(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

スマートウォッチ

【2024年】Suica対応スマートウォッチの選び方&おすすめ製品まとめ

2020年12月24日

すっかり市民権を獲得した腕時計型のウェアラブルデバイス「スマートウォッチ」。

ヘルスケア用途やスポーツ用途で使うのが一般的だが、その裏で着実にニーズを確立しているのがSuica対応スマートウォッチ。電子マネーが使えるスマートウォッチだ。

2024年時点で以下3種類のSuica対応スマートウォッチが登場。数年前に比べて選択肢が増えた。

  1. Apple Pay型Suica
  2. Google Pay型Suica
  3. 独立型Suica

この記事では、同3種類のSuica対応スマートウォッチを紹介。および対応サービスをまとめている。Suica狙いでスマートウォッチの購入を検討している人など記事を参考にしてほしい。

広告

「Apple Pay型Suica」が使えるSuica対応スマートウォッチ一覧

Apple Pay型Suicaの概要




主なSuica機能の対応可否

機能の対応可否
Suica定期券
Suicaグリーン券
残高オートチャージ

Suica以外の決済機能

  • PASMO
  • ICOCA
  • iD/QUICPay(Apple Pay)
  • PayPayほか

注意事項

iPhone完全専用(Androidスマホだと接続・設定できず)

対応可否
鉄道乗車
バス乗車
店頭レジ決済
圏外時の単体決済
タッチでGo!新幹線
スマートEX
エクスプレス予約
対応可否
Suica定期券
Suicaグリーン券
クレジットカードチャージ
残高オートチャージ
現金チャージ
JRE POINT連携
 

Apple Watchシリーズのみで利用できる「Apple Pay型Suica」。

ペアリングしたiPhoneからSuica情報を抜き出して使う。Suica定期券やSuicaグリーン券もそのまま抜き出せる。残高オートチャージも機能する。

iDやQUICPay(クレジットカード)も利用可能。Apple Watch経由でタッチ決済できる。Suica対応スマートウォッチとしてはもちろん決済用スマートウォッチとして非常に優秀。

ただ、Apple Watchを使うにはiPhone必須。Androidスマホユーザーだと使う手段がないので注意。

 

おすすめスマートウォッチはこれ

Apple Watch Series 9(2023年モデル)※現行モデル

※Apple公式販売はAmazonのみ展開

2023年9月に発売開始した最新モデル(現行モデル)。価格は6万円〜。

ジャスチャー操作に対応。指を動かすだけでオーディオ再生/停止などできる。全体的にマイナーアップデートだが、指ジェスチャー操作に惹かれる人であれば最新モデルを購入する価値あり。

Apple Watch SE 第二世代(2023年モデル)※現行モデル

※Apple公式販売はAmazonのみ展開

2023年9月に発売開始した最新モデル(現行モデル)。"SE"名義の入門モデルの位置づけ。

カーボンニュートラル仕様にカスタマイズされたものを「第二世代」かつ「2023年モデル」として展開している。

転倒検出機能など通常版Apple Watchと変わらぬ機能を揃える。もっぱらコスパ重視の人ならこれで十分。約3万円で購入できる。

過去モデルを探すならイオシスがおすすめ

スマートウォッチはスマホほどスペック差がないので過去モデルでも十分だったりする。

中古スマホショップ大手「イオシス」なら未使用品も含めてApple Watchの取り扱いが多め。中古狙いの人ならこっちも検討したい。

イオシスで中古を探す

 

 

「Google Pay型Suica」が使えるSuica対応スマートウォッチ一覧

Google Pay型Suicaの概要




主なSuica機能の対応可否

機能の対応可否
Suica定期券×
Suicaグリーン券×
残高オートチャージ

Suica以外の決済機能

  • iD/QUICPay

注意事項

Androidスマホ完全専用(iOS向けにGoogle Payアプリの提供なし)

対応可否
鉄道乗車
バス乗車
店頭レジ決済
圏外時の単体決済
タッチでGo!新幹線
スマートEX
エクスプレス予約
対応可否
Suica定期券
Suicaグリーン券
クレジットカードチャージ
残高オートチャージ
現金チャージ
JRE POINT連携
 

Googleが手がける「Pixel Watch」シリーズのみで利用できる「Google Pay型Suica」。

補足

2023年9月に発売開始となったサムスン「Galaxy Watch 6」シリーズもGoogle Pay型Suicaに対応しました。

ペアリング先のAndroidスマホの「モバイルSuica」アプリからSuicaを転送して使う。

事前にオートチャージ設定しておいたSuicaを転送すれば、Pixel Watch決済時でもオートチャージが機能する。

「Apple Pay型Suica」と異なりSuica定期券、Suicaグリーン券は利用できない

また、Apple Watchとは逆にiPhoneだと接続・設定できないので注意。Androidスマホユーザー向けのスマートウォッチだ。

 

おすすめスマートウォッチはこれ

Pixel Watch 2(2023年モデル)

2023年10月に発売開始した最新モデル。ディスプレイ常時点灯で24時間使えるスタミナ仕様。

そのほか特に初代モデルから変わらず。Suica機能を使いたいだけなら初代モデルでも十分かも。

Pixel Watch(2022年モデル)

