ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Space A40 レビュー|50時間バッテリー&マルチポイント対応の最強ガジェット・イヤホン

AirPods路線のガジェット・イヤホンを探している人ならこれ。Anker Soundcore Space A40

昨今、音質重視のワイヤレスイヤホンが増えているが、業界大手のAirPodsは音質よりかは機能性を重視。ペアリング勝手やバッテリー充電環境、高性能通話マイクなどガジェットとしての使い勝手で他社を圧倒しているのは周知の事実だ。

こうしたガジェット寄りのイヤホンこと”ガジェット・イヤホン”仕様のワイヤレスイヤホンを探している人におすすめなのが、この記事で紹介する Anker Soundcore Space A40

Anker Soundcore Space A40

ケース併用で最大50時間使えるロングバッテリーを搭載するほか、最大2台のデバイスを同時接続できるマルチポイント機能にも対応。スマホ←→PC間など都度ペアリング接続を切り替える必要なく、自動で音声出力先だけ切り替わる。

これに加えてノイズキャンセリング、ケースのワイヤレス充電(Qi充電)、高性能通話マイクを搭載。AirPodsと同じベクトルで勝負できる紛うことなきガジェット・イヤホンに。

ワイヤレスイヤホンに音質よりかは機能性を重視している人であれば Anker Soundcore Space A40  は丁度いい選択肢になりそうだ。

そきあきら(筆者)
この記事では、Anker Soundcore Space A40 をレビューしていきます

Anker Soundcore Space A40 製品評価

発売時期2022年9月
直販価格12,990円

Anker Soundcore Space A40 の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(3.5)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(5)
ノイズキャンセリング(4.5)
外音取り込み機能(3.5)
マイク性能(4.5)
バッテリー性能(5+)

ここがGood!!

  • ケース併用で50時間使えるロングバッテリー搭載
  • マルチポイント対応、2台のデバイス間で自動で音声出力元を切り替えられる
  • 実用レベルのノイズキャンセリング性能あり
  • イコライザー調整(音質カスタム)対応
  • ワイヤレス充電(Qi充電)対応

ここがBad...

  • 音質はごく普通のドンシャリ(低音強め)
  • LDAC接続中はマルチポイント機能が使えない
  • ビジュアル・質感の安っぽさあり

 

製品カラーリングは3色

カラーリングはブラック、ホワイト、ネイビーの3色。レビューはブラックで行う。

 

.

この記事の目次(タッチで移動)

広告

Anker Soundcore Space A40 の製品概要

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、LDAC
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体10時間
ケース併用で最大50時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
専用アプリあり(iOS、Android)

 

 

付属品

イヤーピース、USBケーブル、取扱説明書が付属する。

イヤーピースはXS、S、M、L、XLの5サイズ用意。

↑ 目次へ戻る

 

 

Anker Soundcore Space A40 のペアリング仕様

ペアリング仕様抜粋




Google Fast Pair×
マルチポイント対応(最大2台)
マルチペアリング対応(最大?台)
ペアリング接続の上書き切り替え△(専用アプリを使えば可能)
新規ペアリングモードの起動方法ケースのボタンを3秒長押し

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、専用のポップアップ画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数デバイスを同時接続できる機能のこと。

なにかしらオーディオ再生しているデバイスに音声出力先が自動で切り替わる。

関連記事:マルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンまとめ

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数デバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。

1度記録してしまえば次回以降に再度セットアップする必要がなくなり、ケースふたを開くだけでデバイスと再接続できる。

昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

ペアリング接続の上書き切り替えとは?

複数デバイス間でペアリング接続を切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。

一部のワイヤレスイヤホンであれば現在のペアリング接続を解除せず、ペアリングを移したいデバイスのBluetooth設定画面でイヤホン名を選択するだけでペアリングを上書きして切り替えられる。

関連記事:スマホ←→PC間のペアリング接続切り替えが簡単な完全ワイヤレスイヤホンまとめ

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケースふたを開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。

2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。


 

 

新規ペアリングモードの起動方法

ペアリングボタン

新規ペアリングモードの起動方法は簡単。

左右イヤホンをケースに入れ、ケースふたを開いた状態にして、ケース後ろにあるペアリングボタンを3秒長押しすれば新規ペアリングモードに切り替わる。

あるいは、iOS、Android向けの専用アプリの「機器一覧」から「新しい機器と接続する」をタップしても新規ペアリングモードが立ち上げられる。

 

 

