ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000X M3」レビュー|接続安定性が改善された最強クラスのノイズキャンセリングイヤホン

2019年に発売され、業界内外で高評価を獲得したソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000X M3」。2020年なおワイヤレスイヤホンの販売ランキング上位常連であり、AirPods以来となるワイヤレスイヤホン業界のヒット商品となっている。

”業界最強クラスノイキャン(ノイズキャンセリング)”との謳い文句とおり、そのノイズキャンセリング性能の高さがまず魅力として挙げられる。また、オーディオ性能はもちろん、従来モデルで難があった接続安定性も改善され、文句ない1品に仕上がった。

同じくノイズキャンセリングに対応したAirPods Proとなにかと比較されがちだが、オーディオ製品として見ればソニー「WF-1000X M3」の方が間違いなくパフォーマンスは良い。以下レビューしていくので、特にAirPods Proとどちらを買うべきか迷っている人は参考にされたい。

レビュー対象製品

ソニー「WF-1000X M3」概要

ソニー「WF-1000X M3」は、2019年7月に発売開始されたソニーのワイヤレスイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)。市場価格は24,000円前後。AirPods Proが直販3万円なのに比べるとコスパ良くまとまっている。

2017年に発売された初代「WF-1000X」の後継機に該当する。WF-1000Xの弱点として挙げられた接続安定性、音飛びや接続切れ、動画視聴時の音声延滞が多分に改善され、普通に使えるワイヤレスイヤホンとして堅実に進歩した。その上で代名詞たるノイズキャンセリングやハイレゾ相当のオーディオ性能など強化され、総合パフォーマンスで完成度を高めた。

2020年なお、価格.comや家電量販店のワイヤレスイヤホンランキングではTOP3の座に付けており、名実ともにAirPods Proと並ぶ今日のワイヤレスイヤホン業界の人気商品と言えよう。

ソニー「WF-1000X M3」をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

ノイズキャンセリングレビュー

ソニー「WF-1000X M3」の代名詞たるノイズキャンセリング。実際に使ってみて非常に完成度が高かった。ほぼほぼ屋外の騒音など除去できているし、ノイズキャンセリングの弱点たるホワイトノイズ(サーっと言った音)も発生していない。ノイズキャンセリングイヤホンとして間違いなく”上の上”と言えるクオリティである。

ただ、AirPods Proのノイズキャンセリングに比べると少し劣っている。ソニー「WF-1000X M3」のノイズキャンセリングの出来が87点/100点だとして、AirPods Proは95点/100点といった感じだ。

AirPods Proのノイズキャンセリングは、扇風機の音、パソコンのキータッチ音まできれいに消える。対してソニー「WF-1000X M3」だと、これらの音が残ったままだったので物足りなさは感じた。実用十分なレベルなので欠点というわけではないが、あくまで単純比較すればノイズキャンセリング性能はAirPods Proの方が上だと思う。

AirPods Pro

 

ノイズキャンセリング利用時の風切り音について

口コミで散々言われるように、ノイズキャンセリング利用時に風切り音が発生する。風切り音とは、暴風の中を自転車で全力疾走してるときに聞こえる”ヴォー”といった風の音に近い。ノイズキャンセリングで騒音が除去されているのに、イヤホンに当たった風の音がヴォーヴォー聞こえるので、せっかくのノイズキャンセリングが台無しだったりする。

アンビエントサウンド(外音取り込み)にすれば「風ノイズ低減」モードがあるので、これを使えば、風切り音を除去できるのだが、結局ノイズキャンセリングは解除されてしまう。なので、ノイズキャンセリング利用時の風切り音はどうしても除去できない。こればかりは残念なところだ。

 

アンビエントサウンド(外音取り込み)

外音取り込み機能あり(ソニーいわく”アンビエントサウンド”)。補聴器のような機能で、ノイズキャンセリング用マイクを使って周囲の音を集音、それをイヤホン・スピーカーを通して聞くことができる。もっぱらイヤホンを付けたまま他人と会話するときに使う。

集音の大きさを1〜20まで調整でき、数字が大きくなるにつれてホワイトノイズ(サーっと言った雑音)が大きくなるが、その分、集音できる音の範囲も広がる。これもAirPods Proに比べるとホワイトノイズが大きい気がするが、ぶっちゃけ、そこまで使う機能ではないので実用充分なレベルと割り切ってしまって問題ないと思う。

ソニー「WF-1000X M3」をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

オーディオ性能レビュー

オーディオ性能はかなり良い。イコライザー調整(音質調整)していないスタンダードな状態でも、重低音の聞いたサウンドながら、ボーカルの音も伸びやかではっきりと聞こえる。細かな音もきちんと拾っており、非常に音の幅が広いと言えよう。完全ワイヤレスイヤホンでも、ここまでのオーディオ表現が可能なのかと時代の進歩を感じた。

