【おすすめ4選】MacBook Airが充電できるモバイルバッテリーまとめ(2021年)

スポンサーリンク
広告

USB Type-Cポートを搭載した現行MacBook Airは、急速充電規格「USB PD」準拠のモバイルバッテリーを使えば充電できる。

この記事では、当サイトでレビューしてきたモバイルバッテリーの中からMacBook Air向けに使える4製品をピックアップ。おすすめポイントとともに紹介していく。

MacBook Air向けのモバイルバッテリーを探している人は記事を参考にしてほしい。

MacBook Airをモバイルバッテリーで充電するために知っておきたいこと

USB Type-Cポートを搭載したMacBook Airならモバイルバッテリーで充電できる

もっぱら2018年以降のMacBook Airが対象。USB Type-Cポートを使った急速充電規格「USB PD」に対応しているので、USB PD準拠のモバイルバッテリーで充電できる。

USB PDはApple独自規格ではなく業界標準規格であり、サードパーティが販売しているモバイルバッテリーでも問題なく使える。

なお、従来のMagSafeコネクタ(Apple独自規格)で充電するMacBook Airはモバイルバッテリー非対応。当記事で紹介するモバイルバッテリーも使えないので注意。

 

必要な充電出力は20W〜30W

MacBook Air同梱のApple純正充電器も30W充電器

MacBook Airは最大30Wで充電できる。実測ベースではピーク時でも25W〜28Wといったところなので20W〜30Wのモバイルバッテリーを使えばおおよそ問題ない。

なお、30W以上で出力できるモバイルバッテリーを使ってもMacBook Air充電時には上限30Wで調整されてしまうので、あえて30W以上の製品を購入するメリットはない。

 

10000mAhのモバイルバッテリーだとバッテリー残量50%は確保できる

以下で紹介するモバイルバッテリーはいずれも10000mAh。10000mAhだとMacBook Airのバッテリーが約50%確保できる。フル充電できないのが残念だが、とりあえずの出先の保険として考えれば十分だろう。

なお、フル充電相当の20000mAh級のモバイルバッテリーだが、大半が45Wや60Wなど高出力モデルとなる。30W前後のモデルで20000mAh級の製品は限りなく少ない。

 

充電には両端がUSB Type-C端子のケーブルが必要

USB PD充電を行うためには、MacBook Airに標準同梱されるような両端がUSB Type-C端子のケーブルが必要となる。

ケーブルはApple純正品に限らずサードパーティ製品でも問題ない。特段こだわりがない人であれば、Ankerあたりが発売している1,000円前後のケーブルで十分だ。

 

 

【おすすめ4選】MacBook Airが充電できるモバイルバッテリーまとめ

当サイトでは以下4製品をおすすめしたい。

  1. Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W
  2. Anker PowerCore Fusion 10000
  3. RAVPower モバイルバッテリー 10000mAh(旧RP-PB186)
  4. Anker PowerCore III 19200 60W

 

1. Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W

製品情報

直販価格(税込) 3,990円
バッテリー容量 10000mAh
充電ポート出力 ①最大20W(USB Type-C)※1ポート利用時
②最大12W(USB Type-A)

おすすめポイント

Ankerが発売するモバイルバッテリー。最大20W出力でMacBook Airが充電できる。

高出力とは裏腹に手で持った瞬間にスタイリッシュさ、スマートさが感じられるスリムサイズを実現。サイズ的にはスマホ向けのモバイルバッテリーと変わらぬ薄さ、重さ(211g)なので男性ズボンのポケットに入れておいても違和感ない。

特に欠点らしい欠点もなく、ただただ最大20W出力できるモバイルバッテリーとして極めたような製品だ。他の製品と比較してみて迷ったらこれでいい。

 

 

レビュー記事はこちら

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W レビュー|MacBook Airが充電できるモバイルバッテリー
AnkerのUSB PD対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」を購入したのでレビュー。 20...

なお、同製品の実質的な上位モデルで20000mAhのモバイルバッテリーも存在する。直販価格が5,290円と少し高めだが、20000mAhあればMacBook Airのバッテリーをほぼフル充電できるので検討余地あり。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W(最大20W、直販5,290円)

 

2. Anker PowerCore Fusion 10000

製品情報

直販価格(税込) 4,790円
バッテリー容量 9700mAh
充電ポート出力 ①最大20W(USB Type-C)※1ポート利用時
②最大12W(USB Type-A)

おすすめポイント

Ankerが発売する充電器一体型のモバイルバッテリー。モバイルバッテリーとして使えるほか、電源プラグをコンセントに挿せば充電器としても利用できる。いずれも最大20Wで出力できるのでMacBook Air充電に使うには丁度いい。

サイズは少し大きめ。縦横8cmと野球ボールよりも大きい。厚みも3.5cmと分厚い。あくまでカバンの中に放り投げておくには問題ないサイズだが、それでも薄さ、コンパクトさを求めるのなら先に紹介した「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」の方がおすすめ。

Anker PowerCore Fusion 10000は、言うならファンメイドなモバイルバッテリー。モバイルバッテリーに電源プラグ付けちゃった的なノリだ。サイズよりかは実用性をより重視する人にこそおすすめだ。

 

レビュー記事はこちら

Anker PowerCore Fusion 10000 レビュー|20W出力できる充電器一体型のモバイルバッテリー
Ankerの充電器一体型モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 10000」を購入したのでレビュー。 2021年1月に登...

