NFC内蔵スマートウォッチ「Fossil Sport」(FTW4019)レビュー

スポンサーリンク
広告

検証目的でスマートウォッチ「Fossil Sport」(FTW4019)を購入したのでレビューしたい。

Fossil SportはGoogleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS」を搭載したスマートウォッチだ。中身は至って普通のスマートウォッチだが、NFCを内蔵しており、にわかに注目を集めている。

ーーーというのも、Google PayアプリがVISAタッチ決済(NFCタッチ決済)に対応したことを受け、NFCを内蔵したWear OSのスマートウォッチである Fossil Sport でもタッチ決済が解禁されたのでは?と噂されるからだ。筆者もその噂を聞きつけAmazonで購入した。価格は2万円ほど。色々試したのでそのレビューを以下まとめていく。

レビュー対象製品

Fossil Sport 概要レビュー

Fossil Sport(FTW4019)は米ファッションブランド「Fossil」が手掛けるスマートウォッチ。現行モデルは2019年に発売された。Googleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS」を搭載した主力モデルであり、Google FitなどGoogle系のフィットネスアプリとの相性は抜群に良い。

そのうえで、Fossil Sport はFossilスマートウォッチの中のスポーツモデルに位置付けられる。スペック的にはローエンドであり、ベルトもシリコンなので販売価格は2万円前後に落ち着いている。

Fossil SportをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

基本スペック(抜粋)

Fossil Sportの基本スペックは以下のとおり。

OS Wear OS by Google
CPU Snapdragon Wear 3100
本体ストレージ 4GB
バッテリー駆動時間 公称24時間以上
充電方法 専用ケーブルによるワイヤレス充電(Qi充電器には非対応)
防水(耐水) 5気圧仕様
本体重量 43g(初期シリコンベルト含む)
 
Bluetoothバージョン 4.2
互換性 iOS 10.0以降、Android 6.0以降
搭載センサー NFC、GPS、心拍、加速度計、高度計、ジャイロスコープ
そのほか マイクあり、スピーカーなし

 

型番一覧

「Fossil Sport」シリーズの型番がわかりにくかったので軽くまとめておく。

メンズモデル(43mm、ベルト22mm)

型番 関連リンク
FTW4019 ブラック 製品サイト
FTW4021 スモーキーブルー 製品サイト
FTW4033 レッド 製品サイト
FTW4035 グリーン 製品サイト
FTW4036 ブルー 製品サイト

レディースモデル(41mm、ベルト18mm)

型番 関連リンク
FTW6022 ブラッシュ 製品サイト
FTW6024 ブラック 製品サイト
FTW6025 グレー 製品サイト
FTW6051 ブルー 製品サイト
FTW6052 レッド 製品サイト
FTW6053 イエロー 製品サイト
FTW6056 ブラッシュ 製品サイト
FTW6057 ミント 製品サイト
FTW6058 ホットピンク 製品サイト
FTW6059 ブルー 製品サイト
FTW6060 イエロー 製品サイト

 

外観・使用感

かつてのmoto 360を思わすサークル型デザインを採用しており、見た目は非常にシンプルだ。程よく磨き上げられたメインフレーム、さりげないザラザラ感、竜頭のディテールなど目を見張るものがあり、製品へのこだわりが見て取れる。

ただ、少しガジェット感、言い換えればおもちゃ感が強いかなとも思う。シルバーフレーム部分がスチール、ステンレスよりかはプラスチックのような風合いなので、近くで見るとスマートウォッチっぽさが強く出る。スーツなどに合わせるとちゃちい感じになりそうな印象はある。

本体は5気圧防水(耐水)仕様。ベルトもシリコンなので多少なりに濡れても問題ない。なお、公式説明には「泳げる防水」とあるが、公称スペックは5気圧であり、せいぜい耐水が限度だ。実際に腕に付けたまま泳いで大丈夫なのか不安がある。

重さは43g。一般的な腕時計同等の重量感であり、着けていて違和感ない。

 

