Anker PowerPort III 65W Pod レビュー|最大65W出力できるUSB PD充電器

スポンサーリンク
広告

USB PD充電器「Anker PowerPort III 65W Pod」をレビュー。

USB PD充電器とは、スマホからノートPCまで充電できる業界共通の充電器。USB Type-C端子を使った充電規格で最大100Wの充電が行える。

そのうえで今回レビューする Anker PowerPort III 65W Pod最大65W出力できるUSB PD充電器だ。スマホやタブレットはもちろんノートPCまで充電できる高出力モデルとなる。出先でのPCワークだったり、旅行・出張の際のお供充電器として丁度よい。

以下レビューしていくので購入検討の際の参考にされたい。

レビュー対象製品

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー

Anker PowerPort III 65W Pod は、人気充電器メーカーAnkerが発売するUSB PD充電器。2020年7月に発売開始となった。直販価格は2,990円、18ヶ月の製品保証が付く(Anker会員は24ヶ月)。

最大65W出力できるUSB PD充電器であり、スマホ、タブレット、ノートPCなど大方充電できる。

USB PD充電器はデバイスごとの出力上限(目安)が定まっていて、スマホが18W、タブレットが30W、ノートPCが60Wといった具合だ。

65Wとなると、スマホやタブレットを充電するだけであればオーバースペックなので、基本的にはノートPCの充電メインで、スマホやタブレットも一緒に充電したい人が購入を検討すべきだ。

Anker PowerPort III 65W PodをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

サイズ・外観

サイズは長い方が6.6cm、短い方が4.2cm。厚さは2.9cmで電源プラグは折りたためる。

手で楽々握り込めるサイズなので、外出用途の充電器としてはもちろん、自宅コンセントで使うときも邪魔にならなくてよい。

60W台の充電器としては非常にコンパクトで、たとえば、MacBook Pro 13に同梱しているApple 61W充電器(Apple純正充電器)と比べるとサイズが2分の1ほどしかない。

同等出力のApple 61W充電器(写真右)とサイズ比較

同等出力のApple 61W充電器(写真右)と厚さ比較

これだけのコンパクトサイズながら流行りの窒化ガリウム(GaN)充電器ではなく、従来一般的なシリコン素材の充電器なので驚きだ。AnkerいわくのMiniFuel技術を採用しており、窒化ガリウム(GaN)を使わずに高い充電効率と放熱性を実現しているとのこと。

本体重量は118g。窒化ガリウム(GaN)充電器でも60W台のものだと重量100g前後なので、非窒化ガリウム充電器で118gはかなり軽い。

外観はツルッツルしている。フィルムを巻いたようなツヤ仕上げボディだ。指紋は付きにくい。

Anker PowerPort III 65W PodをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

出力値

インターフェースはUSB Type-Cポートが一つ。USB PD規格で最大65W出力できる。USBチェッカーで測定した正確なスペック値は以下のとおり。特段問題はなかった。

(写真クリックで拡大)

USB PD充電の上位規格たるPPS(Programmable Power Supply)にも対応しており、Galaxy S20シリーズなどごく一部のスマホに限ればUSB PD以上の”超”急速充電が可能だ。

Anker PowerPort III 65W PodをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

実際に充電してみる

iPhone充電

(写真クリックで拡大)

iPhone SE(2020)を充電したところ、約11Wで充電できた。iPhone SE(2020)なのでUSB PD充電でも出力が控えめだが、iPhone 11シリーズなど上位モデルだともう少し出力が大きくなる。

 

タブレット(iPad Pro)充電

(写真クリックで拡大)

iPad Pro 10.5を充電したところ、約29Wで充電できた。iPad Proシリーズは最大30Wを上限にUSB PD充電できるので、29Wは仕様上限ギリギリの理想的な出力値だ。

 

ノートPC充電

(写真クリックで拡大)

MacBook Pro 13(2016)を充電したところ、約49Wで充電できた。MacBook Pro 13は、USB PD充電で最大60W(前後)を上限に実測40W〜50Wで充電できるので、49Wは妥当かつ優秀な出力値だろう。

Anker PowerPort III 65W PodをAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます] 

 

この記事のまとめ

Anker PowerPort III 65W Pod をレビューした。

最大65W出力できるUSB PD充電器として文句ない製品だ。ノートPC充電を基本としつつ、スマホやタブレットも充電したい人に丁度よい。

なおかつ、60W台の充電器として最安級の2,990円で購入でき、本体サイズもコンパクトで悪くない。粗らしい粗もなく、60W台のUSB PD充電器として王道かつ妥当な1品だろう。

レビュー対象製品

関連記事

AnkerのおすすめUSB PD充電器を厳選ピックアップ
人気充電器メーカーAnker。この記事ではAnkerが発売するUSB PD充電器の中から筆者が特におすすめする3機種を厳選して紹介している。 An...
Anker PowerPort Atom III Slim(A2614)レビュー|Anker史上最もミニマルなUSB PD充電器
充電器メーカーとして名高いAnkerから驚きの小ささ、薄さ、軽さを持ち合わせた充電器が発表された。それが今回レビューする「Anker PowerPort...
Anker PowerPort Atom III Slim(Four Ports)レビュー|USB PD対応の複数ポート充電器
充電器トレンドはUSB PD(USB Power Delivery)一色だ。スマホもタブレットもノートPCも充電できる業界共通の充電規格とあって、ここ数...

関連特集記事

MacBook Proの代用充電器まとめ|主要メーカーの高出力USB PD充電器だけピックアップ
USB Type-C端子を搭載した現行MacBook Pro。急速充電規格「USB PD」に対応しており、USB PD充電器で充電できる。 USB...
タイトルとURLをコピーしました