ワイヤレスイヤホン

Galaxy Buds Pro(SM-R190)レビュー|音楽も動画もテレワークもこなせるオールラウンダー

2021年5月5日

ついに登場したGalaxy Budsシリーズのプロモデル「Galaxy Buds Pro」。

ノイズキャンセリング(ANC)に対応しているほか、シリーズ最高となるIPX7の防水性能、シリーズ初となる360度オーディオ(サムスン版3Dオーディオ)対応などプロモデルらしい要素揃えた。

かれこれ初代Galaxy Budsから数えて4代目となるモデルであり、ワイヤレスイヤホンとしての完成度も非常に高い。従来シリーズの弱点だったタッチセンサーの勝手の悪さなど改善されててストレスない使い勝手だ。

音楽再生、動画視聴、テレワークまで無難にこなせる、AirPodsに近いオールラウンダー型のワイヤレスイヤホンと言っても過言ではない。プロモデルとは言うものの、ワイヤレスイヤホン初心者にこそおすすめできる1品だ。

以下Galaxy Buds Proの実機を使ってレビューしていく。Galaxy Budsを試してみたい人、また従来のGalaxy Budsモデルからの乗り換えを検討している人はレビューを参考にしてほしい。

目次

【レビュー対象製品】Galaxy Buds Pro

発売時期2021年4月
市場価格2万円前後

カラーリングはファントムシルバー、ファントムブラック、バイオレットパープルの3色展開。レビューはファントムシルバーで行う。

Amazonで製品をチェック

 

Galaxy Buds Pro の製品概要

Galaxy Buds Pro は2021年4月に国内発売が開始された「Galaxy Buds」シリーズ最新モデル。

Galaxy Budsの上位版モデルに相当。昨年9月に発売開始となった「Galaxy Buds Live」も上位版モデルだが、Galaxy Buds Liveがオープンイヤーイヤホンなのに対して、Galaxy Buds Proはひねりない、純粋なプロモデルに位置づけられる。

直販価格は2万円前後。購入後1年間の保証あり。

 

Galaxy Buds Proの製品特徴




ノイズキャンセリング(ANC)対応
機能ONで周囲の騒音をカット。オーディオ止めての耳栓利用も可能。

オーディオは解像度高め
土台は中音域〜高音域。ボーカルが聞き取りやすいクリアなサウンドが魅力。

バッテリー駆動時間は充電ケース併用で最大18時間
ノイズキャンセリングONの場合。ノイズキャンセリングOFFの場合は同28時間までバッテリーを引き伸ばせる。

ノイズカット付き通話マイク搭載
口元の音だけ拾ってくれる。周囲の音はカット。在宅テレワークでの生活音シャットアウトにも活用できる。

IPX7の防水性能
雨、汗、潜水など問題なし。イヤホンが汚れたら水洗いしてもOK。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、Samsung Scalable Codec
バッテリー駆動時間イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大28時間
(ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体5時間、ケース併用で最大18時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能○(IPX7)
通話マイク○(ノイズカット機能あり)
ノイズキャンセリング(ANC)

Amazonで製品をチェック

 

イヤホンサイズは小ぶり、耳が小さい人でも押し込める

イヤホンサイズは小さめ。耳が小さめの人でも難なく耳穴に押し込める。イヤーピースのサイズ調整さえすればホールド感も安定する。

ただ、あまりに横一直線のイヤホンとあり、イヤホンのフィット感の合う合わないは明確に出そうな印象。特に耳穴がいびつな形をしていてイヤホンのフィット感で悩んでいる人だと合わないかもしれない。

着用イメージ

なお、イヤホン外側のタッチパッド部分は丸々シルバー色で覆われていて、イヤホンを耳につけるとシルバー色がちらりと光る。さながらシルバーアクセサリーのようなファッションアクセントになる。

 

充電ケースは前作「Galaxy Buds Live」と同等サイズ(というか使いまわし)

充電ケースは縦横5cm、厚み2.5cmのマカロンサイズ。

前作「Galaxy Buds Live」と全く同じケース形状となる。寸分違わずのサイズ感なのでGalaxy Buds Liveの保護ケースがそのまま使いまわせる

▼ 写真左がGalaxy Buds Live、写真右がGalaxy Buds Pro

中身はわりかし違うのだが、ケースの厚みは同じ

 

