(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


ノートPC

MacBookとSurface Laptop比較レビュー、OS以外に何が違うのか徹底解説

2020年2月16日

人気ノートPCの2大筆頭「MacBook」と「Surface Laptop」。いざOS以外に何が違うのか知らない人も多いのではないでしょうか。

以下ではMacBookとSurface Laptopの2台持ちの筆者が、それぞれの使い勝手や弱点などを舐め回すように比較レビューしていきます。購入検討の際の参考情報として活用ください。

広告

キーボード比較

MacBookのキーボード特徴

通称バタフライキーボード。キーストローク(キーの沈み具合)がとにかく浅く、力を入れずに指で撫でるようにキータッチできます。そのせいかカチャカチャした打鍵音が響くので、静かな場所での使用が躊躇われます。

バタフライキーボードには故障リスクが存在しており、文字入力できなかったり、文字の反復入力が起きる可能性があります。同問題はAppleも認知しており、キーボード修理に限り、無償修理期間が4年間に延長されました(参考リンク:MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム|Apple

※キーボードにブラックアウトステッカーを貼った状態です

 

Surface Laptopのキーボード特徴

かれこれSurface伝統のキーボード。ノートPCのキーボードにしてはキーストロークが深く、キーを押した感触が残ります。押し心地は気持ちいいです。打鍵音も静かでカチャカチャしません。

 

比較判定

私感ですが、キーボードの出来はSurface Laptopの方が上だと思います。かれこれ筆者は10年来マカーですが、Surfaceキーボードの完成度は非常に高く、特に打鍵音の静かさやキーの沈み具合が気持ちいいと感じました。

MacBookキーボードも悪くありませんし、ハマる人はハマる薄型キーボードですが、対Surfaceで比較すると、やはり打鍵音がうるさいかなと思います。また、バタフライキーボードならではの故障リスクがマイナス点として挙げられます。

 

トラックパッド比較

MacBookのトラックパッド特徴

トラックパッドはMacの代名詞ですね。もはやマウスを使う必要性を感じないレベルに仕上がっており、粗を探そうにも探せません。マウスでできることは全てトラックパッドだけで可能です。

 

Surface Laptopのトラックパッド特徴

MacBookを意識した広めのトラックパッドとMac OS相当のジェスチャー操作を備えます。ただ、ハードのせいかソフトのせいかは分かりませんが、ジェスチャー反応の鈍さが残ります。WindowsノートPCの中では頑張っている方かと思いますが、それでもMacBookと比較すると分が悪いかと。

 

比較判定

トラックパッドは間違いなくMacBookの方が上です。マウスを使う必要がない異次元のクオリティを実現しており、マウスがすでに過去のものとなりつつあります。

Surface Laptopも比較的MacBook路線のトラックパッドで頑張ってはいますが、ストレスフリーに使うには、まだまだマウスを使った方が良いでしょう。

 

ディスプレイ比較

MacBookのディスプレイ特徴

Apple伝統のRetinaディスプレイは、現行MacBookシリーズ全機種で採用されており、その精細さは語るに及ばず。iPhoneで実感した人も多いはずです。ゼロ距離でディスプレイを見てもドットが潰れず、印刷物を見ているような錯覚に陥ります。

ほぼゼロ距離で撮影したMacBookのRetinaディスプレイ(写真クリックで拡大)

 

Surface Laptopのディスプレイ特徴

Surface LaptopはRetinaでもなければ有機ELでもない、昔ながらのIPSディスプレイです。画素数だけで見るとMacBookシリーズと変わらず、普通に綺麗という感想を持ちます。ただ、ゼロ距離でみるとやはりドット感があります。

ほぼゼロ距離で撮影したSurfaceディスプレイ(写真クリックで拡大)

なお、Surfaceシリーズは全機種でタッチパネルに対応しており、Surfaceペンと組み合わせることでペンタブ相当の筆圧(4096段階)が実現できます。これがSurfaceならではの強みとなります。

ただ、Surface Laptopシリーズに限り、上蓋が135度までしか開かない仕様のため、タッチ操作が非常にしにくく、タッチパネルの優位性が薄れます。

Surface Laptopの最大開閉角度、360度回転できず

 

比較判定

ディスプレイそのものの出来で言えばMacBookの方が上かと思います。Surfaceの場合、ペンタブ相当のタッチペンが使える強みがありますが、Surface Laptopは上蓋が135度までしか開かず、タッチパネル要素を潰してしまっている側面があります。

なお、Surface Laptopの上位版であるSurface Bookに関しては360度回転が可能ですので、どうしてもノートPC兼ペンタブとして使いたい人はSurface Bookを選ぶという選択肢もあります。

 