専用アプリ「Headphones Connect」を使えばイコライザー調整も可能だ。いくつかいじってみたが、特に「Vocal」モードがすごかった。ボーカル音声が大きくなるが、かといってバックサウンドが小さくなるわけではなく、きちんとボーカルに追いついてくる。一聞すると音量ボリュームを上げすぎたかと勘違いするレベルだが、音量は変わっておらず、音漏れしてるわけでもない。ハードとしてのオーディオ性能の力を存分に味わえる。

イコライザーはマニュアル設定も可能

 

ハイレゾ音源には非対応だが、ハイレゾ補正「DSEE HX」は対応

「ハイレゾ相当の高音質」が謳われる同製品だが、ハイレゾ音源に対応しているわけではない。あくまでDSEE HX補正によるハイレゾ相当の音質が限度である。

DSEE HXとは、一般的な圧縮された音源(AACなど)を補正してハイレゾ音源に近づけるソニー独自技術。ソニー「WF-1000X M3」ももれなくDESS HX対応製品であり、より原曲に忠実な音が楽しめる。実際にDESS HXにして聞いてみると、通常よりも音がクリアで、音の重厚感が気持ち2割くらい増す。「こんな音があったのか」というバックサウンドの細かな音も聞こえるので、ハイレゾないにしろハイレゾ相当の高音質が嘘ではないと分かる。

なお、DSEE HXはイコライザーOFFの状態でないと起動しない。また、DESS HXは通常再生よりもバッテリー消費が激しく、ノイズキャンセリングと組み合わせた状態だと通常6時間のイヤホン内蔵バッテリーが最大3時間になるとしているので(関連)、調子に乗って使いすぎるとバッテリー持ちが辛そうだ。

DSEE HXを使うには、イコライザーをOFFに、DSEE HXをAutoにする必要あり。

ソニー「WF-1000X M3」をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

接続安定性レビュー

接続安定性は悪くはないが、時折音が飛んだような”ポツン”という音が鳴る。また、左右分離型イヤホンとあり、左右それぞれがスマホと接続されるが、そのせいか片耳だけ聞こえなくなることもある。いずれも多発するわけではなく、時々起こりうる話なのだが、AirPods Proのようなほぼ100%近いストレスフリーな使い勝手とは言い難い。気持ち75点/100点くらいの出来だろうか。

とはいえ、2017年に発売され、接続安定性が酷評された前作「WF-1000X」のよりも飛躍的に改善しているし、この改善あったからこそ1年以上にもわたるヒット商品になった点は理解し評価すべきだろう。

なお、iPhoneとAndroidスマホ双方で接続して試してみたが、特に接続具合に影響はなく、OSによる相性の悪さなどは感じなかった。

ソニー「WF-1000X M3」をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

そのほか細かいところをレビュー

サイズ感・付け心地

ケース、イヤホンともにワイヤレスイヤホンとしては大きめ。ケースは長い方が8cm、短い方が5cm、厚さ2.8cmほど。AirPods Proの気持ち1.5倍くらいの大きさで男性ズボンの小ポケットに入らない。

AirPods Proは驚きのコンパクトサイズだった。

ケースサイズの割にバッテリー容量は普通で、ノイズキャンセリングONの状態で公称18時間、ノイズキャンセリングOFFであれば26時間程度(イヤホン内蔵バッテリー含めると同24時間、32時間)。どちらも業界一般的な水準だ。なぜここまでケースが大きくなったのか不思議でしょうがない。

イヤホンは片耳8gとワイヤレスイヤホンにしては少し重め。いざ耳に付けるとそこまで重さは感じないのだが、耳に付けてる感、引っ付いてる感は多分にある。小型ヘッドセットのような付け心地だ。

耳に付けたイメージ

 

イヤーピース

ハイブリッドイヤーピース(写真の右3つ)とトリプルコンフォートイヤーピース(写真の左3つ)が付属している。初期のイヤーピースはハイブリッドイヤーピースが使われている。

ハイブリッドイヤーピースはシリコン素材、トリプルコンフォートイヤーピースはウレタン(正確には発泡シリコン)素材であり、付け心地が多少異なる。

ウレタン素材のトリプルコンフォートイヤーピースの方が耳穴へのフィット感は良いのだが、耳の穴からイヤホンが抜けやすくなりがちなので、出先で使うことを考えるとハイブリッドイヤーピースを使うのが安牌かと思う。

 

