ワイヤレスイヤホン

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」レビュー|高音質オーディオ&マルチポイント対応の万能ワイヤレスイヤホン

2021年12月30日

パナソニック往年の高級オーディオブランド「テクニクス」(Technics)。1965年にブランドが立ち上げられ、現在も高級アンプなどで根強い人気を誇る。

そんなテクニクスが2020年に完全ワイヤレスイヤホン市場に参入。その第二弾製品となるのが今回レビューする「テクニクス EAH-AZ40」だ。

テクニクスらしい聞き心地のよい高音質オーディオにくわえ、ついにようやくのマルチポイント機能に対応。2台のBluetoothデバイスを同時接続して都度オーディオ出力元だけ自動で切り替えられる。

OS、デバイス関係なく2台のデバイスをつなげるので、iPhoneとWindows PCみたいな組み合わせでも問題ない。普段からスマホとPCなどで同一のイヤホンないしワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと重宝するに違いない。

市場価格は1.5万円とテクニクス製品にしては手頃。テクニクス製品として名前買いしたい人はもちろん、高音質なワイヤレスイヤホンを探している人、マルチポイントが使えるワイヤレスイヤホンを探している人におすすめだ。

以下「テクニクス EAH-AZ40」をレビューしていきたい。

【レビュー対象製品】パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」

発売時期2021年10月
市場価格1.5万円前後

カラーリングはブラック、シルバー、ゴールドの3色。レビューはブラックで行う。

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」の製品概要

製品概要

パナソニック伝統のオーディオブランド「テクニクス」の新作モデル

低音、中音、高音までバランスよく鳴る聞き心地よい音質

高性能マイク搭載、口元の音だけ拾ってくれるノイズカット仕様

外音取り込み機能搭載、取り込み音はクリアで常用できるレベル

マルチポイント対応、OS、デバイス関係なく最大2台のデバイスを同時接続可能

複数デバイス間のペアリング切り替えが簡単、現在のペアリングを解除する必要なし

留意点ないしデメリット

ノイズキャンセリング(ANC)非対応

タッチセンサーの反応具合が少しばかり敏感

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

イヤホンケースの傷を防ぐケースカバーが全く存在せず(Amazonなどで売ってない)

 

スペックシート




Bluetooth最新バージョン「Bluetooth 5.2」対応
屋外で使う場合でもワイヤレス接続は極めて安定。専用アプリから「接続優先」モードにも切り替え可能。

低音〜高音までバランスよく噛み合う高音質オーディオ
音に変なクセがない聞き心地よいサウンド。専用アプリからイコライザー調整(音質調整)可能。

最大25時間のバッテリー駆動(ケース併用時)
イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大25時間駆動。ほぼ業界一般的なバッテリー水準。

通話マイク搭載(ノイズカットあり)
隠れたセールスポイント。極めて高精度なノイズカット機能を搭載。口元の音だけ拾ってくれる。

生活防水(IPX4)対応
雨、汗は問題なし。イヤホンの水洗いは故障リスクあり。

マルチポイント対応(最大2台)
OS、デバイス関係なく2台のBluetooth製品を同時接続&自動オーディオ切り替えできる。
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大25時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク○(ノイズカットあり)
外音取り組み機能×
ノイズキャンセリング(ANC)×

ペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大10台)
マルチポイント対応(最大2台)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

Amazonで製品をチェック

 

上位版モデル「EAH-AZ60」との違い

上位版モデルとして「EAH-AZ60」が同時発売された。市場価格は2.8万円前後。

土台スペックは「EAH-AZ40」(レビュー品)まま。プラスアルファで以下2つの機能が追加される。

  1. ノイズキャンセリング(ANC)
  2. LDAC(ハイレゾ再生)

ノイズキャンセリング(ANC)は、巷で流行りの騒音低減機能。機能ONにすれば低周波音(濁音ノイズ)を中心に周囲の騒音が低減できる。

そして、もうひとつの大きな違いがLDAC(ハイレゾ再生)だ。LDACはBluetoothオーディオコーデックの一つであり、もっぱらAndroidスマホと接続して使えばハイレゾ相当の音楽データをダウングレードせずに高音質ままで再生できる。

