スマホ

Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー|最強スマホのメリット&デメリット

そんなわけで最強スマホ「Galaxy Note20 Ultra 5G」をレビューしたい。

どんなわけかと言うと、かくいう筆者のメインスマホである。同時に当サイトのメイン撮影カメラでもある。あまりに違和感なくて一眼レフ撮影かと思われがちだが、当サイトはモバイル・ガジェットブログなので基本的にレビュー写真などスマホカメラで撮影しているのです。

以前からちらほらケースをレビューしていたのだが、肝心のGalaxy Note20 Ultra 5G自体はレビューしていなかったので、この機会にレビューとして残しておきたい。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの製品概要

製品概要をまとめると以下のとおり。

  • Galaxy Note2020年度モデル
  • 6.9インチ(3080×1440、120Hz)の大型ディスプレイ搭載
  • 5G対応のハイエンドCPU「Snapdragon 865+」採用
  • 光学5倍、デジタル50倍ズーム可能な望遠レンズあり
  • おサイフケータイ対応、防水/防塵あり
  • ミスティックブロンズ色が格好いい

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、2020年10月より国内で発売開始。Galaxy Noteシリーズの2020年度モデルとなる。

Galaxy Noteシリーズはこれにて廃止になったと見られており、2021年モデルは登場せず。2021年12月時点においてもGalaxy Note20 Ultra 5GがGalaxy Note最新モデルの位置づけだ。

価格は中古Aランクで10万円前後(2021年12月時点、イオシス参考)。発売当初こそキャリア価格で15万円と割高感あったが、いくらか価格が落ち着いてきた印象。購入するには丁度いい頃合いだと思う。

 

スペックシート(国内版準拠)




メモリ12GB
本体容量256GB(+microSD最大1TB)
CPUSnapdragon 865+
画面サイズ6.9インチ(3080×1440)
リフレッシュレート最大120Hz
カメラ外側①1億800万画素(標準広角)、外側②1200万画素(超広角)、外側③1200万画素(望遠)
内側①1000万画素
ワイヤレス充電(Qi)
おサイフケータイ(felica)
DSDV×
そのほか5G対応、防水/防塵対応

スペックは言うことなしのハイエンドモデル。CPUは2020年度リリースモデルだが、あえてケチをつける必要もないレベルに動く。

国内版はドコモ版(SC-53A)、au版(SCG06)の2バージョン展開。いずれも5G通信に対応。Sub-6だけでなくミリ波にも対応しているので次3年〜4年と長く使いたい人でも問題ない。

国内版であればfelicaあり。おサイフケータイが利用できる。ただ、その代わりに海外版で搭載されたDSDV(2枚のSIMカードの同時通信機能)は省かれた。

また、地味なセールスポイントとしてmicroSDカード対応が挙げられる。2021年以降のGalaxyのハイエンドスマホはmicroSDカードスロットが廃止されてしまったが、Galaxy Note20 Ultra 5Gは2020年モデルとあり、かろうじてmicroSDカードが使える。

初期OSAndroid 10
画面サイズ6.9インチ(3080×1440、120Hz)※有機EL
本体サイズ縦16.5cm、横7.7cm、厚さ0.8cm〜1.1cm
本体重量208g
メモリ12GB
ストレージ256GB(+microSD最大1TB)
CPUSnapgragon 865+(8コア)
カメラ外側①1億800万画素(標準広角)、外側②1200万画素(超広角)、外側③1200万画素(望遠)
内側①1000万画素
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
イヤホンジャック×
指紋センサー○(画面内)
おサイフケータイ(felica)
DSDV×
そのほか5G対応、防水/防塵

 

外観デザイン

今回購入したのはミスティックブロンズ色。派手色かと思われがちだが、予想以上に落ち着きがある。大人のお姉さんの秋冬ファッション小物感あるラグジュアリな風合い。

従来モデルよりも分厚く印象的なデザインへと変貌を遂げたカメラ(カメラユニット)。厚みは0.4mmほど、100円玉1.5枚分ほど。

分厚さの原因は望遠レンズによるもの。光学5倍ズーム可能な望遠レンズを埋め込んだこともあり、異様なまでの分厚さになった。今までのGalaxyスマホの中でトップの分厚さ、そして存在感がある。