ペアリング勝手

Androidスマホ(Androidデバイス)であればNFCタッチで初期ペアリングできる。そのほか細かな設定は要らないので、ここらの設定が面倒くさい、よく分からない人でも問題なく扱えるだろう。

また、ペアリング先デバイスを移す際(PCペアリング→スマホペアリングに切り替える場合など)もNFCをタッチするだけでそのままペアリング先デバイスが切り替わるので便利だ。ただ、時々ワンタッチでペアリングが切り替えられずストレスを感じることがある。

専用アプリからもペアリング切り替え可能

iPhone、iPad、PCなどNFCが使えない環境では通常のペアリング(Bluetoothペアリング)を行う。ペアリングモードにするにはイヤホン左右のタッチセンサーを同時に7秒長押しする必要がある。はっきり言って初見殺し仕様なので、ここはもう少し改善の余地があると思う。

 

充電環境

USB Type-C端子で充電可能。Qi充電(ワイヤレス充電)には対応せず。10分の充電で90分相当のバッテリーが充電できるので、忙しいときでもパパっとバッテリー残量を確保できる。

バッテリー持ちはノイズキャンセリングONだとケース併用で公称24時間、ノイズキャンセリングOFFだとケース併用で公称32時間としている。業界一般的な、それこそAirPods Pro同等クラスのバッテリー持ちなので、そこまで粗らしい粗はない(ケースの大きさの割にバッテリー容量が普通という点を除けば)。

 

専用アプリ「Headphones Connect」

iOS、Android双方に専用アプリ「Headphones Connect」を配信している。同アプリを使えば、イコライザー調整(音質調整)、タッチセンサーの機能割り当て変更、通知アナウンスの言語設定などが可能だ。

 

タッチセンサー操作

イヤホン外側にあるタッチセンサーで以下のような操作が可能だ。機能割り当ては専用アプリ(Headphones Connect)から変更できる。

再生コントロール

外音コントロール

設定した割り当て内容はイヤホン本体に記録されるので、他のデバイスを跨いでも同じ操作が可能。とはいえ、GoogleアシスタントやAmazon Alexaは専用アプリをインストールする必要があるのでPC環境など一部では機能しない。

なお、タッチセンサーは思いのほか反応が悪い。ワンタップまだしも、ツータップ、ツリータップだと高確率で反応せず、ワンタップとして処理されてしまうので諸所ストレスが溜まる。この点、割り切りが必要だと思う。

 

イヤホンマイク

イヤホン外側中央にある丸い部分が通話用マイク

イヤホンマイクを内蔵しているが、あまりクオリティは良くない。屋内まだしも、屋外だと騒音や風の音など雑音が多分に入る。ノイズキャンセリング用の集音マイク(外側マイク)がそのまま通話用マイクになっているせいか、通話時の雑音除去などほとんど期待できない。

昨今では安物ワイヤレスイヤホンですら、通話用マイクと通話時の雑音除去マイクを別々に設けるのが一般的になっていることもあり、妙なところをケチったなとの印象を受けた。

 

防水非対応

高価格帯モデルでは珍しく防水非対応。雨の日に使ったり、ジムやジョギングなど汗だくの状態で使うには不安が残る。

ソニー「WF-1000X M3」をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

この記事のまとめ

ソニー「WF-1000X M3」をレビューした。ノイズキャンセリング利用時の風切り音、タッチセンサーやイヤホンマイクの品質、防水非対応など諸所難点はあるが、いずれも自宅で使えば問題ない。デメリットがあまりに首尾一貫しているため、もしかしたら最初から自宅で使うためのワイヤレス・オーディオとして開発したのかもしれないとの印象を受けた。

実際にオーディオ性能を中心としてクオリティは良い。自宅用のワイヤレス・オーディオ、ワイヤレスイヤホンとして考えれば十分に購入検討に値する1品だろう。とかくワイヤレスイヤホンはオーディオ性能重視、音楽を聞くためにワイヤレスイヤホンを使いたいという人であれば気に入ると思うので、ぜひ試してみてほしい。

レビュー対象製品

関連記事

AirPods Proとソニー「WF-1000XM3」を比較レビュー
今日のワイヤレスイヤホン業界で人気を二分するApple「AirPods Pro」とソニー「WF-1000XM3」を比較レビュー。どちらもノイズキャンセリ...
ソニーの完全ワイヤレスイヤホン選び方ガイド(2020)|最新4機種を一挙ラインナップ&比較解説
Apple「AirPods」の登場以来、盛り上がりを見せる完全ワイヤレスイヤホン市場。我らがソニーも数多くの完全ワイヤレスイヤホンを展開しており、特にワ...
タイトルとURLをコピーしました