Suica対応スマートウォッチ「GARMIN vivomove 3S」レビュー

スポンサーリンク
広告

2020年、Apple Watch以外で初となるSuica対応スマートウォッチが登場した。それがGARMINスマートウォッチだ。

GARMIN(ガーミン)はアメリカのGPS機器メーカー。日本であまり知られぬメーカーだが、GPS技術を活用したスマートウォッチを多数展開しており、今やApple、サムスンに次ぐ世界シェア3位のスマートウォッチメーカーだったりする。

すでに日本国内でもGARMIN JAPAN(ガーミン・ジャパン)として展開しており、2020年、満を持してのSuica対応となった。GARMINスマートウォッチのSuicaは、iPhone、Android、どちらとペアリングした場合でも使えるので特にApple Watchが使えなかったAndroidユーザーにこそ朗報だろう。

今回、GARMINスマートウォッチの最新モデルであり、Suicaにも対応している「GARMIN vivomove 3S」を購入したので以下レビューしていく。

レビュー対象製品

GARMIN vivomove 3S レビュー

製品概要

GARMIN vivomove 3S は、2019年10月に発売開始となったGARMINの新作スマートウォッチ。市場価格は3万円前後。Amazonやヨドバシカメラだとおおよそ25,000円前後で購入できる。国内正規品であればGARMIN JAPANによる1年の製品保証が付くため、できればそちらを狙いたい。

GARMIN vivomove 3S をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

主な製品特徴

スマートウォッチとは思えぬシンプルデザイン

GARMINは元々GPS機器メーカーとあり、GPSテクノロジーを活用したゴツめのアウトドアウォッチ、スポーツウォッチ(ランニングウォッチ)を中心に手がけていた。

一方、今回レビューする GARMIN vivomove 3S は、従来GARMINスマートウォッチとは別のカジュアル路線のスマートウォッチとなる。「ミニマル」「シンプル」といった言葉がふさわしい、見た目アナログ時計そのものなので、ビジネスからカジュアルまで使い回せる。

針と文字盤はアナログで文字盤の下半分にタッチディスプレイが搭載される。ここで通知表示や簡易なタッチ操作ができる。

※タッチディスプレイ使用時は針が9時15分の位置に移動する。

 

Suica対応

GARMINシリーズの代名詞とも言えるSuicaにも対応。iOS、Android双方に配信される 専用アプリ 通じてSuica設定、Suicaチャージを行うので、iPhoneでもAndroidスマホでも問題なくSuicaが利用できる。

Androidスマホに限れば、現状唯一無二のSuica対応スマートウォッチであり、積極的な購入検討に値する。

追記)ソニー「wena 3」でもSuica解禁となった。

 

基本スペック(抜粋)

GARMIN vivomove 3S の基本スペック(抜粋)は以下のとおり。

ケースサイズ(ケース径) 39mm
厚さ 10.9mm
本体重量 38g
ディスプレイ(デジタル表示エリア) OLED(有機EL)
ディスプレイサイズ(タッチ可能範囲) 縦0.9cm ✕ 横1.8cm
バッテリー駆動時間 (Smartモード)最大4日、(時計モード)最大7日
防水 5気圧
センサー 心拍、気圧高度計、加速度計、環境光
対応決済サービス Suica

本体重量は公称どおり38g

 

外観デザイン

アナログ針とタッチディスプレイを組み合わせたハイブリッド・スマートウォッチとあり、シンプルにまとまっている。竜頭もなければ、いかにもなスマートウォッチ感もない。一見するとアナログ腕時計にしか見えない主張しなささが魅力だ。

購入したカラーリングは「Granite Blue / Silver」。商品写真を見るとベルトがグレーに見えるが、実物はもっと青い。暗めの紺碧色(こんべき色)と言うべきか。ビジネスシーンでも使えるオシャレで落ち着いた色合いなので気に入っている。

腕に付けたイメージ。39mmなので一般的な腕時計と同等サイズに収まってる。

 

ウォッチフェイス

タッチディスプレイ点灯時のホーム画面代わりになるウォッチフェイスは以下9種類から選べる。ウォッチフェイスの追加インストールなどには対応していない。

GARMIN vivomove 3S をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

Suicaの使い勝手レビュー

Suica仕様について

GARMINはApple Watch以外では唯一Suicaが使えるスマートウォッチだ。GARMIN vivomove 3S ももれなくSuicaに対応しており、駅やコンビニでSuica決済できる。

Suicaの初期設定などは全て専用アプリ「GARMIN Connect」から行う。アプリはiOS、Android双方に配信されているため、iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでもSuicaが利用できる

専用アプリ使ったSuicaチャージ画面

Suica残高チャージは専用アプリ「GARMIN Connect」から。Google Payを使ったクレジットカードチャージ扱いになる。Google PayはGoogleアカウントにクレジットカードを登録するだけで使えるのでiPhoneユーザーでも問題ない。

なお、少しマニアックな話だが、ビューカード(Viewカード)を使ってGoogle Pay経由でSuicaチャージした場合でもポイント3倍特典が適用される。普段からビューカードでポイ活している人は安心していい。

 

Suicaチャージ残高は上限2万円

本家モバイルSuicaと同じくSuicaチャージ残高は上限2万円となる。

ただ、セキュリティ考慮してかSuicaアカウント発行から気持ち2週間前後は上限金額が5,000円に制限される。

 

「新幹線eチケット」や「スマートEX」、「JRE POINT」との紐付け可能

GARMINのSuicaでも一般的なSuica同様にSuicaID番号が発行されるため、「新幹線eチケット」「スマートEX」の入場用Suicaとして紐付けられる。