電源ボタンと音量ボタンはディスプレイ側正位置の端末右側にまとめて配置。Bixbyボタンは廃止された(使っていた人の方がレアかと思うが)。

同左側にはボタンなし。

端末上部にSIMスロット、通話マイク(ノイズカットマイク)あり。

端末下部に充電ポート、スピーカー、Sペンが並ぶ。ちなみに、端末下部にも通話マイク(ノイズカットマイク)を搭載。

Sペンも内蔵。ペンタブ相当(4092段階)の筆圧で線画できる。パームリジェクション仕様なのでペン先だけで線画できる(手指は触れても反応しない)。

ディスプレイ表面。端末上部中央にインカメラ、受話口(スピーカー)あり。

指紋認証はディスプレイ内蔵型。Galaxyスマホ恒例の超音波式の埋め込み指紋認証だ。

認証精度は悪くない。同じ指を2回づつ指紋登録しておけば認証成功率は90%超える。物理的な指紋センサーを使った指紋認証よりも精度こそ下がるものの実用レベルで運用できるので文句ない。

 

【メリット】Galaxy Note20 Ultra 5Gのここが良い

圧巻のカメラ性能、SNSやブログで映える手元写真の撮影に強い

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、標準レンズ、超広角レンズ、望遠レンズの3眼レンズ仕様。いずれも高性能なのだが、筆者は(当サイトは)Galaxy Note20 Ultra 5Gを撮影用のメインカメラとして使っていることもあり、特に標準レンズを推したい。

標準レンズは従来のGalaxyスマホよりも撮影対象物ギリギリまで寄れる。マクロレンズほどでないにしても接写能力がすごい。ボケ描写も勝手に調整してくれるので、さながら一眼レフで接写したかのような写真が撮影できる。

標準レンズで撮影

色味の描写も安定。商品の絶妙な色合いをそのまま写せるのでレビュー用途カメラとしては最高。

標準レンズで撮影

標準レンズは1億800万画素ということもあり、撮影後に写真をトリミングしても写真がぼやけない。色々と写真をトリミングする機会が多いレビュー写真の撮影だと重宝する(重宝してる)。

標準レンズで撮影

標準レンズで撮影

普通の写真撮影でも良パフォーマンス。

飯の写真など撮影対象物のジャンルを判断してカメラ設定を自動で調整する「シーン別に最適化」機能を搭載。特に何をするわけでもなくシャッターを切れば簡単にシャレた写真が撮影できる。

標準レンズで撮影

Galaxyスマホの代名詞たる超広角レンズも強い。

歪み補正がきちんと機能してるおかげで全く歪みない平行一直線の超広角写真が撮影できる。旅行、観光で建造物や風景写真を撮影するときなど重宝しそう。

超広角レンズで撮影

光学5倍ズーム可能な超望遠レンズ撮影だとここまで寄れる。

デジタルズームではないので写真がぼやけない(↓写真クリックで拡大できるのでチェックあれ)。超望遠レンズはなかなか使う機会がないのだが、野鳥かなにかを撮影するときに使いたい。

超望遠レンズ(光学5倍)で撮影

デジタルズームなら最大50倍まで寄れる。盗撮以外で何に使えばいいのかわからんが、とりあえずすごい。

超望遠レンズ(デジタル50倍)で撮影

 

大画面ディスプレイでも衰えぬ発色の良さ、これもう体のいいテレビ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは6.9インチの大型ディスプレイ、サムスンいわくの「ダイナミック有機EL 2X ディスプレイ」を搭載している。

Galaxyスマホの代名詞たる有機ELディスプレイの発色のよさ。スマホ史上最高と謳う1500nit(輝度)による底の底から明るいディスプレイ。リフレッシュレートは最大120Hz。

ーーーこれらにくわえての6.9インチの大型ディスプレイとあり、映像コンテンツの描写力は他の追随を許さない唯一無二のクオリティに到達している。

それこそYouTube動画一つ見るにしても、さもテレビを見ているかのように脳が錯覚する。NetflixやAmazonビデオなどVODコンテンツを全画面で再生したときなど周囲の人に映像美をおすそ分けしたくなる衝動を覚える。これもう本当にテレビなのだ。