2022年10月に登場した初代Pixel Watch。

Suica機能を使いたいだけならこれでも十分。新品でもおおよそ3.5万円前後で購入できるのでコスパよし。

Galaxy Watch 6(2023年モデル)

▼ 通常版

▼ Classic版(高級版)

2023年9月に発売開始したGalaxy Watchシリーズの最新モデル。

今作にて初のSuica対応。AndroidスマホのGoogle Pay情報を参照できるように。SuicaほかGoogle Payに登録したiD/QUICPayも使える。

通常版は5万円、Classic版は7万円ほど。Classic版はビジネス用途に最適化されたプレミア仕様のデザインに。

 

 

「独立型Suica」が使えるSuica対応スマートウォッチ一覧

独立型Suicaの概要

【対応メーカー】ソニー(wena)、GARMIN、fitbit




主なSuica機能の対応可否

機能の対応可否
Suica定期券×
Suicaグリーン券×
残高オートチャージ×
対応可否
鉄道乗車
バス乗車
店頭レジ決済
圏外時の単体決済
タッチでGo!新幹線
スマートEX
エクスプレス予約
対応可否
Suica定期券
Suicaグリーン券
クレジットカードチャージ
残高オートチャージ
現金チャージ
JRE POINT連携
 

メーカーごとの専用アプリから設定・入金できる独立型Suica。iPhone、Androidスマホ問わずに使える。

2024年時点でソニー、GARMIN、fitbitの3社のみ独立型Suicaを搭載したスマートウォッチを展開している。

Suica定期券やSuicaグリーン券、オートチャージこそ使えないものの製品価格は全体的に安め。とりあえずでSuicaが使いたい人ならこれでも十分。

 

おすすめスマートウォッチはこれ

ソニー「wena 3」

ソニーのスマートウォッチ。任意の腕時計フェイスを装着して使う。ちなみに、バンド単体で輪を繋げばスマートバンドになる。

最新モデルの「wena 3」のみSuica対応。iOS・Android向けの専用アプリからSuica設定&入金して使う。

iD、QUICPayなど他の電子マネーは2023年12月末で提供終了出典)。現在はSuicaのみ対応する。

かれこれ2016年から始まった老舗スマートウォッチではあるが、2023年なおハードウェア、ソフトウェア含めて不具合が多め。明らかに初心者向けの製品ではない。トラブルシューティングを確認しながらガジェットをいじくれる人が選びたい。

 

GARMIN

スポーツ・アウトドア分野で高い知名度を誇る米GARMIN(ガーミン)。

専用アプリをiOS、Android双方に配信。アプリからSuica設定&入金できる。

▼ vivomove 3s(価格2万円)

物理針と簡易ディスプレイを組み合わせたハイブリッド・スマートウォッチ。

がっつり操作するには向かないが、日常生活の中にスマートウォッチを取り込みたい人だと”いかにも”感がなくて合わせやすい。バッテリー持ちもよし。フル充電で7日間使える。

Suica対応で価格2万円とコスパもよい。というかSuica使いたいだけならこれで十分。

 

▼ Venu 2 Plus(価格5.5万円)

スポーツウォッチ路線の本格スマートウォッチ。バッテリー持ちは脅威の9日間。

ワークアウト用途を意識してか、スマートウォッチ単体での音楽再生にも対応する(非ペアリング時のスマートウォッチ単体の音楽再生)。

Suicaが使いたい人はもちろんワークアウトなどでがっつりスマートウォッチを使いたい人だと検討余地あり。

 

Fitbit

Google傘下の老舗スマートウォッチメーカー「Fitbit」。Pixel Watchとは別枠ブランドで現在も提供される。

簡易版Suicaを内蔵。iOS・Android向けの専用アプリから設定&入金可能。

▼ Fitbit Charge 5(価格1.6万円)

Fitbit最新モデル。スマートウォッチよりかはスマートバンドに近い。Suica対応で価格1.6万円とコスパよし。

 

 

この記事のまとめ

ここまでSuica対応スマートウォッチをまとめてきた。

Suica定期券やSuicaグリーン券が使いたい人だとApple Watch一択。ただ、Apple Watchを使うにはiPhone必須。Androidスマホユーザーだと使えないのがネック。

Pixel WatchやGalaxy Watch、GARMINあたりのスマートウォッチだとSuica定期券こそ使えないが、Suica対応スマートウォッチとしては完成してる。Androidスマホでも使えるし、価格も2万円台から購入できてコスパよい。Suicaが使いたいだけならこっちでも問題ないだろう。

 

 

関連記事

Apple Watch関連記事

【おすすめはどれ?】はじめての「Apple Watch」の選び方(2024年版)

続きを見る

 

Pixel Watch関連記事

Google純正スマートウォッチ「Pixel Watch」でできること・できないこと

続きを見る

Pixel Watchのタッチ決済に対応しているクレジットカードまとめ(2024年版)

続きを見る

 

まとめて探す

【2024年】電子マネーが使える最新スマートウォッチまとめ|おすすめ製品もピックアップ

続きを見る

Visaタッチ決済(NFCタッチ決済)が使えるスマートウォッチまとめ(2024年版)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-スマートウォッチ
-, ,