複数デバイス間のペアリング切り替え方法

iOS、Android向けの専用アプリ内の「機器一覧」から任意のデバイスをワンタップで接続 or 接続解除できる。

通常どおりBluetooth設定画面を経由して複数デバイス間でペアリング接続を切り替える場合だと先に現在のペアリングを解除する必要あり。

ペアリングを解除するには新規ペアリングモードを起動、あるいは現在のペアリングデバイスのBluetoothをオフにする。

 

 

マルチポイント対応

Anker Soundcore Space A40 はマルチポイント対応。最大2台のデバイスを同時接続できる。

なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に音声出力先だけ自動で切り替わる。都度ペアリング接続を切り替える必要はない。

マルチポイントの勝手は #重点レビュー1 項目で詳しく解説している。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

Anker Soundcore Space A40 の機能レビュー

バッテリーまわりのこと

バッテリー駆動時間イヤホン単体10時間
ケース併用で最大50時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)

業界トップクラスとなるバッテリー駆動時間。イヤホン単体10時間、ケース内充電を含めれば最大50時間使える。

1日数時間の利用であれば数週間は外部充電する必要ない。充電ズボラにはありがたい。

ケース充電方法はUSB Type-Cケーブルほか、ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応している。

 

 

通話マイク仕様

通話時ノイズカット機能対応
風切り音カット対応

通話マイク性能はまずまず優秀。

通話中は周囲の音を見極め、周囲の音をゴニョゴニョとした感じに中和・低減。口元の音だけを極力拾って通話転送してくれる。

よほどうるさい場所を除けば、口元の音を気持ち8割くらい拾って通話転送してくれるので勝手いい。

風切り音カット(マイクに風が当たった音の除去)も機能してる。ほぼゼロに近いレベルに風の音が除去される。屋外で通話したい人でも問題ない。

なお、初期状態では風切り音カットがオフに設定してある。オンにするには専用アプリを使って設定変更する必要あり。

 

 

ボタン操作




ボタン種類タッチボタン
操作コマンドの割り当て変更対応

イヤホン外側にタッチセンサーあり。オーディオ操作、通話操作、音声アシスタント起動などひととおり可能。

初期状態だとタッチ音が消音だが、専用アプリからタッチ音をオンにカスタムできる。

タッチ感度は安定。1回タッチ操作に限れば専用アプリから機能オフ(反応オフ)に変更できるので、どうしても誤タッチが鬱陶しい人ならカスタムあれ。

スマホ操作コマンド(割り当て変更可能)

左イヤホン右イヤホン
1回タッチ音量ダウン音量アップ
2回タッチ次の曲へ進む再生/停止
2秒長押しノイズキャンセリング←→外音取り込み機能

すべての項目を割り当て変更可能。上記の操作内容ほか、音声アシスタントの起動、ゲームモードON/OFFも割り当てられる。

通話対応コマンド(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン
2回タッチ着信対応/終了
2秒長押し着信拒否

 

 

イヤホン着脱検出(装着検出)

イヤホンの着脱検出(装着検出)×

イヤホンの着脱検出(装着検出)には非対応

対応モデルであればオーディオ再生中にイヤホンを耳から外すとオーディオ再生が自動停止。イヤホンを耳に装着し直すとオーディオ再生が自動開始する。

 

 

防水性能

防水性能IPX4(IP4)
防塵性能×

業界一般的なIPX4の防水性能あり。雨や汗が防げる。普段使いで特段困ることもない。

 

 

低遅延モード

低遅延モードあり
遅延性能非公表
ゲーム以外での利用×

低遅延モード(ゲームモード)あり。専用アプリからON/OFFできる。

デフォルトでも遅延は酷くない。よくも悪くも低遅延モードのON/OFF関係なくゲームに熱中できる。原神やFPSゲームなどプレイしててもグラフィックが処理負けせず、ほぼシームレスに動かせる。

なお、低遅延モードとはいえ遅延が完全に0になるわけではないので音ゲーガチ勢だと別途アプリ側でタイミング調整した方がいいかもしれない。

 

 

専用アプリ

専用アプリあり(iOS、Android)
イコライザー調整対応
タッチ操作コマンドの割り当て変更対応
低遅延モードON/OFF対応
イヤホンを探す対応

iOS、Android向けの専用アプリ「Soundcore」が利用可能。ひととおりのカスタム機能は揃う。

専用アプリを通じた接続先デバイスの指定 or 接続解除も可能。特に複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわそうと考えている人であればアプリも含めて重宝しそうだ。

soundcore

soundcore

無料posted withアプリーチ

 