6.9インチのスマホというと無駄にデカいイメージがあるが、そんなことはない。6.9インチを最大限に活用できる映像スペックが詰まってて、あえて6.9インチのスマホを選ぶ理由に昇華している。ここらの完成度はさすがのサムスン。

 

荒野行動が予想以上にヌルサクしてて次元違う

土台のハイエンドスペックにくわえて、ディスプレイのリフレッシュレートが120Hz駆動対応なので3Dゲームなどヌルサク動く。

リフレッシュレートとは1秒間に画面が書き換わる回数のこと。120Hzだと1秒間に120回画面が書き換わる。60Hzだと同60回だ。

パラパラ漫画と同じ要領で60Hzよりも120Hzの方が1秒間あたりの画面パラパラ回数が多い。これにより動画や3Dグラフィックの動きも滑らかになる。特に画面の書き換えが多い荒野行動ほかFPSゲーム、3Dゲームだと重要になってくる要素だ。

バッテリーを節約したい人なら60Hzにも戻せる

正直なところ、荒野行動に関しては60Hz時代でも苦労してないし満足していたのだが、いざ120Hzでプレイしたら明確に別世界で驚いた。

映像が滑らかよりかは、操作キャラクターの動きが滑らか。視点移動、周回移動などヌルヌル動くし、敵もまたタイムラグもブレもなく動くので照準が合わせやすい。

また、2020年度のハイエンドCPU「Snapdragon 865+」を搭載していることもあり、120Hzに伴う処理能力の重さに耐えられないこともない。これがまた120Hzのゲーム体験を成立させている側面ある。

6.9インチの大型ディスプレイも活きてる。名実ともに視野が広がる。荒野行動やフォートナイトなどモバイルFPSを嗜む人であれば重々におすすめできる、これもうゲーミングスマホと言ってしまって過言ではない。

 

電子書籍ビューアーとしても丁度いい

画面6.9インチなのでKindle代わりに運用可能。小説やテキスト主体の書籍であれば全画面がフルに活用できる。勝手はKindleと変わらない。

漫画表示だと上下に余白あり

Kindleよりも縦長ディスプレイとあり、4:3比の漫画や雑誌を表示する場合は画面上部に余白が入ってしまう。ただ、それでも土台6.9インチの大型ディスプレイなので漫画の台詞など都度ズームせずに読める。ビジュアル的には気になるかもしれないが、実用面では問題なくイケる。

なお、Galaxy Note20 Ultraは本体ストレージは256GB。これだけあればKindleのダウンロードデータの保存先容量としても文句ない...はず。

 

【208g】意外と軽い本体重量(脳内バグ)

液晶保護フィルム&カメラ保護ガラス含む重さ

Galaxy Note20 Ultra 5Gの本体重量は208g。ケース付けても220g前後で収まる。

重量こそヘビー級だが、6.9インチスマホにしては意外にも軽い。同等サイズのスマホやデバイスと比較するとさして重くない。

本体重量画面サイズ
Galaxy Note20 Ultra 5G208g6.9インチ
kindle Paperwhite(2021)207g6.8インチ
Google Pixel 6207g6.4インチ
Xperia PRO-I211g6.5インチ
Galaxy S21 Ultra 5G228g6.8インチ
iPhone Pro Max 13(2021)238g6.7インチ
Galaxy Z Fold3272g7.6インチ

これにくわえて、Galaxy Note20 Ultra 5Gは本体の重量バランス(重心バランス)がよい。カメラユニットが出っ張っているわりに下手に重量が偏ることなく、ものすごく理想的な配線設計をしているのだろうなと察するところがある。

脳内バグなのかもわからないが、いざ使うと「重いけど、思っていたよりも重くないな」と感じる人が多いと思う。

 

バッテリー持ちはそこまで心配するほどではない(1日余裕で持つ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gの弱点?として巷でよく指摘されるバッテリー持ちだが、筆者個人としてはそこまでデメリットに感じていない。

リフレッシュレート120Hzのままで動画を見たり、カメラを使ったり(レビュー写真の撮影)色々とガッツリ使っているのだが、バッテリーは1日余裕で持つし、待機メインで使えば2日くらいも余裕かと。