充電には専用ケーブル必須

Fossil Sport専用の充電ケーブル(ワイヤレス充電ケーブル)でしか充電できない

公称24時間以上のバッテリー持ちなので気持ち1日〜2日くらいなら充電せずに行けそうだが、旅行などの際にはほぼ充電ケーブル必須だろう。

ちなみに、専用ケーブルは直販4,950円とバカ高いので予備の購入は躊躇われる。

専用ケーブル

一応試しにQi充電器に置いてみたが反応しなかった。

Fossil SportをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

VISAタッチ決済(NFCタッチ決済)への対応状況

Fossil Sport(FTW4019)はNFCを内蔵しており、Google Payと連携させることでVISAタッチ決済(NFCタッチ決済)が利用可能ーーーのはずだったが、2020年4月時点において日本では使えないようだ。

スマートウォッチ上でGoogle Payアプリを開いてパスコード設定するところまではこぎ着けたが、肝心の決済自体は行えなかった。迂回策なども見当たらず。期待していただけに残念だ。

Fossil SportをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

ほかFossil Sportの使い道など

基本操作

竜頭がホームボタン。上下2つの小さいボタンはショートカットボタンで、あらかじめ登録しておいたアプリが起動できる。

ホーム画面でホームボタンを押すとアプリ一覧画面に移動。画面タッチ、あるいは竜頭を回してスクロール操作できる。

ホーム画面で横スワイプすると情報タイル表示。天気予報やカレンダーの予定が確認できる。

情報タイルは全部で7種類のみ。外部アプリをウィジェットのように追加することはできないので、現状7種類で我慢する必要がある。

情報タイル一覧(全7種類)

(写真クリックで拡大)

(写真クリックで拡大)

ウォッチフェイスは変更できる。こちらはサードパーティが提供するウォッチフェイスをダウンロードして使えるので、こだわりたい人はお試しあれ。

 

スマートウォッチとしての使い道は…

Fossil Sport のスマートウォッチとしての主な使い道、機能だが、だいたい以下4つに集約されるかと思う。

  1. フィットネス機能(Google Fitなど)
  2. 音声操作(Googleアシスタント、Google Keep、SMS返信など)
  3. 通知確認(LINE、メールなど)
  4. 音楽アプリ操作

昔ながらのスマートウォッチユーザーだと代わり映えしない内容かと思う。かくいう筆者も今回、数年ぶりにWear OSのスマートウォッチを購入したのだが、あまりに環境が変わっておらず驚いた。

唯一、せめてもの進歩としてフィットネス機能だろうか。Fossil Sport はスマホと連携していない状況でも心拍情報やGPS情報(ジョギング記録)を保持でき、スマホと連携したタイミングでデータがスマホアプリ側に吐き出される。なので、ジムやジョギングなどスマホを持ち歩かないシチュエーションで使えば便利だと思う。

なお、最近流行りの睡眠トラッキングには対応してない。睡眠トラッキング目的ならAppleWatchやシャオミのMi スマートバンド 4などを選ぶべきだろう。

 

この記事のまとめ

Fossil Sport(FTW4019)をレビューした。

正直なところ、現時点で主だった使い道は見当たらず、かろうじてフィットネス機能が及第点といったところだろうか。本命たるVISAタッチ決済(NFCタッチ決済)が使えなかったので、存在価値の7割くらいが消失しているよう思える。現状、決済を目的にスマートウォッチを選ぶのであれば、AppleWatchかGARMINあたりが妥当な選択肢になるだろう。

筆者は決済機能の検証のために Fossil Sport を購入した口なので、しばらくは同スマートウォッチとともに検証を続けたい。VISAタッチ決済(NFCタッチ決済)が対応したあかつきには記事を書く予定なので続報を乞ご期待。

レビュー対象製品

関連記事

Apple Watchはじめ、ソニー、GARMINなど続々登場しているSuica対応スマートウォッチを一挙紹介。>> 記事を読む
Suica対応スマートウォッチ選び方ガイド|最新モデル&おすすめモデルも紹介
昨今、続々と登場しているSuica対応スマートウォッチ。これまでSuicaが使えるスマートウォッチと言うとAppleのスマートウォッチ「Apple Wa...
タイトルとURLをコピーしました