(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


ノートPC

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー|最大65W出力できるUSB PD充電器

2020年10月19日

USB PD充電器「Anker PowerPort III 65W Pod」をレビュー。

USB PD充電器とは、スマホからノートPCまで充電できる業界共通の充電器。USB Type-C端子を使った充電規格で最大100Wの充電が行える。

今回レビューする Anker PowerPort III 65W Pod最大65W出力できるUSB PD充電器。スマホやタブレットはもちろんノートPCまで充電できる高出力モデルとなる。

もっぱら60W超となるとノートPC充電に使うのが主だ。出先でのPCワークだったり、旅行・出張の際のお供充電器としての運用を考えている人はレビューを参考にしてほしい。

広告

【レビュー対象製品】Anker PowerPort III 65W Pod

発売時期2020年7月
直販価格2,990円(税込)

カラーリングはホワイトとブラックの2色展開。レビューはホワイトで行う。

○ Anker PowerPort III 65W Pod の評価ポイント
MacBook Proも充電できる高出力充電器(最大65W)
圧倒的コンパクトサイズ、Apple純正充電器の2分の1サイズ

Apple純正充電器の2分の1以下で買えるコスパ(直販2,990円)

× ダメなところ
1ポートしか搭載せず

 

 

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー

製品概要

Anker PowerPort III 65W Pod は、2020年7月に発売が開始されたAnkerのUSB PD充電器。直販価格は2,990円。18ヶ月の製品保証が付く(Anker会員は24ヶ月)。

最大65W出力できるUSB PD充電器であり、スマホやタブレットはもちろん、MacBook AirやMacBookなど大方ノートPCも充電できる。

65WとなるとUSB PD充電器の中でも高出力モデルに該当。スマホやタブレットを充電するだけであればオーバースペックなので、基本的にはノートPCの充電メインで、なおかつスマホやタブレットも一緒に充電したい人が購入を検討すべきだ。

 

 

サイズ感

サイズは長い方が6.6cm、短い方が4.2cm。厚さは2.9cm。電源プラグは折りたためる。

手で楽々握り込めるサイズなので、外出時の持ち運び用途の充電器としてはもちろん、自宅コンセントで使うときも邪魔にならなくてよい。

出力的にはMacBook Pro 13に同梱しているApple 61W充電器(Apple純正充電器)と同等だが、充電器のサイズで比べると2分の1ほどの小ささなので驚きだ。

同等出力のApple 61W充電器(写真右)とサイズ比較

同等出力のApple 61W充電器(写真右)と厚さ比較

これだけのコンパクトサイズながら流行りの窒化ガリウム(GaN)充電器ではなく、従来一般のシリコン素材の充電器となる。AnkerいわくのMiniFuel技術を採用しており、窒化ガリウム(GaN)を使わずに高い充電効率と放熱性を実現しているとのこと。

本体重量は118g。窒化ガリウム(GaN)充電器でも60W台のものだと重量100g前後なので、非窒化ガリウム充電器で118gはかなり軽い。

 

 

外観

外観はツルッツルしている。フィルムを巻いたようなツヤ仕上げボディだ。傷はもちろん指紋も付きにくい。

 

 

充電スペック

インターフェースはUSB Type-Cポートが一つ。USB PD規格で最大65W出力できる。USBチェッカーで測定した正確なスペック値は以下のとおり。特段問題はない。

(写真クリックで拡大)

なお、USB PD充電の上位規格たるPPS(Programmable Power Supply)にも対応しており、Galaxy S20シリーズなどごく一部のスマホに限れば最大45Wの急速充電が行える。

 

 

充電レビュー

iPhone充電

(写真クリックで拡大)

iPhone SE(2020)を充電したところ、約11Wで充電できた。

iPhone SE(2020)はUSB PD充電に対応しており、最大18W(理論値)で充電できる。通常の充電器だとMAX12WなのでiPhone SE(2020)で常時10W台での充電と考えれば十分だ。

 

 

タブレット(iPad Pro)充電

(写真クリックで拡大)

iPad Pro 10.5を充電したところ、約29Wで充電できた。

iPad Proシリーズは最大30Wを上限にUSB PD充電できるので29Wは仕様上限ギリギリの理想的すぎる出力値。

 

 

ノートPC充電

(写真クリックで拡大)

MacBook Pro 13(2016)を充電したところ、約49Wで充電できた。

MacBook Pro 13は、USB PD充電で最大60W(前後)を上限に実測40W〜50Wで充電できるので49Wは妥当かつ優秀な出力値だ。

 

 

この記事のまとめ

Anker PowerPort III 65W Pod をレビューしてきた。

ただただ最大65W出力できるUSB PD充電器として利用できる。特に粗らしい粗もなく、MacBook Air、MacBook Proユーザーなどに「ぜひに」とおすすめしたい良品だ。

また、USB PD充電器の仕様上、出力の下位互換も可能なのでスマホやタブレットの充電で使うにも悪くない。65W以内の充電であれば、これ1台あれば十分だろう。

 

 

レビュー対象製品

 

 

関連記事

Anker充電ケーブルの選び方|充電用途に応じたケーブルを種類別に一挙解説

続きを見る

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ。おすすめ製品もピックアップ【2024年】

続きを見る

【おすすめ抜粋】MacBook Airが充電できるAnkerモバイルバッテリーまとめ(2023年)

続きを見る

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ノートPC
-, ,