ガジェット

自宅で始めるメンズ脱毛|家庭用脱毛機「Ulike Air2」を4週間使ってみた感想と効果をレビュー

2023年1月16日

商品提供:ユーライクジャパン株式会社

男性でも脱毛するのが当たり前になった昨今だが、いざ脱毛価格を見ると高い。レーザー脱毛でも光脱毛でもおおよそ5回セットで5万円〜が一般的だ。

というか、巷の店舗だとレーザー脱毛なのか光脱毛なのかが不明瞭な店舗が多く、店選びの時点で脱毛初心者だとハードモードだったりする

そうした人のとりあえずの脱毛手段としておすすめなのが自宅で使える家庭用脱毛器。ここ数年で国内外の数多くの美容メーカーが家庭用脱毛器を展開。価格相場も3万円〜5万円と安くなってきた。

今回、中国の家庭用脱毛器メーカー・Ulike様より脱毛器「Ulike Air2」を提供いただいた。脱毛効果が実感できる目安としている4週間が経過したので以下ひととおり実機レビューしていきたい。脱毛を検討している人は参考にしてほしい。

▶ 公式通販の商品ページはこちら

購入時に使える5%割引クーポンあり(他クーポンと併用可)※他の商品でもクーポン利用可

  • 公式通販【クーポンコード入力 → pr100gbinfo】(期限は2023年2月末まで)
  • Amazon【クーポンコード入力 → pr100gbinfo】(期限は2023年2月末まで)
  • 楽天【以下リンクからクーポン獲得 → http://bit.ly/3X69b3j

広告

脱毛の種類&家庭用脱毛器の立ち位置

脱毛の種類は大きく分けて「医療レーザー脱毛」「光脱毛」の2種類

今日の脱毛の種類は大きく分けて「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つ。

うち医療レーザー脱毛は医療機関のみで受けられる。

レーザーで毛根を破壊し、毛が再生しない、毛が生えてこない状態を目指す。

レーザー照射が相当に痛いが、その分、男性のヒゲのような濃く深い毛であっても目にわかるような脱毛効果が得られる。

対して光脱毛は毛が伸びる速度を抑制するのが目的。

毛の生え変わりを止めることはできないが、施術をくり返すにつれて毛が伸びる速度が遅くなり、毛の処理回数が減らせる仕組みだ。

医療レーザー脱毛よりも照射出力は小さく、法律上、医師免許がない人間でも機器が取り扱える。巷で言う”エステサロン”で提供される脱毛はほぼ9割方が光脱毛だ。

 

 

家庭用脱毛器は「光脱毛器」が主流

今回レビューするUlikeの脱毛器を含め、家庭用脱毛器は光脱毛が主流。

補足

最近だと家庭用のレーザー脱毛器もちらほらあるが、効果が未知数なので当記事では取り扱わない

毛の成長をコントロールする毛母細胞に光でダメージを与えることで、毛の生成速度をスローペースに移行。毛の伸びる速度が遅くなり、つまりにムダ毛処理の頻度を減らせる。

よほど剛毛な箇所を除けば、毛がチロチロっとした産毛みたいな細く小さい毛になるため、とことんまでにツルツルを求める人でなければこれでも十分。

光脱毛なので毛根は破壊しておらず、遅かれ早かれ毛が再び生え変わる。毛の生え変わりを防ぎたい、毛根から脱毛してツルツルになりたい人であれば最初から医療レーザー脱毛を受けた方がいい。現状、毛根から脱毛できるのは医療レーザー脱毛のみだ。

 

 

【本題】家庭用脱毛器「Ulike Air 2」レビュー

製品概要

今回レビューするのが家庭用脱毛器「Ulike Air2」。

Ulikeは2013年に中国で設立された脱毛器メーカー。2022年に日本に進出。日本国内での正規販売を開始した。

Ulike Air2」は2022年11月に発売開始した最新モデルの位置づけだ。

製品ポジション的にはメンズモデル(メンズ向け脱毛器)に相当する。

脱毛器と言うと女性向けの製品が多くて色合いもポップな感じの製品が一般的。

対して「Ulike Air2」はメンズ向け脱毛器を謳っているだけあって渋めの色合い。グレー&シルバーでまとめたデザインがガジェットっぽさあって格好いい。MacBookと並べても違和感ない