ファントムシルバー色は「ねずみ色」っぽい

今回、僕はファントムシルバー色を購入した。

色合いで言うとねずみ色に近い。水色とパープルを足して2で割ったような色だ。

Amazonなどの商品写真を見るとステンレスのような無機質なイメージだが、実物はもっと柔らかい印象を受けた。

Amazonの商品写真。実物はここまでシルバーじゃない。

ケース外装は前作「Galaxy Buds Live」に通づるザラつや仕上げ。光に当てると虹色が浮かび上がる。

蛍光灯などに当てると虹色が浮かぶ

 

ペアリングまわりのこと

Galaxy Buds Pro の主なペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大?台)※5台は繋げた
初回のペアリングケース蓋を開けば自動でスタート
2回目(2台目)以降のペアリング左右イヤホンのタッチパッドを3秒?長押しで新規ペアリングモードが起動
マルチポイント×※1
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応(専用アプリ起動による切り替えも可能)

※1 One UI 3.1以上を搭載したGalaxyデバイス間での限定的なマルチポイントに対応

Galaxyデバイス間であれば擬似的マルチポイント可能

Galaxy Buds Proは、One UI 3.1 以上のGalaxyデバイス間であれば、マルチポイント状態が構築できる。

AppleがAirPods向けに提供しているAppleデバイス間のマルチポイント機能があるが、これのサムスン版といったところ。

ただ、日本国内だとGalaxyのタブレットやPCが(ほぼ)展開されておらず、あまり活用できる機会がなさそう。

そのほかペアリングまわりの情報は以下記事を参考に

【Tips】Galaxy Budsシリーズの新規ペアリング方法&ペアリングの切り替え方法まとめ

続きを見る

 

サムスン「Galaxy Buds Pro」を実際に使ってみた感想とレビュー

オーディオは解像度高くて聞きやすい

Galaxy Buds Pro のオーディオはフラットかつ解像度高め。低音から高音までほぼほぼ聞き分けられる。

もともとGalaxy Budsシリーズはドンシャリしていたが、Galaxy Buds Liveで一転して重低音モデルに。Galaxy Buds Pro はそこから再びドンシャリに少し寄せてきた印象だ。

クセらしいクセがないので音楽のジャンル問わず使いまわせる。音楽サブスクでザッピングするときに丁度よさそう。

なお、Androidスマホを使っている人であれば、専用アプリからイコライザー調整できる。デフォルトのフラットな状態から低音重視、高音重視にカスタムできる。iPhoneだとアプリ非対応なのでイコライザー調整できず。

 

ノイズキャンセリングは、ほどよく効いてる

Galaxy Buds Proは、ノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)に対応。

3万円前後の高級モデルのような徹底したノイズカットではないが、低周波音を中心に除去できている。オーディオを流した状態であればほぼほぼ周囲の音が気にならないレベルにまで落ち着く

よくも悪くもノイズキャンセリングが強すぎて頭が痛くなる... みたいなことはない。

なお、ホワイトノイズ(ノイズキャンセリング利用時の”サーッ”といった機械音)は発生していない。自宅やカフェなど静かな場所であればオーディオ止めての耳栓利用も現実的だ。

 

外音取り込みは非常にクリアで実用性あり

外側マイク

Galaxy Buds Pro は外音取り込み機能に対応。

イヤホンの外側マイクで周囲の音を拾い、イヤホンを付けたままスピーカーを通して周囲の音を聞くことができる。

いざ使うとホワイトノイズ(サーッといった音)が発生しているが、そこまであげつらう酷さではない。人の話し声などクリアに聞こえるし、実用に耐えうるレベルに仕上がっている。

外音取り込みはイヤホン外側のタッチパッドを長押しすればON/OFFできる。

 

通話マイクは優秀(ノイズカットあり)

通話マイク搭載

通話マイク品質はよい。ノイズキャンセリング用の外側マイクを活用したノイズカットが行われており、通話先には口元の音だけ拾って伝送してくれる。

騒音下での通話だったり、屋外を歩きながらのハンズフリー通話であっても十分なパフォーマンスを発揮してくれると思う。また、自宅テレワークでの生活音シャットアウトにも活用できそうだ。

