ワイヤレスイヤホン

【U1万円でLDAC対応】Androidスマホと相性よし!SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS レビュー

2022年10月22日

商品提供:SOUNDPEATS JAPAN

今年6月に登場した中国SOUNDPEATSの新作ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Air3 Deluxe」。

価格6,000円ながら高音質Bluetoothオーディオコーデック「aptX Adaptive」に対応。そのコスパが注目を集めた。

これのLDAC版こと「SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS」が10月22日より日本国内で発売開始になった。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS

LDACはワイヤレス環境下でもハイレゾ級の高音質オーディオ再生が可能なBluetoothオーディオコーデック。

日本国内で展開される主要なAndroidスマホであればLDAC対応なので「SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS」と組み合わせることでより高音質に、より音の粒が細かいクリアなオーディオ再生が可能になる。

今回、「SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS」を販売元のSOUNDPEATS JAPAN様から提供いただいたので先行レビューしていく。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS 製品評価

発売時期2022年10月
直販価格7,180円

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS の製品評価は以下のとおり。

低音(4.5)
中音(3.5)
高音(4)
イヤホンの装着感(4)
ノイズキャンセリング--
外音取り込み機能--
マイク性能(3.5)
バッテリー性能(3)

ここがGood!!

  • 音こもりの少ない低音オーディオ
  • 「LDAC」対応、Androidスマホと接続して使えばより高音質に
  • イコライザー調整(音質カスタム)可能
  • イヤーピースない軽量イヤホン、長時間のイヤホン装着でも疲れない

ここがBad...

  • イヤホンの抜け落ちリスクはくすぶる(イヤーピースなし)
  • 遮音性が低め、周囲の音がうるさい場所だとオーディオが聞き取りづらい
  • バッテリー駆動時間はイヤホン単体5時間、ケース併用20時間と少しばかり短め
  • ケースに指紋が付きやすい

 

製品カラーリングは1色

カラーリングはブラックのみ。

 

広告

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS の製品概要

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)とは?

SOUNDPEATSは中国のオーディオブランド。2010年に中国で設立。日本国内では2015年より公式販売を行っている。

オーディオブランド云うように、オーディオ製品に特化した製品開発および販売を行う。完全ワイヤレスイヤホンが主たる製品ラインナップだ。

日本国内向けに購入後1年の製品保証を提供。購入後30日以内であれば返品も受け付ける。

 

 

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント×
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体5時間
ケース併用で最大20時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ
専用アプリあり(iOS、Android)

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS は価格7,000円ながらBluetoothオーディオコーデック「LDAC」に対応。大方のAndroidスマホで使えばLDAC接続になり、オーディオがより高音質になる。iPhoneはLDAC非対応

 

 

付属品

USBケーブル、取扱説明書が付属する。

イヤーピースを使わないインナーイヤー型イヤホンのため、イヤーピースは付属しない。

 

 

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS のペアリング仕様

ペアリング仕様抜粋




Google Fast Pair×
マルチポイント×
マルチペアリング対応(最大?台)
Bluetooth設定画面からのワンタップでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)
新規ペアリングモードの起動方法ケースに左右イヤホンをセット → ケースふたを開いた状態でペアリングボタンを3秒長押し

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、専用のポップアップ画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数デバイスを同時接続できる機能のこと。

なにかしらオーディオ再生しているデバイスに自動で音声出力元が切り替わる。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数デバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。

1度記録してしまえば次回以降に再度セットアップする必要がなくなり、ケースふたを開くだけでデバイスと再接続できる。

昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

Bluetooth設定画面からのワンタップでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。

一部のワイヤレスイヤホンであれば現在のペアリングを解除せず、切り替えたいデバイスのBluetooth設定画面でイヤホン名を選択するだけでペアリングを上書きして移せる(関連記事:スマホ←→PC間のペアリング切り替えが簡単な完全ワイヤレスイヤホンまとめ)。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケースふたを開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。

2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。


 

 