 

3. RAVPower モバイルバッテリー 10000mAh(旧RP-PB186)

製品情報

直販価格(税込) 3,999円
バッテリー容量 10000mAh
充電ポート出力 ①最大29W(USB Type-C)※1ポート利用時
②最大12W(USB Type-A)

おすすめポイント

RAVPowerのモバイルバッテリー。最大29W出力できるので最大20Wの先2製品よりも(わずかだが)充電速度が速くなる。

本体重量がiPhoneと変わらぬ187gとモバイルバッテリーとしては非常に軽い。手で握れるコンパクトサイズ、スティックサイズなのもいい。Ankerに比べると会社の知名度や信頼性のようなものが低いのがネックだが、物自体は悪くない。

Amazon直販で購入して製品登録すれば30ヶ月保証が受けられる。とかくコスパ重視で、そこそこ知名度のあるメーカー品を探している人なら丁度いい製品だろう。

なお、紹介している型番「RP-PB186」は2種類ある。29W出力できるのは旧式モデルであり、2020年に登場した新型モデルだと18W出力になるので注意。以下の商品リンクは旧式モデルのものだ。

 

レビュー記事はこちら

【USB PD対応】RAVPower モバイルバッテリー 10000mAh(旧RP-PB186)レビュー
ここ数年の一大トレンド「USB PD」(USB Power Delively)。USB Type-Cケーブル一本でスマホ、タブレット、ノートPCが急速充...

 

4. Anker PowerCore III 19200 60W

製品情報

直販価格(税込) 6,990円
バッテリー容量 19200mAh
充電ポート出力 ①最大60W(USB Type-C)※1ポート利用時
②③最大12W(USB Type-A)

おすすめポイント

モバイルバッテリーでは数少ない60W出力に対応するモデル。MacBook Airがフルスピードで充電できる。なおかつ、バッテリー容量は19200mAhあり、MacBook Airが1回分フル充電できる。MacBook Airで使うにはうってつけの製品だ。

ただ、本体重量が410gと結構ガチな重さ。持てない重さではないが、常時携帯するとなると気になってくる重さだと思う。

先3つの充電器が「もしかしたら充電するかもしれない」くらいの人におすすめだとして、60Wの同モバイルバッテリーは「ほぼ確実に充電する」人におすすめだ。日常的に出先でMacBook Airを充電する機会がある人なら選んで損はない。

 

レビュー記事はこちら

Anker PowerCore III 19200 60W レビュー|MacBookがフルスピード充電できる高速&大容量モバイルバッテリー
Ankerが手がける高出力モバイルバッテリー「Anker PowerCore III 19200 60W」をレビュー。 Ankerのモバイルバッテ...

  

この記事のまとめ

MacBook Air向けに使えるおすすめのモバイルバッテリーを紹介した。

MacBook Airはスマホと違ってそこまですぐにバッテリーが無くなるわけではない。ただ、それでも出先ワークの多い人だと予備のバッテリーとしてプラス1本あった方が精神衛生上安心できることもあると思う。

幸い、MacBook Airが急速充電規格「USB PD」に対応したことで従来よりも劇的に充電環境が向上。予算も4,000円程度でどうにかなるので、ぜひ記事で紹介した4機種など試してみてほしい。

 

この記事で紹介したモバイルバッテリーまとめ

1. Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W(最大20W、直販3,990円)

 

+α. Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W(最大20W、直販5,290円)

 

2. Anker PowerCore Fusion 10000(最大20W、直販4,790円)

 

3. RAVPower モバイルバッテリー 10000mAh(旧RP-PB186)(最大29W、直販3,999円)

 

4. Anker PowerCore III 19200 60W(最大60W、直販6,990円)

 

関連記事

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ【2021年版】
人気充電器メーカー「Anker」。MacBookシリーズが充電できる急速充電器ことUSB PD充電器も数多く取り扱う。 この記事ではAnkerが取...
MacBook Air(M1)と一緒に揃えたい おすすめアクセサリー・周辺機器まとめ
2020年に全面リニュアルされたMacBook Air。これまでのインテル製CPUからApple自社製CPU「M1」に切り替え、従来モデルから3倍以上と...
タイトルとURLをコピーしました