サイズは縦16.9cm、横6.0cm、厚み3.8cmほど。本体重量は296g。片手で握って操作できる。どことなく恵方巻を思わすサイズ感。

電源はACコンセント経由で出力可能。

コードの長さは最大で2mほど伸ばせる。コードの長さが足りない... みたいなシチュエーションはまれかと思う。

照射エリア(肌との接触部分)にはサファイアクリスタルを搭載。冷却ファン機能と合わせることで照射中はものいっそ"ひやり”とした感触に。

サングラスが付属。照射時に装着する。

カミソリはおまけ。普段使ってるカミソリで剃れば十分。

ポーチが付属するが、素材がペラッペラなので耐衝撃性能はゼロ。100均あたりで代わりのポーチを調達したほうがいい。

説明書は日本語表記あり。操作方法も迷わない。

 

 

光出力はエステサロンなどで使われる業務用製品と変わらない

光脱毛器の出力を決めるのが波長の長さ(スペクトラム)。数値が大きくなればなるほど肌の奥の奥へと照射される。

エステサロンなどで使われる業務用の光脱毛器だと波長の長さは500~1200nmほど。対して Ulike Air2 の波長の長さは560~1200nmとほぼ同一出力を担保している。

スペックシート上はエステサロンなどで使われる業務用製品と変わらない。もちろん施術者の腕の程度が影響するだろうが、使いこなせればエステサロン施術と同等の効果が得られる。

 

 

Ulike Air2の使い方

【STEP0】事前準備(剃毛)

光脱毛はあらかじめ毛を剃った状態にして行う。

毛が残ってても光脱毛は可能だが、”バチン”といった音が鳴り、毛が焦げた感じになるので注意。

光脱毛は基本的に黒い部分に反応するため、ほくろの上などは照射できない。これも気をつけたい。

 

 

【STEP1】コンセントをつなぎ電源ON

電源ボタンは本体側面にあり。長押しすると電源ON/OFFできる。

電源ONにすると冷却ファンが回り始める。”ブォーン"という音が鳴るが、そこまで気にはならない。ドライヤーの音よりも小さめ。

 

 

【STEP2】照射強度を設定

電源ボタンを単押しすると照射強度が調整できる。

照射強度はレベル1〜レベル5まで5段階あり。レベル1が最弱、レベル5が最強。まずはレベル1で始めたい。

 

 

【STEP3】付属品のサングラス着用

光の照射に伴い多色な光が点灯する。目をつむればサングラスなしでも問題ないが、不慮の目のダメージを防ぐために着用しときたい。

 

 

【STEP4】照射口を肌に密着させ、照射ボタンON

肌に密着した状態で照射ボタンを押すとライトが点灯して照射される。

安全対策として肌に密着させた状態でないとスイッチを押しても照射できないようになってる。

 

 

Ulike Air2を4週間使ってみた感想と効果

照射は痛くない、どちらかと言うと熱い

脱毛器で気になるのが痛みの程度かと思う。

Ulike Air2 は照射レベル1〜5まで調整できる。個人的に使ってみた限りでは、気持ちレベル4くらいまでであれば「痛い」という感想は持たなかった。せいぜい熱さが変化する程度。

光脱毛は黒い部分に光が吸収されやすい。毛の剃り残し部分だったり、ホクロのある箇所にレベル5で照射すると少しばかり痛みが認知できる

ただ、こうした特異なシチュエーションを除けば、痛みらしい痛みを感じるのはレアかと思う。

もとより光脱毛器であって医療レーザー脱毛のような涙目になるレベルの痛みはないので安心していい。

 

 

毛の薄い箇所なら4週間もやれば脱毛(抑毛)効果は見られる

ここ4週間、以下のスケジュールで脱毛を続けた。

  • 【1〜2週間目】2日に1回のペースで照射(照射レベル3)
  • 【3〜4週間目】3日に1回のペースで照射(照射レベル4)

そのうえで+1週間くらい放置して毛を伸ばした。

以下その実際の写真だが、手の甲のような毛が薄い箇所だと見た目もちろん、手触りの面でも相当に減毛が実感できた。

目をこらすと毛の剃り後こそ認知できるが、遠目でみた限りでは毛が生えてないような印象になる。

最後の剃毛から1週間放置してこれなので毛の伸びる速度はかなり遅くなったかと思う。

指毛に関してはほぼ消滅。毛の認知は難しい。

以前はわりと指毛が生えていたのだが、全く指毛らしい指毛がなくなって逆に驚いてる。

指毛があったころの写真

 