また、JR東日本のポイントサービス「JRE POINT」も問題なくSuica IDが登録できた。

 

GARMINスマートウォッチのSuicaのデメリット

GARMINスマートウォッチのSuicaの主なデメリット(使えない機能)だが、以下が挙げられる。

  • Suica定期券を購入&利用できず
  • モバイルSuicaグリーン券を購入&利用できず
  • オートチャージできず
  • エクスプレス予約に対応せず
  • アプリ上のSuica利用履歴が即日反映されず(翌日に一括更新)

この中でも特に「Suica定期券を購入&利用できず」を残念に思う人も多いかもしれない。定期券が今後解禁されるかはGARMINではなくJR東日本のさじ加減とあり、なかなか解禁の見通しは明るくない。

どうしてもスマートウォッチで通勤・通学定期券を使いたいとなると、やはりApple Watchしか選択肢がないので辛いところだ。

vivomove 3s(GARMINスマートウォッチ)のSuicaが対応している機能

GARMIN vivomove 3S をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

そのほかの機能レビュー

アクティブトラッカー機能

GARMIN vivomove 3S は心拍センサーを内蔵しているのでアクティブトラッカー機能がひととおり使える。もっぱら心拍数、カロリー、歩数、睡眠時間などのデータが測定できる。

正直なところ、アクティブトラッカー機能はよくも悪くも普通で特徴がないが、一般的なスマートウォッチ同等の機能は揃っているため、アクティブトラッカー機能を目的に購入するのもアリだと思う。

心拍センサー

 

通知機能

(写真クリックで拡大)

GARMIN vivomove 3S はアプリ権限さえ通せば、ほぼすべてのアプリから通知が受けられる。メールやSMSであれば定型文の返信も可能だ。

とはいえ、デジタル時計プラスアルファ程度の情報量、情報表示域しかないため、実用性の観点から言うとヘビーユースは難しい。使うとしても簡易な通知確認が限度だと思う。

 

充電端子は専用仕様

充電は有線で行う。専用端子を搭載した純正ケーブルが必要となる。タッチ充電(Qi充電)には対応していない。

充電ケーブルは単体で購入するとAmazon価格で2,700円前後と結構いい値段がする。幸いにも1日〜2日でバッテリーが無くなるモデルではないため、常時予備のケーブルを持ち歩く必要性は低い。

純正ケーブル

 

VISAタッチ決済(NFCタッチ決済)には対応せず

GARMINスマートウォッチはNFCを使ったVISAタッチ決済に対応しているモデルもあるが、GARMIN vivomove 3S に関しては非対応だ。

GARMIN vivomove 3S をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

使っていて気になった点

バッテリー残量が確認しにくい

これはたぶん残量70%くらい(%表示に変更できず)

現状 GARMIN vivomove 3S は専用アプリ(GARMIN Connect)上からバッテリー残量が確認できず、ディスプレイ表示から確認するほかない。ただ、これが非常に見にくい。パーセント表示にできず、残量インジケーターで目視確認する必要がある。早々に改善してほしいと願うばかりだ。

 

タッチ反応が鈍い

GARMIN vivomove 3S はタッチディスプレイをダブルタップすることでディスプレイが点灯するが、なかなかに反応が悪い。個体差?かもわからないが、反応しないことが多々ある。

幸い、そこまでタップする機会なく、ジャイロセンサー起動(腕を上げて点灯)も可能なため、そこまで不便には思っていないが、一見すると初期不良か何かかと勘違いしそうだ。

GARMIN vivomove 3S をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

この記事のまとめ

Suica対応スマートウォッチ「GARMIN vivomove 3S」をレビューした。

Apple Watchのようにがっつり操作して使うスマートウォッチではないが、その分、アナログチックなビジュアルが映える。Suica狙いの人はもちろん、いかにも露骨なスマートウォッチが嫌いな人にも丁度いいかと思う。

そのうえ、バッテリーは1回の充電で1週間近く持つのでApple Watchのように毎日充電する必要はない。スマートウォッチならではの充電の面倒くささに億劫になってる人もぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

GARMINスマートウォッチ関連記事

GARMIN(ガーミン)スマートウォッチのSuica対応モデルを一挙ラインナップ
Apple Watch以外で初となるSuica対応を果たし注目を集めている「GARMIN」(ガーミン)スマートウォッチ。 Suica機能はスマホと...
Apple WatchとGARMINスマートウォッチのSuica比較|使える機能・使えない機能を一挙まとめ
Apple Watch以外では初のSuica対応スマートウォッチとなったGARMIN(ガーミン)スマートウォッチ。 Androidユーザーでも使え...

Suica対応スマートウォッチ関連記事

Suica対応スマートウォッチを一挙ラインナップ|最新モデル&おすすめモデルを紹介
昨今、続々と登場しているSuica対応スマートウォッチ。 これまでSuicaが使えるスマートウォッチと言うと「Apple Watch」に限られてい...
Apple Watch Series 3レビュー|2万円で購入できる王道スマートウォッチ
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」。今回レビューするのは2017年に発売された第3世代モデルの「Apple Watch Series...
ソニー「wena 3」レビュー|Suica初対応したwena新作スマートウォッチを試す
ソニーのスマートウォッチ「wena」(wena wrist)シリーズの第3世代モデルとなる「wena 3」が11月27日より発売開始となった。第3世代モ...
タイトルとURLをコピーしました