LDACならワイヤレスながらハイレゾ音源をダウングレードせずに再生できる

購入したハイレゾ楽曲をクオリティそのままで再生したい人だったり、Apple MusicやAmazon Music HDでのハイレゾ相当楽曲をフルスペックで再生したい人であれば、LDAC対応が紛うことなき評価ポイントになる。

そのほか特に違いはない。ノイズキャンセリングとLDAC、この2つに惹かれる人であれば上位版の「EAH-AZ60」がおすすめ。

EAH-AZ40とEAH-AZ60(上位版)の主な機能・性能比較

EAH-AZ40(レビュー品)EAH-AZ60
ノイズキャンセリング×対応
外音取り込み機能対応
ハイレゾ再生(LDAC再生)×対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大25時間
市場価格1.5万円前後2.8万円前後

※EAH-AZ60はノイズキャンセリング利用時だと上記よりもバッテリー減りが早くなる

 

イヤホンのフィット感は抜群に良い

前作モデル(EAH-AZ70W)はイヤホンサイズが大きくてフィット感が最悪、ガムを噛んでるだけでイヤホンが抜け落ちそうになる致命的なモデルだった。

一転、今作「EAH-AZ40」は非常にイヤホンのフィット感が良い

女性や耳が小さい人でも問題なく使えるコンパクトサイズに改善されたのにくわえて、イヤホンが絶妙にクネッているので耳穴の形に沿うようにしてイヤホンを耳奥に押し込める。イヤーピースのサイズさえ調整すればイヤホンの抜け落ちリスクも軽減。ガム噛んでても問題ない。

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

耳から飛び出してるイヤホン面積も少なく、マスク着脱時などマスク紐に引っかかることもない。見た目もシュッとしたビジュアルになる。ワイヤレスイヤホンならではの耳から飛び出てる感が嫌いな人であれば、物理的にもビジュアル的にも気に入ること違いない。

同梱される予備のイヤーピースはXS、S、Lサイズが用意される。初期装備はMサイズ。

 

充電ケースはコンパクト、片手で握り込める大きさ

充電ケースは片手で握り込めるコンパクトサイズ。男性ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならないサイズ感。

ケース素材は典型的なプラスチックだが、ヤスリで磨き上げたような適度なザラつき加工があるので手触り、質感はよい。

ケース蓋には「Technics」のロゴが刻印されてて、これまた格好いい。ケース素材のザラつき加工と相まり高級オーディオらしさを醸している。所有欲を刺激する仕上がりで見た目の満足感は非常に高い。

 

USB Type-Cケーブルで充電可能、ワイヤレス充電は非対応

USB Type-Cケーブルが使えるのでAndroidスマホユーザーであれば充電ケーブルが使いまわせる。

短時間充電機能も搭載。15分の充電で90分相当のオーディオ再生が可能なバッテリーが溜められる。出先でモバイルバッテリーなどでとりあえずの充電をするときなど重宝しそう。

他方、ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。

 

ペアリング接続のこと

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」の主なペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大10台)
新規ペアリングモードの起動方法ケースから取り出した直後の左右イヤホンのタッチセンサーを同時に7秒長押し
マルチポイント対応(最大2台)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。EAH-AZ40は最大10台のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる。11台目以降は古いペアリング情報から上書きされる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。EAH-AZ40は最大2台のBluetoothデバイスを同時接続。オーディオ再生しているデバイス側にオーディオ出力元が自動で切り替えられる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。対してEAH-AZ40は、現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面のイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


Google Fast Pair対応、Androidスマホなら専用ポップアップ画面からワンタッチで初回設定可能

Googleが提供するペアリング簡素化システム「Google Fast Pair」。Android 6.0以上のAndroidスマホとペアリングする場合、専用のポップアップ画面からワンタッチで初回のペアリング設定できる。

