ワイヤレスイヤホン

AirPods Pro レビュー|業界トップのノイズキャンセリング性能(静音効果)を持つ上位版AirPods

2020年7月5日

ワイヤレスイヤホンとして高い知名度を誇る「AirPods」。屋外でも音飛びしないワイヤレス接続の安定感、Apple製品ならではの使い勝手のよさが相まり、iPhoneユーザーを中心に爆発的な人気を得ている。

そんなAirPodsの上位版モデルとなる「AirPods Pro」の発売が開始となり、これまたiPhoneユーザーから熱視線が寄せられる。

AirPods Pro

中身はほぼほぼAirPodsなのだが、プラスアルファでノイズキャンセリング(ANC)に対応。そのノイズキャンセリングが最強すぎて、たかだかプラスアルファでここまでAirPodsと別物になってしまうのかと悩ましさ覚える完成度。

おかげで購入すべき人の特徴はわかりやすい。これもうノイズキャンセリングを使いたい人が購入すべき製品だ(なおかつ理想はiPhoneユーザー)。

この記事ではノイズキャンセリングを中心にAirPods Proの使い勝手をレビューしていきたい。

通常のAirPodsではなくAirPods Proに興味を持っている人、ノイズキャンセリングに価値を見いだしている人であれば、ぜひレビューをチェックしてみてほしい。

目次

【レビュー対象製品】Apple「AirPods Pro」

発売時期2019年10月
市場価格3万円前後

カラーリングはホワイト1色。

なお、2021年10月よりMagSafe対応の新ケース版にリニュアルされた。ケースのみのリニュアルであり、イヤホンそのものは変わらず。旧ケース版も販売継続しており、2.6万円前後で購入できる。

新ケース版(Lightningケーブル充電、ワイヤレス充電、MagSafe充電に対応)

旧ケース版(Lightningケーブル充電、ワイヤレス充電に対応)

Amazonで製品をチェック

購入前に試してみたい方はレンタルも検討あれ。

 

Apple「AirPods Pro」の製品概要

製品概要

AirPods上位版モデル、ノイズキャンセリング(ANC)対応

空間オーディオ対応、iPhone、iPadであれば音の厚みのあるオーディオ再生が可能

AirPodsながらイヤーピース採用、イヤホンの抜け落ちリスクが低い

生活防水(IPX4)対応、雨、汗など耐えられる

高性能マイク搭載、口元の音だけ拾ってくれるノイズカット仕様

留意点ないしデメリット

Androidスマホからだと所々カスタマイズできず、スマホからのバッテリー残量も確認できず

 

スペックシート




Appleデバイスとの相性抜群
iPhoneであれば初回のペアリングは専用ポップアップ画面から数タップで完了。Appleデバイス間のマルチポイント接続も使える。

ノイズキャンセリング(ANC)対応
業界トップクラスの静音性能を実現。オーディオ止めれば耳栓そのもの。

オーディオはフラット(音の強弱が少ない)
長時間のリスニングでも聞き疲れない。低音が少しこもり気味。

屋外でも安定したワイヤレス接続
AirPodsならではのワイヤレス接続の安定感は健在。Apple自社開発チップ「Apple H1」新搭載でさらに安定増。

業界スタンダードの24時間のバッテリー持ち
イヤホン単体4.5時間、ケース充電を含めて最大24時間。ノイズキャンセリング常時ONだともう少し短め。

通話マイク搭載(ノイズカットあり)
ビデオ通話のイヤホン&マイクとして利用可能。ノイズカット機能あるので自宅ビデオ通話での生活音シャットアウトにも活用できる。

生活防水(IPX4)対応
雨、汗など問題なし。浸水やイヤホンの水洗いは故障リスクあり。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体4.5時間、ケース併用で最大24時間
(ノイズキャンセリング利用時)不明
充電方法Lightning(有線)、Qi(無線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク○(ノイズカットあり)
外音取り込み機能
ノイズキャンセリング(ANC)

ペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大?台)
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え

Amazonで製品をチェック

 