新規ペアリングモードの起動方法

ケース前面にペアリングボタンあり

新規ペアリングモードの起動方法は簡単。

ケースに左右イヤホンをセット。ケースふたを開いた状態でケース前面のペアリングボタンを3秒長押しするだけ。

なお、初回(デバイス1台目)のペアリングであればケースふたを開くだけで新規ペアリングモードが起動する。

 

 

複数デバイス間のペアリング切り替え方法

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要あり。

とはいえ、ペアリングボタンを搭載しているため、複数デバイス間のペアリング切り替えは簡単。

新規ペアリングモードを起動するとそのまま現在のペアリングが解除される。この状態でペアリングを移したいデバイスのBluetooth設定画面からイヤホン名をタップすればペアリングが切り替えられる。

 

 

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS の機能レビュー

バッテリーまわりのこと

バッテリー駆動時間イヤホン単体5時間
ケース併用で最大20時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

バッテリー駆動時間は相場よりも短め。昨今だとケース併用で24時間前後の製品が相場一般的。LDAC接続時だともう少しばかりバッテリー持ちが短くなる。

充電はUSB Type-Cケーブルで可能。

ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。

 

 

通話マイク仕様

通話時ノイズカット機能対応
風切り音カット△(それとなく除去できてる)

通話マイク性能はまずまず優秀。

周囲の騒音や風切り音(マイクに風が当たった"シュバババ"といった音)を除去。通話転送時には口元の音だけ極力拾ってくれる。

音の打ち消し音がものすごい”ゴニョゴニョ”してて、逆にノイズ音になってしまっている感はあるが、それでもノイズカット自体は機能している。屋外で通話する場合でも少しばかりの騒音であれば乗り切れそう。

 

 

ボタン操作




ボタン種類タッチセンサー
操作コマンドの割り当て変更△(部分オフのみ対応)

イヤホン本体にタッチセンサー内蔵。オーディオ操作、通話操作、音声アシスタント起動などひととおり可能。

タッチ反応処理は安定。専用アプリを使えば「1回タッチ」操作が機能OFF(割当なし)に変更できるので、誤タッチが鬱陶しい人ならカスタムしたい。

スマホ操作コマンド(一部のみ割り当て変更可能)

左イヤホン右イヤホン
1回タッチ音量1DOWN音量1UP
2回タッチ再生/停止
3回タッチゲームモードON/OFF音声アシスタント起動
1.5秒長押し曲戻し曲送り

「1回タッチ」操作のみ機能OFF(割当なし)に変更できる。

通話対応コマンド(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン
2回タッチ着信対応/終了
1.5秒長押し着信拒否

 

 

イヤホン着脱検出(装着検出)

イヤホンの着脱検出(装着検出)対応

U1万円ワイヤレスイヤホンでは珍しくイヤホンの着脱検出(装着検出)に対応。

オーディオ再生中にイヤホンを耳から外すとオーディオ再生が自動停止。イヤホンを耳に装着し直すとオーディオ再生が自動開始する。

必要なければ機能OFFにもできる(専用アプリから)。

 

 

防水性能

防水性能IPX4(IP4)
防塵性能×

防水性能はIPX4と相場相当。雨や汗が防げるのでスポーツ中の利用くらいなら問題なし。

 

 

低遅延モード

低遅延モードあり
遅延性能非公表
ゲーム以外での利用×

低遅延モード(ゲームモード)の提供あり。

遅延性能は非公表だが、使ってみた限り、そこまで目立って高性能というわけではない。

おそらく他社同等レベル(100ms前後)。ポチゲーをプレイする程度なら問題なし。もとより音ゲーをやる人だとアプリ側でタイミング調整した方がいい。

 

 

専用アプリ

専用アプリあり(iOS、Android)
イコライザー調整対応
タッチ操作コマンドの割り当て変更△(1回タッチのON/OFFのみ可)
低遅延モード(ゲームモード)ON/OFF対応
イヤホンを探す

