSIM」のみとなる。

eSIMはソフトウェアベースのSIMカード(SIMサービス)。通信会社の公式サイトからSIM契約情報をスマホにインストールして使う。nanoSIMなど通常のプラスチックのSIMカードは利用できない(SIMスロットも非搭載)。

 

Rakuten HandとRakuten Mini、どっちを選ぶべき?

Rakuten Handを選ぶべき人の特徴

  • メインスマホとして使いたい人
  • 小さめのスマホが使いたい人(通常サイズの小さめスマホ)

Rakuten Handは、まさしくメインスマホとして作られたスマホ。

普段使いで文句ないミドルレンジスペック。おサイフケータイ&防水防塵。バッテリー持ちもよく、1日使い回せるスタミナモデルなので日常使いに丁度いい。

Rakuten Miniまでとはいかずも5.1インチディスプレイを搭載したスマホとしては世界最小クラス。男性であれば片手操作も楽々できる。本体重量も129gしかないので腱鞘炎の心配もない。

Rakuten Handを公式サイトでチェック

 

Rakuten Miniを選ぶべき人

  • おサイフケータイ専用のサブデバイスがほしい人
  • テザリング専用のサブデバイスがほしい人
  • Androidアプリが使えるサブデバイスがほしい人

Rakuten Miniは、とかく小さい。本当に小さい。

ただ、その分、バッテリー持ちは致命的。また、画面サイズも3.5インチと小さいのでできることは限られる。

基本的にはサブデバイスとしての運用が主だろう。もっぱらおサイフケータイ、テザリング、ミュージックプレーヤーとして使いたい人におすすめだ。

Rakuten Miniを公式サイトでチェック

 

この記事のまとめ

Rakuten HandとRakuten Miniを比較レビューしてきた。

メインスマホとして使うことを考えているのならRakuten Hand。サブポジションにして、おサイフケータイやテザリングを主に使うことを考えているならRakuten Miniがおすすめだ。

どちらも0円スマホなので楽天モバイル契約時に購入すれば実質0円が適用される。無料でもらっておいて損はないので、ぜひ楽天モバイル契約時には試してみてほしい。

Rakuten Handを公式サイトでチェック

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-スマホ
-