通常版AirPods(AirPods 第2世代)との違い

通常版AirPodsと比較してAirPods Proでは以下3点がアップグレードされた。

  1. ノイズキャンセリング対応
  2. 防水対応(通常版AirPodsは防水非対応)
  3. イヤホン形状の刷新(通常版AirPodsはイヤーピースなし)

一番の違いは、やはりノイズキャンセリングの対応有無。極論、ノイズキャンセリングが使いたければAirPods Pro、ノイズキャンセリングが必要なければ通常版AirPodsで十分だ

AirPodsごとの違いをチェック

【何が違う?】Apple「AirPods」シリーズの種類の違い&選び方を徹底解説

続きを見る

 

イヤーピース採用でフィット感向上、イヤホンの抜け落ちリスクも多分に軽減

AirPods Proはイヤーピース搭載。おかげで通常版のAirPodsよりも堅牢なホールド感、フィット感を実現している。

通常版のAirPodsだとイヤーピースを使っておらず、耳穴の入口部分に引っ掛けているだけだったので、ふとしたタイミングで耳からAirPodsが抜け落ちるリスクがあった。

対してAirPods Proであればイヤーピースが耳穴に広がる形でしっかりとフィットすることもあり、イヤホンの抜け落ちリスクが多分に軽減される。「AirPodsは紛失多そう...」と不安ある人であれば、AirPods Proのイヤーピース採用は極めて高い評価ポイントになると思う。

通常版のAirPods同様に耳の外に飛び出してるデザインは変わらないが、”うどん”が短くなったこともあり、ホールドは安定している。見た目もシュッとした、スマートな印象でよし。

 

充電ケースは変わらずコンパクト

充電ケースは縦4cm、横6cm、厚み2cmほど。クレジットカードの半分ほどの大きさだ。

男性ズボンのポケットおろか、小ポケットにも入れておける奇跡的なサイズ感。邪魔に感じることはまずないだろう。

なお、充電ケースは従来のAirPodsと構造が異なる新設計デザイン。従来のAirPodsの保護ケースは使いまわせない。

 

充電はライトニングケーブルで、あるいはワイヤレス充電も可能

iPhoneと同じくライトニングケーブルで充電できるほか、ワイヤレスイヤホンでは珍しくワイヤレス充電(Qi充電)にも対応している。ワイヤレス充電器を持ってる人ならチャージャーに放置しとくだけで勝手に充電できるのでラクラクだ。

 

ペアリング接続のこと

Apple「AirPods Pro」の主なペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法イヤホンをケースに仕舞った状態でケース背面のボタンを5秒長押し
マルチポイント△(Appleデバイス間のみ可能)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。AirPods Proは、同一のApple IDでサインインしたAppleデバイス間のみでマルチポイント接続できる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。対してAirPods Pro は、現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


Appleデバイス間ならマルチポイント(同時接続)可能

同一のApple IDでサインインしたAppleデバイス間であればマルチポイント接続できる。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch間でオーディオ再生しているデバイスに自動でペアリングが切り替わる。たとえば、MacでNetflix視聴中にiPhoneに着信があれば、そのままiPhone側にペアリングが切り替わり通話対応できる。その後、MacでのNetflix視聴を再開すればMac側にペアリングが切り替わる。

在宅ワークなどで普段から複数デバイス間でワイヤレスイヤホンのペアリングを切り替える機会がある人なら重宝すること違いない。

Amazonで製品をチェック

 

Apple「AirPods Pro」を実際に使ってみた感想とレビュー

ノイズキャンセリング(ANC)は圧巻の静けさ、風切り音もカット

AirPods Pro の代名詞たるノイズキャンセリング(ANC)。

ノイズキャンセリングとは、周囲の音を拾い、それを打ち消す機械音を発生させることで騒音を低減させる機能。

機械音の発生で音質に影響が出てしまうのを防ぐため、控えめのノイズキャンセリングに留める製品が多いのだが、AirPods Proは音質無視した、とことんまでに徹底したノイズキャンセリングを実現。業界トップと名高い静音性能を誇る。