専用アプリ「SOUNDPEATS」をiOS、Android向けに提供。

ひととおりのカスタム機能は揃う。アプリを使わずイヤホン単体でも問題なく利用できるが、もっぱらイコライザー調整したい人だとアプリもセットで使いたい。

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

無料posted withアプリーチ

 

 

iPhoneとの相性

iPhoneとの相性(非常によい)
AACコーデック対応
iOS向け専用アプリあり

iPhoneとの相性は非常によい。

iPhoneで主流のBluetoothオーディオコーデックである「AAC」に対応するほか、専用アプリもそのまま利用できる。

ただ、SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS のセールスポイントたる「LDAC」コーデックはiPhoneだと使えない。iPhoneユーザーが”あえて”LDAC対応の同ワイヤレスイヤホンを購入すべきかは微妙なところだ。

 

 

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS の外観デザイン&イヤホン装着感

イヤホンは軽量でつけ心地よし、一方で抜け落ちリスクはくすぶる

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS の代名詞たるイヤホンデザイン。

AirPodsシリーズと同じくイヤーピースを使わないイヤホン構造(いわゆる"インナーイヤー型イヤホン")。イヤーピースならではの耳穴への圧迫感がなく、長時間のイヤホン装着でも疲れにくいメリットがある。

イヤホン重量も非常に軽い。片側4gと相場の5〜6gよりも一段と軽い。"軽い”言うのが形容表現ではなく物理表現そのもの。

イヤホンを装着してる感覚・感触がゼロに近い。長時間とイヤホンを装着し続けたい人だと耳が疲れず、最高級のイヤホン仕様だろう。

他方、イヤーピースを使わないイヤホンとあり、イヤホンが抜け落ちそうなユルさは否めない。言ったところでイヤホンを耳穴の入り口部分に引っ掛けてるだけ。

有線イヤホンであればケーブルが残っているので耳から抜け落ちても問題ないが、ワイヤレスイヤホンだと抜け落ちればそのまま紛失することも。これに精神衛生上の不安を覚える人もいそう。

また、遮音性もそこまで高くない。電車やバスの中で使うと周囲の音がうるさくてオーディオが聞きづらい印象。概してここらはイヤーピースなしイヤホンならではのデメリットだ。

 

 

ケースはツヤ仕上げ

ケースサイズはコンパクト。数値で言うと縦5cm、横6cm、厚さ2cmほど。

握りこぶし1つで握りこめるサイズ感。男性ズボンのポケットもちろんシャツの胸ポケットにもらくらく入る。

ケース外装素材はプラスチック。公式の商品写真を見ると鏡面仕様っぽく見えるが、実製品はどちらかと言うとツヤが出てるプラスチック。そこまで高級感のようなものは感じられない。

手で持つと指紋がつきやすいので指紋が気になる人ならシリコンカバーケースなど使いたい。ケースカバーは「SOUNDPEATS Air3 Deluxe」(aptX Adaptive版)のものが転用できる。

 

 

SOUNDPEATS Air3 Deluxs HS  の音質

デフォルトの音質は低音強め

ドライバーサイズが14.2mmと大口径とあり、デフォルトの音質は低音強め。

とはいえ、イヤーピースなしのイヤホンなので、そこまで音がこもった感じはならない。きちんと音が抜ける。音場(音の広がり)もそこそこ広く、低音域の強さが緩和されてる印象を受けた。

逆に音が抜けるため、音の締まりが悪い。特に中音域〜高音域。ボーカルがバックサウンドに溶け込んでしまう。ボーカルが悪目立ちしない一方、やはり店内BGMを思わすのっぺり感は否めない。

概して音こもりの少ない低音イヤホンとして使いたい人におすすめ。イヤーピースなしイヤホンならではの音の開放感に加え、適度な低音の強さが評価ポイントとなりそう。

 

 

