(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


Pixel Watch

Google純正スマートウォッチ「Pixel Watch」でできること・できないこと

2023年12月2日

Google純正スマートウォッチ「Pixel Watch」。

2023年12月時点で「Pixel Watch 2」「Pixel Watch」(初代)の2製品が展開される。

バッテリー駆動時間など細かなハードウェア性能こそ異なるものの、スマートウォッチとしての土台の部分は同じ。スマートウォッチとしてできること・できないこともおおよそ同じだ。

この記事では、Pixel Watchでできること、できないことを現役Pixel Watchユーザーの目線でまとめていく。Pixel Watchの購入を検討している人は参考にしてほしい。

広告

【メリット】Pixel Watchでできること

Suica、iD、QUICPayなどタッチ決済が使える

Pixel Watchは「Google Pay」アプリ通じたタッチ決済機能に対応。Suica、iD、QUICPayが使える。

Suicaに関しては定期券、グリーン券が使えないものの、そのほか通常のモバイルSuicaと変わらず。各種Suica決済はもちろん、オートチャージもできるし、JRE POINTへの登録も可能だ。

iD、QUICPayに関しては対応クレジットカードが限られるが、人気クレジットカード「Kyash」がQUICPay枠で使えるためおおよそ問題なし。「Kyash」への残高チャージ通じて各種クレジットカードを決済に(間接的に)噛ませられる。

 

 

「Fitbit」「Google Fit」の測定デバイスとして利用可能

現在はGoogle傘下にある人気ヘルスケアアプリ「fitbit」。

Pixel Watch向け(Wear OS向け)にも各種アプリの用意あり。Pixel Watchの心拍センサーほか各種センサー通じて測定デバイスとして利用できる。

 

 

転倒検出機能やSOS機能などApple Watch同等の安全機能は搭載

Apple Watch界隈で地味なニーズ獲得してる転出検出機能に対応。ものいっそ転倒したら自動で検知。事前に指定した連絡先へのSOS通知も可能だ。

また、リューズボタンの5回連続押しによる緊急SOS通知にも対応。LTE版ならスマートウォッチ単体でも機能する(WiFi版はスマホとペアリングしている場合のみ機能)。

 

 

音楽アプリの音楽データをローカル保存&オフライン再生可能

メジャーなところで「YouTube Music」「Amazonミュージック」「Spotify」アプリに対応。

音楽データをPixel Watchのストレージ上に保存。スマホとペアリングしていない状態でもPixel Watch単体で音楽再生できる(オフライン再生できる)。

さながらスマートウォッチ型のミュージックプレーヤー。Pixel Watchはワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)と接続できるため、イヤホン再生も可能だ。運動中やランニング中などスマホを持たず、Pixel Watchとワイヤレスイヤホンだけで完結する。

Pixel Watchに対応している主な音楽アプリ

  • YouTube Music
  • Amazonミュージック
  • Spotify
  • AWA
  • Audible

 

 

(わりかし)サードパーティ製のアクセサリーが多め

Apple Watchにこそ敵わないが、それでもマイナーメーカー品よりはサードパーティ製のアクセサリーが充実。

バンド、保護フィルム、充電スタンドなどAmazonあたりを探せば簡単に見つかる。より自分好みのスマートウォッチにカスタマイズしたい人だとこの点は間違いなく評価ポイント。

 

 

【デメリット】Pixel Watchでできないこと

Androidスマホがないとそもそも使えない

Pixel Watch向けの設定アプリ「Google Pixel Watch」「ウォレット」(Google Pay)ともにAndroidのみの提供。

iPhoneユーザーだと同アプリを使う手段なし。初回セットアップの段階で詰む。

 

 

心電図機能(不整脈の検知機能)は解禁されず

▼ アメリカだとすでに解禁済み

Pixel Watch 2、Pixel Watch(初代)ともにハードウェアとしての心電図機能(不整脈の検知機能、ECG)を搭載しているものの、日本国内では解禁されず。

心電図機能を使うには医療機器認証が必要となる。Googleの意向だけでどうにかなる話ではない。現時点で解禁見通しは立ってない。

 

 

Suica定期券は使えない

Pixel WatchはSuica対応だが、Suica定期券は使えない。現状でSuica定期券に対応するのはApple Watchだけだ。

Pixel WatchのSuicaは、Apple Watch同様にスマホ側の「モバイルSuica」アプリからSuicaを吸い出して使う。そのため、将来的にSuica定期券も吸い出せるようになる可能性はあるが、現時点で解禁見通しは立ってない。

 

 

対応アプリは思ってる以上に少ない

スマートウォッチに対応しているアプリ自体が少ないのだが、そのうえPixel Watch向け(厳密にはWear OS向け)に対応しているアプリとなると相当少ない。

GメールやLINEの通知確認を除くと、天気アプリやGoogle Keepアプリくらいしか使わないのが正直なところ。

主なめぼしいアプリ

  • 連絡系アプリ(Gメール、LINE、メッセージ、電話など)
  • 音楽アプリ(YouTube Music、Amazonミュージックなど)
  • fitbit
  • 天気
  • Google Keep

ちなみに、インターネットブラウザアプリを使ってYouTube動画が見れたりもするのだが、実用性の観点から言うと微妙。というか発展途上。日常的に使う機能とは言えない。

 

 

サードパーティ充電器は使えず(Qi非対応)

Pixel Watch 2、Pixel Watch(初代)ともに専用の充電器が必要。

ワイヤレス充電ではあるが、Qi仕様ではなく、サードパーティ製のワイヤレス充電器だと充電できない。Pixel Watch専用かつ純正の充電器が必要だ。

Amazonあたりを探すとサードパーティ製の充電器があったりするが、いずれも非公式の製品なので注意。Google純正品はAmazonで販売しておらず、Google公式ストアでしか購入できない(商品リンク)。

 

 

Pixel Watch、どんな人が買うべき?

もっぱら以下のような人におすすめしたい。

  • タッチ決済を主に使う(Suica、iD、QUICPay)
  • オーディオ・コントローラーとして使いたい
  • 「fitbit」「Google Fit」の測定用デバイスとして使いたい

タッチ決済はPixel Watch最大のセールスポイント。Androidスマホ環境でSuica、iD、QUICPayの3点が使えるスマートウォッチはPixel Watchだけだ。

QUICPay枠に人気クレジットカード「kyash」が登録できるため、(kyash残高チャージ通じて)ほぼすべてのクレジットカードをPixel Watch決済に噛ませられる。筆者のPixel Watchの用途も7割くらいはこれ。

Pixel Watchは「Kyash」対応

fitbitユーザーなら健康ウォッチ、スポーツウォッチとしての活用も現実的。

とはいえ、正直なところ、健康ウォッチを探している人ならApple Watchの方が心電図機能が使えて上手だし、スポーツウォッチとして考えるとGARMINの方が優秀だったりする。

そのため、Pixel Watchの唯一無二のセールスポイントを見出すのであれば、やはりタッチ決済機能だろう。Androidスマホユーザーで日常的にキャッシュレス決済を使ってて、ちょっとした決済の手間暇を省きたい人だとPixel Watchを選びたい。

▼ Pixel Watch 2

▼ Pixel Watch(初代)

 

関連記事

Pixel Watch(2/初代)向けのおすすめバンド3選

続きを見る

Pixel Watchのタッチ決済に対応しているクレジットカードまとめ(2024年版)

続きを見る

新着記事


2024/3/1

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-Pixel Watch