ガジェット

耳たぶよりも存在感ない。睡眠中にストレスなく使えるミニマル耳栓「Loop Quiet」レビュー

2022年1月1日

睡眠中の使用に特化したミニマル耳栓「Loop Quiet」

睡眠中にストレスなく使える耳栓は意外と少ない。起床中まだしも睡眠中だと簡単に耳栓が耳穴から抜け落ちる。また、寝返りをうつたびに耳栓に衝撃がいって違和感ある。これが安眠を妨げていたりする。

睡眠の質を向上させるために睡眠中にこそ耳栓が使いたい...!

そんな人におすすめしたいのが今回レビューするミニマル耳栓「Loop Quiet」だ。

Loop Quiet

ベルギーのスタートアップ企業が手がける同製品。耳栓では珍しくイヤーピースを搭載。さながらワイヤレスイヤホンのようなビジュアルに。

イヤーピースを使うことで遮音性を高めると同時に耳栓の抜け落ちリスクを軽減。イヤーピースはイヤホンで使われるものよりも柔らかく設計されていて長時間と装着していても耳穴に疲労がたまらない。

イヤーピースはものすごい柔らかい

そのミニマルサイズゆえ、耳穴に装着すると耳栓が耳介の中に隠れる。おかげで寝返りをうっても耳栓にまで衝撃が来ない。耳介が衝撃ブロックしてくれる。こうなってしまっては、むしろ耳たぶの方が邪魔に感じてしまう。

耳栓ながら価格が2,000円弱と割高だが、睡眠中にストレスなく使える耳栓として考えれば人類初の発明に近い逸品。QOL向上のための睡眠グッズと考えれば安すぎだ。今回はこれをレビューしていきたい。

広告

レビュー対象製品「Loop Quiet」

直販価格(税込)1,980円
展開カラーリング6色

レビューはホワイト(ゼンホワイト)で実施。

 

 

開封していく

耳栓とは思えぬおしゃれなパッケージ。

製品を開発しているのはベルギーを拠点とするLoop Earplugs社。2016年に創業したスタートアップ企業だ。日本国内ではモダニティ株式会社が正規品を販売代行している。

パッケージ内部もおしゃれ。

耳栓ケース。直径2cm、厚さ1cmとコンパクト。ケース紐が付いてるのでキーホルダー感覚で引っかけとくのもよし。

耳栓ケースを開くと耳栓登場。

 

 

耳栓本体をくわしく見てみる

耳栓では珍しくシリコン素材のイヤーピースを搭載。イヤーピースを使って耳穴とフィットさせる。見た目はワイヤレスイヤホンのよう。

イヤーピースは取り外してサイズ変更可能。初期のイヤーピースはMサイズ。予備としてXS、S、Lサイズの3つが付属する。

イヤーピースは一般的なイヤホンで使われるイヤーピースよりも柔らかい。睡眠中に付けっぱなしにしても耳穴が痛くならない。

イヤーピースをつなぐプラグ部分も柔らかい。こちらもシリコン素材でできてる。

電子機器ではないため水濡れ問題なし。汚れたら水洗いできる。シリコン素材なのでヘタらない限りは使いまわせる。

 

 

装着してみる

装着方法はかんたん。一般的なイヤホンのようにイヤーピースを耳穴に突っ込んで、ねじねじするだけ。

写真撮影のために丸い輪っかの部分をきれいに出しているが(見せているが)、実際にはもっと奥まで入れられる。むしろ奥まで突っ込んだ方が遮音性も断然アップする。

屋外で使う機会のある人であれば耳栓を装着していることのアピールとして丸い輪っかの部分を見せておけばいい。自宅で就寝中に使うだけであれば、もっと奥まで突っ込んでしまって問題ない。

耳栓の重量は片耳1g(正確には1g以下)と”超"軽量。各々イヤーピースのサイズさえ合わせれば男性、女性、大人、こども関係なく装着できる。

耳栓は耳介の中に丸々隠れる

なにも付けていないよう... とは言いがたいが、一般的な耳栓よりも出っ張らず、存在感らしい存在感がない。よほど神経質な人でもなければ就寝時に使っても気にならないはず。これで気になっちゃう人だと耳栓よりも睡眠外来あたりの受診をおすすめしたい。

 

 

肝心の遮音性能は...?

遮音性能だけで言えば一般的な耳栓と変わらないレベル

遮音性能はそこらの耳栓と変わらないレベル。自宅環境にもよるが、就寝時であればエアコンの音が聞こえるかどうかの静けさ。人の話し声など高周波音は残り気味だが、おかげで時計のアラーム音も聞き取れる。

公式いわく耳栓により27デシベル(27NRR)を軽減できる。とはいえ、市販の耳栓だと大方20〜30デシベル(30NRR)前後を軽減するものが一般的。いかんせん横文字で「-27db」みたいに意識高く書かれているので高性能っぽく見えるが、なにも27デジベル軽減が耳栓としてハイスペックというわけではない。

 

 

遮音性能よりも睡眠中にストレスなく使える耳栓として評価すべき

耳栓よりも耳たぶの方が邪魔

Loop Quietは一般的な耳栓と同等レベルの遮音性能をキープしつつ、なおかつ睡眠中にストレスなく使えることを売りにした製品だ。遮音性能それ自体を売りにしている製品ではない。

一般的な耳栓よりもミニマルサイズとあり、装着すると耳介の中できれいに収まる。寝返りをうっても耳栓に衝撃が行くことがないし、イヤーピースを使っているので寝てる間に耳栓が抜け落ちることもない(個人差あるかもしれんが...)。

睡眠時にストレスなく使える耳栓として考えれば文句なしの使い勝手だ。

 

 

この記事のまとめ

ここまでミニマル耳栓「Loop Quiet」をレビューしてきた。

遮音性能だけで言えば普通の耳栓と変わらないが、睡眠中に使える耳栓としての使い勝手は明確かつ劇的に上。睡眠中に耳栓を使いたい人、睡眠の質を向上させたい人であれば地味だが堅実に重宝すること違いない。

直販価格で1,980円と耳栓にしては割高。ただ、短時間の睡眠であっても、あるいは20分程度の昼寝であっても、周囲の音を低減するだけでHPの回復具合は変わってくる。1,980円でQOL向上、1日の体力ゲージが20%くらい引き伸ばせるなら安い買い物ではないだろうか。

 

 

レビュー対象製品

― この記事をシェアする ―

-ガジェット
-