マルチポイント対応、2台のデバイスの同時接続&自動オーディオ切り替え可能

時代の華たる「マルチポイント機能」に対応。OS、デバイス関係なく最大2台のBluetoothデバイスを同時接続できる

都度オーディオ再生しているデバイス側にオーディオ出力が切り替わり、特に操作することなくオーディオ再生が継続できるメリットがある。

オーディオ出力の切り替えは瞬時。他社製品だと気持ち1秒くらいタイムラグがあったりするが、EAH-AZ40 はほんの一瞬で切り替わる。非常に優秀だ。

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」を実際に使ってみた感想とレビュー

音質よし、クセがなくて聞きやすい

テクニクス EAH-AZ40 は、上位版モデルと同じく「アコースティックコントロールチャンバー」と呼ぶテクニクスオリジナルのイヤホン構造を採用。力強い低音とクリアな高音を両立させたオーディオを強みとしている。

いざ音楽を聞いてみると低音、中音、高音がバランスよく噛み合っていて聞き心地よい。低音の厚みがありながらも高音の抜けはよくて音がこもらない。ボーカルもクリアなんだけどシャカシャカ、キーキーしすぎず程よく芯のあるまま残ってる。

もとより原音に忠実な、色付けしないオーディオを志向した製品とあり、音のバランスがピカイチ。ただただありのままの音を描写するオーディオ好きこそハマる理想的なオーディオ製品だと思う。

それこそ「低音が強みのイヤホン」「クリアなボーカルが魅力のイヤホン」のような飛び抜けた音のクセがない分、音楽もジャンル問わず楽しめる汎用性の高いワイヤレスイヤホンだ。

ちなみに、専用アプリを使えばイコライザー調整(音質調整)できる。

音のクセがないのが EAH-AZ40 の良さなのだが、どうしても低音がほしい、ボーカルをもっとクリアにしたい、オリジナルカスタムしたいという人であれば専用アプリを活用したいところ。専用アプリはiPhone、Androidスマホ、どちらでも使える。

 

外音取り込み機能(周囲の音の取り込み機能)は常用できるクオリティ

テクニクス EAH-AZ40 は外音取り込み機能に対応。イヤホンのタッチセンサーを2秒長押しで機能ON/OFFできる。

取り込み音は明瞭。イヤホンを付けていない状態が100%の音の取り込み具合だとして気持ち90%くらいの音は取り込めてる

取り込みのための”サーっ”といった機械音(ホワイトノイズ)が強く出てはいるが、オーディオ再生してる状態なら気にならないレベル。屋外ジョギングのときに安全面を考慮しながら音楽を聞いたり、コンビニレジで会話するときに使う程度なら十分な性能だと思う。

 

屋外でもワイヤレス接続は安定してる、遅延(音ズレ)もほぼなし

Bluetooth最新バージョン「5.2」のBluetooth製品なので極度に酷い音飛び、ブチ鳴り、接続切れはない。というか、遭遇する方がレアだと思う。ワイヤレスイヤホンの接続が不安定だったのはBluetoothバージョン「4.x」時代の話だ。

専用アプリを使えば接続優先モードに切り替え可能。音質を落とす代わりにワイヤレス接続の安定感を向上させる。いざ使うシチュエーションは少ないとは思うが、どうしても接続が不安定な場合は活用したい。

専用アプリ使えば「接続優先」モードに切り替え可能

YouTubeやNetflixの動画視聴時の遅延(音ズレ)に関しても目にわかるような酷さはない。

ワイヤレス接続なので100%遅延が回避できているわけではないが、それでも遅延を目視で確認できる人は少ないかと思う。イチローばりの目のよさ、選球眼のよさを持ってる人でもなければ遅延なんて気にする必要はない。

 

通話マイクは隠れたセールスポイント

外側2つ、内側1つ、合計3つのイヤホンマイク搭載

テクニクス EAH-AZ40 の隠れたセールスポイントたる通話マイク。

イヤホン片側3つのマイクを搭載しており、極めて精度の高いビームフォーミング機能(口元の音声だけ拾って通話に乗せる機能)が使える。これにくわえて独自機能「JustMyVoice」も搭載。ビームフォーミングの精度を高めつつ通話音声をクリアに処理してくれる。

JustMyVoice機能はデフォルトで機能ON

いざ使うと騒音のある場所、たとえばテレビの前で会話していてもテレビの音だけがピンポイントにトーンダウン。騒音10%、口元の音90%くらいの比率で通話先に転送してくれる。おまけに通話音声がものすごくクリアなので通話相手側の心象もよさそう。

