スマートウォッチ

Apple Watchのセルラーモデルは必要?GPSモデルとの違いも解説

2020年8月8日

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルの2種類が展開される。

大方セルラーモデルの方がGPSモデルよりも1万円近く高いため、プレミア感、ハイエンド感のためにセルラーモデルを選ぶ人もいるが、正直それがコスパに見合うかは微妙なところ。

そこで、この記事ではApple WatchのセルラーモデルとGPSモデルの違い、セルラーモデルならではのメリット・デメリットを解説していく。

セルラーモデルとGPSモデル、「ぶっちゃけ何が違うの?」「どっちを買うべきなの?」という人は記事を参考にしてほしい。

広告

Apple Watchのセルラーモデル、GPSモデルの違い

【答え】Apple Watch単体で通信できるか否かの違い

Apple Watchのセルラーモデルは、SIMカードの一種である「eSIM」を内蔵。iPhoneとペアリングしていない状態であってもApple Watch単体で4G回線を受信して通話、通信できる。

対してGPSモデルはSIMカードを内蔵せず。iPhoneとペアリングしなければ通話、通信が行えない(WiFi接続時を除く)。

 

 

Apple Watchセルラーモデルのメリット

iPhoneとペアリングさせずにApple Watch単体で通信できる

もっぱら運動中、ランニング中など手元にiPhoneがなく、物理的(距離的)にiPhoneとペアリングできないシチュエーションでもApple Watch単体で通信できる。

Apple Watch単体で通話したり、メールを送受信したり、最新ニュースの通知を受けたりも可能。

また、Suicaはじめとした電子マネー機能もApple Watch単体でこなせる。Apple Watch上での残高チャージに対応している電子マネーサービスであればApple Watch単体で残高チャージすることも可能だ。

 

 

Apple Watchセルラーモデルのデメリット

ランニングコストがかかる

Apple Watchのセルラーモデルを使うためには、ドコモ、au、ソフトバンクで契約したiPhone回線が必要

2020年現在、格安SIMではApple Watchのセルラーモデルを使う手段がない。

ドコモ、au、ソフトバンクであれば契約プランはなんでも構わないが、各社が提供するeSIM用のオプションに加入する必要あり、これが事実上のランニングコストとなる。

ドコモ、au、ソフトバンクが提供するeSIM用オプション(Apple Watch用オプション)まとめ

オプション名月額料金(税抜)
ドコモワンナンバーサービス500円
auナンバーシェア350円
ソフトバンクApple Watchモバイル通信サービス350円

 

 

バッテリー持ちが悪い

セルラーモデルは4G回線での待ち受けとなるため、通常のBluetooth待ち受けよりもバッテリー持ちは悪くなる。

公称スペックだと18時間のバッテリー持ちだが、これはあくまで「Bluetooth接続14時間+4G接続4時間」の前提。常時4G接続だとこれ以上にバッテリー持ちが悪くなる。

 

 

Apple Watchセルラーモデル、どういう人なら必要?

スポーツ中にiPhoneを放置したい人

スポーツ中、ランニング中などiPhoneをカバンやロッカーの中に放置しておきたい人であればセルラー版を選んでもいいかもしれない。

iPhoneとペアリングしていない状態でもApple Watch単体で通信できるので、ランニングルートの測定(記録)だったり、自販機でのSuica決済だったり、いざとなれば通話も取り次げる。

セルラーモデルはバッテリー持ちが短いのがネックだが、スポーツ中に使う程度であればそこまでバッテリー持ちで割を食うこともないだろう。

Apple Watch Series 5(セルラーモデル)

Apple Watch Series 5(GPSモデル)

 

 

関連記事

【2022年】Suica対応スマートウォッチの選び方&おすすめ製品まとめ

続きを見る

【2022年】電子マネーが使える最新スマートウォッチまとめ|おすすめ製品もピックアップ

続きを見る

【ランニングで便利】スポーツウォッチとして活用できる おすすめのスマートウォッチ・スマートバンドまとめ

続きを見る

― この記事をシェアする ―

-スマートウォッチ
-