 

iPhoneとの相性

iPhoneとの相性(非常によい)
AACコーデック対応
iOS向け専用アプリあり

iPhoneとの相性は非常によい。

iPhoneで主流のBluetoothオーディオコーデックである「AAC」に対応。音楽再生や音質それ自体はAndroidスマホで使う場合と比べて変わりない。

専用アプリもそのまま利用できるほか、専用アプリ通じたイコライザー調整も可能だ。

マルチポイントに関してもiPhoneでも問題なく利用できる(マルチポイントに組み込める)。iPhoneユーザーで使いたい人でも問題ない。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

Anker Soundcore Space A40 の外観デザイン&イヤホン装着感

イヤホンはコンパクト、耳穴にすぽりとハマる

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホン形状は小ぶり。クネッとしたデザインのおかげで耳穴にすぽりとハマる。

イヤホン重量は片側5gと軽量。イヤーピースのサイズさえ調整すれば大方問題なく使える、無難で使いやすいイヤホンかと思う。

耳穴から飛び出てるイヤホン面積も少なく、耳穴にきれいにイヤホンが収まる。物理的にもビジュアル的にもシュッとした印象でよし。

 

 

ケースもコンパクトで愛くるしい

ケースがものいっそミニマルで愛着わくサイズ感。

数値で言うと縦4.5cm、横6.5cm、厚み2.5cmほど。握りこぶし一つで包めるサイズ感。丸みがあって実際にはもっと小さく感じる。

男性であればズボンのポケットにしろ胸ポケットにしろ仕舞っておける。

ケース素材はプラスチック。サラサラしてて触り心地こそいいが、いざ机に放置すると底面部などスリ傷付きやすそう。できればケースカバーを使いたい。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

Anker Soundcore Space A40 の音質

音質はよくあるドンシャリ(低音強め)

音質はよくも悪くもAnkerらしいドンシャリ音。低音ドンドン、高音シャンシャン。ボーカルは引っ込み気味。

低音が強めなのでバックサウンドを重視して音楽を聞きたい人には丁度いい。ただ、音がこもって聞こえるのでボーカル重視で音楽を聞きたい人などイコライザー調整して中音域を引き立てた方がよさそうだ。

もとよりAnkerワイヤレスイヤホンであって、そこまで音質重視ではないし、イコライザー調整して使うのが前提になるかと思う。

 

 

イコライザー調整も可能

iOS、Android向けに配信している専用アプリ「Soundcore」を使ったイコライザー調整に対応。

高音重視、ボーカル重視など音楽シチュエーションに合わせたテンプレ設定の用意あり。そこまでオーディオが詳しくない人でも問題なし。

目盛り単位で細かくチューニングすることも可能。「HearID」こと耳の聞こえ方に合わせたパーソナライズ化したイコライザー作成も可能だ。

soundcore

soundcore

無料posted withアプリーチ

 

 

一部Androidスマホであれば「LDAC」接続が可能

Anker Soundcore Space A40 はBluetoothオーディオコーデック「LDAC」に対応。LDAC対応のAndroidスマホと接続すればハイレゾ・ライクな高音質なオーディオ再生が可能になる(iPhoneはLDAC非対応)。

LDACとはいえロッシー(CD音源よりも劣化する非可逆圧縮)なので音源の情報量ではCD以下だが、接続環境さえ安定していればビットレートを最大990kbpsまで伸ばせるので「SBC」「AAC」に比べればスペックシート上は高音質だ。

いざ通常のオーディオ再生に比べて劇的に音が変わるわけではないが、流行り物が好きな人だと試してみては。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー1】マルチポイントの使い勝手は?

着信に反応した音声出力先の切り換え可能

着信対応/終了はタッチボタンの2回タッチで可能

Anker Soundcore Space A40 はマルチポイント対応。最大2台のデバイスを同時接続できる。

なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に音声出力先だけ自動で切り替わる。

着信に反応した音声出力先の切り換えも可能

ーー現在のオーディオ再生の有無関係なく、着信があったデバイス側に一時的に音声出力先が切り替わり、イヤホンのタッチ操作でそのまま着信対応できる。

 

 

オーディオ再生中だと音声出力先が切り替わらず(着信時を除き)

着信時を除き、オーディオ再生が停止している状態でないと音声出力先が切り替わらない。

音声出力先を切り替える場合、まずは現在の出力先デバイスのオーディオ再生を一時停止させる。この状態で他のデバイスでオーディオ再生を開始することで当該デバイスに音声出力先が切り替わる。

他社マルチポイントだと現在のオーディオ再生の有無関係なく、新たにオーディオ再生を開始したデバイス側に自動で音声出力先が切り替わる製品が多いが、これに比べると少しばかり勝手が悪い。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー2】ノイズキャンセリングの実力は?