ビームフォーミング機能のおかげで自宅で使う場合なら隣の部屋の生活音などもシャットアウトして口元の音だけ拾ってくれる。自宅でビデオ通話、ビデオ会議などしている人なら重々に活用できそうだ。

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」の気になったところ(あるいはデメリット)

タッチセンサーは少し敏感、部分的に機能OFFにすることを推奨

Technicsロゴ部分にタッチセンサー内蔵

タッチセンサー処理は安定。1回タッチが1回タッチに、2回タッチが2回タッチとしてカウントされる。

ただ、同時に感度が敏感すぎて嫌になる。イヤホン着脱時に少し触れてしまっただけでも反応してしまい、いきなりオーディオ再生が始まったりする。日常的にイヤホンを使うにあたってストレスに感じる人もいそうだ。

専用アプリを使えば1回タッチ操作を機能OFFにすることができる。どうしても誤タッチが鬱陶しい人なら最初から1回タッチ操作を封じてしまうのも手だ。

1回タッチ操作は機能OFFにできる

【補足】タッチ操作コマンドは以下のとおり

デフォルト状態のタッチ操作コマンド。専用アプリからすべて割り当て変更できる。

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回タッチオーディオ再生/停止
2回タッチ音量を下げる次の曲へ
3回タッチ音量を上げる前の曲へ
2秒長押し音声アシスタント起動外音取り込み機能ON/OFF

着信対応は1回タッチ、着信終了は2回タッチ、着信拒否は2回タッチ(いずれも左右イヤホン共通)。

 

価格のわりにノイズキャンセリング機能は搭載せず

テクニクス EAH-AZ40 は正味1.5万円のワイヤレスイヤホン。相場だとノイズキャンセリングを搭載してて当たり前のような価格帯の製品だが、あくまでもノイズキャンセリングは搭載せず。

もとより高級オーディオブランド「テクニクス」なのでコスパや相場水準の仕様を求めるのはナンセンスかもしれないが、あまりブランドに惹かれない人だと割高に感じそうだ。

 

ケースカバーが全く存在しない(Amazonなどで売ってない)

ケースの傷を防ぐケースカバーだが、テクニクス EAH-AZ40 向けの製品は全くと言っていいほど存在しない。Amazonおろか、楽天、ヤフーショッピングですら商品が見つからず。おおよそ裸のまま使うことになる。

「ケースになぜケースを付けるのだい?」という人なら関係ない話だが、どうしても傷を防ぐためにケースカバーを付けたい、おしゃれなケースカバーで彩って使いたい人だと気になるところ。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】高音質オーディオとマルチポイントに絶対的な強み、購入して損はない

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」をレビューしてきた。

価格が気持ち割高なのを除けば文句ない完成度。低音、中音、高音までバランスよく描写された高音質オーディオは、さながら高級オーディオを思わす。日常的に音楽を聞いたり、動画を見たりするためのイヤホンとしてストレスなく使えて丁度いい。

また、マルチポイントにも対応しているので普段からスマホ、PC間などで同一のイヤホンないしワイヤレスイヤホンを使いまわしている人なら重宝すること違いない。いやむしろ「重宝する」。確定事項だ。

上位版モデル(EAH-AZ60)のみで使えるノイズキャンセリングやハイレゾ再生といった機能に興味がない人であれば、まず選んで損はない。ぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

上位版モデル「EAH-AZ60」はこちら

ブラックとシルバーの2色のみ展開。

 

似た価格のワイヤレスイヤホンだとここらがおすすめ

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」レビュー|最大50時間のバッテリー駆動可能な最強ズボラ仕様のワイヤレスイヤホン

続きを見る

ゼンハイザー「CX True Wireless」レビュー|高級オーディオ路線の重厚サウンドが魅力のドイツ製ワイヤレスイヤホン

続きを見る

Galaxy Buds Pro(SM-R190)レビュー|音楽も動画もテレワークもこなせるオールラウンダー

続きを見る

 

関連記事

【日本製】国産メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(1万円以下)

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

マルチポイント対応のワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン