ワイヤレスイヤホン

Apple「AirPods Pro」レビュー|ノイズキャンセリングに対応したAirPods上位版モデル

2020年7月5日

ワイヤレスイヤホンの代名詞たるApple「AirPods」。その上位版となる「AirPods Pro」が発売開始となり、相変わらずの人気ぶりを見せている。

新たにノイズキャンセリング機能(周囲の騒音カット機能)を搭載。屋外でも屋内でもイヤホンを付けた瞬間に静寂が味わえる。ノイズキャンセリングにさして興味がない人でも一度使ってしまうと病みつき間違いなしだ。

以下ではAirPods Proのノイズキャンセリング機能はじめ、その使い勝手をレビューしていく。特にiPhoneユーザーでAirPods Proの購入を検討している人であれば記事を参考にしてほしい。

【レビュー対象製品】AirPods Pro

発売時期2019年10月
市場価格3万円前後

カラーリングはホワイト1色。

 

 購入前に試してみたい方はレンタルも検討あれ。

AirPods Pro レビュー

製品概要

AirPods Pro は2019年10月に発売開始となったAppleの新作ワイヤレスイヤホン。従来AirPodsの上位版に位置付けられる。市場価格は3万円前後。

新たにノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)に対応。低音を中心に周囲の雑音をカットし、静寂に浸れる。オーディオ再生を止めた状態なら耳栓としても活用できる。

ネーミングのせいかiPhone専用のワイヤレスイヤホンと思われがちだが、AndroidスマホなどiPhone以外のデバイスでも問題ない。物自体はBluetooth 5.0のワイヤレスイヤホンであり、通常のBluetooth製品として接続すればいいだけだ。

 

外観デザイン

写真の縦4.5cm、横6cm

厚さは1.8cmほど

従来AirPodsは縦長ケースだったが、AirPods Pro は横長ケースに変更された。男性ズボンの小ポケットに入るコンパクトサイズは変わらず。

イヤホン本体は従来AirPodsよりも小型化。うどん(下に伸びてる部分)が短くなり、”シュっ”としたシャープな印象だ。

イヤーピースに対応したこともあり、従来のAirPodsよりもホールド感は向上。依然として耳穴の外側に垂らしているデザインなので(雑な人だと)紛失の不安はあるが、従来AirPodsよりも重量バランスはよく、イヤホンが外れにくいのは評価できる。

 

イヤーチップは独自仕様

AirPodsシリーズでは初めて搭載されたイヤーチップ。サイズはS、M、Lの3種類。Apple独自規格で作られており、他社が販売する汎用品では代替できない。Appleらしさ一方、交換品は1サイズ2セット900円といい値段がするので紛失注意だ。

 

ペアリング勝手

iPhone、iPadで使う場合はケース蓋を開くだけで自動でペアリングが始まる。あとはポップアップ画面の指示に従って設定すれば問題ない。

AndroidスマホやPC/Mac環境でもペアリングできる。物自体はBluetooth 5.0のワイヤレスイヤホンであり、各々デバイスのBluetooth設定画面から通常どおりペアリング設定できる。

Appleデバイス同士ならマルチポイント対応

AirPods ProはApple版マルチポイントに対応。同一のApple IDでサインインしているAppleデバイス間で同時に接続待機できる。

Apple版マルチポイントを使うことでオーディオ再生中のAppleデバイスに自動でペアリングが切り替えられる。たとえば、Macで動画視聴中にiPhoneに着信が来た場合、AirPods Proのペアリング先がMacからiPhoneに自動で切り替わり、そのまま着信対応できる。Macで動画再生を再開すると今度はiPhoneからMacにペアリング先が切り替わる。

 

オーディオ性能(音質)

音質は従来AirPodsとさして変わらず。普段使いでは支障ないが、3万円のワイヤレスイヤホンと言われると戸惑うと思う。ほぼほぼ1万円台のクオリティだろう。

オーディオ評で言えばカマボコ型、音の強弱が少ないフラットな音質だ。これまでAirPodsを使ってきた人であれば、そっくりそのままの音質なのでイメージしやすいかと思う。

昨今、ソニーはじめとしたオーディオメーカーが2万円〜3万円の音質重視のワイヤレスイヤホンを相次いで発表しているので、どうしてもこれらに比べると音質は劣る。どうしても音質が譲れないのであれば他社のワイヤレスイヤホンを検討した方がいい。

