ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー|ソニー謹製の最強ノイズキャンセリングモデル

スポンサーリンク
広告

ついに登場したソニーの新作ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」。

ノイズキャンセリング&オーディオ性能に圧倒的な強みを持つソニーのイヤホン。完全ワイヤレスイヤホンでは数少ないハイレゾ相当の高音質再生を可能にする「DSEE HX」(機能)に対応しており、ワイヤレスイヤホンであってもとかくオーディオにこだわりたい人にはたまらない。

同じくノイズキャンセリングに対応しているAirPods Proとなにかと比較されがちだが、オーディオ製品として見ればソニー「WF-1000XM3」の方が間違いなく上だ。以下レビューしていく。

【レビュー対象製品】WF-1000XM3

発売時期 2019年7月
市場価格 2.4万円前後

カラーリングはブラックとプラチナシルバーの2色。レビューはブラックで行う。

 
WF-1000XM3 の評価ポイント
ワイヤレスイヤホンでは最高クラスの高解像度オーディオ
AirPods Pro同等クラスのノイズキャンセリング性能

ペアリング設定&複数デバイス間の切り替えが簡単
 
× ダメなところ
通話マイクがほぼ使い物にならない
タッチセンサーの使い勝手が悪い

充電ケースが異様にデカイ

Amazonで製品をチェック

 

ソニー「WF-1000X M3」レビュー

製品概要

・ソニー「WF-1000X M3」は、2019年7月に発売開始されたソニーのワイヤレスイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)。市場価格は24,000円前後。

・2017年に発売された初代モデル「WF-1000X」の後継機に該当する。WF-1000Xの弱点として挙げられたワイヤレス接続の安定感が改善され、普通に使えるワイヤレスイヤホンとして堅実に進歩した。

・代名詞たるノイズキャンセリングやオーディオ性能も強化。特にオーディオ面ではハイレゾ相当の高音質再生を可能にする「DSEE HX」(機能)に対応。ワイヤレスイヤホンではトップクラスとなるクリアな音質を実現した。

 

ケースデザイン

写真縦5cm、横8cm

厚さ2.8cmほど

ケースは他社製品に比べて大きめ。特に厚みが2.8cmと分厚く、男性ズボンのポケットに入れたときなどモッコリしがち。

ケースサイズの割にバッテリー容量は普通。ノイズキャンセリングONの状態で公称24時間とあくまで業界一般的な水準だ。いや本当に、なぜここまでケースが大きくなったのか不思議でしょうがない。

男性ズボンの小ポケットには入らない

 

つけ心地

耳に付けたイメージ

イヤホンは片耳8gとワイヤレスイヤホンにしては少し重め。

いざ耳に付けるとそこまで重さは感じないのだが、耳に付けてる感、引っ付いてる感は多分にある。さながら小型ヘッドセットのような付け心地だ。

ほぼほぼイヤーピースだけで引っ付いてる状態なので、イヤーピースのサイズ調整は必須だろう。あまりに緩いと抜け落ちリスク、紛失リスクも高まりそう。

イヤーピースの替え付属

 

ペアリング勝手

ペアリング勝手は非常によい。

NFCペアリングに対応。Androidスマホであればケース中央部のNFCにタッチすればペアリング設定できる。

物自体はBluetoothイヤホンなのでNFCを使わないペアリング設定も可能。iPhoneやPCなどでもBluetooth設定画面からデバイス検出して設定すれば問題なく使える。

左右イヤホンを同時7秒押しで新規ペアリングモードに移行できる

マルチペアリング対応。最大8台のデバイスのペアリング情報を保持できる。

マルチポイントには非対応。同時に複数デバイスとペアリング接続できず、1台づつ交代交代でペアリング接続して使う。

なお、複数デバイス間でのペアリング切り替えは、Bluetooth設定画面からワンタッチで可能。格安イヤホンのように都度現在のペアリングを解除する必要なく、上書きする形でペアリングが移せる。

AndroidスマホであればNFCタッチによるペアリング切り替え、専用アプリ起動によるペアリング切り替えも可能。ここら非常に勝手がよくて好印象だ。

専用アプリ使ったペアリング切り替え可能

 

オーディオ性能(音質)

重低音サウンドながら、中〜高音も伸びやか。細かな音もきちんと拾っており、非常に音の幅が広い。完全ワイヤレスイヤホンでも、ここまでのオーディオ表現が可能なのかと時代の進歩を感じる。