ケースからイヤホンを取り出して耳につけた瞬間に、いや本当に瞬時に無音空間に切り替わる。初めてノイズキャンセリングを使う人だとこの時点で感動すること違いない。

屋内で使えばエアコンの音、キーボードの音、窓の外の喧騒が消える。屋外なら電車や自動車の走行音が気持ち7割ほど低減してしまう。オーディオ再生を止めた状態なら耳栓としても活用できるレベルなので、カフェで勉強や読書するときに耳栓代わりに使うのも十分に現実的だ。

外側マイクで風切り音も徹底カット

また、風切り音(イヤホンに風が当たった音)もカットしている。ノイズキャンセリングは仕様上、周囲の音を一時的に取り込むので屋外で使うと風切り音も取り込みがち。ただ、AirPods Pro は(どういうわけか)風切り音だけをきれいに取り除いていて風切り音の影響が皆無。屋外でノイズキャンセリングを使いたい人でも安心していい。

Amazonで製品をチェック

 

外音取り込みは非常に高精度、オープンイヤーイヤホン代わりに使える

ノイズキャンセリングと並ぶ隠れたセールスポイントが外音取り組み機能(Appleいわく”外部音取り込み")。

外音取り組み機能はイヤホンスピーカー通じて周囲の音が聞き取れる機能。骨伝導イヤホンやオープンイヤーイヤホンのようにして活用できる。

他社製品だと取り込み音がこもった感じになりがちだが、AirPods Pro は非常に音が明瞭。周囲の音をほぼ9割方そのまま通しているので常時ONで使っても気持ち悪くない。実用レベルにある一機能として存分に使っていけると思う。

 

音質はフラット、よくあるAppleイヤホン

オーディオはほぼAirPods同等レベル。音の強弱が少ないフラット志向の音質。

中音〜高音は比較的音の解像度が高く、細かな音も描写されている。ただ、低音がこもり気味。ロック系の曲など聞くと低音の先っちょがゴニョゴニョっとした風合いになる。

よくも悪くもAirPodsであり、昔ながらのAppleイヤホンを踏襲したオーディオ。長時間のリスニングでも聞き疲れないイヤホンとして考えれば優秀かと思う。

 

遅延(音ズレ)ほぼなし、Netflixも問題なし

YouTubeやNetflixでの動画視聴はもちろん、スマホゲームでも音ズレらしい音ズレが明確に認知できず。

AirPods Pro とはいえ、あくまでBluetooth 5.0かつAACでの接続となるため、100%の音ズレが回避できてるわけではない。ただ、動画を見たりポチポチゲーをプレイする程度であれば、なんら問題もストレスも感じないレベルで使いまわせるので心配しなくていい。

 

ノイズカット通話マイクは高性能、隠れたセールスポイント

筒の先端部にマイクあり

AirPods Pro の隠れたセールスポイントが通話マイク。

ノイズキャンセリング用の集音マイクを活用した高精度の通話時ノイズカットに対応。口元の音、周囲の音、風切り音を別々に認識して、口元以外の音を極力除去して通話転送してくれる。

たとえば、テレビの前で喋っていてもテレビの音だけがトーンダウンして、口元の音だけが極力通話に乗るトリッキーなノイズカットが使える。

普段からイヤホン経由で通話する機会が多い人なら通話マイクのためだけに AirPods Pro を確保しておいても損はない。屋外や騒音のある場所で通話したいときはもちろん、在宅ビデオ通話で生活音をシャットアウトしたいときにも活用できる。

 

感圧ボタンは感動する使い勝手、「押し間違い」なる概念なし

感圧ボタン搭載

ワイヤレスイヤホンだとタッチセンサーかタッチボタンで操作するのが一般的だが、AirPods Pro は感圧ボタンを搭載している。

ボタン部分を押すと軽く振動してボタン操作が起動。かつてのiPhoneのホームボタン(Touch ID)でも採用された仕組みだ。

これまた非常に使いやすい。ボタンを押すのに力を入れる必要なく、一方でタッチセンサーではないのでふとしたタイミングで手が触れて反応することもない。タッチボタンとタッチセンサーの弱点を廃した”パーフェクト”と言いたくなる操作感に感動する。