ノイズキャンセリングはなかなか優秀、実用レベルで使いまわせる

Anker Soundcore Space A40 はノイズキャンセリングに対応。機能ONにすると周囲の音を低減・中和できる。

1万円前後のワイヤレスイヤホンだと"なんちゃってノイズキャンセリング"が多かったりするが、一転して Anker Soundcore Space A40 は本格的なノイズキャンセリング。

低周波音を中心に音を低減。電車の中で使えばガタゴト音がゼロとは言わずも低減され、音量を上げずとも動画のセリフなど聞き取れるようになる。

ホワイトノイズ("サーッ”といった機械音)も全くなく、オーディオ再生を止めれば無音そのもの。デジタル耳栓として使いたい人にもおすすめ。

 

 

ノイズキャンセリングの強度調整に対応

iOS、Android向けの専用アプリを使えばノイズキャンセリングの強度も調整可能。

人によってはノイズキャンセリングの強度が強すぎて鼻が詰まるような気持ち悪さ感じる人もいるかもしれない。そうした人であれば専用アプリからノイズキャンセリングの強度を弱めたい。

また、周囲の騒音具合に合わせたノイズキャンセリング強度の自動調整機能もあり。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー3】ながら聞きイヤホンとして使える?

外音取り込み機能はそこまで高性能ではない、"ながら聞き”運用は難しい

Anker Soundcore Space A40 は外音取り込み機能にも対応。機能ONにするとイヤホンを装着したままでもマイク通じて周囲の音が聞き取れる。

音の取り込み自体は機能しているが、取り込み音はかなりこもってる。自然な音の取り込みとは言いがたく、"ながら聞き”イヤホン代わりに機能を常時ON運用するのはちと辛そうだ。

駅のアナウンスを聞き取るために一時的に使うくらいの活用が限度かと思う。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

Anker Soundcore Space A40 の気になったところ(あるいはデメリット)

LDAC接続中はマルチポイント機能が自動オフに

大方のAndroidスマホであればLDAC接続が可能だが、LDAC接続中は強制的にマルチポイント機能がオフになる。

オーディオ重視、LDAC重視でワイヤレスイヤホンを使おうと考えている人だと注意しておきたい。

 

 

価格に照らして安っぽいビジュアル(質感)

全体的に勝手いいワイヤレスイヤホンだが、一転してビジュアルや質感の安っぽさは否めない

イヤホン筐体やケース内部のツルテカ具合が特に安っぽくて、見た目5,000円で購入できるAnkerの格安ワイヤレスイヤホンと変わらない。一応、同製品は公式価格で12,990円のワイヤレスイヤホンだ。

もとよりAnkerワイヤレスイヤホンであって、高級感よりも機能性やコスパを重視している人が多数派かと思うが、それでもビジュアル買いしたい人だと安っぽさがネックになるかもしれない。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

この記事のまとめ

ここまで Anker Soundcore Space A40 をレビューしてきた。

AirPods路線のガジェット・イヤホンとして優秀。50時間バッテリー、マルチポイント、ノイズキャンセリングを中心とした機能面に惹かれる人なら買って損はない。

ビジュアルや質感の安っぽさは否めないが、そもそも安っぽさが気になる人だとAnkerワイヤレスイヤホンとの相性自体が悪そう。

コスパ重視、機能重視のガジェット・イヤホンを探している人、日常的にストレスなく使いまわせるワイヤレスイヤホンを探している人であればAnker Soundcore Space A40 をおすすめしたい。

 

 

レビュー対象製品

 

 

似た価格のおすすめワイヤレスイヤホンを探す

最強U1万円ワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Life P3」レビュー

続きを見る

ヤマハ「TW-E3C」レビュー|マルチポイント初対応。人気モデルが待望のアップデート

続きを見る

オーディオテクニカ「ATH-CKS30TW」レビュー|国産かつ1万円でマルチポイント対応したコスパモデル

続きを見る

JBL WAVE BUDS レビュー|王道アップデートされた格安ワイヤレスイヤホンの大本命

続きを見る

U1万円ながら最強ノイズキャンセリング搭載。「SOUNDPEATS Capsule3 Pro」レビュー

続きを見る

 

 

他のワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2023年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2023年)

続きを見る

【2023年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン
-,