スマホゲームをがっつりプレイする人だったり、数時間とビデオ通話を繋ぎっぱなしにする人なら話は別かもしれないが、待機メインで暇な時間に連絡したり、SNS見たり、動画見たりする程度の使い方の人なら何ら問題ないバッテリー水準だと思う。

 

【デメリット】Galaxy Note20 Ultra 5Gのここがダメ

片手操作は無理ではないが、文字入力は難しい

Galaxy Note20 Ultra 5Gは横に長い。本体サイズの横幅は7.7cm。一般的なスマホよりも0.5mm〜1cmほど長い。このせいで片手持ちしたときなど端末の端から端までホールドしにくい。

男性の手のサイズであればとりあえずは片手操作できると思うが、スクロールしたりタッチ操作する程度に留めた方がいい。文字入力する場合だと片手だと辛いし、無理に片手で操作すると重量バランスを崩してスマホを落下させそうだ。

 

Sペン、使わない...?

Galaxy Noteシリーズの代名詞たるSペンだが、正直あまり使ってない。というかほとんど使ってない。

Sペン使わないのになんでGalaxy Note買ったんだ?と思われがちだが、それは君6.9インチの大型ディスプレイだからだよと言いたい。

画面OFFの状態でSペンを引き出せば簡易メモ機能が立ち上がる。ペンタブ同等の筆圧(4092段階)にくわえ、パームリジェクション仕様のタッチペンなので手指、手首が画面に触れても反応しない。ペン先だけで線画できる。

いざSペンを使うと書き心地いい。フェルトペンのような気持ちいい書き心地を体現化してる。なので、なにか、なにかに活用したいなと思うのだが、その”なにか”が思いつかない。結果としてSペンを使っていないのが正直なところだったりする。

 

DSDV非対応、eSIM非対応

海外版だといずれも対応しているのだが、国内版からは省かれた。従来どおりSIMカードは1枚しか使えない。

DSDVとeSIMと引き換えに国内版はfelica(おサイフケータイ)に対応している。

言い換えれば、おサイフケータイを使う予定がない人なら海外版を購入した方がDSDVとeSIMが使えて勝手よさそうだ。なお、技適(以下略)

 

ディスプレイ指紋認証が使える液晶保護フィルムを探すのがめんどい

Galaxyスマホ恒例の超音波式のディスプレイ指紋認証を採用していることもあり、下手な格安フィルムを使うと指紋認証できなくなる。

サムスン純正フィルムを使えば問題ないのだが、どうしてもサードパーティ製品のフィルムを使いたい人だと「指紋認証対応」との説明ある製品を探す必要がある。

筆者もサードパーティ製品の保護フィルムを使っているのだが、以下の製品は問題なかったので情報をシェアしておく。

 

【まとめ】Galaxy Note20 Ultra 5Gは最強のエンタメデバイス

Galaxy Note20 Ultra 5Gをレビューしてきた。

僕が考える最強のエンタメデバイス感あって満足度は非常に高い。

無駄に大きなスマホではなく、大きさを最大限に活用すべく考えられたスペック、そしてディスプレイの映像クオリティが詰め込まれてて動画、ゲーム、電子書籍まで楽しめるエンタメデバイスとして成立している。

15万円というバカ高い端末価格がネックだったのだが、昨今では中古美品で10万円前後で購入できる(2021年12月時点)。

(スペック的に)次3年くらいは文句なく使えるモンスターマシンだし、ミリ波含めた5G通信にも対応している。中長期の利用を前提としたスマホを探している人なら最初から10万円払ってGalaxy Note20 Ultra 5Gを購入した方がコスパいいかもしれない。

Galaxy Note20 Ultra 5G をイオシスでチェック

[イオシスの検索ページを開きます]

 

関連記事

【型落ち】中古で安く買える おすすめGalaxyスマホをランキング紹介(2022年)

続きを見る

【良品】Galaxy Note20 Ultraのクリア薄型ケース「Aunote」レビュー

続きを見る

【レビュー】Galaxy Note20 Ultraの極薄ケース「memumi」を試す(0.3mm)

続きを見る

-スマホ
-