充電環境比較

MacBookの充電環境

現行MacBookシリーズはUSB Type-C端子を使ったUSB PD充電に対応します。USB PD充電は業界共通規格であり、Apple独自規格ではないため、AnkerやRavPowerといったサードパーティ製の充電器(USB PD充電器)でも充電できます。

 

Surface Laptopの充電環境

Surface Laptop 3(2019)に限ればUSB Type-C端子を備えており、MacBookシリーズ同様にUSB PD充電が可能です。

Surface Laptop 2(2018)、Surface Laptop(2017)に関してはUSB Type-C端子を備えておらず、専用端子Surface Connectで充電する必要があります。専用ケーブルを使えばUSB PD充電できないわけではありませんが、いろいろと面倒です(くわしく)。

Surface Connect端子

 

比較判定

条件付きイーブンと言うべきでしょうか。MacBookシリーズは現行モデル全機種で、Surfaceは最新モデル(Surface Laptop 3)に限られますが、USB PD充電が可能です。

Surface Laptop 2(2018)、Surface Laptop(2017)もUSB PD充電自体は可能ですが、Surface Connect経由の変則的なUSB PD充電となるため、専用ケーブルなど準備する必要があります。

 

基本スペック&価格設定比較

現行販売されるMacBookシリーズ一覧(2020年4月時点)

 画面サイズ直販価格(税込、最安構成)ポジション
MacBook Pro 1616インチ273,680円〜プロユース
MacBook Pro 1313.3インチ153,780円〜スタンダードモデル
MacBook Air13.3インチ115,280円〜エントリーモデル

MacBookシリーズは普通のノートPC利用ならMacBook Air多少なりにハードな作業、ファンが回る作業を行うならMacBook Pro 13を選べば価格的にもちょうど良いです。

特にMacBook Airが非常に費用対効果の高いモデルとなりつつあり、OSなど関係なく、単にノートPCが欲しいだけならMacBook Airで十分だと断言できます。

他方、スタンダード以上、プロユース以下のハイエンドユースモデルが存在せず、3Dゲームや動画編集のためのGPUスペックが欲しいとなると、否応にもMacBook Pro 16しか選択肢がありません。これが痛いところです。MacBook Pro 13はあくまで内蔵GPUのエントリースペックモデルであり、GPUカスタマイズなどできません。名前の割に普通のPCなのです。

 

現行販売されるSurface Laptopシリーズ一覧(2020年4月時点)

 画面サイズ直販価格(税込、最安構成)ポジション
Surface Laptop 3(15インチ)15インチ161,480円〜スタンダードモデル
Surface Laptop 3(13.5インチ)13.5インチ139,480円〜スタンダードモデル

(参考掲載)

 画面サイズ直販価格(税込、最安構成)ポジション
Surface Book 2(15インチ)15インチ312,180円〜プロユース
Surface Book 2(13.5インチ)13.5インチ173,800円〜ハイエンドユース

Surface Laptopは立ち位置としてはMacBook Pro対抗モデルであり、その上で最安モデルが13万円台から購入できるのが強みです。

MacBook Pro 13同様にSurface LaptopのGPUスペックもエントリー仕様であり、上位カスタマイズで独立GPUなど選択できません。ただ、上位モデルのSurface Book 2(13.5インチ)なら直販22万円ほどのカスタマイズで独立GPUを選択できるため、MacBookシリーズに比べると価格的な選択肢の幅が広がります。

 

比較判定

費用対効果の観点で言うとSurface Laptopの方が上でしょうか。MacBook Pro 13に相当するスペックながらMacBook Airとも勝負できる価格帯に抑えており、コストパフォーマンスに優れます。

また、GPUスペックを積み上げたい場合もSurface Book 2(13.5インチ)がちょうど良いポジションにありますので、総じてMacBookシリーズのコスパの悪い部分をカバーしている印象があります。

 

まとめ

これまでの比較判定をまとめます。

 MacBookSurface Laptop
キーボード
トラックパッド
ディスプレイ
充電環境◎(※最新機種に限り)
基本スペック&価格設定

MacBookシリーズはキーボードさえしっくりくればノートPCとして文句ありません。Mac OSと相まって動作も安定していますし、マウスを一切使わない、けど不便じゃないスタイリッシュなノートPC生活が味わえます。

Surface Laptopは費用対効果に優れますが、ノートPCの命たるトラックパッドがまだまだですので、マウス必須かと思います。とはいえ、WindowsノートPCとして考えた場合には間違いなく最右翼ですし、MacBookに通づるスタイリッシュさは評価できます。

関連記事

【2015年〜】現行MacBookシリーズのCPUベンチマーク一覧(MacBook Pro / Air / 12)

新着記事


2024/3/1

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ノートPC
-,