【補足】ボタン操作コマンドは以下のとおり

ボタン操作コマンド(左右共通)
1回押しオーディオ再生/停止
2回押し曲の先送り
3回押し曲の前戻し
長押し「ノイズキャンセリング←→外音取り込み」の切り替え

着信対応/着信終了は1回押し、着信拒否は2回押し。

イヤホン着脱によるオーディオの自動再生/停止機能あり
イヤホンを外せばオーディオ停止、イヤホンを装着すればオーディオ再生が自動で可能。

Amazonで製品をチェック

 

Apple「AirPods Pro」の気になったところ(あるいはデメリット)

カスタマイズ要素は少なめ、Androidスマホで使う場合は一切のカスタマイズ不可

iPhoneとペアリングしている状態であれば、ボタン操作コマンドの「長押し」コマンドのみ変更可能。ノイズコントロールをSiri起動に変更できる。そのほか特にカスタマイズできず。イコライザー調整もできない。

Androidスマホとペアリングして使う場合は一切のカスタマイズができない。iPhone上のカスタマイズ設定を引き継ぐこともできず。

あくまでBluetooth製品なのでAndroidスマホとペアリング自体は可能だが、基本的にはiPhoneとセットで使った方がよさそうだ。

【レビュー】AndroidスマホでAirPods Proが使えるか試してみた

続きを見る

 

空間オーディオの対応サービスは限られる

AirPods Pro はAppleが提供する3Dオーディオサービス「空間オーディオ」に対応。イヤホンスピーカーの音の鳴り方、音の強弱を調整して映画館のように前後左右から音が鳴る不思議な音楽体験が味わえる。

ただ、すべてのアプリが空間オーディオに対応しているわけではない。現状でApple Music、Apple TVくらいしか対応していない。ここらのサービスを契約していない人だと空間オーディオ対応といってもあまりセールスポイントにならなそう。

2021年10月追記)
空間オーディオがYouTube、Netflix、Amazonビデオなど主要なVODに対応。わりかし使えるシチュエーションが増えてきた。

【Tips】AirPodsシリーズで空間オーディオを使う方法(iPhone・Android)

続きを見る

 

Androidスマホで使う場合はバッテリー残量が確認できない

AirPods Pro は物自体はBluetoothイヤホンなのでAndroidスマホとペアリングできる。

ただ、Androidスマホとペアリングした場合だとスマホ上でバッテリー残量を確認する手段がない。ここらの勝手の悪さは否めない。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】iPhoneユーザーでノイズキャンセリング狙いの人なら「買い」推奨

ここまで AirPods Pro をレビューしてきた。

通常版AirPodsにノイズキャンセリングを付けただけなのだが、そのノイズキャンセリングが圧倒的すぎて、ノイズキャンセリング一つでここまで世界が変わるのかと言わんばかり。

オーディオ再生しているときならオーディオに集中できるし、オーディオを止めた状態なら耳栓そのもの。あまりに静かすぎて初見だと意味がわからない。イヤホンを耳に付けた瞬間に「ん??」って感じになる。

市場価格3万円と高価だが、AirPodsならではの使い勝手のよさ、そしてノイズキャンセリング性能を加味して考えれば妥当な価格だと思う。

特にノイズキャンセリング狙いでAirPodsの購入を検討しているiPhoneユーザーであれば購入して損はない。存分にその静寂を味わってみてほしい。

 

レビュー対象製品

新ケース版(Lightningケーブル充電、ワイヤレス充電、MagSafe充電に対応)

旧ケース版(Lightningケーブル充電、ワイヤレス充電に対応)

Amazonで製品をチェック

 

関連記事

【最安比較】AirPods Proがお試しできるレンタルサービスまとめ

続きを見る

【レビュー】AndroidスマホでAirPods Proが使えるか試してみた

続きを見る

AirPods 第3世代(2021)レビュー|空間オーディオで化ける次世代AirPodsの実力をチェック

続きを見る

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-