(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


ノートPC

MacBookシリーズの「バタフライキーボード問題」まとめ

2020年2月22日

広告

バタフライキーボード問題の概要

2015年よりMacBookシリーズは現行モデルにリニュアルされ、バタフライキーボードと呼ばれる新型キーボードの搭載が始まりました。

このバタフライキーボードですが、従来キーボードよりも故障リスクが高く、米国で集団訴訟を起こされるまでに故障が多発しました。Appleは対策としてバタフライキーボードの修理に限った無償修理プログラムを発表しており、日本でも同様の修理プログラムが利用できます。

▼ バタフライキーボードの無償修理プログラム(日本語版ページ)

https://support.apple.com/ja-jp/keyboard-service-program-for-mac-notebooks

現在なお最新モデルが無償修理対象に含まれており、裏を返せば現在の最新モデルに関してもバタフライキーボードによる故障リスクが存在します。

故障リスクのあるMacBookシリーズ一覧(2020年2月時点)

  • MacBook 12(年次モデル2015、2016、2017)※生産終了
  • MacBook Air(年次モデル2018、2019)
  • MacBook Pro 13(年次モデル2016、2017、2018、2019)
  • MacBook Pro 15(年次モデル2016、2017、2018、2019)

 

具体的にどんな不具合か

キーを押しても反応しなかったり、キーを押すと同じ文字が反復入力されるといった症状があります。

かくいう筆者が使っているMacBook Proも一度故障しました。主に「x」キー押すと「xx」と2連続で入力されたり、「z」キーを真上から押さないと入力できないといった症状がありました。また、バタフライキーボードは良くも悪くもカチャカチャした打鍵音が特徴ですが、これが鈍い打鍵音となり、キーの押し心地も悪くなりました。

バタフライキーボードを修理したときの修理報告書(写真クリックで拡大)

 

故障の原因(とされるもの)

キーボード下に入り込んだホコリやチリが堆積してキー反応を鈍くしているようです。

バタフライキーボードは構造的にホコリやチリがキー内部に入り込みやすく、Apple自身もキーボードを定期メンテナンスし、ホコリやチリを取り除くようアナウンスを出しています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT205662

2020年現在、バタフライキーボードは第4世代(第4バージョン)となり、ホコリやチリが入り込んでもキーの反応に影響しないようシリコン膜が被せられていますが、それでもホコリやチリが入りやすい環境は直っておらず、最新モデルなお無償修理対象となります。

画像出典)iFixit The Great Apple Keyboard Cover-Up

 

2019年最新モデルの一部ではついにバタフライキーボード廃止に

2019年11月に発売されたMacBook Pro 16はバタフライキーボードを搭載しておらず、無償修理対象外となります。2020年以降のMacBookシリーズがこれに続くか注目です。

 

故障修理について

正規販売品であり、なおかつ小売販売日(購入日)から4年以内の対象MacBookシリーズであれば、バタフライキーボード修理に限り無償修理が適用されます。

バタフライキーボードの無償修理が適用されるMacBookシリーズ一覧(2020年2月時点)

  • MacBook 12(年次モデル2015、2016、2017)※生産終了
  • MacBook Air(年次モデル2018、2019)
  • MacBook Pro 13(年次モデル2016、2017、2018、2019)
  • MacBook Pro 15(年次モデル2016、2017、2018、2019)

通常Apple製品だと1年の製品保障、あるいはAppleCareの製品保障になりますが、これらとは独立したMacBookシリーズ専用の保障になります。

 

修理に必要な日数

AppleStoreへの持ち込み修理の場合、キー単体の交換修理であれば即日修理が可能です。

ただ、大抵はキートップ全体(キーボード全体)の交換となるため、専用工場に配送しての修理となります。これに伴い数日かかります。筆者経験だと3泊4日かかりました(都内AppleStoreより配送)。

自宅からの配送修理手配も可能であり、こちらの場合、最初から専用工場に配送しての修理となります。AppleStoreからの配送修理先と同じ場所に送られるため、どちらにしろ3泊4日くらいはかかります。

Apple公式修理で手に入るオリジナルクリアファイル

 

中古品でもバタフライキーボードだけなら無償修理できるような話も

新品購入品に限らず中古で購入したMacBookでも同キーボード修理が適用できたという報告がネット上でちらほらあります。

修理の申し込みに際してMacBookのシリアルIDが参照されますので、中古品であっても元々の小売販売日は割り出せるはずです。ですので、これで小売販売日から4年以内の製品となれば、同キーボード修理が適用できる...かも知れません。

 

この記事のまとめ

現行MacBookシリーズが抱えるバタフライキーボード問題について解説しました。

対象MacBookシリーズであれば、小売販売日から4年間はキーボードに限った無償修理が提供されますので、MacBookシリーズを使っている方、MacBookシリーズの購入を検討されている方であれば以下Apple公式ページを確認なりブックマークなりしておきましょう。

https://support.apple.com/ja-jp/keyboard-service-program-for-mac-notebooks

定期メンテナンス方法は以下ページを確認。

https://support.apple.com/ja-jp/HT205662

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ノートPC
-