専用アプリ「Headphones Connect」を使えばイコライザー調整(音質調整)も可能。特に「Vocal」モードがすごい。ボーカル音声が大きくなるが、かといってバックサウンドが小さくなるわけではなく、きちんとボーカルに追いついてくる。音量を上げすぎたかと勘違いするレベルだが、音量は変わっておらず、音漏れしてるわけでもない。ハードスペック、オーディオスペックの底力が存分に味わえる

ハイレゾ音源には非対応だが、ハイレゾ補正「DSEE HX」は対応

DSEE HX補正によるハイレゾ相当のオーディオ再生が可能。「ハイレゾ相当の高音質」が謳われる同製品だが、あくまでハイレゾ音源に対応しているわけではない。

DSEE HXとは、オーディオ音源を補正してハイレゾ音源に近づけるソニー独自技術。実際にDESS HXにして聞いてみると、通常よりも音がクリアに。なおかつ音の重厚感が気持ち2割くらい増す。音の解像度が劇的に変わるので、ハイレゾないにしろハイレゾ相当の高音質が嘘ではないと分かる。

なお、DSEE HXはイコライザーOFFの状態でないと起動しない。DSEE HX時のバッテリー消費も激しく、ノイズキャンセリングと組み合わせた状態だと通常6時間のイヤホン内蔵バッテリーが最大3時間になる。ほぼ2分の1だ。調子に乗って使いすぎるとバッテリー持ちが辛そうだ。

DSEE HXを使うには、イコライザーをOFFに、DSEE HXをAutoにする必要あり。

 

ノイズキャンセリング性能

ソニー「WF-1000X M3」の代名詞たるノイズキャンセリング。

ほぼほぼ屋外の騒音など除去できており、ノイズキャンセリングならではの静寂が味わえる。ホワイトノイズ(サーっと言った音)も発生していない。ほぼほぼAirPods Pro同等のノイズキャンセリング性能だと太鼓判を押せる完成度だ。

ただ、結構な風切り音が発生している。もっぱら屋外で使っているとイヤホンに当たった風の音が”ヴォーヴォー”と聞こえるので、せっかくのノイズキャンセリングの静寂が台無しだったりする。

アンビエントサウンド(外音取り込み)にすれば「風ノイズ低減」モードがあるので、これを使えば、風切り音を除去できるのだが、結局ノイズキャンセリングは解除されてしまう。なので、ノイズキャンセリング利用時の風切り音はどうしても除去できない。こればかりは残念なところだ。

「風ノイズ低減」モードにすれば風切り音は除去できるが、ノイズキャンセリングが解除されてしまう。

 

外音取り込み機能

外音取り込み機能あり(ソニーいわく”アンビエントサウンド”)。

ノイズキャンセリング用マイクを使って周囲の音を集音。それをイヤホン・スピーカーを通して聞くことができる補聴器のような機能だ。

いざ使うと結構なホワイトノイズ(サーっという音)が入っていて常用するとなると気になりそう。駅のホームアナウンスなどは聞き取りやすいので、たまに使う程度ならいいかもしれない。

 

ワイヤレス接続の安定感

ワイヤレス接続の安定感は前作モデルよりかは改善されたが、それでも100点満点の出来とは言い難い。

特に屋外で使うと時折”ポツン”という音が鳴る。また、左右分離型イヤホンとあり、左右それぞれがスマホと接続されるが、そのせいか片耳だけ聞こえなくなることもある。

いずれも多発するわけではなく、時々起こりうる話なのだが、AirPods Proのような100点満点に近いストレスフリーな使い勝手とは言い難い。気持ち75点/100点くらいの出来だろうか。

なお、BluetoothコーデックはSBCとAACのみ対応。apt-Xには対応しない。

 

バッテリー持ち

バッテリー持ちはノイズキャンセリングONだとケース併用で公称24時間、ノイズキャンセリングOFFだとケース併用で公称32時間としている。

業界一般的な、それこそAirPods Pro同等クラスのバッテリー持ちなので、そこまで粗らしい粗はない。ただ、先述とおり、ケースの大きさの割には普通のバッテリー容量だ。

 

充電環境

USB Type-Cケーブルを使った有線充電に対応。Qi充電(ワイヤレス充電)には対応せず

短時間充電機能あり。10分の充電で90分相当のバッテリーが充電できるので、忙しいときでもパパっとバッテリー残量が確保できる。

 