 

毛の濃い箇所(毛の量が多い箇所)だと4週間では足りないかも

毛の量が多い箇所だとまだまだ毛の剃り跡が認知できる。

最後の剃毛から1週間が経過しており、毛の伸びる速度は相当に遅くなっていると思う。ただ、毛の剃り跡も含めてすっきりさせるにはもう1〜2ヶ月くらい照射が必要かもしれない。

毛の濃さは毛の量に依存するので、男性のヒゲや胸毛など毛の量が多い箇所だと上記写真と似たような感じに終わりそうな印象だ

そもそもの話として光脱毛は毛の伸びる速度を遅くしているだけ。毛の量それ自体を減らしているわけではない。もとより毛の量が多い箇所だと4週間で脱毛効果、減毛効果を体感するのは難しいかと思う。

 

 

文字どおりの意味での「脱毛」、毛の量それ自体を減らしたい人なら素直に医療レーザー脱毛すべき

医療機関(あるいは医師が在籍するクリニック)のみで受けられる医療レーザー脱毛。

レーザーで毛根を破壊。施術を繰り変えすにつれて毛が生えなくなる。巷で言う永久脱毛に近い効果が得られる。

レーザー照射が根性焼きかと勘違いするレベルの痛みだが、その分、確実に脱毛できる。

対して光脱毛は毛根を破壊せず、毛の伸びる速度を抑制するのが主たる効果(いわゆる抑毛効果)。遅かれ早かれ毛がまた生えてくる。

男性のあごヒゲなど毛の量が多い箇所も根気強く光脱毛を続ければ、理論上は毛の伸びる速度が抑制され、減毛を感じられる日が来るかもしれない。

ただ、相当に根気強さが必要だし、そのわりの毛の量は減らないので、あごヒゲくらいであれば覚悟決めて医療レーザー脱毛を受けた方が手っ取り早い気はしてる

医療レーザー脱毛は、大手クリニックならメンズリゼ、ゴリラクリニックあたりがおすすめ。料金的には同じくらい。

ヒゲ全体セット追加1回
メンズリゼ128,000円(10回分)16,800円
ゴリラクリニック139,600円(6回分)※首を除く100円(コース終了後3年間限定)

※いずれも分割払い可能、掲載している料金は2023年1月時点のもの

コストパフォーマンスの観点から言うと光脱毛、家庭用脱毛器が勝るが、あごヒゲのような毛の量が多い箇所の脱毛を目的としている人であれば医療レーザー脱毛も一度検討してみては。

 

 

【まとめ】光脱毛器として使いたい人であれば買ってよし

ここまで Ulike Air2 をレビューしてきた。

光脱毛器としての効果、毛の伸びる速度を抑制する効果は確認できた

そこまで剛毛でない箇所の脱毛だったり、もとより毛をツルッツルにする目的なく、それとなく毛のもっさり感を減らすことを目的としている人であれば買って損はない。

ただ、くり返すよう、毛根レベルから毛を除去したい人、毛の量そのものを減らしたい人だと光脱毛器では力不足。この手の人ならとっとと医療レーザー脱毛を受けた方がいい。

これはUlikeの光脱毛器に限った話ではなく、大手エステサロンの光脱毛施術でも同じ。光脱毛は毛の伸びる速度の抑制が主たる効果。毛根を破壊し、毛の量を減らしているわけではない。

毛根が残っている限り、毛はまた生えてくる。

ーーこの点を理解したうえで家庭用の光脱毛器を検討している人に Ulike Air2 はおすすめしたい

わざわざ光脱毛のためにエステサロンに行く必要はなくなるので時間的にも経済的にもコスパよし。試してみる価値は十分あるかと思う。

▶ 公式通販の商品ページはこちら

購入時に使える5%割引クーポンあり(他クーポンと併用可)※他の商品でもクーポン利用可

  • 公式通販【クーポンコード入力 → pr100gbinfo】(期限は2023年2月末まで)
  • Amazon【クーポンコード入力 → pr100gbinfo】(期限は2023年2月末まで)
  • 楽天【以下リンクからクーポン獲得 → http://bit.ly/3X69b3j

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ガジェット
-