Apple Watchに対応している決済サービス(電子マネー)まとめ

スポンサーリンク
広告

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」。Suicaが使える数少なくスマートウォッチの一つとあり、おサイフケータイ用途に購入する人も多いです。

以下ではApple Watchに対応している電子マネー、QRコード決済、ポイントカードをそれぞれまとめます。

Apple Watchに対応している【電子マネー】一覧

Suica

Apple Watchの代名詞的存在。通常のSuica決済に加えて、Suica定期券やモバイルSuicaグリーン券も購入&利用できます。新幹線eチケットやスマートEX、JRE POINTとの紐付けも可能です。

なお、Apple WatchのSuicaはiPhoneのSuicaアカウントを吸い上げる形となるため、Apple WatchとiPhoneで同じSuicaアカウントを使うことはできません。Apple Watch、iPhone双方でSuicaを使いたい場合、別々のSuicaアカウントを用意する必要があります。

 

PASMO

出典:PASMO公式サイトより

2020年10月より対応。なお、Apple Watch Series 3以降の機種のみの限定対応であり、初代Apple Watch、Apple Watch Series 2では利用できず。

 

iD/QUICPay(Apple Pay)

iPhoneのWalletアプリ上で登録したクレジットカードをiD、もしくはQUICPayとして利用できます。メインカードはApple Watch上から選択できます。

 

メルペイ(iD)

メルカリの決済サービス「メルペイ」はiD決済としてApple Watchを通じて決済できます。あくまでApple Payに登録したクレジットカード扱いで処理されます。QRコード表示には対応しません。

 

Apple Watchに対応している【QRコード決済】一覧

PayPay

※写真一部加工

※写真一部加工

PayPayはApple Watch上でのQRコード表示&決済が可能です。なお、店舗側が用意するQRコードを読み取るタイプのPayPay決済には対応しません。この場合はiPhoneのカメラを使う必要があります。

 

Apple Watchに対応している【ポイントカード】一覧

Ponta(タッチのみ)

ローソンなどで使えるPontaカードに対応。バーコード表示はできず、すべてタッチのみ対応です。ローソンで使う場合に限り、Apple Pay決済とともにポイントカードも同時にタッチ処理できます。

 

dポイントカード(タッチのみ)

※写真一部加工

2020年2月より対応。Pontaと同じくタッチのみ対応。バーコード表示はできません。こちらもローソンで使う場合に限り、Apple Pay決済とともにポイントカードも同時にタッチ処理できます。

 

STocard(バーコード表示のみ)

※写真一部加工

ポイントカード管理アプリ「STocard」(ストカード)。Apple Watchでのポイントカード表示に対応しており、STocardアプリを通じてポイントカードが表示できます。

 

関連記事

Apple Watchはじめ、ソニー、GARMINなど続々登場しているSuica対応スマートウォッチを一挙紹介。>> 記事を読む
Suica対応スマートウォッチ選び方ガイド|最新モデル&おすすめモデルも紹介
昨今、続々と登場しているSuica対応スマートウォッチ。これまでSuicaが使えるスマートウォッチと言うとAppleのスマートウォッチ「Apple Wa...
Apple Watch Series 3レビュー|2万円で購入できる王道スマートウォッチ
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」。今回レビューするのは2017年に発売された第3世代モデルの「Apple Watch Series...
Apple Watchのセルラーモデルは必要?GPSモデルとの違いも解説
Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルの2種類が発売されます。大方セルラーモデルの方がGPSモデルよりも1万円近く高いため、プレミア感、ハイエンド...
タイトルとURLをコピーしました