iPhoneとワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)を強制的に「再接続」できるiOSショートカットの作り方

スポンサーリンク
広告

普段から複数デバイス間で同一のワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと、ちょくちょく「iPhone→Mac→iPad→iPhone」といった感じにペアリング先デバイスを切り替えることがあると思う。

このとき、逐一「設定」アプリを開き、Bluetooth設定画面からワイヤレスイヤホンを選択してペアリングを切り替えるのが一般的だ。ただ、この手順を面倒に感じている人も多いのではないだろうか。

そこで紹介したいのがiOSショートカットを活用してワイヤレスイヤホンを自動で再接続する方法。ホーム画面に設置したショートカットアイコンをタッチするだけで事前に設定したワイヤレスイヤホンとiPhoneを「再接続」できる。

ワイヤレスイヤホンはAirPods以外でも問題なし。また、当該ワイヤレスイヤホンが他のデバイスとペアリングされてる場合でも強制的にペアリング先をiPhoneに切り替えられる。

ショートカットの作成難度は簡単。普段からiPhone(iPad)含めた複数デバイスでワイヤレスイヤホンを使いまわしている人は、ぜひ試してみてほしい。

ショートカットの完成動作図

ホーム画面に設置したショートカット(画像左上)をタッチすると登録しておいたワイヤレスイヤホンと自動でペアリングされる。「設定」アプリのBluetooth設定画面から繋ぎ直す必要はない。

上記画像はGIF画像(スローアニメーション画像)のため”もっさり”した動作に見えるが、実際にはもっとキビキビ動くのでご心配なく。

 

ショートカットの作成手順

手順は大きく4ステップ。

  • 【STEP1】iPhone(iPad)とワイヤレスイヤホンを接続状態にする
  • 【STEP2】「ショートカット」アプリを開く
  • 【STEP3】切り替えたいワイヤレスイヤホンを選択する
  • 【STEP4】ショートカットをホーム画面に設置する

 

【STEP1】iPhone(iPad)とワイヤレスイヤホンを接続状態にする

まずは通常どおり「設定」アプリからワイヤレスイヤホンとペアリング接続してオーディオ再生できる状態にしておく。

この記事では「Galaxy Buds Live」を使って解説していく。

 

【STEP2】「ショートカット」アプリを開く

 

【STEP3】切り替えたいワイヤレスイヤホンを選択する

タブにある「ギャラリー」を選択。

必須ショートカット項目の「すべて表示」を選択。

オーディオ出力を設定」を選択。

ショートカットを追加」を選択。

青文字で書かれたデバイス名をタッチ。

ショートカット起動で接続したいワイヤレスイヤホン(ここでは”Galaxy Buds Live”)を選択してチェックマークを付ける。

デバイス名が選択したワイヤレスイヤホン(ここでは”Galaxy Buds Live”)に変更されたのを確認したら「完了」を選択。

これでショートカット完成。トップ画面に追加される。

 

【STEP4】ショートカットをホーム画面に設置する

ショートカット右上にある「・・・」を選択。

再び「・・・」を選択。

ホーム画面に追加」を選択。

次にホーム画面に表示するアイコンとアイコン名を設定する(そのままでもOK)。

アイコンマークを選択するとアイコン変更、テキストを選択するとアイコン名を変更できる。アイコン名は空欄のままホーム画面に出すことも可能。

右上にある「追加」(完了)を選択するとホーム画面にショートカットが追加される。

以上で作業は完了。ホーム画面のアイコンをタッチすると、そのままショートカットが起動し、設定したワイヤレスイヤホンと接続される。

 

関連記事

【iPhoneショートカットまとめ】日常的に使えるおすすめレシピを厳選紹介
iPhoneの地味だが便利な機能の代表格「ショートカット」。Apple公式アプリとしてiOS 12から登場。iPhoneの大方の操作を自動化できる。 ...
【Tips】Anker Soundcore Liberty Air シリーズのペアリング先デバイスを切り替える方法
Ankerワイヤレスイヤホンの中で上位モデルに位置づけられる「Anker Soundcore Liberty Air」シリーズ。 物自体は普通のワ...
タイトルとURLをコピーしました