そのほかチェックしておきたい細かなところ

マイクは酷い

イヤホン外側中央にある丸い部分が通話用マイク

イヤホンマイクを使った通話が可能だが、あまりクオリティは良くない。

通話時の雑音カット機能を搭載しておらず、屋外で使うと騒音や風の音など雑音が多分に入る。屋内で使うならまだしも屋外での利用は現実的ではないと思う。

 

タッチセンサーの感度悪い

イヤホン外側にタッチセンサーを搭載しているが、思いのほか反応が悪い。

ワンタップまだしも、ツータップ、ツリータップだと高確率で反応せず、ワンタップとして処理されてしまうのでストレスに感じる。点数で言えば32点/100点くらいの出来だ。購入に際して割り切りが必要だと思う。

タッチ操作コマンドについて

タッチ操作コマンドは専用アプリ(Headphones Connect)から割り当て可能。

イヤホン左右に同一、あるいは異なるコントロールを設定できる。コントロールは「再生コントロール」「外音コントロール」「音量コントロール」ほか、Googleアシスタントやアレクサ操作も選べる。

再生コントロール

1回タップ オーディオ再生/停止
2回タップ 曲送り
3回タップ 曲戻し
長押し 音声アシスタント起動

外音コントロール

1回タップ ノイズキャンセリングON → 外音取り込み機能ON → OFF →(以下繰り返し)※1
長押し クイックアテンション起動※2

※1 1回タップするごとに「→」の順番で機能切り替え
※2 長押ししている間だけ外音取り込み機能をONに

左イヤホン、右イヤホンにそれぞれ1つづつ設定できる。

 

防水非対応

高価格帯モデルでは珍しく防水非対応。雨の日に使ったり、ジムやジョギングなど汗だくの状態で使うには不安が残る。

 

専用アプリ「Headphones Connect」について

iOS、Android双方に専用アプリ「Headphones Connect」を配信している。同アプリを使えば、イコライザー調整(音質調整)、タッチセンサーの機能割り当て変更、通知アナウンスの言語設定などが可能。

また、Android版アプリならアプリ起動によるペアリング復帰にも対応。他のデバイスとペアリングしていても強制的にアプリ起動したデバイスにペアリングを移せる。普段から複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわしている人なら、その価値が重々に理解できるだろう。

 

この記事のまとめ

ソニー「WF-1000X M3」をレビューしてきた。

WF-1000XM3 の評価ポイント
ワイヤレスイヤホンでは最高クラスの高解像度オーディオ
AirPods Pro同等クラスのノイズキャンセリング性能

ペアリング設定&複数デバイス間の切り替えが簡単
 
× ダメなところ
通話マイクがほぼ使い物にならない
タッチセンサーの使い勝手が悪い

充電ケースが異様にデカイ

オーディオ&ノイズキャンセリングは文句なしだが、一方でマイク品質、タッチセンサーの感度、防水未対応など欠点もわりと目立つ。

ただただ音楽を聞くためのワイヤレスイヤホンとして考えれば必要十分すぎるが、AirPodsシリーズのようなとことんまでのストレスフリーな使い勝手、ガジェットとしての使い勝手を重視する人だと少し勝手が悪そうだ。

そのため、あくまでオーディオとして使うことを前提に購入することをおすすめする。オーディオとして見れば文句ない完成度なので、いざ購入して損することはないだろう。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン選び方ガイド(2020)|最新4機種を一挙ラインナップ&比較解説
Apple「AirPods」の登場以来、盛り上がりを見せる完全ワイヤレスイヤホン市場。我らがソニーも数多くの完全ワイヤレスイヤホンを展開しており、特にワ...
AirPods Proとソニー「WF-1000X M3」を比較レビュー
今日のワイヤレスイヤホン業界で人気を二分するApple「AirPods Pro」とソニー「WF-1000X M3」を比較レビュー。 どちらもノイズ...
Apple「AirPods Pro」レビュー|ノイズキャンセリングに対応したAirPods上位版モデル
ワイヤレスイヤホンの代名詞たるApple「AirPods」。その上位版となる「AirPods Pro」が発売開始となり、相変わらずの人気ぶりを見せている...
パナソニック「RZ-S50W」レビュー|AirPods Proとガチンコ勝負できるパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン
パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」をレビュー 2020年4月、往年のオーディオメーカーとして名高いパナソニックから意外にも初とな...
タイトルとURLをコピーしました