 

タッチセンサーは従来シリーズから改善

タッチセンサー搭載

従来Galaxy Budsシリーズから地味に、堅実に改善したのがタッチセンサー。

1回タッチが1回タッチとして、2回タッチが2回タッチとしてきちんと認識されるようになった

何を当たり前のことを言っているのだ?と思われがちだが、従来Galaxy Budsシリーズのタッチセンサーだとこの手の誤反応が多くみられた。Galaxy Buds Liveに限ればタッチセンサーの位置が不明瞭で押し間違いも多々あった。

これらに比べれば Galaxy Buds Pro のタッチセンサーは本当に安定していて感動すら覚える。

タッチ操作コマンドは以下のとおり

 タッチ操作コマンド(左右イヤホン共通)
1回タッチ曲の再生/停止
2回タッチ次の曲を再生、着信時の電話の応答/終了
3回タッチ前の曲を再生
長押しノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替え、着信拒否

Androidスマホを使っている人であれば、専用アプリから長押しコマンドのみ割り当て変更できる。音声コマンド(Googleアシスタント)の起動、あるいは音量ダウン/アップコマンドから選択できる。

 

防水はIPX7、汚れたら水洗いしても問題なし

Galaxy Buds Pro のさりげないセールスポイントが防水性能。

従来のGalaxy BudsシリーズだとIPX2、おまけ程度の防水(防滴)性能に留まっていたが、Galaxy Buds ProはIPX7。スポーツ防水レベルに劇的進化した。

プールで泳ぎながら使っても問題ないし、土砂降りの雨の中でジョギングしながら使ってても問題ない。もっと日常的な普通の使い方なら問題すら感じない。

Amazonで製品をチェック

 

サムスン「Galaxy Buds Pro」の気になったところ(あるいはデメリット)

360°オーディオは最新Galaxyスマホでしか使えない

Galaxy Buds Proのセールスポイントとして挙げられる360°オーディオ(サムスン版3Dオーディオ)だが、ごくごく一部のGalaxyスマホとペアリングした場合でないと使えない。

360°オーディオに対応するスマホは「One UI 3.1以上を搭載したGalaxyスマホ」だけ。条件に該当するのはGalaxy S21(2021年モデル)くらい。筆者はGalaxy S21シリーズを使っておらず、360°オーディオは試せなかった。

 

iPhone(iOS)だと専用アプリ使えず

Galaxy Buds Pro はiPhoneアプリが利用できない(対応していない)。

これにより以下のようなアプリ経由のイヤホンカスタマイズは封じられる。

  • 音質のイコライザー調整
  • タッチコマンドの割り当て変更
  • 音声通知するアプリの選択
  • 外音取り込みの取り込む音の大きさの調整
  • 音声検出のON/OFF(初期状態ではOFF)

特に影響あるのは音質のイコライザー調整ができない点だろうか。

Galaxy Buds Pro はデフォルト状態だとフラット寄りのサウンドなので特段クセなく使えるが、より低音重視でオーディオを楽しみたい人だと物足りなさを感じるかもしれない。

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

Galaxy Buds Pro をレビューしてきた。

Galaxy Budsシリーズで初めてのプロモデルとあり、その名に恥じぬ安定した使い勝手。

ごく一部の最新機能に関してはGalaxyの最新スマホでないと使えないが、ワイヤレスイヤホンとして使う分にはなんら支障ない。音楽を聞くにも、動画を見るにも、テレワークで使うにも活用できるオールラウンダーなワイヤレスイヤホンだ。

とかく日常的に無難に使いまわせるワイヤレスイヤホンを探している人であれば、Galaxy Buds Proは丁度よさそう。1台あれば憂いない。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

Galaxy Buds ProがiPhoneで使えるのか検証レビュー

続きを見る

「Galaxy Buds2」と「Galaxy Buds Pro」何が違う?製品コンセプトやスペックの違いを解説

続きを見る

Galaxy Buds ProとGalaxy Buds Live、何が違う?使い勝手やオーディオ性能を比較する

続きを見る

【Galaxy Buds選び方ガイド】Buds2/Pro/Liveの違いを比較解説

続きを見る

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,