イコライザー調整にも対応

iOS、Android向けに配信している専用アプリ「SOUNDPEATS」からイコライザー調整可能。

音楽シチュエーションに合わせたテンプレ設定を用意しているため、そこまでオーディオが詳しくない人でもワンタップでイコライザー調整できる。

目盛り単位で細かくチューニングすることも可能。こだわりたい人ならこっち。

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

無料posted withアプリーチ

 

 

Androidスマホであれば「LDAC」接続でオーディオ再生可能

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS はBluetoothオーディオコーデック「LDAC」(エルダック)に対応。

ワイヤレスイヤホンだと有線イヤホンよりも音質が劣化する。その劣化を極力抑え、ワイヤレス環境下でもできるだけハイレゾに近い高音質オーディオ再生を可能にしたBluetoothオーディオコーデックが「LDAC」だ。

通常のオーディオ再生時よりもワイヤレス転送できる音の情報量が増加するため、音の迫力だったり、音の解像度が引き上がる。

音質それ自体が激変するわけではないが、音がパッと明るくなり、通常のオーディオ再生だと潰れてしまっているような細かな音が認知できるようになる。

音質の方向性をいじりたいのであればイコライザー調整した方がてっとり早いが、デフォルトの音質まま高音質さを追求したいのであればLDACの方が活きそうだ。

 

 

LDACの設定方法

AndroidスマホであればBluetooth設定画面に「LDAC」の設定項目がある

LDACは日本国内で展開される大方のAndroidスマホで利用できる(最低基準はAndroid OS 8.0以上)。iPhoneはLDAC非対応。

LDACに対応しているAndroidスマホであれば、「設定」アプリのBluetooth設定画面からLDACのON/OFF可能。スマホ機種ごとに文言が異なるが、おおよそペアリングした同イヤホンの詳細設定画面にLDACの設定項目があるはず。

 

 

SOUNDPEATS Air3 Deluxs HS の気になったところ(あるいはデメリット)

イヤホンの抜け落ちリスクはくすぶる

AirPodsなどと同じくイヤーピースを使わないインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンとあり、イヤホンのつけ心地は非常に軽い。

ただ、その一方で人によってはイヤホンが抜け落ちそうなユルさ拭えず。イヤホンを耳穴の入り口部分に引っ掛けてるだけなので、ふとしたタイミングでイヤホンが抜け落ちそうな気がしてならない。

また、イヤホンの遮音性も低いので電車やバスなど周囲の音がうるさい場所だとオーディオが聞き取りづらい。

"ながら聞き”イヤホンのようにそれとなく音楽が聞ければ問題ないシチュエーションまだしも、しっかりと音楽を聞きたい、動画を見たいシチュエーションだと勝手が悪そう。

 

 

この記事のまとめ

ここまで SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS をレビューしてきた。

ドライバーサイズが14.2mmと典型的な低音イヤホンだが、イヤーピースを使わないイヤホンとあり、そこまで音がこもらない。

なおかつ、AndroidスマホであればLDAC接続できるので音質もプラスアルファされる。

イヤホン本体は非常に軽く、長時間のイヤホン装着でも疲れにくい。音質的にも物理的にも開放感あるイヤホンを探している人だとSOUNDPEATS Air3 Deluxe HS は丁度いいチョイスとなりそうだ。

10月中の購入であればクーポンコード(A3DHSYTBR9)とAmazon上で提供中の発売記念クーポンが利用可能。オリジナル価格7,180円だが、これが4,941円で購入できる。購入検討している人はこちらも忘れずに。

 

 

レビュー対象製品

 

 

似た価格のワイヤレスイヤホンを探す

【1万円以下】ノイズキャンセリング対応の格安ワイヤレスイヤホン、おすすめ製品を実機でランキング(2022年)

続きを見る

U1万円のマルチポイント対応ワイヤレスイヤホンは使い物になる?おすすめ製品を実機で比較レビュー

続きを見る

【コスパ重視】AirPodsの代わりとなる おすすめの完全ワイヤレスイヤホンまとめ

続きを見る

 

 

他のワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの(2022)

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン
-