 

ノイズキャンセリング性能

AirPods Pro の代名詞とも言えるノイズキャンセリング。イヤホンを付けた瞬間に雑音が消えるのが分かる。風の音、電車の音、擦れた音、扇風機の音、革靴のカツカツ音などきれいに消える。「ああ、これがノイズキャンセリングなんだな」とおそらく10人中10人が理解できるクオリティだ。

全体的に低音を中心に除去。話し声や最低限の生活音は残っているが、これは一種の安全仕様となる。他社ワイヤレスイヤホンも似たような感じなので特にあげつらう箇所ではない。

オーディオ再生を止めてノイズキャンセリングだけで使うこともできるので、図書館やカフェなど静かな場所で耳栓代わりに使うのも十分に現実的だ。

 

外音取り込み機能

黒い部分がイヤホン外側の集音マイク、ノイズキャンセリングでも使用

ノイズキャンセリングと合わせて AirPods Pro の代名詞となる外音取り込み機能。イヤホンを付けたまま周囲の音、人の話し声を拾う機能で、イメージで言うと補聴器だ。もっぱらジョギング中に安全考慮して使ったりする。

実際に使ってみるとナチュラルに外音が聞こえる。ダクト音のような「ゴーッ」と言った音が強調されるが、それでも下手なワイヤレスイヤホンのような吃った感じにはならない。ほぼほぼクリアに周囲の音が聞こえるので普段使いするのも十分に現実的だ。

イヤホン横の感圧ボタンで外音取り込み機能のON/OFF可能

 

ワイヤレス接続の安定感

AirPodsシリーズの代名詞とも言える接続安定性は AirPods Pro でも健在。駅や街中など人が多く、混線しがちな場所でも接続切れ、音切れ、通信延滞など遭遇することは稀だ。特にiPhoneとペアリングして使っているときの安定感は業界随一だ。

 

バッテリー持ち

イヤホン単体で5時間、ケース併用時は24時間のバッテリー持ち(どちらも公称値)。ノイズキャンセリング使用時はもう少しバッテリー減りが早くなる。

ノイズキャンセリング使用時を除けば、バッテリー持ちは従来AirPodsと変わらず悪くない。業界一般的なバッテリー水準だ。

ライトニングケーブルを使ったケーブル充電とワイヤレス充電に対応している。ワイヤレス充電はQi充電なので市販のQi充電器で充電できる(※Apple Watchのような特殊仕様ではない)。

 

そのほか抑えておきたい細かいところ

マイク性能はよい

通話は内側マイクを利用

AirPods Pro は内蔵マイクを使った通話やSiri操作が可能。マイク感度は良く、室内利用、野外利用どちらも問題なく声が通話相手に届く。使っていて特に不満は持たなかった。

 

感圧タッチボタンは非常に使いやすい

感圧ボタン仕様

ワイヤレスイヤホンとしては唯一無二となる感圧タッチボタンを搭載。かつてのiPhoneのホームボタンのように押した感触が指に残るため、ボタンの複数回押しなど操作しやすい。

ボタン操作コマンドは以下のとおり。

  • 1回押しでオーディオ再生/停止、電話応答
  • 2回連続押しで次の曲に
  • 3回連続押しで前の曲に
  • 長押しで「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み機能」を切り替え

音声アシスタント(Siri)に関してはイヤホンマイクに「Hey! Siri」と呼びかけると起動できる。

 

防水(防滴)は最低限のIPX4

IPX4仕様の防水(防滴)を備える。水洗いやプール利用は無理だが、雨の日の屋外利用やジムやジョギングなど汗をかく環境での利用であれば大方問題ないだろう。

 

この記事のまとめ

ここまで AirPods Pro をレビューしてきた。

AirPodsシリーズならではの安定感。そして新たに追加されたノイズキャンセリング。この2つが相まって、まさに「最強」という言葉が相応しいワイヤレスイヤホンに仕上がった。

唯一とも言える欠点が3万円という価格設定だが、下手に安いワイヤレスイヤホンと違って次数年と使いまわせるポテンシャルがある。もとより長く使えるワイヤレスイヤホンを探している人なら AirPods Pro を購入してしまった方が長期的にはコスパいいと思う。

 

レビュー対象製品

 

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-